長良の落陽。

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒヨコの足跡 ‐ 9

<<   作成日時 : 2018/06/14 08:19   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 
 翡翠の覚悟を決めて屈みけり    【15/06/12】

■私:カワセミが、魚目掛けて今まさに頭から飛び込もうとしてるところです。
師:「覚悟がいる」って言ってる訳か。
■私:ちょっとあれですか…。
師:奴らにしてみれば、平凡な日常なんだろうな。

画像

■私:自分達から見ると、つい"大丈夫か"と思ってしまいます。
師:鳥には、二足歩行の我々人間の方が余程大変に見えてるのかも知れない。何でも自分を基準に判断すると、水中の魚も寒そうに思える。
■私:飛べることが羨むべき能力だってことをつい忘れます。
師:それなりの苦労もあるだろうが、何が幸せかなんてのは誰にも分からない。

画像

■私:いずれにしろ、まだまだ句に「衒い」がありますね。
師:人間の方が偉いという目線も感じる。
■私:本当にヒトは賢いといえるのか、という事件が絶えませんし…。
師:…だよな。


      【画像=ふれあいの森のメジロ/11日】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ヒヨコの足跡 ‐ 9 長良の落陽。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる