アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「へらぶな釣り」のブログ記事

みんなの「へらぶな釣り」ブログ

タイトル 日 時
喫茶・へらぶな釣り U (41)
喫茶・へらぶな釣り U (41) ■私:安倍さんの次は誰でしょうね。 □師:誰にしても、今よりはマシだろう。 ■私:安倍さんの犯した罪は政治の劣化だけじゃないと思うんですが。 □師:…。 ■私:財政規律の維持を放棄したことは、より罪が深いと思います。 □師:政治はなんとか修復できるが財政の立て直しは容易ではない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/21 00:09
喫茶・へらぶな釣り U (40)
喫茶・へらぶな釣り U (40) ■私:本来、国会議員は官僚より尊敬されるべきものなんですが…。 □師:前川前事務次官の国会での対応を見ると…。 ■私:どうしても大臣の方がみっともなくて小さく見えます。 □師:やはり事務方のトップだから、そこらへんの官僚崩れの評論家とはモノが違う。 ■私:"加計ありき"に議論の余地はないんですが、問題は違法性の有無ですよね。 □師:考えられるのは贈収賄だろうけど…。 ■私:政治家が何の見返りもなしに特別の便宜を図ることはあり得ません。 □師:しかし、あからさまな金銭授受の証拠なんて... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/12 00:02
小那比川の鮎
小那比川の鮎 岐阜県内には河川が準用河川を除き全部で437本もあります。何処へ行っても川と出会わないわけにはいかない土地なのです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/01 00:09
喫茶・へらぶな釣り U (39)
喫茶・へらぶな釣り U (39) ■私:米軍のイージス艦と民間の船が衝突して何人か死者が出ましたよね。 □師:確か若い人ばかり7人だったと思う。 ■私:てっきり死んだのは民間人の方だと思いました。 □師:普通はそうだよな。軍艦とぶつかって兵隊の方が死ぬなんて…。 ■私:色々解説されれば分かるんですが、意外な所に弱点てのはあるもんですね。 □師:それよりも問題なのは、領海なのに日本の警察権が及ばないってことだ。 ■私:仮に民間の方に死者が出ていても米軍艦船は調べられないんでしょうか。 □師:沖縄国際大に米軍ヘリが墜落... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/24 17:35
喫茶・へらぶな釣り U (38)
喫茶・へらぶな釣り U (38) ■私:お笑い芸人が政治を語るのは駄目だと思うんですよね。 □師:責任を持って正確に語ることができれば問題ないけどな。 ■私:普通はウケ狙いで適当にしゃべるくらいしか出来ませんよね。 □師:専門的に深く勉強してる暇はない。 ■私:本業に影響が出ますから、お笑いやってる間は控えるべきだと思います。 □師:ネットならともかく、公の電波で好き嫌いや勘でいい加減なことを喋るのは俺も賛成できない。 ■私:首相がそうだから誰でもテキトーが許されるみたいな風潮が蔓延してるんでしょうね。安倍さんの国会... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/10 00:04
喫茶・へらぶな釣りU (37)
喫茶・へらぶな釣りU (37) ■私:加計問題で安倍さんはトップダウンで岩盤規制を打ち破ったと言ってますが、圧力は一切かけなかったとも言ってますね。 □師:日本語では、トップの強い指示・圧力で物事を進めることをトップダウンという。 ■私:ほかにも笑い話のような国語力の無さがネット上にあふれていますが、これは些細な問題じゃないですよね。 □師:識見というか人格というか、信頼に足る人間かどうかの問題だからな。 ■私:常用漢字も読めないような頭脳では難解な国際政治を読み解けるはずがないってことです。 □師:思い出したが、1... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/30 12:02
えごの花
えごの花 柿についてはよく言われることだが、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/29 09:32
キジの尾
キジの尾 何でもそうだが、 今まで思ってたのと違うように感じてくることがある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/26 00:03
喫茶・へらぶな釣りU (36)
喫茶・へらぶな釣りU (36) ■私:韓国に続いてトランプ大統領もおかしくなってますね。 □師:しかし、アメリカの司法とメディアは日本と比べると圧倒的に迫力がある。 ■私:腰が引けてませんね。 □師:というかそれが普通で、日本が余りにも情けない。 ■私:日本には何が一番欠けているんでしょうか。 □師:記者クラブ制度が象徴するように、政権とメディアがズブズブ過ぎるというのが問題の一つにあると思う。 ■私:私もそれは感じます。そのうえ何が何でも政権支持というスタイルで収入を得る評論家までいますから余計に厄介です。 □... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/20 09:41
喫茶・へらぶな釣りU (35)
喫茶・へらぶな釣りU (35) ■私:最近面白い番組を見つけました。 □師:ほう…。 ■私:BS12のみうらじゅんと山田五郎が人生相談に応じるやつですが…。 □師:それだけで見当がつくなー。 ■私:前にどっかでやってたのの再放送のようです。 □師:それでいいよな。「相棒」だって寺脇の再放送が一番だ。 ■私:当然ながら地上波じゃ無理な下ネタも沢山出てきて…。 □師:十分考えられるな。 ■私:だけど時々、オッと思うようなこともありますね。 □師:例えば? ■私:ネーミングを話題にしてたのがあって、うろ覚えですが... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/10 09:22
喫茶・へらぶな釣りU (34)
喫茶・へらぶな釣りU (34) ■私:まさか今頃になって戦争の心配をするとは思いませんでした。 □師:「ミサイル落下時の行動」なんてのを政府が広報する時代になった。(*) ■私:アメリカだってベトナム戦争を忘れた訳じゃないんでしょうに…。 □師:日本だって似たようなもんだ。 ■私:たしかオバマ氏が広島へ来たり安倍首相が真珠湾へ行ったりしてましたよね。 □師:本当に腰を据えて73億人の幸福を実現しようとするようなリーダーは、そうそう出てくるもんじゃない。「絶対平和」だと生活できない人もいるしな。 ■私:地球はまだまだ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/27 00:05
喫茶・へらぶな釣りU (33)
喫茶・へらぶな釣りU (33) ■私:思うんですが、北朝鮮も独立国家ですよね。 □師:シリアもそうだな。 ■私:そういう目で見てますかね。 □師:どういうこと? ■私:いや、どの国でも国家の尊厳は持ち合わせてる筈なんで…。 □師:そりゃそうだ。 ■私:私らが好き勝手言うのと違って、「知識人」と言われるような人が平気で他国を馬鹿にするのには違和感を感じますね。 □師:まあ殆どが"なんちゃって知識人"だけどな。 ■私:G7でもG8でもいいんですが、先進国には平和の実現を通じて世界の飢餓・貧困を救う責任がある筈です。... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/18 00:02
喫茶・へらぶな釣りU (32)
喫茶・へらぶな釣りU (32) ■私:小1道徳の教科書で「パン屋」を「和菓子屋」に変えさせた笑い話ですが…。 □師:"日本人ならパンより饅頭だろう"ってやつだな。 ■私:六つや七つのガキに和菓子もなにもないですよね。 □師:この前本格的な蕎麦屋で子供連れの客を見かけたが…。 ■私:本当に蕎麦や日本茶が好きな子供がいるとは思えません。 □師:いたらちょっと気持ち悪いし、可愛げがない。 ■私:大体、ワサビや漬物なんてのは子供には理解できない味の筈です。 □師:教育勅語もそうだが、世の中どうなってるんだとマジで思う。 ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/07 10:04
喫茶・へらぶな釣りU (31)
喫茶・へらぶな釣りU (31) ■私:報道ステーションで木村草太氏が文書管理を問題にしてましたね。 □師:森友問題でだろ? ■私:そうです。文書の廃棄が財務省の文書管理規則に違反してないとすれば、規則そのものが法違反じゃないかってことです。 □師:文書管理規則はどの省庁も似たり寄ったりだから、ひな形があるんだろうな。 ■私:省令ですから法の趣旨を逸脱できませんよね? □師:そこは問題がないような屁理屈に近い解釈が用意されてるんだろう。 ■私:規則はともかく、役人の性として絶対に経緯は記録してますよね。 □師:そこ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/28 10:26
喫茶・へらぶな釣りU (30)
喫茶・へらぶな釣りU (30) ■私:森友問題が騒々しいですね。 □師:誰がどう考えても、「安倍時代」でなければ起こり得ないことだ。 ■私:登場人物が分かりやす過ぎですよね。 □師:ただ贈収賄罪までとなると、立証は難しいだろうな。 ■私:籠池理事長側に大金があるとは思えませんし…。 □師:実はその方が恐ろしい。この国はそこまで空気が支配してるのかって感じだ。 ■私:それと内閣の驕りも度を越えてませんか?官房長官の会見も如何にも記者を小馬鹿にしたようで、骨のあるジャーナリストなら我慢できないはずですが…。 □師:色... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/15 00:18
喫茶・へらぶな釣りU (29)
喫茶・へらぶな釣りU (29) ■私:経産省の全面施錠を民間会社の例を挙げて賛成してる人がいますね。 □師:まだやってなかったのか、なんて言ってる人までいる。 ■私:森友学園への国有地払い下げもそうですが、公共の財産は誰のものかという認識が全くなってないって感じがしませんか? □師:霞が関も永田町も俺たちのもんなんだから、本来は国民誰でも自由に利・使用できる道路と一緒なんだ。 ■私:庁舎管理の法令も道路交通法と同じで、公共の財産を安全かつ円滑に利用するための決まりですからね。自分の家に入って何が悪いっていうのが考え方の... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/04 00:15
喫茶・へらぶな釣りU (28)
喫茶・へらぶな釣りU (28) ■私:トランプ大統領が「スウェーデンでテロ」って言ったらしいですね。 □師:正確には「そう受け止められかねない言い方」だけど、スウェーデン政府も説明を求めている。 ■私:問題は、テレビで見たことを根拠にしてるところですね。 □師:その時のFOXテレビの内容をBBCで詳しく説明してるが、そんなことは放送されていない。 ■私:結局いい加減に聞きかじったテレビ情報ってことですね。 □師:一番の問題は、それでも彼が民主的な手続きで選ばれているということだ。 ■私:今頃真実や正義という言葉の重... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/23 16:53
喫茶・へらぶな釣りU (27)
喫茶・へらぶな釣りU (27) ■私:KADOKAWAの「岐阜信長歴史読本」が問題になってますね。 □師:30カ所もの誤字脱字となると、とても出版社とは言えない。 ■私:大手ですし、新手の宣伝戦略かと思いましたよ。 □師:社のホームページには海外を含めて多くの子会社があるようだから、その辺にやらせていた可能性もあるな。日本なら中学生でも間違えようのない誤りだから…。 ■私:例の「地味に…」の石原さとみのレベルまでは求めないにしても、老舗ですからもう少し何とかできなかったんでしょうか。 □師:手間を惜しむことの罪深さが... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/11 12:28
喫茶・へらぶな釣りU (26)
喫茶・へらぶな釣りU (26) ■私:いよいよ2月ですね。 □師:その響きだけで厳しさを感じてくる。 ■私:水中だけでなく世界中がヒリヒリしてきましたね。 □師:アメリカ発の揺れはまだまだ続く。 ■私:一番の懸念は何ですか。 □師:NHKでもやってた「在イスラエル米国大使館」のエルサレムへの引っ越しだ。 ■私:オスロ合意の崩壊につながりかねない、ってやつですね。 □師:とてもこんなところで書けるほど生易しい問題ではないが、イスラエルとパレスチナの関係が悪化すれば、中東情勢は一気に緊迫する。 ■私:今はどの国もテ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/31 14:35
喫茶・へらぶな釣りU (25)
喫茶・へらぶな釣りU (25) ■私:トランプ演説をどう思いましたか? □師:米国の殺戮(carnage)は今ここで終わる、ってのには唖然とした。 ■私:彼が言ってる「We」の範囲も不明ですし、基本的に選挙期間中やツイッターと変わんないですよね。 □師:多分まだスタッフの準備ができてないんだろう。 ■私:スタッフ? □師:ホワイトハウスの陣容も政府幹部もまだ揃わないから、頭の中もまだ実業家ドナルド・トランプのままだ。 ■私:しかし、もう後戻りできませんよね。米国債を日本や中国が買わなくなったらアメリカも持ちませんよ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/22 16:43
喫茶・へらぶな釣りU (24)
喫茶・へらぶな釣りU (24) ■私:今年のテーマは何ですか? □師:考え抜くこと、としている。 ■私:…。全く思いもつかない答でした。 □師:例えば「高い内閣支持率」と言われているが、本当にそうなのか…。 ■私:5割前後で推移してますが。 □師:ということは、半分くらいはそうでもない訳だ。 ■私:そうなりますね、当然。 □師:麻生さんくらいから低いのが普通みたいになって、民主党政権でも後半は低空飛行だったから5割というのが凄いと思う訳だ。 ■私:まあ、半分しか支持していないというのは大したことでないと言えばそ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/09 11:19
喫茶・へらぶな釣りU (23)
喫茶・へらぶな釣りU (23) ■私:今年も終わりですね〜。 □師:どうなってるんだ、という速さだ。 ■私:やっぱり早送りで済ます時間が多いんでしょうね。 □師:2時間ドラマも90分で終わる感じか。 ■私:1秒1秒が新鮮だった時代が懐かしいです。 □師:新しいことに挑戦すると時間の進み方も遅れそうでいいかもしれない。 ■私:話は変わりますが、SMAPの解散は我々でもやっぱりなんか感じますね。 □師:詳しい理由は知らないが、新たな船出って訳ではなさそうだな。 ■私:そこが何だかハッピーエンドではない感じもして、ち... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/28 00:24
喫茶・へらぶな釣りU (22)
喫茶・へらぶな釣りU (22) ■私:IR法案なんて格好つけてますけど…。 □師:新しい賭博行為の解禁だ。 ■私:JRAを含めた公営ギャンブルの拡大以外の何物でもないですし、パチンコも含めたら日本はもう腹一杯という感じなんですが…。 □師:パチンコは風営法が適用される風俗営業らしいぞ。 ■私:Theギャンブルなのに、笑い話ですね。 □師:リゾート開発を隠れ蓑にしてるのが如何にも姑息で気に入らない。 ■私:カジノ目当てで来るような外国人にロクなやつはいないですよ。今更ですが政治家の頭が信じられませんし、読売ですら批判... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/17 09:20
喫茶・へらぶな釣りU (21)
喫茶・へらぶな釣りU (21) ■私:「地味にスゴイ!」(日テレ系)が終わりましたね。 □師:なんか最近ああいうドラマを面白く感じる。 ■私:マニアックというか深いところまで専門的に描かれている感じで…。 □師:「舟を編む」(*)にも通じるものがあった。 ■私:地味でも本物には凄みに似たものがあって、気持ちが揺れます。 □師:派手な幻想よりよほど胸を打つ。 ■私:その代りってのもなんですが、「相棒」がつまんなくなりました。 □師:相棒は寺脇康文が一番だったし、岸部一徳(官房長)が去り六角精児(鑑識・米沢)も居ない... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/10 20:48
喫茶・へらぶな釣りU S
喫茶・へらぶな釣りU S ■私:「神ってる」が流行語大賞ですか…。 □師:遊びだから真面目に反応してもしょうがないが…。 ■私:文句がありそうですね。 □師:流行ってのは元々一過性ですぐに忘れ去られるものだとしてもだ…。 ■私:本来そういうものですよね。 □師:ただ流行ってるときは、もっと盛り上がってもいい様な気がする。 ■私:猫も杓子もって感じになります。 □師:「神ってる」なんてのは広島ローカルだったんじゃないの? ■私:そもそもプロ野球自体がマイナーになりつつありますし…。 □師:それと、定着して... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/04 09:53
進む季節U
進む季節U いよいよ景色の色が減っていく。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/02 00:02
喫茶・へらぶな釣りU R
喫茶・へらぶな釣りU R ■私:韓国は大混乱ですね。 □師:殆ど三流ドラマの世界だ。 ■私:ただ、日本でこんなに連日大きく報道する必要がありますかね。 □師:重要さより珍しさが取上げる判断基準だから…。 ■私:ワイドショーはそうだとしても、NHKでも負けずにやってます。 □師:NHKも民放と変わらない。気骨も誇りも感じられない。 ■私:芯柱というか背筋というか、「絶対基準」がない世界になってきていますね。 □師:BBCに「今年の言葉はpost₋truth(ポスト真実)」という記事がある。 ■私... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/22 18:01
喫茶・へらぶな釣りU Q
喫茶・へらぶな釣りU Q ■私:トランプがなっちゃいましたね。 □師:なったねー。 ■私:木村太郎とか適当に言ってたら当たった人がえらく褒められてますが…。 □師:100%の確率で未来は出現しないから、誰かは当たるわな。 ■私:別に賭けてる訳じゃないし、大きなリスクもない…。 □師:問題は科学的な根拠があったのか、ってことだ。 ■私:特に日本には「そうなって欲しい」派が多いですからね。 □師:大統領になったら本気で防衛費負担の増額を言ってこないだろうというのも、そうなって欲しいというだけで何の根拠もない。 ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/12 10:40
喫茶・へらぶな釣りU P
喫茶・へらぶな釣りU P ■私:東京オリンピックに興味はありますか? □師:ま〜ったくない! ■私:今どのくらいの人が開催を心待ちにしているんでしょうね。 □師:こんなに金が掛かるんかよ、って思ってる人も多いだろう。 ■私:ワイドショーは、なるべく長く揉めて欲しいんでしょうね…。 □師:TPPとかパリ協定の話題よりは分かりやすいからな。 ■私:とにかく面倒で難しい話から逃げたがるのが人の常ですから。 □師:これからはそうはいかない。 ■私:どういうことですか? □師:寒くなったらセットしか通用しないって... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/04 21:10
喫茶・へらぶな釣りU O
喫茶・へらぶな釣りU O ■私:今年上半期の貿易黒字が2.4兆円らしいです。 □師:東日本大震災前の水準に戻ったそうだな。 ■私:ただ輸出額自体は、前年同期比で10%も減ってますよね。 □師:原油安でそれ以上に輸入額が減って収支が改善した訳だ。 ■私:たまたま輸入が減ったおかげってのは、喜べませんよね。 □師:今は経常収支を重視した方が良い時代だから…。 ■私:海外にも生産拠点を置く企業が増えてきましたからね。 □師:貿易収支自体はどうでもいいんだが、ボリュームが減っていくのは心配だ。 ■私:少しの状況の... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/26 09:43
鮎 ヤフーニュースによれば、落鮎シーズンを迎えた大分県日田市で重さ500グラムを超える「巨大アユ」が相次いで釣れ話題となっているそうだ。網にかかった580グラムの鮎の写真や、「サバと見間違う」という記事も添えてある(西日本・毎日/13日)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/13 22:20
喫茶・へらぶな釣りU N
喫茶・へらぶな釣りU N ■私:又吉の相方の綾部が来春からニューヨークへ行くそうですよ。 □師:俺も何かで見た。 ■私:「しくじり先生」の野沢直子も凄いと思ったのですが…。 □師:世界へ出ていく若者には純粋に頑張って欲しいと思う。 ■私:何となく、中島みゆきの「ファイト!」が思い浮かびました。 □師:"♪戦う君の唄を戦わない奴等がわらうだろう"、だな。 ■私:そうです。"♪冷たい水の中をふるえながらのぼってゆけ"、ですよ。 □師:だけど、こういうのにケチをつけたがるのが必ずいる。 ■私:半分は羨望だと思う... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/11 20:37
喫茶・へらぶな釣り U M
喫茶・へらぶな釣り U M ■私:大統領選のテレビ討論を見た人が、ニールセンによれば全米で84百万人だったそうですよ。四大ネットワークにケーブルテレビを含めた数字で、ネットを加えればもっと多いだろうということだそうです。勿論、史上最高です。 □師:アメリカの人口は3億ちょいだから相当なもんだ。 ■私:スーパーボウルの1億人は超えられなかったそうです。 □師:なるほど。超えるかもって思われてたわけだ。 ■私:日本だと紅白を凌げるかって話題ですから、凄いですよね。 □師:考えられない。 ■私:夜の9時開始のうえに、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/29 10:28
喫茶・へらぶな釣りU L
喫茶・へらぶな釣りU L ■私:蓮舫の二重国籍騒ぎをどう思いますか。 □師:国内法は今のところ単一国籍しか認めていない。調べて正せばいいだけなのに、大袈裟に考えすぎだ。民進党もメディア対応が下手過ぎる。 ■私:日本人なのは間違いないんで…。 □師:素直なのは良いんだけど、その分鈍感力が足りない。粘着質の右翼新聞やネットに、過剰に反応する癖がある。素直さが幼さにみえて、政権を任せられない頼りなさにも繋がってしまう。 ■私:外国籍は、確かめるのも抜くのも日本の役所では何ともなりませんよね。 □師:そんなことより、最... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/14 00:20
喫茶・へらぶな釣りU K
喫茶・へらぶな釣りU K ■私:この前テレビでやってたんですが。 □師:ほい。 ■私:エアコンはこまめに切った方が良いのかってことですが、どう思いますか。 □師:どっちが電気代が安いのかってこと? ■私:はい。 □師:面倒くさいんで、結果はどうだったの。 ■私:立地条件にも因るんですが、木造一戸建てだと5時間半…。 □師:ほう。 ■私:マンションだと30分くらいの間だと、点けっぱなしの方が電気代が掛からないそうですよ。 □師:その位の時間留守にするなら、切らずに動かしてた方が良いってことか。 ■私:そ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/28 11:37
喫茶・へらぶな釣りU J
喫茶・へらぶな釣りU J ■私:陸上女子400mのヘッドスライディングを観ましたか。 □師:ニュースかなんかで見た。 ■私:野球だと一塁は駆け抜けた方が速いって言いますよね。 □師:そうでもなさそうだな。 ■私:足がもつれたのかも知れませんから、何とも言えませんが…。 □師:俺には執念のヘッドスライディングに見えた。 ■私:どちらかというと日本選手がやりそうですけどね。 □師:金メダルってのはそれほど重いってことだろう。 ■私:そう考えると、ボルトは異常ですね。 □師:100、200を3連覇ってのは考え... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/19 20:07
喫茶・へらぶな釣りU I
喫茶・へらぶな釣りU I メダリスト会見では世界大会8連覇の内村に対し、海外メディアから「あなたは審判に好かれているんじゃないですか?」という質問が飛んだ。内村は淡々と「まったくそんなことは思ってない。みなさん公平にジャッジをしてもらっている」と答えた後、この質問に怒っていたのが誰であろうベルニャエフだった。「審判も個人のフィーリングは持っているだろうが、スコアに対してはフェアで神聖なもの。航平さんはキャリアの中でいつも高い得点をとっている。それは無駄な質問だ」と言い放った。会見の中ではベルニャエフと、銅メダルのウィット... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/11 16:18
喫茶・へらぶな釣りU H
喫茶・へらぶな釣りU H ■私:弱小国はリオへ来るだけで大変だ、って言ってたら…。 □師:まさかのナイジェリアだったな。 ■私:それでも勝っちゃうんですから、基礎体力というか筋肉の出来具合というか、同じ人類とは思えませんね。 □師:前の東京では、アベベが裸足で勝ったりしてた。人間の運動能力を競うのがオリンピックだと考えると、こういうのが結構いいよな。 ■私:最近はまず金と科学から始める競技ばかりですから…。 □師:それと、歴史的にみても明らかに理念が変質している。政治が介入し過ぎだし、平和の祭典なんてのは、夢の... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/06 09:28
喫茶・へらぶな釣りU G
喫茶・へらぶな釣りU G ■私:8月からオリンピックですが、ロシアのドーピング問題で大変ですね。 □師:同じ土俵で戦うべきは当然なんだけど、薬だけか、ってこともある。 ■私:どういうことですか。 □師:選手村が気に入らないってことで、オーストラリアが別のホテルに選手を泊まらせることを考えてるような記事があった。 ■私:トイレとか雨漏りとか、確かにひどそうですね…。 □師:弱小国はそんな贅沢は言ってられない。リオへ来るだけで一苦労だ。 ■私:そもそも、選手強化に掛ける予算でも国によって雲泥の差でしょうね。 □... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/26 15:46
喫茶・へらぶな釣りU F
喫茶・へらぶな釣りU F ■私:選挙が終わりましたね。 □師:終わった。 ■私:何が原因だと思いますか? □師:何がって、何が…。 ■私:投票率の低さですよ。54.7%は前回を上回ったけど4番目の低さですよ。 □師:みんな都知事選やってると思ってたんじゃないの。 ■私:BSだと少しは落ち着いた議論はあっても、地上波はお話にならない。 □師:NHKは政府広報だし、民放はすっかり元気をなくしてる。 ■私:公示以降の選挙報道の自粛は、度が過ぎるんじゃないですか? □師:公職選挙法で色々ややこしい規制があるけど... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/11 09:44
鮎釣り
鮎釣り 鮎と言えば『友釣り』です。 へらぶな釣り以上に技術の進歩が激しく、 竿も仕掛けも、私の青春時代とは雲泥の差です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/08 00:21
喫茶・へらぶな釣りU E
喫茶・へらぶな釣りU E ■私:まさかイギリスがEUから抜けるとは思いませんでした。 □師:ブックメーカーも圧倒的に残留だったらしい。 ■私:EUの何が嫌だったんでしょうね。 □師:本当のところは彼らしか分からないが、プライドもあるんだろうな。 ■私:大英帝国が敗戦国ドイツに何だかんだ言われるのが堪らない…。 □師:高齢者ほど離脱の割合が高かったようだから。 ■私:古き良き英国が懐かしいってことですか。 □師:トランプもそうだけど、世界中が閉鎖的な思考に陥っていくようだな。 ■私:日本のヘイトスピーチも似... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/26 00:26
喫茶・へらぶな釣り U D
喫茶・へらぶな釣り U D ■私:国会が終わって"舛添劇場"が始まると、甘利さんがしれっと出てきましたね。 □師:都合よく病気が治るもんだ。 ■私:美濃加茂市長の弁護をしてる郷原さんが、「絵にかいたようなあっせん利得」って書いてましたけどね。 □師:億の単位にならないと金じゃないような世界だから…。 ■私:まあ1千兆円もの借金を気にしない世界だと、そうもなりますね。 □師:UFJが国債入札の特別資格を返上するらしい。買わない訳ではないんで急に何かが起きる訳ではないだろうが、少し心配なニュースだ。 ■私:マイナス... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/09 00:39
喫茶・へらぶな釣り U C
喫茶・へらぶな釣り U C ■私:この前の『重版出来!』は泣けましたねー。 □師:岐阜の本屋ってのが良かった。 ■私:出来なかった新婚旅行に選んだ地ですから…。 □師:どこでも良い筈がない。 ■私:実は、この前郡上八幡へ行ってきたんですが、50年前にあった小さな本屋がまだありました。 □師:その本屋みたいに思えた訳だ。 ■私:それと……。 □師:それと、なに…。 ■私:物書きの女房ってのは、大体苦労すると決まってるもんですが…。 □師:うん。 ■私:本人の気持は、本人しか分からないんで…。 □師:そう... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/03 22:12
喫茶・へらぶな釣りU B
喫茶・へらぶな釣りU B ■私:最近面白い番組を見つけました。 □師:ほう。 ■私:火曜CBCの『重版出来!』というやつですが…。 □師:俺も録画して欠かさず見てる。 ■私:原作が漫画で、しかも編集者と漫画家という設定がテーマですからリアルさが違いますよね。 □師:何と言ってもキャストがいい。 ■私:黒木華は勿論ですが、安田顕や松重豊も現実感があっていいですよね。オダギリジョーも嵌ってる感じですし…。 □師:紙が映像の世界の下支えをしてるって思わせる説得力まである。 ■私:それに、やっぱりドラマは役者だっ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/21 10:58
喫茶・へらぶな釣りU A
喫茶・へらぶな釣りU A ■私:アメリカも何だかおかしくなってきましたね。 □師:トランプだろ? ■私:日本は米軍駐留経費を全部払えとか核武装しても良いとか…。 □師:中身より元気ってのは日本でも流行ったから、人のことは言えない。 ■私:だけど、いやしくも米国大統領候補ですよ。 □師:どう考えても、このまま大統領になるってことはないだろう。 ■私:日本車に高関税をってことは、TPPは御破算ってことですよね。 □師:安倍首相も選挙前には尖閣に公務員を常駐させるなんて元気なことを言ってたし、仮になったとしても、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/08 10:13
復活した伊自良湖
復活した伊自良湖 5月2日の様子です。 堰堤工事も終わり、湖は生き返っていました。【*昨年秋の様子はこちら】 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/05 13:56
喫茶・へらぶな釣りU @
喫茶・へらぶな釣りU @ ■私:色々とテレビが変わりましたが…。 □師:『相棒』の再放送が一番面白い。 ■私:何故でしょうか? □師:多分に見る側の問題もある気がする。 ■私:作る方は頑張ってますか。 □師:どうしても今までの中のベストと比較するから、よほどじゃないと…。 ■私:なんだか物足りない、と。 □師:スポーツや報道はそれとは違うから、伝わらないのは作り手側の問題だ。 ■私:野球なんか昔のスッキリした画面の方がいいですよね。 □師:色んな文字が被ってるのは観客席やグランドだから問題ない、って勘違... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/28 11:34
セット研究所 H
セット研究所 H ■私:やっと動き始めましたね。 □師:万物に力が蘇って来る感じだ。 ■私:この時期のセットは意外と苦労しますよね。 □師:下り坂に入った頃よりこの時期の方が厄介だ。 ■私:何に注意すべきでしょうか。 □師:厳寒期と違って奴らの本能が目覚める時だから、基本的に上がりたがっていることを忘れないことだ。 ■私:どういう意味ですか? □師:へら鮒と真鮒の一番の違いは、好みとしている層だ。当然、へらが宙でマブが底を好む。 ■私:体形を見ても底にある餌を食うにはマブの方が得意そうです。 □... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/01 15:30
セット研究所 G
セット研究所 G ■私:そろそろ餌の話に入りたいのですが…。 □師:これだけ釣れない時期になると正解が見えにくくなる。 ■私:ベストとそれ以外との差が明確にならないってことですね。 □師:カラツンなんてのは贅沢な話で、浮子を動かすこと自体が難しくなってくる。 ■私:そんな時はどうしたらいいですか。 □師:帰って寝るのが一番だ。 ■私:真面目に行きましょうよ。 □師:半分真面目な話で、宙のセットの時合ではないということだ。あまり無理をすると変な癖がついて良くない。 ■私:そんなもんですか。 □師:... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/13 23:55
セット研究所 F
■私:一番悩ましいのがハリスの長さです。 □師:実際に結果が違うのだから、正しい長さというものがあることは間違いない。 ■私:一般論としていえば、長いほどいいんでしょうね。 □師:そう思う。 ■私:これまでの説明以外に何か別の理由はありますか? □師:俺の中では考えられない。ただクワセとの関係で注意すべき点はある。 ■私:どういうことですか。 □師:軽いクワセだとハリスが張りにくいから、極端に長いとアタリを見極めるのが難しくなる。 ■私:食っても浮子に出にくいし、闇雲にあわせると... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/04 00:23
セット研究所 E
■私:チョーチンだといわゆる「縦サソイ」が多用されていますね。 □師:効果はあっても害はなさそうだ。 ■私:どんな効き目があるんでしょうか? □師:とりあえず餌を動かして、奴らの興味を引くというものだ。 ■私:それだけですか? □師:最大の効果は、"餌が食える状態になること"だと思う。 ■私:どういうことですか?前回の浮子の話でも出てきましたが。 □師:ハリスが張った状態のクワセを再び上にあげると、もう一度張り切るまでの間は抵抗がゼロになる。 ■私:緩んでますから、そうですよね。... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/16 13:30
伊自良川へ行ってみた。
珍しいことではありませんが、誰もいませんでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/15 18:01
セット研究所 D
■私:浮子を小さくするだけでアタリが出始めるってことがよくあるんですが。 □師:餌もハリスも変えてないのに、だろ?。 ■私:水中では何が起こっているんでしょうか。 □師:一つは、前にも言ったスピードの変化だ。 ■私:奴らの食い気を誘うために全体をゆっくりモードにするってことでした。 □師:もう一つが、"食えるようにする"ことだ。 ■私:餌は同じなんですが…。 □師:厳寒期はどうしても奴らの吸引力が下がる。 ■私:息遣いが弱々しい状態を想像すればいいですか。 □師:そうなると、バ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/09 15:37
セット研究所 C
■私:浮子を話題にしたいのですが…。 □師:決定的に重要だ。釣果を左右すると言っていい。 ■私:基準らしきものがイマイチ分かってないんですよね。 □師:分かり易く、話を二つに分けて考えたい。 ■私:一つは? □師:大きさの問題だ。 ■私:浮力の大きさということですね。 □師:浮力は体積から自重を引いたものだが、普通は体積の増え方よりも自重の増え方の方が小さいから、ボディと浮力は比例する。 ■私:「普通は」ってことは、そうなってない浮子もあるんですか。 □師:まあ、ちゃんとした奴... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/14 21:43
鉄板橋
簡易な工法で、特に名もなく、 通称「鉄板橋」と呼ばれていました。 色々と便利でしたが、今は通行禁止となっています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/01 12:41
日曜日の川北界隈
普段と違って河川敷にはサッカー少年がいたり、 ジョギングの人も見かけたりして、少しザワザワします。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/29 14:47
セット研究所 B
■私:しつこく確認しますが、バラケと言ってもやや大きめの塊で落ちるのもあって、そういうのと間違えてクワセを食うという考えはどうですか。 □師:あり得ない話ではない。クワセにバラケが乗っかることも…。 ■私:そういうのは、狙わないんですね。 □師:結果としてそうなるのと、それを目的にするのとは違う。 ■私:分かりました。バラケの中にどうクワセを置くのか、に尽きる訳ですね。 □師:そこだけを考え、常にクワセの位置を意識する。 ■私:以前の、バラケは「距離より濃度」って話を思い出しました。... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/26 14:54
セット研究所 A
■私:だったら、クワセは出来るだけ小さい方が良いということになりますね。 □師:原理としてはそうだが、バラケ並みにというのは現実的ではない。 ■私:そこまで小さな鈎は、そもそも物理的に無理ですよね。 □師:彼らの摂餌方法は前に言ったとおりなのだが、むしろ、その発想は一度捨てた方が良い。 ■私:と言うと、意識的にクワセを食わせようとするってことですか。 □師:ダンゴでもそうする訳だから、それが王道だ。 ■私:では、バラケの中にあるクワセは、目立った方が良い訳ですか。 □師:食い気によ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/21 09:52
セット研究所 @
■私:突き詰めれば、何故ダンゴでは釣り切れなくなるのかってことなんですよね。 □師:その訳を知るには、まずこれを見てほしい。 ■私:奴らの主食である植物プランクトンですね。 □師:問題はその大きさだ。 ■私:小さいですね。 □師:千分の1_(μm/ミクロン)単位だから、そこそこ集まらないと見えない。 ■私:なるほど。 □師:そんなのを主食にしてるのに、何故ダンゴのような塊を口にするのかが不思議だ。 ■私:そういえばそうですね。 □師:まず、ダンゴは"溶けながら存在する"というこ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/10 10:08
鴨来たる。
一団また一団と、鴨がやって来ます。 野鳥ですから、市街地の川に近づくには慣れが必要です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/06 00:15
伊自良湖無情
堤体工事のため、伊自良湖の水が抜かれています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/01 16:06
喫茶・『ヘラブナ釣り』 K
■私:ソフトバンクとヤクルトですね。 □師:リーグ優勝してたんだから、当然だよな。 ■私:なんだかんだと難癖付けられてたって感じでしょうか。 □師:阪神とか日ハムとかのことは、もう忘れてるよな。 ■私:興行的に、本当にありなんでしょうか。レギュラーシーズンの放映権料を当てにしないと、選手の年俸にも影響しますよね。 □師:この時期以外は放っておくというのは、いかにも勿体ない気がする。コンテンツの素晴らしさが生かされていない。 ■私:最大の原因は何でしょうか。 □師:基本的に、監督や選... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/18 15:01
喫茶・『ヘラブナ釣り』 J
■私:いい季節になってきました。 □師:何より、傘が要らないってのがいい。 ■私:やっぱり野外のスポーツですから、開放感ってのも大事ですよね。 □師:野池でも、結構竿を出してる人を見かけるようになった。 ■私:野釣りの一番の魅力は何でしょうね? □師:奴らがいないかも知れない、というところだろうな。 ■私:管理釣場だと考えられない感覚ですよね。 □師:最初に浮子がフワッとすると、それだけで嬉しくなる。 ■私:何かがいるってことですからね。 □師:知ってる場所だとしても、ヘラだと... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/29 12:27
喫茶・『ヘラブナ釣り』 I
■私:オリンピックもそうですが、何と言っても政治のグダグダは問題ですよね。 □師:深刻だ。 ■私:安倍さんは、国会サボって身内のTV番組に出る始末だし…。 □師:まともな神経なら、あり得ない。議会もなめられたもんだ。 ■私:TV局も含めて、普通は、周りが止めますよね。 □師:とんでもない人を、とんでもない人達が支えてるって感じだ。 ■私:何がどうなってしまったのでしょうか。 □師:一言で言えば、政治家とその周辺の質の"劣化"だ。生活のための仕事の一つ程度にしか考えていないから、如何... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/08 14:40
喫茶・『ヘラブナ釣り』 H
■私:自己ベストを目指すことを、どの辺で諦めるかってことですが。 □師:ほう。 ■私:Rソックスの上原みたいに、「まだ伸びしろがある」なんて発言もあれば…。 □師:うん。 ■私:20歳そこそこで、限界を感じるスケーターもいたりして…。 □師:なるほど。 ■私:果たしてへら鮒釣りの世界では、その辺はどうなんだってことですが。 □師:まあ、遊びの世界だから、どうでも良いんだけど…。 ■私:それは、そうですが…。師匠は、まだ向上心みたいなものがありますか? □師:あるな。というか、今... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/07 20:35
『アユ(天然遡上)』で決着
岐阜市が市版レッドリストに準絶滅危惧種として「アユ(天然)」として記載したら、風評被害を懸念した漁業関係者から反発を受け、市は結局、「アユ(天然遡上)」と変更することとしたようです(24日/地元紙)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/24 23:13
立ち止まって考えるへら鮒釣り 【鈎】
■私:時々、なぜ鈎は口に掛かるんだろうと思うことがあります。 □師:ほう。 ■私:イカリの形じゃないんで、口に入ったら必ず鈎先が掛かるとは限りませんよね。 □師:うん。 ■私:だけど、ちゃんと上唇に鈎が掛かるのが不思議なんですよね。 □師:要は、鈎の曲がった方向が一定でなければ、掛からずにスッと抜ける場合の方が多いのではないか、と言いたい訳だ。 ■私:そうです。口に入れた瞬間は、鈎先がどこを向くかは運任せですよね。 □師:それなのに、多くは上唇に掛かるのが不思議なんだ。 ■私:特... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/27 00:23
叱る。
川鵜が1万羽以上も生息している愛知県美浜町の「鵜の山」は、国の天然記念物に指定されています。また、窒素やリンを多く含む鵜の糞を肥料にすることで学校建設の資金を捻出した、という事実もあるようです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/13 00:50
立ち止まって考えるへら鮒釣り 【濃口ソース】
■私:梅雨入り前のチョーチン両ダンゴは、なんかピリッとしませんよね。 □師:どんより曇って風も無い蒸し暑い日は余計にそうだな。 ■私:浮子の動きも生温い感じで、目の覚めるようなアタリが滅多にありません。 □師:諦めるしかない。 ■私:オッと!その手ですか。 □師:それでも、多少良くなる方法が無い訳ではない。 ■私:それですよ。 □師:餌のことだけを言えば、味付けを濃くする方法だ。 ■私:元気がないんですから、どちらかと言えば薄味の方が無難な気がしますが。 □師:ところが、人間で... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/22 17:00
立ち止まって考えるへら鮒釣り 【ハリスの長さ】
■私:両ダンゴでハリスの長さを変える理由は何なんでしょうか。 □師:餌が自然に落ちる時間を稼ぎたいことに尽きる。 ■私:昔はそうでもなかったですよね。 □師:手元に昔の雑誌があるが、ここに両ダンゴの特集記事がある。■私:20年以上も前ですね。「システム学」とありますが…。 □師:内容の殆どは「餌」の話で、ハリスは段差が8~10p、長いほうが30~40p程度というのでほぼ共通している。 ■私:タナの深さとか浮子の大きさに関係なくですか? □師:そう。浮子はボディ15p前後が一般的だ。 ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/10 18:45
喫茶・『ヘラブナ釣り』 G
■私:ネパール地震で72時間のデッドラインを越えてから助かった子がいました。 □師:「水分」が支えた感じだな。 ■私:思うんですが、何だかんだ言っても結局最後は水みたいな普通のものが命を救うんですね。 □師:普段そこまで深く考えて水の有難みを感じていないけどな。 ■私:無くなってから分かる大事なものって沢山ありますけど、命にとっては何なんだってことに無頓着過ぎますよね。 □師:命のことをいつも考えて生活できないからな。ストレスが溜まりすぎる。 ■私:それはそうですが、せめて子供達の枕... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/03 11:54
喫茶・『ヘラブナ釣り』 F
■私:つんく♂が声帯摘出手術を受けましたね。 □師:松ちゃんが「選ばれたんだろうな」って言ってた。神は、彼なら試練に耐えられると見込んだのだろう。 ■私:ベートーベンやゴッホも、正岡子規もそうだったんでしょうね。 □師:作者の命まで吹き込まれる作品てのはやっぱりあるよな。自身の"物語"を丸ごと引きずって作品になってるような。 ■私:そう考えると、作者の人となりは芸術文化の世界では結構大事な要素ですよね。 □師:だから、見てる方をシラケさせるスキャンダルは致命的になる。 ■私:"お前が... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/15 14:45
喫茶・『ヘラブナ釣り』 E
■私:この前『アメトーク』で後藤が言ってましたけど…。 □師:うん。 ■私:ギターを始める人から、最初はどの位のを買ったらいいのかと相談されるらしいんですが、必ず20万ぐらいする良いのを買えと答えてるそうですよ。 □師:へー、随分高いのを薦めるもんだな。普通は2~3万で買えるんだろ? ■私:ギターは習得するのが難しくて、大抵がすぐ諦めるそうなんですよ。安物だと余計簡単に止めちゃうんですよね。 □師:高いのだと勿体ないから、そうそうは諦められない。 ■私:元を引こうとして何とか頑張るた... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/07 18:12
喫茶・『ヘラブナ釣り』 D
桜がほぼ満開です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/30 14:08
喫茶・『ヘラブナ釣り』C
■私:意外とこの時期は油断しませんか? □師:する。 ■私:ぽかぽか陽気で、魚もその気だと思って気楽に攻めるのですが…。 □師:とんと浮子が動かない。 ■私:何なんでしょうね。 □師:まだまだ水の中は冬なのかも知れない。 ■私:水温は気温ほど簡単に上がらないですからね。 □師:雨の方が温かいこともあって、そんな日の方が活性が上がることもある。 ■私:春の雨は狙い、と言うのはそういうことですか。 □師:ただ一番の理由は奴らの心理状態の不安定さなのかも知れない。 ■私:心理状態?... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/23 10:58
喫茶・『ヘラブナ釣り』 B
ダウンなしでも桟橋に座れるようになると、やっと峠を越えた感じでホッとします。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/26 10:39
喫茶・『ヘラブナ釣り』 A
■私:テレビの話が続きますが。 □師:嫌いじゃない。 ■私:ダウンタウンの番組で楽団のシンバルを話題にしてました。それだけで食ってる人はいないみたいな。 □師:へー。 ■私:それより、普通あの楽器なら誰でもできるように思えるじゃないですか。 □師:猿でもできる、ってか? ■私:それこそ猿も含めて5人ぐらいでシンバルを"ジャーン"とやるんですが……。 □師:本当に猿もやったのか! ■私:私にも分かるほど、明らかにプロの"ジャーン"は違うんですね。 □師:なるほど。まあ、そうだろう... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/20 08:57
喫茶・『ヘラブナ釣り』
最近釣りの方を随分サボってますが、それがこのブログの原点でしたから、勿論忘れるわけにはいきません。 ■私:この前テレビで浜田優氏を見ましたよ。 □師:俺も見た。ジャンプの葛西じゃないけど、リスペクトの対象だな。 ■私:あの年齢でメジャーなトーナメントの決勝に出続けるのは大変でしょうね。 □師:しかも何回も優勝してるからな。並み大抵のことじゃない。 ■私:だけど結構こういうトッププレーヤーに対して評価が低すぎやしませんか? □師:初心者でもそこそこ釣れたりするもんだから、自分では絶対届... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/14 17:45
真冬の両ダンゴ
ここではもちろん宙釣りを前提に考えています。真夏の底釣りを話題にした以上、こちらもやらねばなりません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/02 10:40
(仮称)セット研究所
また悩み深い季節が近づいてきました。両グルや両ダンゴと違い、餌だけでも倍の気遣いが要り、ハリスワークやら浮子の選択やら、早い話が迷宮に入り込むのです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/08 11:40
「夏だからペレ宙」は正しい?
夏場と厳寒期とでは、これが同じカテゴリーに属する釣りなのかと思えるくらい運動量が変わります。へら鮒釣りとはそう言うものなんですが、歳を重ねる程に「楽して釣ること」が先ず大事になってきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/07 21:14
真夏の両ダンゴ《ボソとは何か》
元々そのために始めたわけですから、へら鮒釣りの記事が1カ月も無いとなると問題です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/30 21:35
正しい"ボソ餌"の考え方
へら鮒釣りは所謂"餌釣り"です。鮎の友釣りは明らかにそれとは違いますが、バスや山女魚をルアーやフライで狙うのは微妙です。奴らがそれを餌と思って喰ってくるのであれば餌釣りだとも言えますし、消化できないのは餌ではないと考えると少し違うのかもしれません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/11 10:36
真夏の底釣り
底釣りファンは、夏だからと言って餌を宙に浮かすことを潔しとしません。上がりたい奴らを相手に、それこそ汗をかいている訳です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/21 10:32
底釣りの餌を考える。
春と言えば、やはり底釣りです。乗っ込み狙いの野池だけでなく、管理池でも何となく底を狙いたくなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/24 15:30
ウドンセットを一から考える。I
■私:正月から始めた厳寒期のウドンセットですが、そろそろ桜ですね。 □師:こうなると考え方も微妙に変化するし、気分も乗ってこないだろ。 ■私:「喉元過ぎれば熱さを忘れる」と言うやつで、つい楽に釣れる方へ行きたくなります。 □師:どこで満足するかは人それぞれだから、どんな釣りを選ぶかは全く自由だが、季節季節のベストを尽くすことは心掛けたい。まだ暫くはセットが強いし、混雑すれば尚更だ。 ■私:でしょうが、一応まとめとして、ここだけはと言う肝をお願いしたいのですが。 □師:2点ある。第一は最... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/21 17:17
ウドンセットを一から考える。H
具体的なバラケ餌の作り方です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/06 22:00
ウドンセットを一から考える。G
最も重要なバラケ餌の話に入ります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/23 17:49
ウドンセットを一から考える。F
雪で高速が非常事態になっている様ですが、本来、融雪設備完備で絶対に積雪しないのが『高速道路』のような気がします。雪国の一般道ではよく見かけますから、技術的には可能なはずです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/15 21:32
ウドンセットを一から考える。E
クワセ餌から話題にします。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/04 10:41
ウドンセットを一から考える。D
浮子とラインの話です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/30 10:15
ウドンセットを一から考える。C
仕掛の話は今回までです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/26 12:03
ウドンセットを一から考える。B
 仕掛の話の続きです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/21 10:03
ウドンセットを一から考える。 A
 基礎から学ぶと決めた以上、仕掛の作り方から始めなければなりません。面倒ですが、仕方がありません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/13 17:28
ウドンセットを一から考える。
 ウドンセットは基本的に食いが渋い時の選択ですから、爆釣までは期待しません。しかしそれにしても、所謂"時合"と言う状態がなかなか経験できず、ストレスが溜まります。意を決して、もう一度基本に戻って師匠に学ぶことにしました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/04 15:00
リズム・3
 紅白が話題になってくると、やり残したことはないかと気になってきます。俳句に手を出してからへら鮒釣りの記事が大幅に減ってきて、うっかり「リズム」の結論を忘れるところでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/29 00:29
打撃に最終形はない。 by イチロー
 4000本という途方もない数字を達成したイチローですが、好き嫌いは別として、打撃だけでなく言葉でも「イチロー」を表現するところが不世出のプロの野球選手たる所以なのだと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/17 22:56
リズム・2
立冬を過ぎて、一気に気温が低くなりました。北海道では今日(11日)雪が積もり、岐阜も明日は真冬並みの寒気が流れ込むそうです。試練です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/11 22:05
リズム・1
 忘れていました。へら鮒釣りの肝は"リズム"だという師匠の話の続きをしなければなりません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/08 13:15
割れたビスケット
 両ダンゴの最盛期だというのにイマイチ痺れるような快感を味わえておらず、ボソボソと愚痴をこぼすこととしました。 ■私:師匠と私では、浮子や仕掛類に目立った違いはありませんよね? □師:むしろ一緒と言った方が良い。 ■私:餌も同じですし、なのにこの違いは何故でしょうね。 □師:"同じ餌"と"同じ袋の餌"とは違うんだから・・。 ■私:配合も水の量も同じですよ。出来上がりも似たようなもんです。 □師:そうすると、「その先」にしか違いはないことになる。 ■私:大きさも見た目には大差ないよう... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/03 22:43
イノッチのへら鮒釣り
 毎朝『あさイチ』で有働さんと遊んでいる井ノ原快彦さんの記事が掲載された昔(07年1月)の朝日新聞が出てきました。 NHKの番組HP上のプロフィールには「趣味アウトドア」とあるだけで、具体的に「へら鮒釣り」が趣味とは出てきません。ただ新聞からは、レベルはともかく楽しさは伝わってきますので、今も続けられていると思うのですが、しかし一方で、最近そんな話は聞いたことがないのでもうやめられたのではないかという心配もあります。そして仮にそうだとして、そのうえその理由が多忙以外の何か別の理由だとすると、そこ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/22 01:21
リズム・序
 荒っぽさというかメリハリの強さというか、気象のステージが一線を超えた様な感覚がします。考えすぎならいいのですが、心配です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/06 10:45
夏のへら鮒釣り by オノマトペ
●私:夏場のチョーチン両ダンゴの理想的な浮子の動きはどんな感じですか? □師:フワッと餌を打つ。オモリと餌は横一列で同時に水面に落ちる。 ●私:仕掛が絡まないようにですか。 □師:寝ていたやや長めのトップがヤンワリ立つ。 ●私:フワッと打ってヤンワリですね。 □師:餌の落下と共にジクジクと浮子のトップが沈み込む。 ●私:そこは、どんな感じですか? □師:ここが最も肝心なところだ。 ●私:理想的なやつをお願いします。 □師:餌落ち目盛辺りで、一度モジモジする。一瞬の間をおいて鋭く... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/13 11:41
釣れない理由・補足
 『釣れない理由』の記事について師匠とダラダラ話す機会があり、これはやはり補足しておく必要があるのではないかと思いたちました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/19 10:00
釣れる方法より、釣れない理由を考えてみる。
 とりあえず、『釣れない状態』を単純に隣より釣れていない状態と定義して、話を進めます。当然のことながら、釣れないことには理由があり、何かが隣と違っているのです。その“何か”をはっきりさせれば、状況を改善するヒントが掴めます。  釣れない原因を分かり易い順に考えてみます。先ず第1は、餌の付近に魚がいないということですが、管理釣場で、自分の所だけ魚がいないということは殆んど考えられません。両隣より少なめということはあり得ますが、寄せれば釣れるほど単純な時代ではありませんから、ここは気にしなくても良... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/30 10:23
この時期だから、へら鮒の産卵を考える。
 雑食性で簡単に釣れ、私達が“マブ”と呼んでコバカにしている『マブナ』は、生物学的には正しい呼称ではありません。ゲームの為に『ヘラブナ』にまで改良された「ゲンゴロウブナ」を特別に重視し、それ以外の鮒を全て「マブナ」と俗称しているのです。  Wikiの助けを借りて「フナ」の種類をザックリ整理しますと次の様になります。 ◎ギンブナ=約30cm/日中韓に分布/99%雌/クローン増殖。 ◎キンブナ=約15cm/関東・東北に分布/準絶滅危惧。 ◎オオキンブナ=約40cm/西日本・朝鮮半島に分布。... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/17 00:28
喰えないのか喰わないのか喰いたくないのか。
 私は「納豆」が食べられません。一度も食べたことがありませんから純然たる『食わず嫌い』なのですが、どうしても食い物に思えません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/28 14:20
へら鮒釣りにとって“釣れないこと”とは何か。
 へら鮒釣りは純然たるゲームフィッシングですから、普通、釣れないことで生活に支障が出るようなことはありません。  世の中のスポーツ・文化というものは、プロやプロを目指さない限り、全てそういうものです。にも拘らず、暇つぶしの域を超えて、まさに命懸けでそれに打ち込む人が多いのは何故でしょうか。登山家だと、そこに山があるからだという有名なフレーズがありますが、私は、へら鮒釣りもそれに似ているような気がしています。  登山家は、頂上から下を眺めたくて危険を冒しているとは思えません。敢えて過酷な条件を... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/18 11:51
男の居場所としてのへら鮒釣り
 23日、土曜の朝、『50ボイス』。YouTubeではなくテレビ、それもNHKですから、やはり選ばれた50人という感はあります。今回は、他人から見れば理解できない、「何故そんなことに、そこまで」という男達の紹介でした。  高校で野球を諦めたサラリーマンの、夢を捨てきれず365日バッティングセンターに通っている風景、碁会所で厳しく指導を受けるおじさんの、「プロの教えは手加減するけど、ここの人は遠慮しないから」と涙目で悔しがる姿など、延々といい年をした馬鹿な男達の居場所が紹介されていきます。中には... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/25 16:25
花といえばふつう桜の花をさす。しかし、北村季吟の季寄せ「山之井」によれば「花とは桜をいへど、たゞおしなべて千草万木のうへにもわたり侍る」とあり、服部土芳の俳論書「白冊子」には「花といふは桜の事ながら、都而(すべて)春花を言う」とあるように、桜以外の春の花すべてをも含むのである。 【平凡社俳句歳時記 春】 こうした約束事が、俳句を嗜む人たちにとってどの程度常識的なことなのか、そのレベルがまだ私には理解できていません。例えば、へら鮒釣りには、「浮子を使う」とか「生餌を使ってはいけない」といったAB... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/18 17:41
ウドンセットの正しい上達法
明日4日は立春。 とはいえ水中は最も厳しい環境で、グッタリ疲れるのがこの時期のセットです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/03 15:19
初釣り
 年末から三が日を経て正月開けまでには、僅か数日しかないのですが、池の様子はガラリと一変します。まるで閾値があるように、水中の活性はステージを変えます。へら鮒釣りにとって最も厳しい季節の到来です。  穏やかな「晴れ」の日、いつもの池で初釣りです。ところで、過日、こうした冬の晴れの日をそのまま「冬晴れ」と言うと思い記事を書きましたが、歳時記によれば、これは11月の季語だと知りました。まだまだ若葉マークの身ゆえ、この種の誤りは当分続くと思いますが、間違うことで人は成長します。気にせず前を向いていき... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/08 16:13
冬晴れ
歳時記の1月(冬)に、「寒釣(かんづり)」があります。 寒の入りの今日、もしかしてと思い出かけてみました。 例によって鴨の群れは有りますが、見渡す限り人影はありません。 帰り道、空はキリリと晴れ上がります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/05 16:26
へら鮒釣り記事の新たなコンセプト
 子供の頃から感じていた、正月の何とも言えない空気の温もりは、この歳になってもそれ程変わりません。『正月』の響きは、老若男女を問わず胸に届きます。それも、どちらかと言えば穏やかな響きです。  私は、このブログを始めた2年前、この“正月気分”でユルユルと書き綴るつもりでした。しかし、まもなくあの日を向かえ大きく方向を逸脱しました。政治や行政が利己を抜け出せないことやメディアが機能しないことに何か言わずにいられなかったことがその原因でしたが、やはり、少しずつ本来の姿に戻るべきだと思うようになりまし... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/04 22:17
へら鮒釣りディープワールド 19 【心構え】
例年以上に冬の訪れが早いような気がします。試練の時です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/20 12:40
伊自良川の冬
遠くから選挙カーの声が聞こえてきます。 雪が残る、投票日前日の伊自良川・・・。 見上げる空に、一羽の逸れ鳥を発見しました。通行禁止の鉄板橋の手前には、小さな鴨の群れが見えます。静かな水面には葉の落ちた樹木が映ります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/15 15:12
へら鮒釣りディープワールド 18 【端境期】
 立冬を過ぎれば気分も冬なのですが、奴らの思いがけない活性の高さに戸惑う時があります。 ●私:師匠は、無理すればダンゴでも、って日は、やはり無理しますか? □師:しない。 ●私:随分キッパリ言いますね。何故ですか。 □師:たいした理由は無いが、無理筋は好みではない。無理筋を続けると悪い癖が付きそうで、出来れば避けたい。 ●私:“無理筋”? □師:ペトコンの小餌をチャカウキで届ければアタリは貰えるかも知れないが、両ダンゴの限界点を超えて王道を踏み外す方法は、今は滅多にしない。 ●私:... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/10 16:01
へら鮒釣りディープワールド(17) 【新べらとグルテン】
 秋も深まり、次第に話題になってくるのが新べらの放流だ。そして、新べらにはグルテンというのが何となく定説になっている。 ●私:新べらを相手にする時は、まずグルテンを考えますが、昔からですか? □師:『長竿・浅ダナ・両グルテン』の3点セットが新べら狙いの合言葉になったのは随分昔の話で、多分20年以上は前だと思う。 ●私:今でもその格言が生きているとなると、真理に違いないのでしょうね。 □師:実際に体験してみれば分かると思うが・・・。 ●私:実は、そんなに良い思いをしたことがないんですよ。... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/29 20:52
へら鮒釣りディープワールド(16) 【ダウンの話】
 へら鮒釣りが似合う風景は、夏より冬である。桜や紅葉も悪くないが、モノクロの冬景色が一番だ。しかも基本的に動かない釣りだから、重要なのは防寒対策である。凍った湖面でのワカサギ釣りに負けない準備が要る。従って、上着は原則ダウンとなる。  ダウンの性能は、フィルパワー(fillpower)で表す。1オンス(約28g)のダウンがどの位の量(立法インチ)に復元するかを測定し、数値で表したものである。例えば、「500フィルパワー」とは、1オンスの羽毛が500立方インチの体積にふくらんでいることを表す。当... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/08 19:23
へら鮒釣りディープワールド(15)【餌の硬さ】
 餌は、硬いか軟らかいか、粘るかバラケルか、この四つの要素の組合せで決まる。一般的に、硬くて粘る餌は魚が喰いにくいし、軟らかくてバラケル餌は魚が喰う前に鈎から抜け、どちらも適格性に欠ける。 ●私:硬い餌は喰わないと言うのは、絶対的な真理でしょうか? □師:単純に餌ボールの中の餌の硬軟を言ってるのなら、正しくない。 ●私:と、いいますと・・・。 □師:例えば、天ぷらの「衣」とラーメンの「麺」を比較すると、それ自体は衣の方が麺より硬い。 ●私:特にプロの衣はサクサクです、少ない経験ですが・... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/25 16:57
へら鮒釣りディープワールド(14) 【仕掛けに拘る】
 釣れない原因は、様々だ。管理釣場の場合、魚がいないことは有り得ないので、問題は他にある。先ず考えられるのは餌だが、餌以外には無いと言える状態かどうかが重要だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/26 10:30
へら鮒釣りディープワールド(13) 【サンクコスト】
 サンクコスト(sunk cost)は、経済学の基礎知識だが、身近で起こる現象で時々経験する。八ッ場ダムのような大きな話でなくても、例えば、千円払って買った本が何ともつまらなかった時、そのまま最後まで我慢して読み続けるのと、サッサと本を捨て散歩にでも出かけるのと、どちらが経済学的に正しいのかというものである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/04 13:46
へら鮒釣りディープワールド(12) 【即席スープと鰹節】
 信じられないほど暑い(7/19)。思考能力が低下しているから、魚もその辺を慮って素直に対応してくれればいいのだけれど・・・。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/21 20:44
へら鮒釣りディープワールド(11) 【アルキメデスの原理】
 釣人の中には、ムクトップには浮力が無いという勘違いをしている人がいる。かなりのベテランでもそう思っている人もいそうなので、本来は初心者ネタではあるが、浮子のトップについて考えてみたい。  オモリを付けた浮子は、適当な目盛の位置で、水面上にトップを出した状態で静止する。この時浮子は、水中に沈んだ体積(トップ部分を含む)分の浮力を受けて安定している。アルキメデスの原理である。当然、この段階でトップの材質や構造が何であるかということは、一切関係ない。  そして鈎に餌を付けると、重さに応じてトップ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/06 00:02
へら鮒釣りディープワールド(10) 【天ぷら職人早乙女哲哉に学ぶ】
 天ぷらを変えたと言われる早乙女哲哉氏(66歳)が、11日NHK「プロフェッショナル」の主役だった。  えび、きす、穴子などを相手に彼が見せる技の紹介にはそんなに驚かなかったが、それでもなお未熟さを反省し、「130歳まで穴(=瑕疵)を埋めつづける」という姿勢には驚いた。現状に満足した途端、進歩は止まる。究極に辿り着くまで穴を埋めつづける。そう思って、彼は今日も揚げ場に立つのだという。    へら鮒釣りの世界は、どちらかというと高齢者が多い。考えてみれば、私達が釣場で抱えている問題は、実は肉... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/12 18:03
へら鮒釣りディープワールド (9) 【コーヒーブレイク】
 これからは、特に平日は、多少肩の力を抜いても釣れなくて嫌になるなんて事はない。今のうちに技術を深めたい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/25 10:05
へら鮒釣りディープワールド (8) 【食欲】
 野生動物は、人間のように1日3回時間を決めてキチンと食事をするようなことはしない。そこで、野生の生命力を絶食の手段で人間にも適用し細胞の免疫力を高めようという療法が外国にはあって、結構人気らしい(BSドキュ)。  へら鮒共の食生活はどうなのかを考える。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/10 17:06
へら鮒釣りディープワールド (7) 【頭脳】
 最大の謎が、彼らの賢さだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/25 10:57
へら鮒釣りディープワールド(6) 【香りの効果】
 視覚、味覚ときたら次は嗅覚だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/07 23:44
へら鮒釣り実戦記《ウドンセット後編》
●私:クワセは年中ウドンですか? □師:豆腐作りではないが、季節や気温で硬軟を変えられるし重さも変化させられるので気に入っている。それと、変数はなるべく少ない方が迷いも少なくて済む。 ●私:最初からバラケは小さいですね。寄せる意識は無いんですか? □師:厳寒期は時間2〜3枚釣れれば御の字だし、5枚もいったら赤飯ものだ。そんな時合いの時の水中をイメージすると、去年説明した一分粥を求める状態だと思う。 ●私:ガンガン餌を打っても濃い所は好まないということですか? □師:そう。逆に最適濃度を... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/27 17:05
へら鮒釣り実戦記《ウドンセット前編》
 冬晴れの2月末、師匠のメーターウドンセットを隣でうるさく突っ込む。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/18 18:36
へら鮒釣りディープワールド (5) 【グルメ度】
 カップ麺のような典型的なその場しのぎの世界でも、よくこれだけ思いついたと感心するほど様々な種類がある。贅を求める人間の世界だけに起きる現象だろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/03 21:18
へら鮒釣りディープワールド (4) 【細い糸の理由】
 へら鮒という魚を相手に有限の時間と体力の中で切磋するとなると、大事なことは、向かっている方向が正しいかどうかだ。特に厳寒のこの時期は、些細な気配りが結果に出る。 ●私:細いラインは、見え辛いという以外にもメリットがあるということでしたが・・。 □師:それは、柔らかさだ。材質と長さが同じなら当然細いほど柔らかく、俺はこちらの影響の方が大きいと思っている。 ●私:柔らかいと何故良いのですか? □師:基本的には底釣りの場合だが、この時期はアタリが伝わるギリギリの長さまで這わせないと喰ってくれ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/02 14:54
へら鮒釣りディープワールド (3) 【魚の視力とライン選択】
 特に厳寒期を迎えると、ハリスを細くしただけで急にアタリが増えることを経験する。何となく能書きを言いたくなる瞬間だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/27 11:53
へら鮒釣りディープワールド(2) 【ラインの太さと強さ】
 ラインを語る時、科学的根拠も無く正しいこととして前提となっているのは、ハリスは細ければ細いほど良いという感覚だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/14 11:09
へら鮒釣りディープワールド (1)【コンセプト】
 新技術の開発という私の提案を、師匠は優しくしかしキッパリと否定した。  技術は必要に迫られて進歩するもので、新しさを狙いにするような奇を衒う方法はどうかと思うというのが師匠の考え方だった。  談志が新作に挑戦しなかったのは結局古典を超えられないと確信していたからだとか、5代目柳家小さんが弟子の脚色を見て「思い上がっちゃいけない。お前の考えなんぞ誰も聞きにきていない。」と厳しく叱責したという逸話を正月の番組で視聴して、なるほど師匠の言い分が正しいと思った。  考えてみると、底釣りのハリス段... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/07 17:55
2012年夢の大予想
◎放射性物質の半減期を最大10万分の1に短縮する技術が開発される。 ◎失業率が改善され、才能に気付かず夢を追い続ける若者以外は完全雇用が実現される。九州と上海を結ぶ高速地下鉄の開通で労働市場が劇的に拡大したことが原因らしい。 ◎酵母菌の熱エネルギーを電気に転換する技術と無線送電技術が開発され、家庭用の電力は漬物瓶程度の大きさの装置で可能となる。 ◎世界通貨“両”が実現する。 ◎政治家検定が始まり、1級合格が立候補の要件となる。設問は、「貨幣の有効性は誰によって支えられているか」といった基... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/01 00:13
へら鮒釣りディープワールド 【予告】
 へら鮒釣りのメッカは残念ながら関東で、新しい技術も関東発で広まる。勿論釣れるから皆が真似する訳だし、皆がやるから更に改良されて行く。  だが、このまま指を銜えて見ていていいのだろうか?歴史を持ち出して西の優位を主張する気は無いが、竹竿の里や鮒の生産地を抱えながら、何時までも東にリーダーを任していていいのだろうか?  そこで、来年からは(鬼が笑うかもしれないが)新しい技にチャレンジしたいと決心した。しかも、なるべくシンプルで汎用性の高い技術が望ましい。  当然のことながら私にはその能力は不... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/17 17:12
明解へら鮒釣り24 【底釣り X】
●私:今日で底釣りのまとめにしたいのですが、浮子のナジミが全てという事でした。 ■師:そう思う。そのためには、道糸・オモリ・ハリス・鈎と餌、これらを一体として捉え、トータルで味のいい景色となっていることが重要だ。 ●私:味のいい景色? ■師:セットと同じ様に底釣りは絵で説明されていることが多いが、大抵道糸・ハリスが垂直になって上鈎が数cm底を這う状態になっている。 ●私:そうです。それで何故浮子のナジミ幅に変化が出るのかが私の最初の疑問でした。 ■師:2個の餌がハリスの段差を保って落下... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/08 12:27
伊自良川初冬
 何となく定点観測の様になってきたが、冬枯れの伊自良川へ行ってきた。   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/06 10:02
明解へら鮒釣り23 【底釣り W】
●私:これまで、底に置かれた餌の方が宙の餌より食べ易いことと底釣りの浮子のナジミは道糸に掛かるテンションの為せる技だということでした。 ■師:うん。 ●私:動いてる餌しか反応しないという意見はどう思いますか? ■師:浮子が動かないのは、魚がいないか餌が無いからだと思うし、そもそもそういうことは考えていない。 ●私:宙より底が安定して釣れることに疑いは無いと・・・。 ■師:俺はそう思う。 ●私:二点目の浮子のナジミが重要と言うことですが。 ■師:それが全てと言い直してもいい。“2節ナ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/24 22:46
明解へら鮒釣り22 【底釣り V】
●私:目茶苦茶初歩的なことですが、浮子のナジミ幅が何故出るのかということです。宙釣りと違って餌が地面に着いている訳ですから、餌の重さが浮子に現れることはないような気もするし、実際には重いとナジミが増えますし。 □師:全くその通りで、実は、そこをボンヤリとやり過ごしていると何時までも底釣りの悩みが解消されない。 ●私:両グルから両ダンゴに餌を変えると2節程度は余分にナジミますよね。これは餌が重くなったからではないんですね。 □師:そう。二次的要因と言うやつだ。 ●私:では、直接の原因は何で... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/18 22:40
明解へら鮒釣り21 【底釣り U】
 放流の時期だ。長竿・浅ダナ・両グルテンという定番が何時までも通用するのが楽しい。  だが、テーマは底釣りだ。オリジナルを目指すが、セット以上にマニアックな議論が盛んな分野でどこかとの重複も避けられない。その場合はご容赦願いたい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/10 21:09
明解へら鮒釣りS 【底釣り T】
 餌を水底につけた状態で釣る方法をこの地方では「床(とこ)釣り」という。  私は、この呼び方が好きではない。関東風に底釣りのほうがシックリくる。何故違うのかは定かではないが、関西で盛んだった釣堀(ハコ)の底釣りでそう呼ばれたところから来ているという説を聞いたことがある。  床釣りは、普通省略して「とこ」と言う。「と」にアクセントがある。底と床は似ているようで厳密に言えば違うし、「とこ」というと何となく艶っぽい響きもあり太陽の下のスポーツには似合わない。  そんなこんなで、スッキリ底釣りとい... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/29 23:39
明解へら鮒釣りR 【両ダンゴXの3】
●私:ダンゴの続きです。まず、芯餌がマスターできたとして深い所へはどうやって届けますか? □師:餌の前に、一番手っ取り早いのが、オモリを多くし(=浮子を大きくし)、途中の魚が邪魔する暇を与えないことだ。 ●私:水面に餌が落ちた瞬間喰いませんか? □師:へら鮒は大型になるほど意外と動きが鈍い。特に管理池の上層の魚は、まずこぼれた粒子に反応する。 ●私:餌玉を食べる前に落とすということですね。 □師:そう。但しスピードが速すぎると、余程条件が良くない限り狙いのタナの魚も反応しない。釣れない... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/01 01:25
明解へら鮒釣りQ 【両ダンゴXの2】
●私:この前の続きですが、芯餌をどうするかです。 □師:一言で言えば、普通の餌がいい。 ●私:普通? □師:魚粉系の極端に重い餌とか、グルテン・増粘材を含む粘りの強い餌を避ける。 ●私:単品が良いですか? □師:敢えて2〜3種類で作るほうが簡単で、単品のほうが難易度が高い。 ●私:それは何故ですか? □師:グルテンは簡単そうに見えて実は調整の幅が狭い分難しいと前に言ったことがあるが、ある程度餌作りに慣れると、調整の手段が多くなるほど正解に辿り着き易くなる。 ●私:なるほど。単品だ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/17 15:06
明解へら鮒釣りP 【両ダンゴX】
 両ダンゴの餌を迷わないためにはどうすべきか?基本的なセオリーはないのか?そんなものは無いと叱られそうだが、師匠に訊いた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/13 16:34
明解へら鮒釣りO 【ダンディズム】
 へら鮒釣りは遊びだ。だからこそ流儀が大事だ。  “粋な”振舞いとは何かを考える。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/06 22:35
明解へら鮒釣りN 【近道】
 暑い。鮒になりたい。普段なら厄介な風をこんなに有り難いと思うとは、勝手なもんだ。   ■私:師匠の考える上達の条件は何ですか? ★師:先日BSで、曽野綾子氏が辛抱の大切さを言ってた。何でもかんでも政府のせいにする風潮を戒め、自立を説いたわけだ。世の風潮からいうと棘があるけど、説得力はあった。 ■私:へら鮒釣りにも通じますか? ★師:釣れない原因を政府のせいにすると、気は確かかと言われるよな。 ■私:笑われます。 ★師:魚が居ないとか元気が無いとか隣が邪魔するとかってのも似たような... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/06 22:06
明解へら鮒釣りM 【両ダンゴW】
 両ダンゴは餌だ。だが、その種類はあまりに多く、ベストミックスは殆んど偶然で決まる。中途半端になっている90年頃との比較の話題に戻りたい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/23 18:26
明解へら鮒釣りL 【両ダンゴ・余話】
 七夕の夜、BS1ワールドニュースで豪州の小麦を話題にしていた。  輸出される小麦粉は皆同じだと思っていたが、日本のうどん用の小麦粉は、特別に栽培した柔らかめの品種をブレンドしたものだそうだ。ところが、近年の途上国のパン需要の増大に伴って、従来の固めの小麦価格が高騰し、この日本向けのうどん専用小麦を栽培する農家が減ってきているそうだ。  これまでと同じ値段で輸入しようとすると、ざっくり言うと小麦粉が固めになるそうだ。  私が驚いたのは実はこれからで、日本のうどんメーカーはこれを技術でカバー... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/10 19:19
半年が過ぎて
 2011年が半分済んだ。  この拙文を振り返ると、その前半と3・11以降では様子が変わっているのが解る。  本当は、こんなに世の中の事象に関わるつもりではなかった。たまには故人生幸朗師匠の様にぼやく事はあっても、マッタリと綴っていくつもりだった。  ここまで世間の是非を指摘すると、本来はコメントなどで苦情やらを受付けるべきだったかも知れないが、やはりここは、お天道様の叱咤や激励だけを相手に個を続けようと再び決意した。             続く木漏れ日の道   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/01 17:30
明解へら鮒釣りK 【両ダンゴV】
 真夏の両ダンゴは、平日も別の地獄を味わうことになる。 ■私:打ち始めはソコソコいい感じで釣れてきてたんですが。 ★師:見てると、餌が足りない。 ■私:? ★師:飽きるほど打つ。餌は、打てば打つほどナジミやすくなる。 ■私:寄り過ぎそうで怖くなるんですよね。 ★師:どういう状態を寄り過ぎと言うのか知らないが、隙間無く並ぶことはあり得ない。 ■私:それはそうですけど。 ★師:水面近くにチラホラ姿が見えるのを気にしないこと。小型中心の池の場合は別の対応が必要だが、大型中心の池では、餌... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/27 21:52
明解へら鮒釣りJ 【両ダンゴU】
 梅雨の晴れ間は、何故か渋い(様な気がする)。  子供の喧嘩の様な永田町と政局になると元気になるメディアは放っておいて、師匠と釣り談義。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/11 16:03
明解へら鮒釣りI 【両ダンゴ T】
 両ダンゴは、へら鮒釣りの王道のように言われる。確かに、夏場の長竿深宙両ダンゴは、この釣りがスポーツであることを証明するし、餌合わせという言葉はここでこそ似合う。  この釣り方が昔とどう変わり、何故変わってきたのか。ここを考えることが釣れるヒントにならないか。  師匠に聞いた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/04 22:12
明解へら鮒釣りH 【両ダンゴ 序】
 以前紹介した専門誌の古本を書棚の一角に発見した。  私が始めた90年当時のもので、パラパラと捲ると実に懐かしく、当時の風景が蘇る。と、あることに気付き、師匠に話したくなった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/23 18:36
明解へら鮒釣りG 【浮子を考える】
 へら鮒釣りをへら鮒釣りたらしめているのは、間違いなく「浮子」である。  魚の動きは浮子以外に知る術がない。餌を喰った時だけでなく、居るか居ないかから活性はどうかまで、全て浮子が知らせてくれる。当然、アタリを知らせるだけの浮子では使い物にならない。  世の名手達は自分の使い勝手に合った浮子を求めて彷徨い、遂には、自分で作るしかないと思う様になる。人気のある市販の浮子が、殆んどこうした名手達の手によることはある意味当然なのである。  そして、ここが日本が生んだゲームフィッシングらしいところだ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/14 21:40
明解へら鮒釣りF 【誤飲】
 セット釣りでしばしば話題になるのが、クワセの捕食の仕方だ。即ち彼らは、バラケの粒子の中で誤ってクワセを食べる(=誤飲)のか、それとも特にクワセを選んで食べるのかという点だ。  師匠の考えを聞いてみた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/11 20:33
明解へら鮒釣りE 【Deep People】
 改編と震災の影響でお気に入りの番組を見失っているが、以前紹介したあのディープ何とかに巡り会った。  今回は卓球の鼎談だ。  世界最強のカットマンと言われた松下浩二選手は、ラケットのラバーが0.2ミリ薄いとジュニアの選手にも勝てないという。卓球ほど道具が影響する競技は無いと他の二人も同意する。  超一流選手に共通するのが、この「道具に助けてもらう」という感覚だ。野球でもゴルフでも同じだ。  手の感覚を狂わせないため他人のバットは握らないとか、変なイメージを植付けないため素人の動きは見ない... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/23 23:40
明解へら鮒釣りD 【うどんセット U】
 そろそろ乗込み。  晩秋の新ベラ放流と双璧をなす一大イベントが始まる。  放流が管理池なら、ハタキ(産卵)は野池が主役となる。管理池でもハタくことはあるが、本来ではない。普段なら決して人間の前に姿を見せないような大型が、すさまじい量と勢いで浅場へと押し寄せ、静かな岸辺は不似合いの喧騒に包まれる。そして釣人の大型の記録は、大抵この時期に達成される。  気候も良くなり野が招くが、この雑文の主旨は、あくまでも管理池としている。  師匠にうどんセットのまとめをお願いした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/16 21:35
明解へら鮒釣りC 【うどんセット T】
 東日本大震災。  被災された方の心痛は少しは和らいでいるのだろうか?それとも、落着きを取り戻すにつれ現実感が増し、深刻さが増しているのだろうか?  ただ、思い入れが過ぎるのも、被災地の人は望んでいないだろう。普通に釣りができることを心から感謝しながら、今を大事にしたい。遣り残したことをなるべく少なくしたい。    池の桜はまだ蕾だが、あと少しの我慢だ。師匠と並ぶ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/07 17:48
明解へらぶな釣りB 【うどんセット 序 】
 何時頃からか、バラケにクワセの釣りをセットというようになった。特別に注釈を加えない限り、クワセはうどんだ。このうどんセットほど、へら師を悩ませるものはない。釣れる人は、これでもかというぐらい釣り、釣れない人は、釣れる気がしない。手を引きたくなる。  師匠に会った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/25 00:20
明解へらぶな釣りA 【竿以外の道具】
へらぶな釣りでは、竿の他に特有の道具を使用する。 その中で、最も固有のアイテムが「竿掛け」である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/28 13:08
明解へらぶな釣り@ 【竿選び】
 数千円から10万円を超えるものまで、店頭には様々なへら竿が溢れている。色々と使ってみて気に入ったものを選ぶという訳にはいかない。  師匠に尋ねてみた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/22 23:27
明解へらぶな釣り 【はじめに】
 へら鮒は、食糧にしない。売って稼ぐものでもない。どれだけ釣れても、自慢話で内儀さんが喜ぶ訳でもない。たまには大会の商品を持って帰れることもあったが、稀である。食するという余禄を期待する釣りという趣味のなかでは、珍しい。  では、何が寒風の中でおじさんに竿を振らせるのか?そこには、やはり競技性を抜きにしては語れないのではないかと思う。大自然の中での1枚のへら鮒とのやりとりも、この釣りの楽しみの大きな要素であり、私も嫌いではない。しかし、黎明期から様々な釣技術が編み出されてきたのは、少しでも多く... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/20 00:01
へらぶな釣りの肝
 写真は、私が知っているへら鮒専門の(隔)月刊誌である。へら鮒という唯ひとつの魚を対象に、如何にして釣り込むかが共通のテーマである。値段は1000円3誌と1250円1誌。驚きである。  しかし、ここに“へら鮒釣り”の肝が隠れている。寄って集って1cmに拘り、1ccに拘り、1gに拘る。私は、この辺のマニアックさは嫌いではない。そんなことはどうでもいいと片付け、1日1枚(へらはこう数える)釣れれば満足では、この釣りの魅力は消える。否定はしないが、私は与しない。  どうでもいいことを、明日の日... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/11 16:31
最初の一歩
立春を待っていたかのように 空気が温まってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/08 12:26

トップへ | みんなの「へらぶな釣り」ブログ

長良の落陽。 へらぶな釣りのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる