長良の落陽。

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏の鶯・1 【知恵熱】

<<   作成日時 : 2017/09/23 09:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

■私:この時期恒例なのが「国語に関する世論調査」(22日/地元紙)ですね。
師:まさに言葉は生きているって感じだ。
■私:「知恵熱」の正しい意味を20代では15%しか知らなかったのには驚きました。
師:70代以上で73%だから、晩婚化や少子化も原因なのかもな…。
■私:我々の世代だと実体験としてあり得た現象でしたからね。
師:若い夫婦が最初にオタオタするやつだ。

■私:俳句らしきものに手を染めてから、結構言葉に敏感になりましたね。
師:なるほど。
■私:伝わらなければ言葉ではない、と気づきました。
師:そこらへんは言論の府にいる人に真っ先に自覚して欲しいよな。
■私:折角の選挙ですから、少しでもましな人を選びたいです。
師:この調査は、是非国会議員にも回答してもらいたい。

■私:それにしても、ここまで解散権を私物化するのはさすがに憲法違反ですよね。
師:解散権が内閣に帰属するという点では学説は一致しているが、その権利を恣意的に行使することは許されないというのも一般的な説だ。
■私:ですよね。
師:ただ日本の議院内閣制を前提にすると解散権に制限は不要ではないか、という学説もある。
■私:そう単純ではない、と…。
師:問題は、何の理念もなく党利党略で国民の代表の首がきられるということだ。
■私:もっと"普通の熱"が出るほどの議論が必要ですね。
師:この調査では、意見の食い違いについて「納得いくまで議論したい」は25%しかなかったという記事もあったな。
■私:面倒だからでしょうか…。ある意味危険な状態にも見えますね。

画像
       観覧車 【かさだ広場/21日】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

夏の鶯・1 【知恵熱】 長良の落陽。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる