長良の落陽。

アクセスカウンタ

zoom RSS もち

<<   作成日時 : 2018/01/05 10:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

正月恒例のニュースの一つに、「餅を詰まらせて窒息死」というのがある。どうやら海外にも発信されたようで、『おいしいけど危険な日本の餅 死者が出ることも』という2日のBBCの記事がある(*)。

感心したのは、「かんで、かんで、かむこと(Chew, chew, chew.)」と詰まらせない方法を一生懸命説明しているところだ。これだけ毎年事故が起きているのだから、大事なのは当然そっちだろう。

年末年始のテレビは、撮りためた録画番組が中心となる。この歳になると、さすがにお笑い番組にはウンザリだし箱根駅伝も言うほど見たいとは思わない。何十年も続く正月風景は、究極のマンネリ状態なのだ。

しかし考えてみれば、この"見慣れた風景"がいつまでも続くとは考えられない。今年が最後の平和な正月になるかもしれないからだ。

餅を詰まらせたニュースやメディアの伝統芸にツッコんでいられることの有難さに、今頃になって気づかされた。
 (*http://www.bbc.com/japanese/42538421)



画像
       飛行機雲  【4日】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

もち 長良の落陽。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる