長良の落陽。

アクセスカウンタ

zoom RSS 放送の自由

<<   作成日時 : 2016/02/14 15:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「偏った放送には電波法に基づく停波もあり得る」という高市総務大臣の発言が波紋を呼んでいます。「放送法」に書いてあることを言っただけという見方もありますが、その法自体を問題にする人はあまり見かけません。

2015年の『報道の自由度ランキング』では、日本は180カ国中61位となっています。当然、先進国と言われる国では最下位です(詳しくはこちら)。採点の根拠は分かりませんが、点数が低い要因の一つとして報道と深くかかわる『情報公開』の不十分さがある様な気がします。例えば「特定秘密保護法」などの制定が情報の公開に消極的と評価されている可能性があるのです。

"放送の自由"とはつまり"報道の自由"であり、そのために不可欠なのが情報の公開です。精度の高い情報に基づく自由な報道競争が健全なジャーナリズムを育むのです。「放送法」は1950年につくられましたから、改正してきたとはいえ基本的に"古い"と言えるのかも知れません。

話は逸れますが、今回の騒動の一因とも言われている国谷さんの様な聡明なキャスターはそうそう居られないと思います。どこかで看板番組を担当されることを強く期待しています。

……今日、この地方に春一番が吹いたようです。


画像
      堤防の花

  【撮影地=伊自良川/14日】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

放送の自由 長良の落陽。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる