長良の落陽。

アクセスカウンタ

zoom RSS アップル社の覚悟

<<   作成日時 : 2016/02/24 15:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

Newsweek日本版に「テロ捜査の地裁命令にアップルが抵抗する理由」という冷泉彰彦氏のコラムがあります。要約すれば、iPhoneへの不正侵入の裏口を作ることは、悪用により伝染性生物兵器と同程度の危険が発生するため政府や裁判所の要請でもおいそれとは従えない、というものです。更に今日(24日)のヤフーニュースには、アップルが他にも10件のロック解除要請を受けていて、それを拒否しているとあります(AFP)。米紙WSJによると、これらは全てテロとは無関係だということです。

こうした記事を目にしますと、米国企業の骨の太さを感じます。企業と政府が一体となって春闘を考えたりする日本では考えられない事態が起きているのです。自由や民主主義の歴史の違いと言ってしまえばそれまでですが、ちゃんとした芯柱があることの重要性をつくづく感じます。

それにしても、一昔前には考えられなかった世界がICTによって目の前にもたらされているのは間違いないようです。最終的にどう決着するのかは、結構重大なことだと思っています。


画像
            ホール(hole)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

アップル社の覚悟 長良の落陽。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる