アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「政治」のブログ記事

みんなの「政治」ブログ

タイトル 日 時
夏の鶯・6 【有識者会議】
夏の鶯・6 【有識者会議】 ■私:政府で「出国税」が検討されてるようですね(*)。 □師:中身の議論の前に問題にしたいのは「有識者会議」なるものだ。 ■私:「加計」でもありましたね。なんとか会議とか専門家委員会とか…。 □師:今回の委員はこちらだが(**)、人選理由が分からない。 ■私:官僚の原案に強い反対を言わない人を選ぶんでしょうね、当然…。 □師:最後のとりまとめ(***)で座長一任となっているが、要するに有識者の提言に基づいて実施するという体裁を整えることが主眼だ。 ■私:他の誰かの所為にする話は、「加... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/11 08:49
文科省はそれでいいのか。
文科省はそれでいいのか。 安倍首相が『辞書で調べると「そもそも」には「基本的に」という意味がある』と国会で発言されたときには、「またいい加減なことを」と聞き流していたのですが、信じられないことに「それで問題ない」と閣議決定されたようです(*)。毎日新聞・校閲グループは、ブログ・『毎日ことば』でこの辺を更に詳しく解説しています(**)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/16 00:13
日本にしかできないこと
日本にしかできないこと 国連の核兵器禁止条約交渉会議に日本政府は参加しないこととなりました。その理由については、岸田外相の記者会見の模様を掲載した外務省のホームページで詳しく説明されています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/01 15:45
『俳句斜説』・4月号 【衒う。】
『俳句斜説』・4月号 【衒う。】 てらう[(衒う)]@/A/Bわざと変わったようすを見せる。「少しもてらったところがない・奇を―」   【三国/三省堂】 「こいつめ」とかの「め」や女性言葉の「の」といった表現を使用した俳句を専門家の間でも時々みかけます。   『箸先にまろぶ子芋め好みけり』 村山古郷   『じゃんけんで負けて蛍に生れたの』 池田澄子 知られた句で好む方も多いのでしょうが、私はついて行く気にはなれません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/29 09:33
中心市街地の廃校
中心市街地の廃校 岐阜市立徹名小学校が今年度限りで別の小学校と統合し廃校になりました。ここは道一本隔てれば柳ケ瀬商店街という立地のため、シャッター通りの風景と共に地元のニュースでも取り上げられていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/26 21:46
喫茶・へらぶな釣りU (30)
喫茶・へらぶな釣りU (30) ■私:森友問題が騒々しいですね。 □師:誰がどう考えても、「安倍時代」でなければ起こり得ないことだ。 ■私:登場人物が分かりやす過ぎですよね。 □師:ただ贈収賄罪までとなると、立証は難しいだろうな。 ■私:籠池理事長側に大金があるとは思えませんし…。 □師:実はその方が恐ろしい。この国はそこまで空気が支配してるのかって感じだ。 ■私:それと内閣の驕りも度を越えてませんか?官房長官の会見も如何にも記者を小馬鹿にしたようで、骨のあるジャーナリストなら我慢できないはずですが…。 □師:色... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/15 00:18
喫茶・へらぶな釣りU (29)
喫茶・へらぶな釣りU (29) ■私:経産省の全面施錠を民間会社の例を挙げて賛成してる人がいますね。 □師:まだやってなかったのか、なんて言ってる人までいる。 ■私:森友学園への国有地払い下げもそうですが、公共の財産は誰のものかという認識が全くなってないって感じがしませんか? □師:霞が関も永田町も俺たちのもんなんだから、本来は国民誰でも自由に利・使用できる道路と一緒なんだ。 ■私:庁舎管理の法令も道路交通法と同じで、公共の財産を安全かつ円滑に利用するための決まりですからね。自分の家に入って何が悪いっていうのが考え方の... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/04 00:15
事実の積み重ねが歴史になる。
事実の積み重ねが歴史になる。 ○民主主義国家では、国民が事実を知ることが根幹となる。 ○文書こそが歴史であり、信頼できる資料を残す必要がある。 ○官庁は公正な立場で公文書館への移管・開示を判断すべきだ。 ○書類保存の判断は当事者だから役人の意識向上が必要だ。 ○公務員は自らが日々歴史の石垣を積み上げている責任を持つべきだ。 ○文書が記録として残ることで日本国が形成される。 ○記録をしっかり残すということは日本の強みになる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/07 12:06
センター試験での電卓使用
センター試験での電卓使用 15日のセンター試験で北海道内の受験生6人が持ち込み禁止の電卓を使い、不正行為と認定された。不正行為があったのは数学選択科目のうちの「簿記・会計」の試験。道内の大学の同じ教室内の6人が机上に置いた電卓を使用しているところを試験監督が見つけ退出させた。6人は電卓を使用したことを認め、受験した全ての教科が無効となった。電卓を持ち込む不正行為は11年間で計2件しかなかった。「簿記・会計」を受験した生徒がいるという高校の教員は、電卓を使って過去問題の解答法を指導する教員もいると指摘。「本番でも使えると勘... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/17 17:11
意図的な事実の選別=オバマの演説
意図的な事実の選別=オバマの演説 10日、シカゴで行われたバラク・オバマ米大統領の任期最後の演説です。       *全文はこちら:http://logmi.jp/180020 (前略) 純粋な愛党心、経済的・地域的な格差、あらゆる嗜好に合わせてメディアの分裂。このすべての細分化が、一見自然に起こることであり、避けられない流れのように見受けられます。そして、より一層、我々は自分自身の殻に閉じこもり、その情報が真実か否かではなく、自分の意見に適合する情報のみを受け入れることに、心地よさを覚えるようになります。自らの意見を証拠... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/12 11:38
喫茶・へらぶな釣りU (22)
喫茶・へらぶな釣りU (22) ■私:IR法案なんて格好つけてますけど…。 □師:新しい賭博行為の解禁だ。 ■私:JRAを含めた公営ギャンブルの拡大以外の何物でもないですし、パチンコも含めたら日本はもう腹一杯という感じなんですが…。 □師:パチンコは風営法が適用される風俗営業らしいぞ。 ■私:Theギャンブルなのに、笑い話ですね。 □師:リゾート開発を隠れ蓑にしてるのが如何にも姑息で気に入らない。 ■私:カジノ目当てで来るような外国人にロクなやつはいないですよ。今更ですが政治家の頭が信じられませんし、読売ですら批判... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/17 09:20
誰でもいつかは高齢者になる。
誰でもいつかは高齢者になる。 高齢者が加害者となる交通事故が増えています。……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/17 18:37
フィリピン大統領が平然と訪れる日本という国
フィリピン大統領が平然と訪れる日本という国 フィリピン大統領が自国で圧倒的に支持されているからといって、法治国家日本が彼を好意的に報道するのはどうなんだろう。麻薬常習者には人権がないという思想は、我が国でも通用するのだろうか。数千人の殺害を容認していることや、過酷な環境の刑務所の光景を面白おかしく伝えるメディアには、強い違和感を感じざるを得ない。犯罪者は自由に殺害しても良いという思想の蔓延は、極めて危ういのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/26 00:23
週刊・『チューズデー』 *契約
週刊・『チューズデー』 *契約 《毎日新聞 奈良地方版(9/17)》 【筆者要約】 来秋の奈良県での「国民文化祭」のロゴマーク制作費540万円が不当に高額だとして、市民団体が知事に510万円を請求する住民訴訟を奈良地裁に起こした。原告側は2014年の秋田開催の同祭ロゴは賞金5万円、東京五輪のエンブレムも賞金100万円でいずれも公募だったと指摘。「公平性確保のため公募が通例で、随意契約は異例。適正な支出金額は多くとも30万円だった」とし、支払額との差し引き510万円を損害額と主張している。 契約の相手先が「くまモン」のデザ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/03 09:27
週刊・『チューズデー』 *民進党の責務
週刊・『チューズデー』 *民進党の責務 民進党が自民党の最大のサポーターである、という内容の日経の社説があります。その結びの「競争原理が働かないと進歩は生まれない」、という意見に私も強く同意します。民進党が政権を担い得る一翼にならなければならないのは、民進党のためだけではないのです。競争のない社会があっという間に腐敗することは、歴史が何度も証明しています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/17 11:06
蓮 蓮の花を念頭に『蓮舫』という名を付けられた、と知りました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/15 22:20
週刊・『チューズデー』 *核は北朝鮮だけが問題か。
週刊・『チューズデー』 *核は北朝鮮だけが問題か。 『核兵器の不拡散に関する条約(NPT)』は、米・ロ・英・仏・中の5か国を「核兵器国」と定め、その他の国への核兵器の拡散を防止しようとするものです。外務省HPには、『この条約の適用上、「核兵器国」とは、1967年1月1日以前に核兵器その他の核爆発装置を製造しかつ爆発させた国をいう』、とあります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/12 09:21
週刊・『チューズデー』 *海を整理する。
週刊・『チューズデー』 *海を整理する。 "万人に開かれた場所"というのが海に対する基本的な思想で、威嚇や挑発といった邪な思惑さえなければ、どこの船舶でも領海・公海を問わず自由に海上通行ができます。この「無害通行権」という考え方が、地球の7割を占める海本来の姿です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/15 10:12
週刊・『チューズデー』 *言葉の重さ
週刊・『チューズデー』 *言葉の重さ 安倍晋三首相は6日、広島市内で記者会見し、稲田朋美防衛相が将来の日本の核兵器保有を否定しない発言をしていることについて、「我が国は核兵器を保有することはありえず、保有を検討することもありえない。稲田防衛大臣の発言はこのような政府の方針と矛盾するものではない」と述べた。 稲田氏は過去に核保有を「国家戦略として検討するべきだ」と述べていた。3日の防衛相就任会見で見解を問われ、「将来的にどういった状況になるかということもあろうかと思うが、現時点で核保有を検討すべきではない」と述べ、将来の核保有を否定... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/09 09:09
週刊・『チューズデー』 *仲裁裁判と日本
週刊・『チューズデー』 *仲裁裁判と日本 南シナ海を巡ってフィリピンが中国を提訴した裁判で、ハーグの常設仲裁裁判所は、中国の主張する「歴史的権利」には法的根拠がないとする裁定を下しました(12日)。詳しい解説は専門家に任せ、付随する注意点を二、三あげておきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/18 12:54
喫茶・へらぶな釣り U D
喫茶・へらぶな釣り U D ■私:国会が終わって"舛添劇場"が始まると、甘利さんがしれっと出てきましたね。 □師:都合よく病気が治るもんだ。 ■私:美濃加茂市長の弁護をしてる郷原さんが、「絵にかいたようなあっせん利得」って書いてましたけどね。 □師:億の単位にならないと金じゃないような世界だから…。 ■私:まあ1千兆円もの借金を気にしない世界だと、そうもなりますね。 □師:UFJが国債入札の特別資格を返上するらしい。買わない訳ではないんで急に何かが起きる訳ではないだろうが、少し心配なニュースだ。 ■私:マイナス... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/09 00:39
柘榴(ざくろ)の花
柘榴(ざくろ)の花 柿でも梨でも、多分リンゴでも、果実の色とは違い、 花はあっさりと白、としたもんです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/08 17:11
退院した大和くん
退院した大和くん 紙製の野球ボールを大事に抱えた大和くんが、 「誰かに貰った」、と大きな声で答えたのが印象的でした。 私達も、 親だけでなく、"誰か"に見守られながら大人になったのですから、 それで十分だ、と強く思いました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/07 17:46
繰り返される沖縄の悲劇
繰り返される沖縄の悲劇 21日『琉球新報』の社説を抜粋して紹介します。 なぜ繰り返し繰り返し、沖縄は悲しみを強いられるのか。 …… 沖縄に米軍基地がなければ女性が命を落とさずに済んだのは間違いない。在日米軍専用基地が所在するのは14都道県で、残りの33府県に専用基地は存在しない。 …… 統計を取ればこの種の事件の半数は沖縄1県に集中するはずだ。これが差別でなくて何なのか。 …… 沖縄は辛苦を十分に味わわされた。戦後70年を経てもう、残り33府県並みになりたいというのが、そんなに高望みであろうか。 …… ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/22 00:04
喫茶・へらぶな釣りU A
喫茶・へらぶな釣りU A ■私:アメリカも何だかおかしくなってきましたね。 □師:トランプだろ? ■私:日本は米軍駐留経費を全部払えとか核武装しても良いとか…。 □師:中身より元気ってのは日本でも流行ったから、人のことは言えない。 ■私:だけど、いやしくも米国大統領候補ですよ。 □師:どう考えても、このまま大統領になるってことはないだろう。 ■私:日本車に高関税をってことは、TPPは御破算ってことですよね。 □師:安倍首相も選挙前には尖閣に公務員を常駐させるなんて元気なことを言ってたし、仮になったとしても、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/08 10:13
『週刊チューズデー』 *ハイパーSOHO
『週刊チューズデー』 *ハイパーSOHO ソーホー(SOHO=Small Office/Home Office)という言葉を最近はあまり聞かなくなりました。ICT環境の充実は昔とは比較になりませんから、机の置き場所を問わないSOHOの可能性について考え直してみても良いのではないか、と私は思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/29 00:46
名を惜しむ。
名を惜しむ。 やごう【野合】@正式に結婚の手続きをふまずに、夫婦関係のようになること。A[政党などが]正式の手続きをふまず、なれあいで関係を結ぶこと。(『三国・第七版』三省堂) 民主と維新の合流を決まり文句のように「野合」と批判するのは、正しくありません。これから決まる『党名』・『綱領』がいい加減かどうかが勝負です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/28 21:36
アップル社の覚悟
アップル社の覚悟 Newsweek日本版に「テロ捜査の地裁命令にアップルが抵抗する理由」という冷泉彰彦氏のコラムがあります。要約すれば、iPhoneへの不正侵入の裏口を作ることは、悪用により伝染性生物兵器と同程度の危険が発生するため政府や裁判所の要請でもおいそれとは従えない、というものです。更に今日(24日)のヤフーニュースには、アップルが他にも10件のロック解除要請を受けていて、それを拒否しているとあります(AFP)。米紙WSJによると、これらは全てテロとは無関係だということです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/24 15:58
『定数削減』は何故重要か。
『定数削減』は何故重要か。 野田元首相が異例ともいえる予算委員会での質問者に立ちました。12年秋の解散表明したあの党首討論での約束を確認するのが目的でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/19 23:42
もう一つのアインシュタイン
もう一つのアインシュタイン 脊椎動物であるヒトは肺呼吸する恒温動物で胎生によって増えます。この特徴を持つ動物は『哺乳類』に分類され、牛も馬も、ライオンも鯨も、同じ哺乳類の仲間です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/16 23:24
放送の自由
放送の自由 「偏った放送には電波法に基づく停波もあり得る」という高市総務大臣の発言が波紋を呼んでいます。「放送法」に書いてあることを言っただけという見方もありますが、その法自体を問題にする人はあまり見かけません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/14 15:32
読売という「新聞社」
読売という「新聞社」 10日の各社の社説は次のようになっています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/10 15:59
正しい説明の仕方
正しい説明の仕方 江川紹子さんのツイッターにこんな記事が紹介されていました。雑誌の訂正記事なのですが、なるほど、と思いました。こういうのを文字どおり『説明』と呼びます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/03 00:06
財閥解体と鉄鋼再編
財閥解体と鉄鋼再編 1920年代の慢性的な不況を背景に、1930年頃の経済の基幹部門は三井・三菱・住友の三大財閥が支配していました。ここに安田を加えた"四大財閥"のコンツェルン的多角経営が日本を支えていたのです。そして、戦後GHQの日本占領政策の一環として行われたのがいわゆる「財閥解体」です。そこには、政府の事実上のコントロール下にあった財閥が日本の軍国主義の経済的な支えになっていたという連合軍の認識がありました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/02 22:18
「同一労働同一賃金」は何故難しいのか。
「同一労働同一賃金」は何故難しいのか。 この問題を考えるヒントとしては、2010年9月14日の大阪高裁判決があります。60歳で会社を定年退職した原告はその後同社の嘱託として再雇用されたのですが、同じ業務内容なのに退職前の42万円余だった給与が23万円余になったのは不当だとして、その差額を支払うよう訴えたものです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/30 10:18
排出事業者責任 【廃棄物横流し事件】
排出事業者責任 【廃棄物横流し事件】 産業廃棄物は、その廃棄物を出した事業者に適正な処理の責任があり(詳しくはこちら)、今回の場合は、ココイチ・イオン・7&i・ローソン・マルコメなどの事業者に第一義的な責任があることになります。つまり、通常は専門の産廃処理業者に業務を委託する訳ですが、委託すれば責任を免れられるというものでもなく、その処理状況の確認や処理が適正に行われるための努力(12条)が求められているのです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/21 13:08
『ココイチ』・『ダイコー』・『みのりフーズ』以外の罪人
『ココイチ』・『ダイコー』・『みのりフーズ』以外の罪人 廃棄物処理法で定める「産業廃棄物」は20種類に及びます。そして、こうしたゴミは適正に処理・管理しないと環境に重大な影響を及ぼします。つまり法は、賞味期限切れの食品が食べられるリスクではなく、河川、土壌、大気といった環境が汚染されることを防止することが目的なのです。我が国の「公害」という負の歴史が背景にはあります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/20 11:59
安倍首相と憲法
安倍首相と憲法 「立法事実」という言葉は、昨年の安全保障関連法案の審議でも度々登場しました。ザックリ言えば、その法律を必要とする「社会的、経済的、政治的もしくは科学的事実」のことです。言い換えれば、頭の中で妄想するだけでは法律をつくる根拠とならない、ということです。このことは、学者だけでなく法に関わる人達の謂わば「常識」とされていることです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/14 11:23
今年のマイテーマ
今年のマイテーマ "新たな時代の「追いつき追い越せ」へ"、という元日の日経社説が目に留まりました。日本経済の今ひとつ力強さに欠けるところを指摘し、今後どうすべきかを論じているものです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/05 16:32
2015年という年
2015年という年 大きな歴史の転換点として記憶される年になりそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/26 15:25
COP21と日本の存在感
COP21と日本の存在感 地球温暖化防止のためにCOP21で採択された『パリ協定』については、大方のメディアで高く評価されています。実効性にはまだ疑問があることは事実ですが、地球という小さな惑星が未来永劫続く保証はないという前提で対策を話し合うということは、他の動物にはない『人間の知恵』に他なりません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/15 13:22
冬の大雨
冬の大雨 岐阜市の12月の平均降水量は年間で最も少なく、 最多の7月の2割程度しかありません(参照:Time-j.net)。 ですから、こうした風景は非常に珍しいことです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/11 20:56
沖縄の民主主義
沖縄の民主主義 沖縄の長くかつ苦難の歴史を、「日本全国、悲惨な中で皆さんが大変ご苦労されて今日の豊かで平和で自由な国を築き上げてきた(菅官房長官/9月)」、と全ての日本人が味わった苦労と同質であるように認識することは、明らかに誤りです。政府の中枢にこういう考え方があるというのは、沖縄の正しい解決には到底結び付きません。官房長官が、広島や長崎、更に空襲を受けた多くの都市を念頭に、「沖縄だけじゃない」と発言されたのであれば、あまりにも浅はかな考え方です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/03 18:27
「テロとの戦い」とは何か。
「テロとの戦い」とは何か。 15日からトルコ南部アンタルヤで開かれていた主要20か国・地域(G20)首脳会議は16日午後、テロと戦う決意を示す緊急声明と、成長戦略の着実な実施を再確認する首脳宣言を採択し、閉幕した。 テロ対策の声明では、パリ同時テロと、トルコの首都アンカラで10月に起きた爆弾テロを「可能な限り最も強い表現で非難する」とし、国際社会が連帯してテロと戦う決意を示した。議長国トルコのエルドアン大統領は閉幕後の記者会見で「テロとの戦いには国際的な結束が必要だ。安定した世界平和なくして強い経済についての議論はできな... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/17 10:57
笑えない話
笑えない話 【AFP=時事】ザンビアのエドガー・ルング大統領は18日、自国通貨の急落を「癒やす」ことを願って神に祈りをささげた。大統領は前もってこの日を「不況脱却のため全国民が祈る日」と定めており、全土でバーが休業し、サッカー国内リーグの試合も全て中止された。ザンビアの通貨クワチャは今年に入り、対ドルで45%も下落した。輸出の大半を占める銅の価格が下がったのが主な要因だが、下落率は米経済通信社ブルームバーグが動きを追う155通貨の中でも最悪となっている。こうした事態を打開しようと、大統領は前月、国を挙げて神... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/21 09:50
"南京虐殺記録"の記憶遺産登録への対応の仕方
"南京虐殺記録"の記憶遺産登録への対応の仕方 国連教育科学文化機関(ユネスコ)は31日、パレスチナ自治政府の正式加盟の是非を問う投票を行い、賛成多数で可決した。これを受けて、米国はユネスコへの分担金拠出を停止する方針を明らかにした。 (中略) 米国の分担金はユネスコ予算の22%に当たり、拠出停止はユネスコの活動に大きな影響を与えるとみられる。 米国では1990年代に制定された法律により、国際的に独立が承認されていない団体について正式加盟を認める国連機関に分担金拠出を禁じている。(注:朱書筆者) 【ロイター/2011.11.01】 ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/14 13:10
再び国際連合(United Nations)
再び国際連合(United Nations) 世界130カ国の首脳を集めた国連サミットが終わりました。この場で、期限を迎えた「ミレニアム開発目標」に代わって、全会一致で『持続可能な開発目標(SDGs)』が採択されました。従来と異なり、各国政府やNGOの持ち寄った意見を3年かけてまとめたものですから、これが実現出来ないということは、国連が機能しないということを意味します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/01 17:14
漁 この時期になると、鮎は、通称"ガリ"と呼ばれる手法で狙われるようになってきます。沢山の鈎を付けた長いハリスを、大きなオモリを付けて水中を転がし、無理矢理鮎を引っ掛けてしまおう、というものです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/22 15:17
60年安保条約改定と今回との違い
60年安保条約改定と今回との違い  この憲法は、国の最高法規であって、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。  日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/20 12:14
幻想でしかない国家という共同体
幻想でしかない国家という共同体 古くはマルクス以来、 このことについては、様々に語られてきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/17 15:15
1976年の豪雨で決壊した長良川
約40年前の9.12豪雨で決壊した長良川の様子が、こちらの県のHPで見られます。死者・行方不明9人という人的被害を出しましたが、1959年の伊勢湾台風での被災者の数、104人よりは少なくて済んだことが、不幸中の幸いだったとあります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/11 17:00
喫茶・『ヘラブナ釣り』 I
■私:オリンピックもそうですが、何と言っても政治のグダグダは問題ですよね。 □師:深刻だ。 ■私:安倍さんは、国会サボって身内のTV番組に出る始末だし…。 □師:まともな神経なら、あり得ない。議会もなめられたもんだ。 ■私:TV局も含めて、普通は、周りが止めますよね。 □師:とんでもない人を、とんでもない人達が支えてるって感じだ。 ■私:何がどうなってしまったのでしょうか。 □師:一言で言えば、政治家とその周辺の質の"劣化"だ。生活のための仕事の一つ程度にしか考えていないから、如何... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/08 14:40
運動場に使う1550億円という金
2008年に管理開始された徳山ダムの建設費は、約3千3百億円でした(詳しくはこちら)。事業計画が発表されてから37年、本体着工からでも8年の歳月を要するという、日本最大の多目的ダム建設事業でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/30 09:52
財政規律
国の運営に必要な経費は、借金以外で工面しなきゃいけない。ただ、後世にも便益が及ぶ道路や橋の建設に限って、国会の同意を条件にローンを組んでも良い。また、借入先を日銀とすることは、歯止めが利かなくなるから駄目だ。特別な理由で国会が認めれば、例外的に可能な場合もあり得るが、ここは厳しく守る必要がある。あと、年度毎にお金が余ったら、半分以上は借金返済に回すことを忘れるな。財政法4条から6条までには、ザックリこう書いてあります。また、憲法83条では、「国の財政を処理する権限は、国会の議決に基いて行使しなけ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/28 17:40
鳥羽川
長良川の支流は全て一級河川で、国が管理しています。但し、本流も含め、その大半は知事にその管理が委託されています。国直轄か県管理かは、堤防道路の草の生え具合で簡単に見分けることが出来ます。当然、県管理区間の方がワイルドであることは、言うまでもありません。金の掛け方が違います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/25 20:34
アメリカは何故日本を守るのか。
通りのどこに立っても、あの赤いロゴの看板が見えるようにすることが、コカ・コーラの最初の日本での戦略だったと言われています。都会だけでなく、人さえ住んでいれば、どんな田舎の道でもそうしたのです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/24 21:31
私たちの「戦後70年談話」
『NEWS23』(TBS系)が13・14日で放送しました。安倍首相が、「あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫」と表現した世代が、戦後70年の今、自分達はどう世に言葉を発するべきかを語った特集です。官僚の原稿もなく、自分達で一から作成した訳ですから、大変だったと思います。その苦労が十分に伝わりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/15 14:18
『再稼働』は事業者の判断、と言うのであれば。
九州電力の川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)が再稼働しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/11 18:00
『6+9=15』
1945年8月15日正午、昭和天皇の『玉音放送』により、ポツダム宣言の受諾即ち連合国への降伏が日本国民に伝えられました。終戦の日です。そして、その数日前の6日には広島に、9日には長崎に原子爆弾が投下されていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/03 18:56
『法的安定性』は何故重要なのか。
「憲法守って国滅ぶ」でも良いのか、といった言い方で、安保法案の正当性を主張される方がいます。無責任な評論家やウケ狙いの主張なら放っておけばいいのですが、政府の主要メンバーの発言となると問題です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/02 15:13
「安保法案」をどうすべきか。
石破氏は、集団的自衛権の行使が急がれる理由として、2012年5月の憲法審査会で次のように発言されています。【*憲法審査会とは、日本国憲法と関連基本法制を広範かつ総合的に調査する機関です。憲法改正原案、改正の発議等にも関わる機関で、国会法に基づいて設置されています。】 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/30 16:45
しょうがないから、「多数決」なんだ。
"強行採決"が何故問題なのか。名大教授・愛敬浩二氏(憲法学)の記事が参考になります(7/10・毎日/東京夕刊)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/19 14:04
敬意
そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。 日本国憲法「前文」の一部です。国政は国民のものだから、権力に任せた政府や議員の勝手気ままは許されない、という趣旨です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/15 21:43
国立競技場に2500億円なんて、への河童だ。
"既に借金は1000兆円だ。全部借金で建てても、1億円借金のある人が余分に2万5千円借りるだけの話だ。大したこっちゃねえ。" ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/14 20:40
ギリシャの誇り
ギリシャ人は、ギリシャ語を話さぬ他のすべての民族のことをバルバロイ(バルバロスの複数形)と呼んだが、それは「どもる者」という意味であった。「どもる」と言われる行動の定義はともかくとして、ここで言おうとしていることは、なにか口からオトが出てはいるが、そのオトはまともなことばになっていないという判断である。(『ことばと国家』/田中克彦著/岩波新書) ギリシャ議会が承認した財政再建策は、付加価値税13%の23%への引上げ、GDP1%分の年金支出削減など、EUが提示した案をほぼそのまま受け入れたもので... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/11 21:41
トヨタでなくても同じ結果だったのか。
刑事訴訟法第248条 犯人の性格、年齢及び境遇、犯罪の軽重及び情状並びに犯罪後の情況により訴追を必要としないときは、公訴を提起しないことができる。 東京地検は、元トヨタ副社長のハンプ容疑者を起訴猶予としました。起訴猶予とは、裁判で有罪にできる可能性は高いが、"様々な事情"を考慮して起訴しないことです。証拠が足りずに(嫌疑不十分)、不起訴とするのとは異なります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/09 14:20
ギリシャは"怠け者"なのか。
ギリシャ国民はみんな遊んで暮らしていて、借金も返す気がない不良息子だ、というのが大方のワイドショーの伝え方です。しかし、12年のOECD調査によれば、常勤労働者の年間労働時間は、ギリシャは長いほうから数えて3位(2034時間)、日本は15位(1746時間)となっています。因みに少ない方は、@オランダAドイツBノルウェーCフランスDデンマークの順となっています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/07 21:19
『明治日本の産業革命遺産』での"朝鮮人労働"
ソウル聯合ニュースでは、次の様に報じています(7/6)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/07 12:22
第97回全国高校野球選手権大会
1915年、朝日新聞が主催して全国中等学校野球大会が始まりました。当時はまだ甲子園はなく、大阪・豊中球場が会場でした。そして、今年はそれから100年目にあたります。開催回数と一致しないのは、言うまでもなく第二次世界大戦による中断があるからです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/04 23:22
安保法案のここが知りたい。F【最終回】
民主主義ができました万々歳 という社会は決してない ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/27 21:13
女性が普通に働く国になるためには……。
『仕事を持つ母親に育てられた女性は、そうでない女性に比べて給与の高い仕事に就く可能性や昇進する可能性が大きい』。ハーバード・ビジネススクール(米)によるこんな調査結果を、CNNが伝えています(6/17)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/25 16:06
沖縄・慰霊の日
沖縄での戦いがどれほど悲惨であったかは、 70年も時が過ぎた今、 どんな想像をしても正しくないのだと思います。 アメリカ軍の歴史には、 「ありったけの地獄を集めた」と刻まれているそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/23 22:56
なんとか商品券
地域振興券(99年)や定額給付金(09年)といった類のバラマキ策に景気刺激効果が無かったことは、すでに明確に証明されています。「プレミアム商品券」も同じ運命をたどるであろうことは、改めて言うまでもないことです。念のためですが、この商品券の額面を上回る部分には、14年度補正で組まれた緊急経済対策のうち「地域消費喚起・生活支援型」として地方に配分される2千5百億円の税が使われます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/21 20:57
安保法案のここが知りたい。E【読売新聞の責任】
読売新聞は、16日の社説で、次の様に書いています。 (前略)1959年の最高裁の砂川事件判決は、(中略)米軍駐留の違憲性が争われたもので、集団的自衛権の可否は問題になっていなかった。だが、判決で最も肝心な点は、自国の存立を全うするための自衛の措置を容認したことにある。(中略)存立危機事態に陥っても、集団的自衛権が行使できないなら、憲法前文や13条の定める生存権や幸福追求の権利が損なわれよう。(以下略・朱書筆者) 憲法が著しく毀損されようとしている今、いくら経営方針とはいえ、どこまでも政権擁護... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/16 21:06
安保法案のここが知りたい。【休憩】
安全保障は、国民の支持なくしては成り立ちません。 1 今、日本を攻撃する可能性のある国(組織)は何処(誰)か? 2 何処が攻撃され、その手段は何か。核はあるのか? 3 事前の察知や予防はできるか? 外交努力では不可能か? 4 武力衝突に、現有装備と日米同盟では対応しきれないのか? 5 新たな装備や手法が必要だとすれば、現行法で可能か? 6 新法が必要ならば、それは憲法の許す範囲内か? 7 憲法改正を要するならば、どう進めるか!? しかし今の議論は、動機も手順も稚拙かつ雑ですから、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/04 21:05
安保法案のここが知りたい。D【ホルムズ海峡?】
オマーンの領海"ホルムズ海峡"が機雷封鎖されると、日本への原油輸入路が絶たれ国の存立が危うくなるから、というのが例外的に他国の領土で日本が武力行使をできる「根拠」だそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/02 14:38
安保法案のここが知りたい。C【戦力】
憲法9条後段(2項):前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。 防衛白書(2014)抜粋:憲法上保持できる自衛力の限度は、国際情勢等の諸条件による相対的な面があり、予算審議を通じて国会で判断される。憲法で禁止されている「戦力」にあたるか否かは、保持する実力の全体がこの限度を超えることとなるか否かにより決められる。しかし、性能上専ら相手国国土の壊滅的な破壊のためにのみ用いられる、いわゆる攻撃的兵器を保有することは、直ちに自衛のための必要最小... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/31 17:53
安保法案のここが知りたい。B【日米同盟】
新たな『日米防衛協力のための指針(ガイドライン)』が、4月27日、日米安全保障協議委員会(2+2)で了承されました。条約と異なり国会での承認を要しませんから、これで日米の軍事協力関係は新たなステージに入った訳です。防衛省のHPでは、次の様に概略を説明しています。新「指針」では、安全保障法制との整合性も確保しつつ、「切れ目のない」形で我が国の平和と安全を確保するための協力を充実・強化するとともに、地域・グローバルや宇宙・サイバーといった新たな戦略的領域における同盟の協力の拡がりを的確に反映したもの... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/30 00:18
国会と内閣
28日の衆院特別委員会で辻元議員(民主)に「早く質問しろ!」と野次ったのが、議員ではなく内閣、しかもそのトップである総理大臣だったため、夜の大きなニュースになりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/29 12:53
安保法案のここが知りたい。A【集団的自衛権】
集団的自衛権の一部行使は憲法違反ではない、と昨年夏に閣議決定されました。識者の中にも、個別的自衛権と集団的自衛権は一部で重なり合っており、閣議決定はその重なり合った部分に限定して集団的自衛権を認めたものだから問題ないという人がいます。つまり、個別的自衛権だけれども国際法上は集団的自衛権とも考えられるのでそう呼んでいるだけだ、というものです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/27 17:32
安保法案のここが知りたい。@
「自衛隊法」の一部改正では、総理大臣が自衛隊に出動を命ずることができる場合として、我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある事態が追加されます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/27 01:09
『ポツダム宣言』とインフィールドフライ
5月4日の巨人対広島戦は、一塁のフランシスコと三塁の村田がインフィールドフライのルールを失念した(と思われる)ことによる珍プレーで、広島がサヨナラ勝ちしました。テレビで見てた感じでは審判の責任も大きかったように思えましたが、言いたいことはそこではありません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/21 17:34
住民投票で示された大阪市民の三つの意思
賛成・反対に匹敵する結果だったのが、意思表示しなかった人の数です。66.8%という投票率は、3人に1人が棄権したということです。報道では「関心の高さが示された」と言っていましたが、私は、"投票離れ"はとうとうここまできたのかという思いの方を強く感じました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/19 00:18
Alliance of Hope(希望の同盟)
日米安保をこう呼ぼう、と安倍首相は米国議会で演説されたのですが、少なくとも日本語としては明らかに意味不明です。何となく解ったような感じで受け取られ、批判するメディアは殆どみられなかったのですが、私は、日本語としてはあり得ない、気持の悪い表現だと思っていました。これがテーマなのですから、他の部分にも拭えない座りの悪さを感じます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/17 00:06
キズナが「キズナ」でなかったら。
先の天皇賞で、1番人気だったキズナは結局7着に終わりました。昨年の同じレースで圧倒的な1番人気ながら4着に敗れた後、骨折による長期休養に入り、今年復帰してからの成績はGUで3着と2着だった訳ですから、今思えばそれほど不思議な結果ではなかったのかも知れません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/07 23:47
放送法の読み方
自民党がテレビ朝日(NHKは附録)から「事情聴取」していることが問題になっています。その根拠に放送法4条を持ち出しているようですが、その前には3条があります。 (放送番組編集の自由) 第3条  放送番組は、法律に定める権限に基づく場合でなければ、何人からも干渉され、又は規律されることがない。 (国内放送等の放送番組の編集等) 第4条  放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。 1... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/19 00:56
地方議会をどうするべきか。
12日に行われた地方選挙の投票率は、10道県知事47%・41道府県議会議員45%で、何れも過去最低を更新しました。私は、議員選挙の投票率については、有権者ではなく議会制度の方に問題があると思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/14 10:48
戦争には金が要る。
『もういちど読む山川日本近代史』をもとに、「戦費」について考えてみます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/12 22:37
国債とは国の借金である。
13年末個人金融資産のうち現金・預金は全体の半分強約868兆円ですが、段々と貯蓄率は下がってきています。絶対額は前年より微増していますが、文字通りストック頼りとなっていると言えます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/10 23:35
集団自決は「強いられた」のか「追い込まれた」のか。
少し前ですが(3/30)、沖縄タイムスに《「集団自決」強いられた「共生共死」》という記事がありました。要約すれば、家族や親族で一塊になった住民の間で手榴弾が次々と爆発し、集団自決によって渡嘉敷島で330人、座間味島で177人、慶留間島で53人、屋嘉比島で2家族約10人が亡くなったとされる。その原因は、「戦陣訓」を説き「軍官民共生共死」の考え方を住民に植え付けた軍の教育にある。というものです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/08 15:34
『民意』の切なさ
4日沖縄タイムス1面トップの見出しは、《菅氏「民意分からぬ」》となっています。これは官房長官が3日の記者会見で、辺野古基地建設について県民の賛否どちらが多いと思うかを問われたのに対し「それは分かりません」と答えたことを指しています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/05 00:51
考・地方の生き方 【スポーツ・文化】
家計調査速報値によると今年2月の二人以上世帯の消費支出は265,632円で、対前年同月比実質-2.9%と11カ月連続の減少となっています(名目-0.4%)。内訳を見ますと、小遣いなど「その他の消費支出」と「教養娯楽(*)」の減少傾向に歯止めが掛からないのが分かります。つまり実質所得が減ったために先ず小遣いが減らされ、その結果趣味など娯楽への出費も影響を受けているのです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/03 17:42
「積極的平和主義」の正体
アジアインフラ投資銀行(AIIB)の創設メンバーに加わらないのは、検討中のカナダを除けば日米両国だけになったようです。麻生財務相は「組織運営や融資審査体制に不安がある」ことを参加見送り理由にしていますが、G7を含む欧州、ASEAN10ヶ国、豪州、韓国などが加わる状況をみれば、そんな言訳を信じるのは記者クラブだけだと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/01 16:14
モノの値段は、いつ決まるのか。
釣具店が釣竿を1本5万円で店頭に並べれば、それがその竿の値段なのでしょうか。魚屋が鯖に1匹5百円の値を付ければ、それがその鯖の値段でしょうか。仮にそうならば、田舎の急傾斜地にある狭隘な土地でも、地主が1億の値で売り出せば、それがその土地の値段ということになります。果たして、そうなのでしょうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/19 09:33
ベアは過去最高水準なのか?
トヨタの平均給料月額を知りませんが、おそらく4千円のベアは率にして1%程度に過ぎないでしょう。何故これが全ての報道機関で「過去最高」と伝えられるのかが不思議でしたが(参考:私の過去記事)、しかしよく注意してみると、「現行の要求方式になってから」という前置きがあることに気付きます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/18 18:29
今日は怒るぞ! 17 【無法地帯の国会】
今更の話だが、国会議員を除く全ての日本国民が「政治資金規正法」に怒っている。賭けても良い。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/15 10:37
「政治資金規正法」も「政党助成法」も廃止せよ!
民主政治が健全に発達するためには、政治資金の収支状況が適正かどうかを国民に判断してもらう必要があるとして戦後間もなくつくられたのが「政治資金規正法」です。その後様々な金銭スキャンダルに応じて何度も改正されてきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/28 17:54
「戦後70年談話」の危うさ
安倍首相は、"「日教組は補助金を貰っている」と言ったのは事実誤認で訂正する"とされました(23日衆院予算委)。しかし今までそう思っていたのだとすると、そのレベルの人が国のリーダーを勤めること自体が重大な問題です。加えて教育への造詣を問われるという意味でも罪深い発言だと言えます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/24 15:58
ピケティを理解するための補習
ピケティがブームになっていますが、より良く理解するために"累進課税"について再確認しておこうと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/22 00:51
「農政の大改革」とは何か。
2001年から06年までの小泉内閣に設けられた『総合規制改革会議』でも農業は議論されています。02年の第2次答申ではその一部として農協についても触れられていて、今回の「戦後以来の大改革」と喧伝されているJA「改革」の殆どはその二番煎じなのです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/18 11:19
溜まったディスクをどうするか。
後でじっくり、と思う番組は録画することが多いのですが、それが溜まりに溜まり、ディスクに落としたものに至っては何を録画したのかさえ忘れています。BSやETVが中心で、永久保存に相応しいものばかりの筈です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/17 17:01
首相が憲法改正を呼びかける国
新聞の活字で見ていると実に現実感に乏しいのが、12日の首相の施政方針演説です。テロ対策を含む外交・安全保障は勿論、地方の疲弊や格差・貧困問題といった本来政治が取り組むべき優先課題にも懸命さが伝わって来ません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/15 18:07
これからの公共事業のあり方
予算時期になると必ず話題になるのが「公共事業費」です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/10 17:18
「テロとの戦い」と日本の役割
シリア渡航を計画したフリーカメラマンが外務省から旅券返納を命ぜられ議論を呼んでいるようです。旅券法19条に基づく返納は、憲法22条の海外渡航の自由の侵害ではないかというものです。私は、「表現の自由」が公共の福祉の為に法で制限されることと同様ここは憲法を持ち出すところではないと思いますが、それとは別の意味で疑問に感じます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/09 12:37
今日は怒るぞ! 16 【中央銀行の約束】
5日の日経Webに日銀岩田副総裁の仙台での記者会見の記事がある。難しいところをドンと端折って言えば、2年経てば2%の物価上昇が達成できるとした約束は実現困難だと説明されたそうだ。原油などがこれ程下落することは予想できなかったそうだが、それで済む話ではない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/05 15:50
立春
二十四節気の中で、 『立春』ほど際立つ節目はありません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/04 00:20
エナガの労働
目的が何なのかは分かりませんが、エナガが働いています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/02 18:44
「ISIL(イスラム国)」に理念はない。
「国」を維持するためには財源が必要であり、報道によれば、ISILの資金源は石油価格低下で枯渇し始め、戦闘員の維持や武器補給が困難な状況となっているようです。従って、身代金の2億ドルと言う金額は桁違いでも何でもなく、それだけの資金を彼らが真に必要としているのだと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/23 10:29
岡田新代表に期待する。
民主党は、今回ベストな選択をしたと思います。政権を目指す以上、それに相応しいのは今のところ岡田氏しかいない気がするからです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/18 17:39
民主党代表選挙で明確にしてほしい二つのこと。
一つは、安全保障以上に重要で経済の好循環の基礎とも言える『社会保障』の在り方です。古い言い方ですが「高福祉高負担」から「低福祉低負担」まで、目指す水準によって全ての政策の骨子は決まってくるのです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/08 00:31
食品への異物混入は何故続くのか。
マクドナルドをはじめとして、最近食品への異物混入事件が頻発しています。その原因を海外工場の杜撰な製造管理に求めるだけでは済まされない状況になってきているようで、少し心配です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/07 18:20
『ピースとハイライト』と『美味しんぼ』
「紅白」のサザンはライブで見たのですが、『美味しんぼ』の時と同じ様に、良くも悪くも歌や漫画の持つ情報発信力の凄まじさを感じます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/06 16:54
政府のいう「津々浦々」に沖縄は入らないのか!?
少し長くなりますが、年末の『琉球新報』社説の概要を紹介します。 ○挨拶で上京した知事に首相らが会わなかったのは嫌がらせだ。 ○落選した仲井真氏には先に首相らが面談し労苦をねぎらった。 ○差は明白で菅氏は[会うつもりはない]とまで突き放した。 ○政権への賛否で会う会わないを決めるのは大人げない。 ○振興予算減額の意見もあるようだが、基地と振興は別との方針を覆す主張であり見識を疑う。 ○地元自民党議員の「敵に協力する必要はない」との声は残念だ。 ○政権の対応は何度も示された移設反対の民... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/02 09:49
官製賃上げ論の限界
共産党が言ってるうちはまだ良いのですが、政府やメディアからも「減税などで増える利益を内部留保せずに賃金向上へ」などと伝わってくると、やはりこの辺はちゃんと整理しておく必要があると思い立ちました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/29 18:04
今年の言葉
私には二つの選択肢がありました。一つは何も言わずに、殺されるのを待つこと。二つ目は声を上げ、そして殺されること。私は二つ目を選びました。声を上げようと決めたのです。(朝日新聞デジタル) 今年のノーベル平和賞授賞式でマララが力強く語った一節です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/28 00:42
ソニーだけの問題なのか。
米国ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)から漏洩した情報量は、100テラバイトという気の遠くなる規模だそうです(日経春秋)。記事では「世界で最大級の米国議会図書館が収蔵する印刷物をすべて足し合わせても約10テラバイト」を引き合いに、その量の凄まじさを説明しています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/26 10:58
天皇誕生日
思い起こせば94年の自社さ政権当時、時の村山首相は「自衛隊合憲・日米安保堅持」と明言し、それまでの社会党の基本政策を大転換しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/23 21:01
考・地方の生き方 【観光】
独立行政法人『国際観光振興機構』(JNTO)によれば、13年の総入国者数は1036万人となっています。増加しつつありますが、まだ十分とは言えません。その8割はアジアからで、韓国246万人、台湾221万人、中国131万人、香港75万人などとなっています。また、日本での13年の延べ宿泊者人数は3300万人を上回っており、都道府県別では、東京都998万人、大阪府430万人、北海道305万人、京都府265万人、千葉県199万人など上位5団体で66%を占めています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/20 15:20
「忍」
16日付の日経春秋は、海江田氏が経産相時代、掌に「忍」の一字をしたためたて国会審議に臨んだエピソードを取り上げています。その我慢の心境は、それでも民主党に幾らかの議席上積みを果たさせた票の中にこそ透けて見えるというものです。つまり、1強支配に抗する勢力の必要性を考えれば過去の失敗に目をつむってでも「忍」の一字で票を投じざるを得なかった有権者が少なくなく、民主党は、その重み、その苦渋を知って本当の再出発を期さないと次はない、と締めくくっています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/19 16:06
この選挙で何がどう変わったのか。
52%という投票率をどう考えるのかだと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/15 12:25
民主党は日本の未来を描ききれ!
確実に日本の人口は減少していきます。今は、どこで歯止めを掛けるかを考えるしかありません。前にも書きましたが、『政策』はそこから始まります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/10 11:40
コロニー現象
コロニー(colony)とは、群れのことです。ミツバチなどで知られていますが、渋滞でもないのに車が自然と一団となって進むこともそう表現します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/07 11:56
「財政規律」とは何か。
1987年に民営化された時、国鉄は37.1兆円の借金を抱えていました。その大半(25.5兆円)は当時の「国鉄清算事業団」が引き継ぎ、JR各社が受け持ったのは5.9兆円でした(残る5.7兆円は新幹線保有機構)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/28 21:33
度量
安倍首相が、小学生が開設した「どうして解散するんですか?」というサイトが実は大学生のなりすましだったという騒動について「批判されにくい子供になりすます最も卑劣な行為」、と自身のFacebookで批判しているようです(25日/ITmedia ニュース)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/25 17:47
注目すべきは「投票率」だ。
安倍首相は「アベノミクス解散」と言われました。さらに、「このままでいいのかを問いたい」とも言われました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/22 10:17
遥か遠くから聞こえる『唐獅子牡丹』
70年当時、香林坊の三叉路を一歩裏側に入ると、週末には深夜営業もかかる小さな映画館がありました。ネットは勿論テレビも持たない貧乏学生達は、スクリーンの健さんに向かって恥ずかしげもなく応援の声をかけたものです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/19 00:05
「ご当地ナンバー」なんかよりも……。
車のデザイナーにとってナンバープレート(NP)ほど邪魔なものはないのではないかという気がします。かつてホンダは、NPの色に合わせて黄色の軽のスポーツタイプの車を発売したことがあります。オシャレな外車もダサいNPで台無しの印象を受けることも珍しくありません。これはテレビ画面が目障りなロゴマークで美しさを半減させているのにも似ているのですが、私は、美を破壊する原因は足りないことより過剰であることの方が百倍大きいと考えています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/18 10:30
消費増税は何故「三党合意」だったのか。
随分前に「救急車は、何故無料なのか。」 とか「再び福沢諭吉に学ぶ。」といった拙文で、税の基礎的な役割について考えたことがあります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/16 23:32
解散権は誰に帰属するのか。
首相に解散権があるとする憲法上の明文規定は、不信任案が可決されたときの69条しかありません。しかし実際は、憲法7条の内閣の助言で行う「天皇の国事行為」として衆議院は解散されます。事実上、首相の都合で好きな時に議員の地位を失わせることが可能なのです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/12 17:36
考・地方の生き方 6 【議会は必要か。】
憲法では、地方自治に関して4項目しか定めていません。@地方の基本は法律で決めるA「議会」を設け、団体の長や議員は住民が直接選挙するB行政を執行し、法の範囲内で条例をつくれるC個別団体の特例法は住民投票で過半数の同意を必要とするの四つです(92~95条)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/04 00:28
考・地方の生き方 5 【法案は何と言っているのか。】
先月の衆院特別委員会で石破大臣は、「まち・ひと・しごと創生法案」について次のように説明しました。希望に応じ地方に住み地域で豊かな生活を営める環境整備を図る。 @基盤サービスについて需給かつ住民負担を考慮し確保を図る。A結婚、出産・育児の希望を持てる社会環境の整備を図る。B仕事と生活の調和ができる環境整備を図る。C特性を生かした創業や事業の活性化で就業機会の創出を図る。D団体の連携協力による効率的・効果的な行政運営を図る。全く何も言っていません。"How"こそが肝要で、いくら基本法だとしても余り... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/03 00:27
考・地方の生き方 4 【土産の木刀】
今でもそうなのかも知れませんが、修学旅行先の土産物屋には大抵木刀が置いてあり、浮かれて買う奴が必ずいたものでした。たいした使い道がある訳でもなく、後から考えれば全くの無駄遣いをする訳です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/30 12:22
今日は怒るぞ!15 【日本は法治国家か。】
政治資金規正法では、外国人からの寄附を禁止している(22条の5)。これに違反すると、3年以下の禁固又は50万円以下の罰金刑に処せられる(26条の2)。宮沢経産大臣はこれに抵触する献金があることに気付き早速返却したそうだ。官房長官に言わせれば、ここは「知らなかったでは済まされない」ではなく、調べて初めて分かったことだから「全く問題ない」らしい。首相にも何の反省の色もない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/28 17:35
女性の尊厳は何故守られないのか。
最高裁は、全員一致で妊娠を理由にした降格処分は「男女雇用機会均等法」に違反するとしました(23日)。これ程明解な判断が最高裁までいかないと得られないところに、日本ならではの病理の深さが窺えます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/24 17:43
考・地方の生き方 【雑感】
御嶽山は、「長野県木曽郡木曽町・王滝村と岐阜県下呂市・高山市にまたがる」と紹介されます。これが仮に平成の大合併前であれば、岐阜県側は「益田郡小坂町・大野郡高根村」とされるところです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/10 16:55
日本語は日本人以外に伝わる言葉ではない。
『金色夜叉』(尾崎紅葉)の巻頭場面が金田一春彦の『日本語』(岩波新書)の中で紹介されています。ダイヤモンドを見た一座の者が@うむ、金剛石だAなるほど金剛石!Bまあ、金剛石よCあれが金剛石?D見たまえ、金剛石Eあら、まあ金剛石??Fすばらしい金剛石、などとドヨめく場面です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/05 00:02
考・地方の生き方 【3】
安倍首相が「鳥取の地ビール」や「島根のカレー」を地方再生の成功事例として考えているのであれば(29日所信表明演説)、それこそこれまで数限りない失敗例を見せてきた昭和の「一品運動」に過ぎません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/02 14:49
考・地方の生き方 【2】
「世界の都市圏人口ベスト25」では、近郊主要都市を含む東京/横浜地域がダントツの世界一となっています。その人口約38百万人は今でも日本の約4分の1を占めているのですが、更に流動化が進み人口87百万人時代を迎えると、日本人の半分がこの地域に集まるという異常事態になりかねません。関東大都市圏(東京都区部・横浜市・川崎市・さいたま市・千葉市)への人口集積をこれ以上進めないことが、地方が生き抜くうえでの大前提となります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/28 21:33
考・地方の生き方 【1】
地方をどうするかは、国をどうするかです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/25 10:46
今日は怒るぞ!14 【外交は誰の責任か】
○安倍首相は14日のNHK番組で、(中略)「日本兵が人さらいのように慰安婦にしたという記事が世界中で事実と思われ、(日本を)非難する碑が出来ているのも事実だ。取り消すということは、世界に向かってしっかりと取り消すことが求められる」と述べ、朝日新聞が国際社会に説明していくべきだとの認識を示した。(読売オンライン) ○加藤勝信官房副長官は17日の記者会見で、(中略)「誤報に基づく影響の解消に努力してほしい」と述べた。国際社会に広まった「日本軍が朝鮮人女性を慰安婦として組織的に強制連行した」という誤... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/21 00:31
民主主義が国をつくる。
スコットランドが英国のままでいることを選びました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/20 01:11
慰安婦問題の終わり方
○内閣総理大臣(安倍晋三君) この国会の場でこういう議論を延々とするのが私は余り生産的だとは思いませんけれども、あえて申し上げますが、言わば、これは昨年の国会でも申し上げましたように、そのときの経済状況というものがあったわけでございます。御本人が進んでそういう道に進もうと思った方は恐らくおられなかったんだろうと、このように思います。また、間に入った業者が事実上強制をしていたというケースもあったということでございます。そういう意味において、広義の解釈においての強制性があったということではないでしょ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/15 23:01
錦織が一番感謝している人
テニスファンなら常識なのかも知れませんが、錦織が一番感謝している恩人は盛田正明氏(87歳)であると知りました(地元紙10日)。あのソニー創業者盛田昭夫氏の実弟で、元ソニー副会長だった人です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/10 13:30
『吉田調書』−ドキュメンタリーこそ主観だ。
 朝日のスクープに留まらず、読売が社説を掲げたり地元紙(=共同通信)でも連載が始まるなどすると、だから故人は公開を望まなかったのではないかと思ってしまいます。  大混乱の最中、命の危機と底知れぬ恐怖を感じたであろう多くの作業員が、第一原発から約10キロ離れた第二原発にバスで「移動」したことが特に問題になっているようです。朝日は「撤退」、他紙は「退避」と微妙に異なる言い方をしているのですが、辞書によれば、「撤退」とは軍隊などが陣地や拠点を引き払って退くことであり、「退避」とはその場所を退いて危険... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/03 10:39
今日は怒るぞ!13 【無意味な予測】
 26日、国交省などの検討会(座長=阿部勝征東大名誉教授)は、日本海で地震が起きると最大2.6〜23.4mの津波が数分で海岸沿いの市町村に押し寄せると発表した。海底断層が陸地に近いから津波が届くのが早いそうだ。  これまで何度も指摘してきたが、こうした"お遊び"には私達の税金が使われている(平成26年度はこちら)。10年で考えれば千億円単位の金だ。日本が特異な地震国なのは分かるが、予言に近い「研究」にこれ程力を入れている国は世界に見当たらない。今直ぐ止めるべきだ。  クドクドと理由を言うのも... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/26 23:41
それでも安倍首相が批判されないのは何故か。
 防衛省によれば、知事から陸自第13旅団に対して派遣要請があったのが20日朝6時半、第46普通科連隊約30名が駐屯地を出発したのが同7時40分です。その頃、静養先ゴルフ場の安倍首相は、「被害者も報告されていないし必要な指示はした」という理由でスタートホールに立ったのです。  自衛隊に派遣要請される程の災害なのに今後の帰趨を想像できない感性も厄介ですが、この"リスク管理の甘さ"について野田元首相が自身のホームページの『かわら版』で批判されています。氏はここで、安倍政権に対するメディアの「優しさ」... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/24 10:40
避難−子供だけは死なせないために。
 必要な情報が必要な時に正しく伝わらなければ、"ICT社会"とはとても言えません。自然災害から身を守る時にこそ先進技術の力が発揮されるべきです。政令市広島の様なところで、異常気象とは言え「雨」でこれだけの被害が出るのは技術立国日本として問題です。本格的な台風シーズンを前に、せめて子供の命だけは助けることを直ちに考える必要があります。    その前にまず、快適な避難生活など本来有り得ず、それを勧めることは命を守るための苦渋の選択を迫るものだということを理解する必要があります。その重い決断を災害... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/23 10:41
GDP伸び率に意味はない。
 GDP(国内総生産)の計算方法には幾つかありますが、一番解りやすいのは支出面から考える方法です。生産されたものは最終的には消費者がモノやサービスを得るために支出した金額の合計に一致するからです。  支出は個人消費、公共事業などの政府支出、設備などの民間投資、輸出から輸入を差し引いた純輸出の4部門で構成されますが、最も大きいのが約6割を占める個人消費です。また、これら4部門が一定期間内に支出した金額は比較的容易に把握可能なため、4半期ごとに発表されるGDP伸び率の速報値はこれによっています。 ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/14 21:01
考・まんだらけ騒動
 結局実行しなかったようですが、今日中(12日中)に万引した商品を返さないと顔写真を公開するぞなどと、個人や集団が法律によらずに他人に制裁を加えて良い筈がありません。こんな分かりきった話を地上波のニュースで「ネット社会では賛否の議論があり話題になっている」と報道すること自体、異様です。  万引きが犯罪であることは自明です。コソ泥や銀行強盗が犯罪であるのと同様で、それ以上でも以下でもありません。古物商「まんだらけ」は、証拠の防犯カメラの映像を添付して警察に被害届をだすことまでしか日本では許されま... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/13 11:17
考・朝日の誤報 『常識は哲学ではない』
あらゆる哲学は「常識」より先へ進むものである、なぜなら常識は哲学ではないからである。コペルニクスまでは、地球がまわるということは常識に反することであった。(ヘーゲル『哲学史講義』) ここでは「それ(常識)は、ある時代の考え方であって、そのうちにはこの時代のすべての偏見が含まれている。」とまで言い切っています。  従軍慰安婦に関する朝日の検証記事について更に私達のレベルで適否を論じるのは、もはや感情的にどう感じるかを吐露するに過ぎず意味がありません。  私が一つだけ指摘したいのは、30年余りに... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/08 17:05
市町村議会の役割を考える。
 明治(7万→16千)、昭和(1万→5千)、平成(3千→2千)各々での大規模合併で市町村は確実に減り、この4月には1,700余りとなっています。そして各団体には議会があり、ここには現在約3万人の議員がいます。  国と同じ様に市町村の全てに本当に議会が必要なのでしょうか。  私は憲法93条を改正して、行きたい方向の決め方は各団体に任すべきだと思います。地方公共団体では首長も直接選挙で選ばれますから、議会が無くても住民の意思は十分反映可能です。政治的課題に乏しい町村まで一律に議会が必要だとは思え... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/05 23:59
少年犯罪は無くすのではない、減らすのだ。
 佐世保市で残虐な少年(少女)事件が発生しました。少年によるこの種の事件、即ち単に命を奪うだけに留まらず死体を玩ぶ様な行為を伴う殺人事件は、97年に神戸市須磨区で発生した『酒鬼薔薇聖斗事件』などを思い起こすまでもなく、珍しいことではありません。  佐世保市は10年前に同市で起きた同様の事件以来❝命の教育❞に取り組んできただけにショックを受けていると報道されていますが、私は教育でこうした犯罪は防げないと思っています。少年達がそうした行為の善悪を判らずに起こしているとは... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/29 00:36
経済抜きで平和を考えても無意味だ。
 今回閣議決定された「自衛の措置としての武力の行使の新三要件」のうち最も重要なのが、『我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険があること 』という部分です。国会で安倍首相は、ペルシャ湾封鎖による原油の途絶による経済危機もここに含まれると答えています。そして、これを根拠に海外での武力行使にあたる「機雷掃海」が許されるとされたのです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/19 21:33
集団的自衛権と未成年者の不自由さ
 未成年者飲酒禁止法(大正11年3月法律第20号)では、20歳未満の者の酒類の飲用を禁止しています。未成年者の親(準ずる者を含む)は、飲酒を知ったらこれを制止しなければならないとも定めています。  大学合格を祝い「今日ぐらいは一杯どうだ」と言って息子に酒を勧めることなどもってのほかで、成人かどうかだけが飲酒が可能かどうかを決めるのです。感情に任せてはいけません。  成人になれば飲酒は可能になりますが、車の運転など飲んではいけない場合もあり、また、健康や主義主張などによって飲む飲まないは自分で... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/15 13:27
軽々しい避難勧告はどうかと思う。
 気象庁は特別警報を出すことに躊躇すべきでないし自治体も空振りを恐れず早めに避難勧告すべきだ、というのが台風などに対応する場合の今の日本のメディアを含めたほぼ共通の空気だと思います。しかし、私はこの意見に反対です。南木曽町の土石流で犠牲者が出た後でもそう思います。  理由は幾つかあります。  まず第一に、避難所はそこそこストレスのかかる空間であり、短期間とはいえ住居を離れることは決断を要することだということです。つまり、『避難』という一大事を行政として勧める訳ですから、そうそう簡単に空振りが... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/11 00:33
The Longest Day
 アカデミー部門賞を受賞した1962年製作のアメリカ映画で、日本では『史上最大の作戦』として知られています。第二次大戦で米英連合国軍が独に侵攻されていた仏を解放するためノルマンディー地方へ上陸した作戦を史実を下につくられた戦争映画です。  国連憲章は戦勝国である連合国を中心に定められています。考えてみれば、51条で言う「集団的自衛の固有の権利」とは、ノルマンディーで生死を共にした国どうしでこそ共有できる質の高いレベルのものと言っても良いものなのです。  では、共に戦った経験のない日米を軍事的... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/07 18:28
軍を持たないコスタリカ
 中米の小国コスタリカがW杯ベスト8に進出しました。FIFAランキングは28位ですから大健闘だと思います。少しググってみました。  人口は福岡県よりやや少ない約480万人ですが、教育水準は高く比較的安定した福祉制度も持っています。そして驚くのは常備軍を持たないことです。そうした国の事情をコスタリカ政府観光局のHPでは次のように紹介しています。◆世界で唯一の非武装永世中立国◆国連平和大学及び地球評議会事務所設立◆アリアス大統領(当時現役)ノーベル平和賞受賞◆国家予算の21%が教育費(00年度)◆... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/04 00:16
徴兵制度は憲法違反だと言えるのか。
憲法18条 何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。 日本国憲法では明確に徴兵制を禁止していませんが、政府は「徴兵制は本人の意思に反し、兵役という役務の提供を義務付けるもの」であるからこの18条に違反するとの見解を示してきています。  しかし、石破幹事長は02年5月の衆議院憲法調査会・基本的人権の保障に関する調査小委員会で参考人の日本政策研究センター所長伊藤哲夫氏の意見に関して次のように発言されています。石破茂君(自民) 人... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/02 00:54
経験主義の危うさ
 イジメ・体罰やニートの若者を批判的に語る時、多くのオジサン達は無意識のうちに自分の「経験」を肯定的に持ち出します。「昔はケンカで互いに相手の痛みを知ったものだ」とか「昔は日曜しか休みが無く脇目もふらずに働いたぞ」などと知らぬ間に脚色され美化された経験らしきものを自慢げに口にするのです。そして、体でぶつかり分かり合えばイジメも無くなるとか、贅沢な選り好みをせずに死ぬ気で働けばうまく行くなどと近頃の若者の気合不足を嘆きます。  この思考法の最大の問題は、そう言われても根本的な問題解決にはなり得な... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/29 11:49
考・法人税減税
 この5月、トヨタの豊田章男社長は決算会見で「漸く税金を払えるようになった」と話されました。この発言を共産党が取り上げたことから、ネット上では「払ってなかったのかよ!」と結構話題になりました。4千億円を超える赤字となった09年はともかく、10年以降の毎年2〜4千億円の利益を出していた年まで納税義務を免れていたとは誰も思わなかったからです。当然のことながら、トヨタは違法な脱税行為を行っていた訳ではありません。現行法人税制度には、損失が出た場合に最大9年間に亘り翌年以降の利益と相殺可能な『繰越欠損金... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/21 11:38
法理
 今のような国際緊張が高まっている時代は、一国だけで平和は守れませんと首相は訴えます。だから集団的自衛権の行使は必要最小限度であれば許されるのではないか、今やそういう解釈が許される時代になってきているのではないかとも主張されます。  では、近隣諸国との友好関係も築かれ、更に中東や東欧を含めて世界中に平和が訪れたその時には、集団的自衛権の行使が可能だと憲法を解釈することは誤りだと言うことになるのでしょうか。  このような憲法を主観的な世界観によって好き勝手に解釈することは、法理から言ってあり得... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/19 22:29
今日は怒るぞ!13【国会の存在価値】
 11日の党首討論について、『これでは国会は、論争が失われた、ただの抜け殻の府だ』と翌日の朝日の社説は書いたが、私も全く同感だ。野党党首の誰一人、背中に国民を背負う気概が見えない。首相の言葉は相変わらず空疎で胸を打たず、今の「憲法」では国が守れないとの一言を発する気力もない。国会はこの期に及んでもその役割を果たさず、歴史の大転換をこうした低次元でグダグダの流れに任せている。それでいいのか! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/14 11:00
被爆語り部への暴言は何故起きたのか。
修学旅行で5月に長崎を訪れた横浜市の公立中3年の男子生徒数人が、爆心地周辺を案内していた被爆者で語り部の森口貢さん(77)に「死に損ない」などの暴言を吐き、森口さんが学校に抗議していたことが7日、分かった。森口さんによると、被爆者らが5月27日、3年生119人をグループに分け、爆心地周辺の被爆遺構を案内。森口さんが山里小学校で説明し始めたところ、グループから離れて行動していた数人の生徒が「死に損ないのくそじじい」と大声で叫んだ。森口さんは注意したが、この数人は周りの生徒にも「拍手しろ」などと言っ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/09 19:02
形だけでは済まされないリニア環境アセスへの意見書
 JR東海が作成した「リニア中央新幹線の環境影響評価(アセスメント)」への「意見書」が環境相から国交省に提出されました。一言で言えば『事業規模が大きく相当な環境負荷が生じる』というものです。  大規模開発が取り返しのつかない環境破壊につながらないための仕組みが環境アセス制度です。69年にアメリカで始まると世界中で導入が進み、日本では72年に先ず公共事業で導入されました。その後、発電所や新幹線など民間大規模事業への拡大や地方公共団体での条例や要綱の制定の動きなど、自然環境の存在価値を開発による経... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/07 00:32
誰にでも分かる「集団的自衛権」
 人が命の危険から身を守ることはDNAに組込まれた本能ですから、善悪を論じるレベルの問題ではありません。そこまで深刻な事態でなくても外敵からの危害に対して抵抗することは当然認められ、言うならば自然権(=成文法以前の自然法を根拠に或いは生まれながらに人として有する権利)として個々人に与えられているものなのです。そしてそれは、その国の歴史と文化などに応じて最終的には「法」という形でルール化され社会生活を支えています。  では国家間の場合はどうでしょうか。そのためには「国家とは何か」について本質的な... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/03 12:48
大飯原発運転差止と「伝える力」
 福井地裁は21日、大飯原発の運転差止請求を認めました。判決の一部を抜粋してみます。〇原発の稼働は法的には電気を生み出す一手段である経済活動の自由に属し、憲法上は人格権の中核部分よりも劣位に置かれるべきだ。自然災害や戦争以外で、この根源的な権利が極めて広範に奪われる事態を招く可能性があるのは原発事故以外に想定しにくい。具体的危険性が万が一でもあれば、差し止めが認められるのは当然だ。 〇人格権を放射性物質の危険から守るとの観点からみると、安全技術と設備は、確たる根拠のない楽観的な見通しの下に初め... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/26 12:08
憲法は国会で語れ!
国会審議の現状は、事実上結論が出てしまっている問題を、厳しい党議拘束の下、与党が野党の抵抗を排しながら如何に「出口」に辿り着くかというスケジュール闘争の場になりがちであり、実質的な議論や利害調整は、いわゆる政党の部会などにおける事前審査、政府と与党の予算折衝、政府と業界との調整という、一般国民の目の届きにくい所で行われている。このような現状を打破して国会が本来の姿を取り戻し、選挙で選ばれた国民の代表者が英知を集め、「表舞台」で議論を重ねた上で最終的な意思決定を得るように国会審議の在り方を改善すべ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/22 17:23
「福島」はどう伝えるのがベストなのか。
 漫画『美味しんぼ』がこれほど情報発信力が強いとは、良くも悪くも日本的であると感じられます。  例えば、@今年の4月以降でも出荷制限された産物があること【ウド=須賀川市/相馬市/広野町/葛尾村/川内村・タケノコ=天栄村・ゼンマイ=広野町/大玉村・タラノメ=猪苗代町・ワラビ=広野町/葛尾村】A相馬農高飯舘校の空間放射線量は2.962μSv/h(5/18・18時半)であること【参考:岐阜市0.060μSv/h】B双葉郡には今も立入禁止区域があり高速や国道には迂回路が設定されていること等々について、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/18 22:32
自衛隊は敵と戦う。
 冷戦終結後、独、仏などが徴兵制を廃止してきたのに対して、永世中立国スイスは、国民投票でその存続を決めました。国の尊厳を守るために存在する兵は、国民の支持と信頼なくしてはあり得ません。  我が国の自衛隊も、憲法で許される存在であることによってはじめて誇りあるものとなります。時の首相の情緒的な発想や或いは同盟国アメリカの要請に基づいて海外での武力行使が可能になったとしても、最高法規である憲法に違反しているとすれば隊の士気は高まりません。    急速にグローバル化とICT化が進み、今や軍備によ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/17 10:36
30年という時の長さ
 「日本創成会議」・人口減少問題検討分科会(座長・増田寛也元総務相)の発表した「2040年人口推計結果」が波紋を呼んでいます。地方から大都市圏への人口流出がこのまま続けば、全国の半分近くにも達する896の自治体で20・30代の女性が半減し「消滅可能性都市」が出現するというものです。その時点で人口が1万人を切る市町村は約3割の523自治体にも上るのです。(都道府県別状況など詳しくは 日本創成会議の公式サイト で見られます。)  少子化を心配する声はこれまでも数多くあったのですが、どこかもうひとつ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/10 20:57
胸を打つ世界 18 【バナナの輪】
 差別、とりわけ人種による差別は人として恥ずべき行為であることが、サッカーの試合を契機に起きている「バナナの輪(*)」によって世界に広がっています。この事件は一部のワイドショーでも話題にされ、3日の『天声人語』にも取上げられています。  最近NBAでも人種差別に関わったオーナーが永久追放された様に、生まれた国によって人を差別することはスポーツ界では最大の罪深い行為なのです。親が誰かとは関係なく、自らの努力で鍛え上げた能力を同じルールの下で戦わせるのが"人間のスポーツ"です。必要なのは血筋ではな... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/06 10:44
憲法《何故"知"は蓄積されないのか》
 4月29日から3回に分けて、論説研究会(共同通信+加盟社)が21日に開催した「集団的自衛権と憲法解釈」を考える講演会の内容が地元紙に掲載されました。安保法制懇のメンバーでもある駒大名誉教授西修氏の唱える「砂川判決」を根拠にした集団的自衛権行使への憲法改正不要論の乱暴さに比べると、元内閣法制局長官阪田雅裕氏の主張は、定説とは言え極めて正当かつ明瞭な印象を受けます。  結論だけ言えば、「限定的な集団的自衛権」という曖昧な解釈でその行使を認めることは、時の内閣の判断で勝手な解釈を可能にすることにつ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/03 01:09
国会を変えるための憲法改正
 内緒で金を受け取り、それが明るみにでれば借りたと言い、政治資金だから報告すべきだと言われれば個人的な生活費だと言い、どうしても具合が悪くなれば収支報告書の修正で済ます。易々とこんなことが可能であれば、それでは政治家に許されない金の受け取り方とは何なんだということになります。「政治資金規制法」や「公職選挙法」とはそもそも法律なのかと言うことにもなります。 多少なりとも「新しさ」や「清潔さ」が期待されたみんなの党ですらそんな有様でしたから、政治が見限られることになるのも当然です。特に若い世代の投票... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/02 10:14
情報公開は何故必要なのか。
 国民が費用を負担して行政、国会、裁判所などを機能させています。従って、そこにある情報は全て私達のものです。情報公開を考える時、当然のことなのですがこのことを忘れてはいけません。  安倍首相が「歴史的」と胸を張る閣議議事録の公開は、閣議が実質的な議論の無い形式的な会議であることを改めて明らかにしただけでした。例えば「防衛装備移転(=武器輸出)三原則」については、防衛相が役人の用意した公式見解を述べているだけです。定例の閣議(週2回)は通常30分以内に終わりますから、ここが閣議書に署名するだけの... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/23 23:46
教科書とは何か。
 教科書発行に検定を必要としている国は世界では少数派で、日本と同じ様に民間で作成し国が検定しているのは、ドイツ、ノルウェー、カナダそして中国だけです(詳しくはこちら)。先進国では民間に任せているのが普通で、途上国になるほど国家の関与が強まっています。  4日、2015年度から使用する小学校用教科書の検定結果が文科省から発表されましたが、初めて竹島と尖閣諸島について記述されたことが大きく報道されました。また、検定結果の公表が先月25日に行われた日米韓首脳会談に影響を及ぼさない様にこの日まで延期さ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/07 21:10
今日は怒るぞ! 12【NHK以上に重い国会の罪】
 NHKの予算が国会の承認を必要としている理由は、受信料を負担している私達の大方の納得の得られるものかどうかを明らかにしてもらう必要があるためだ。私達の誇りある公共放送として問題ないかどうかの議論だから、トップの資質も当然議論の対象に含まれる。  籾井氏は公共放送のリーダーとして相応しくない。その理由は、氏の様々な発言が正しいかどうか、それが個人的な考えかどうか、その発言を取り消したかどうかなどということとは一切関係ないところにある。氏が、機微に触れるテーマについて特定の思想を支持していること... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/04 10:49
日本銀行入行式での総裁挨拶
 日本銀行のHPには、過去からの入行式での総裁挨拶が載っています。  今年の入行式で黒田総裁は、まず「新たな課題に積極的にチャレンジしていって欲しい」と語りかけています。「物価の安定」と「金融システムの安定」という日銀の使命は変わらないが、取り巻く環境の変化で取り組むべき課題が拡がっているため、「先入観にとらわれない洞察力を発揮して、様々な課題を前例にとらわれずに挑戦していく姿勢が求められている」とし、「日本銀行がわが国経済の舵取りを担っていくミッションに貢献する」という気概を持つよう激励して... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/02 17:38
政党交付金は廃止すべきだ。
 様々な騒動の原因となっている政党交付金は政党助成法(95年1月施行)を根拠とし、政治資金規制法の改正とセットで定められました。つまり、企業・団体から政治家個人への献金を禁止する代わりに、国民1人当たり250円(当時コーヒー1杯分と説明)、総額約320億円が政党の議席数に応じて分配されることとなりました。しかし、結果として出現したのは、交付金目当ての政党の離合集散や政党又はその支部を経由した政治家個人の資金管理団体への資金還流など、実に低劣な現象だけでした。  政党交付金には、政府を監督する立... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/30 23:38
トヨタの2700円ベアをどう考えるか。
 トヨタの平均給料月額が分かりませんから推測になるのですが、2700円のベアは間違いなく1%にも満たず、定昇込みで精々3%台という水準が今春闘での日本最優良企業の待遇改善になります。このレベルが極めて高水準として報道されること自体、日本の抱える病巣の深さを物語るものなのですが、14年春闘の後世語り継がれるであろう異常さについてもう少し考えてみたいと思います。  今年の春闘の最大の特徴は、政府主導で行われたということです。それは同時に、労働組合とは何かを問われていることをも意味しています。甘利明... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/13 20:50
三年という時間
 国土交通省によれば、3.11で浸水した面積は4438平方キロに達しており、うち市街地は928平方キロ、建造物損壊面積は518平方キロとなっています。山手線の内側の面積が638平方キロであることを考えてみても気の遠くなる広さです。よく引合いに出される阪神大震災でも、土地区画整理された面積は3平方キロにも満たない「狭さ」であり、復興過程を比べることに何の意味もありません。加えて原発事故と言う特殊要因も考慮すれば、座り続ければ石でも温められると言う"三年"という時間は、そうは言っても余りにも短いと言... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/11 12:16
消費増税で忘れてはならない国会の罪
 庶民増税まで残り1か月を切った現在、どうしても忘れてはいけないのがあの2012年11月に行われた党首討論です。  野田首相(当時)はこの時、衆院解散の必須条件として「国会議員の定数削減」を安倍総裁(当時)と約束しました。つまり『2014年に消費税を引き上げる前に我々が身を切る覚悟で定数削減を実現しなければいけない。私達は45減、自民党も国会議員の1割削減としていた。今国会中の実現を約束されれば16日に解散をします』と国民の前で宣言し、これには安倍氏も同意された筈です。ところが自民党圧勝の二度... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/04 14:09
平和主義を貫くための憲法改正
 パリ不戦条約、フィリピン憲法、スペイン憲法、更に国連憲章など、国際紛争を武力で解決することを禁じている定めは国際的に珍しくありません。日本国憲法も勿論そうなのですが、「戦力を保持しない(2項)」とまで規定しているところは我が国の特徴的なところです。それでも軍事費世界第5位(09年)の軍備を持つことが憲法違反にならないのは、「自衛のため即ち個別的自衛権行使のための最小限度の戦力」と言う解釈の積み重ねがあるからです。  世界一の発行部数を誇る読売新聞は、集団的自衛権に関する憲法解釈を変更すること... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/25 13:39
安倍首相という「法」の支配
 結論から先に言えば、安倍首相の様な指導者が誕生しても、その権力の行使に制約をかけるために憲法が存在します。そして、「立憲主義は絶対王制時代に主流だった」とか「最高責任者である私が責任を持って憲法を解釈し誤りなら選挙で審判を受ける」と言った国会答弁(衆院予算委)を平気で出来る人が出てきても国民が不安を抱かないよう、改正や解釈変更が簡単に出来ない仕組みになっているのが日本国憲法なのです。  憲法も法ですから学者の世界で様々な説があることは当然です。残虐な刑罰を禁じている36条のみ「絶対にこれを禁... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/16 13:26
内心の自由と絵踏
 絵踏(=踏絵)は春の季語となっています。  平凡社の歳時記によれば、寛永5年(1628)から安政5年(1858)まで、旧1月4日から2、3月まで行われたとあり、『絵ぶみして生きのこりたる女かな(高浜虚子)』という句が例句の一つとして挙げられています。内心に深くキリストへの信仰心を抱く者が聖像を踏まされることは、万死に値したのでしょう。それ程内心の自由とは尊いものと言えます。  憲法では、人は心の中でどんな考えを持っていても罰せられないと言う「内心の自由」を保障しています(19条)。内心に留... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/13 18:28
歴史をあるべき事実として語る罪
 新たにNHK経営委員となった百田尚樹氏が都知事選の街頭応援演説で、「南京大虐殺はなかった」「東京裁判は米軍の空襲や原爆投下による大虐殺を誤魔化すため」などと発言し、米政府の「非常識」という批判を受けています(地元紙=共同)。同じく新任経営委員の長谷川三千子氏は、保守系政治団体「日本会議」代表委員を務めるとともに、百田氏と同様安倍首相実現に奔走した方で、憲法、特に9条の改正が必要だと明確に表明されています。これまであまり目立つことのなかった「NHK経営委員会」が俄かに注目を浴びることとなりました... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/09 18:18
今日は怒るぞ!11 【東京の雪】
 首都圏としては記録的な雪が東京に降っている。7時のNHKでは、「無駄な外出はするな」とか、地下鉄の入口階段ではアナウンサーが「滑らないよう気をつけて」とも伝える。そしてそれが、延々と続く。  確かに都民が雪に慣れていないことは分かるが、滑るくらいのことは理解できるだろう。そんなことはワンフレーズで済まし、それよりもこの程度の風雪で数万世帯の停電が起きていることを重視すべきだ。「公共放送」NHKが為すべきことは、子供相手の歩き方教室ではなく、東京電力の送電網や他の公共施設に雪に対する脆弱性があ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/08 21:56
たばこ会社を門前払いしたバリ島の勇気
 1月30日のニューズウィーク日本版に掲載された記事で、喫煙天国インドネシアのバリ島で2月末に開催予定であった世界最大のたばこ見本市の開催を同州知事が拒否したというニュースです。  知事は、地域観光にもつながる国際会議で得られる巨額の収入を失ってでも州民の健康という利益を優先しようと決意したのです。東南アジアたばこ規制連盟(SEATCA)は知事の姿勢を強く支持し、記事では、このバリ州の決断はインドネシア人とたばこの関係が変わる大きな一歩になるかもしれないと結んでいます。  世界4位の人口(2... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/02 02:00
NHKは誰が支えているのか。
 NHKの籾井会長が27日の就任会見で「従軍慰安婦はどこの国にもあった」などと発言されたことが波紋を呼んでいますが、これは、風呂屋と間違えて裸になる様な愚かな大人がここにも居たと言うレベルの話だと思います。  問題は、「政府が右と言うものを左とは言えない」という発言です。  私は以前、「裕福な都民のNHK受信料を地方が負担!? 」 という拙文を書いたことがあります。しかし、NHKが政府広報になり下がるのであれば、もはや受信料は税の二重負担と言わざるを得ず、その意義を失います。受信料を即刻廃止... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/30 21:15
国会と言う名の異界
 人類学や民俗学では、亡霊や鬼が住む不気味な世界を「異界」と称しています。もう少し広い意味で、一般的に普通では理解できない異質な社会空間をそう呼ぶこともあります。  野次や居眠り、更に勝手なお喋りが堂々と許され、『学級崩壊』に似た光景が常態化している国会は、さながら「異界」の態を様していると言えるでしょう。今日(1/28)から衆院代表質問が始まりましたが、繰り広げられる伝統芸能は、余程我慢強くないと正視に耐えられません。私は、まず憲法第4章(国会)の先行改正こそ重要だと考えます。まともな議会の... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/28 21:56
国がやらないから都で原発を語るのだ。
 知事に原発一般の未来を決める権限はありませんから、その選挙の争点とすることは、本来ではありません。しかし、新興国を含む世界のエネルギーのありかたを、様々な機会を捉えて議論することは大事なことです。インドや中国ではなく、東京が原発をどう考えているかは、私達も是非知りたい民意なのです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/22 22:33
歴史の見方
 ヘーゲルは、「ドイツ人は歴史を書く代わりに歴史はどう書かれなければならないかについて利口ぶった理屈をこねている」と言いました(歴史哲学講義)。歴史とは「書かれるべき事実」ではなく、まさに"fact"そのものであるということを彼は明快に指摘しているのです。  例えば、『団塊の世代』という言葉から新左翼や70年安保、更に「神田川」を想起させるのは、当時の大学進学率(1965年=全体13%/男20%)や実際の学生運動参加者の割合などを考えれば、間違いなく一面的に過ぎます。同世代の大半は、大集団の中... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/14 00:23
地動説
太陽の周りを地球が回っているのですが、 太陽が地球の周りを回っていると考えることが 何故正しくないのかを説明できないと、 それは、 天動説を信じていることと大きな差はありません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/31 13:48
今年の言葉=わかり合うよりはたしかめ合う事だ
 どんな年でも、振り返れば一つや二つグッときた印象的な言葉が胸に残る筈なのですが、今年はそれがありません。「老い」の所為もあるかも知れませんが、どうもそればかりとは言えない気がします。  掲げた言葉は、言うまでもなく拓郎の『人生を語らず』です。「クリスマスの約束(TBS系・25日)」で、私の2コ上であることや深刻な病を抱えることを微塵も感じさせず、さらに小田和正のフォローも不要とばかりに強く迫ってきました。  地球上の全ての難問は論理や物理的手段でしか解決できないと考えるべきではないと思いま... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/27 10:27
韓国軍への銃弾提供で感じる南スーダンの危機
 今回の問題で改めて「武器輸出3原則」を確認させられることになりましたが、それより気になったのは、日韓両国の公表の仕方です。菅官房長官は、銃弾提供を武器輸出原則禁止の例外とした理由として、韓国隊員や避難民の命に関わる一刻を争う事態であり、韓国軍の小銃に適用可能な弾薬を保有するのは日本のPKO部隊のみであるなどとして「緊急の必要性・人道性が極めて高い」と説明されました。国連と韓国から要請があり、実際こうした経緯で提供が決まったのだと思いますが、他方、韓国国防省の説明では、「予備のため 臨時で借りた... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/24 22:21
猪瀬直樹氏の大罪
 その得票数をギネスに登録できないかと真面目に考えた猪瀬都知事が、僅か1年でその職を去ることとなりました。私は、彼の罪は公選法違反でも贈収賄罪でもなく、それでは何を基準に政治家を選んだらいいのかと言う絶望的な政治不信を私達に植えつけたことだと思います。  4百万を超える票は、最も利権から遠く最も未来を志向できるリーダーとして、サラリーマンや商店街のオジサンオバサン達の票の積重ねで実現できたことに、氏はもう少し想像力を働かせるべきでした。特定のロビイストとの関係は、こうした圧倒的な数を占める支持... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/20 11:04
みんなが信じているからお金なんだ!
 日銀が小学生以上向けに教えている「お金は何故お金なのか」という疑問に対する答えです。仮想通貨ビットコインの話題がメジャーなメディアでも取り上げられるようになると、ここはやはりこうした"通貨もどき"について整理しておく必要があるのではないかと思い立ちました。  マイルや楽天ポイントなどは、現金には変えられませんがサービスやモノとは交換できますから、一種の貨幣としての役割を果しています。ネットゲームなどで使用するコインも含め、こうした通貨との疑似代替性を有するものを総称して「疑似貨幣」(或いはニ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/15 22:09
何でも反対で何故悪い!
 江田氏など14名が離党し「みんなの党」は事実上分裂しました。私は、江田氏の行動を支持します。  みんなの党の基本理念は「脱官僚・地域主権・小さな政府・日米同盟重視・脱原発」などですが、渡辺氏がよく使われる「是々非々」の概念を持ち出すと、今回の特定秘密保護法案への対応の様に非常に分かりにくい体質がでてきます。与党に対峙する意識は薄まり、かつて自民党時代に経験した閣僚の椅子を懐かしがっているのではないかと言う誤解さえ生まれかねません。  私は、与野党の枠を超えた議論は危ないと思っています。極論... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/09 22:30
特定秘密保護法施行までの宿題
 6日金曜日の「源ちゃんのゲンダイ国語(すっぴん!/NHK)」の題材は、「私の好きな色500」(野村順一著・文春文庫PLUS)でした。この本は、例えば「八百屋さんの完熟トマト」、「子兎のちいさなお耳」などと著者がイメージ豊かに色に名前を付けているものなのですが、番組は、高橋さんがこうしたフレーズを紹介して藤井アナがその色を答えるという具合に進みました。その正解率(?)の高さに高橋さんは驚きますが、試しにその逆もやってみます。即ち色を見せて著者は何と名付けたかと言うものです。  フレーズから色を... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/08 01:10
あの国が嫌い。
 南伸坊氏(47年東京生まれ・元「ガロ」編集長)の「ゴッホが嫌い」というエッセイが2日の地元紙に掲載されていました。周りが持ち上げているのに反発して、別に好きでも嫌いでもなかったゴッホの絵を何時の間にか「大嫌い」になっていたと言う話です。そして、人がある絵を好きになるのはその絵を見慣れるからではないかと考え、実験として嫌いな絵を毎日見てみる計画を思いついたと続きます。その実験の結果までは書かれていませんが、「なるほど」と思えるオチが予想される話です。  グラフは「言論NPO」で紹介されたもので... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/04 23:31
「その他」と「その他の」
 教養過程レベルの基礎知識として学ぶのがこの法律用語で、「A、B その他C」と書けばA、B、Cはそれぞれ並列関係にあり、「A、Bその他のC」と書けばCの例示としてA、Bが挙げられていると言うものです。特殊な例外も一部ありますが、原則通り覚えれば良いでしょう。  今回の特定秘密保護法案は、目的が「我が国の安全保障に関する情報のうち特に秘匿することが必要であるもの」を指定し「その漏えいの防止を図り、もって我が国及び国民の安全の確保に資すること」だから、一般国民に不利益を及ぼすことはあり得ないと政府... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/28 17:08
中国の防空識別圏設定で押さえておくべきこと。
 防空識別圏(ADIZ)の設定自体は国際法上特に違法とは言えず、他国の航空機が領空に近づいたら気を付けようという範囲を示す国内向けの行為に過ぎません。問題なのは、同時に発表された「そこを飛行する航空機は中国側の指示に従わなければならない」と言う公告です。本来、領空侵犯からスクランブルまでの緊張を緩衝するためのADIZの設定が逆に緊張感を高め紛争の火種になり兼ねないことが懸念されるのです。  メディアは「中国の横暴で危険な行為」と言う論調一辺倒ですが、「領空」と「防空識別圏」とは明らかに異なる概... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/26 00:32
選挙でしか世界は変えられないのに…。
 平等選挙を定めた憲法第44条は法の下の平等を定めた14条に酷似していますが、14条とは比べものにならない程その精神が軽んじられています。司法から厭きるほど指摘されている国会議員の定数是正は、何故実現できないのでしょうか。  少し話題を変えますが、21日の「天声人語」に、前日の特定秘密保護法案を扱う衆院の委員会に与党議員がいないという余りにも議会を軽視した光景に驚く話がありました。「政治主導」と言う言葉が死語になり、やはり官僚のシナリオに確認印を押すだけと言うかつての役割しか国会には期待できな... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/22 00:36
哲学がみえない「特定秘密保護法案」
 『税』を考える時は、何の為に税があり何故それを払うのかと言った基本のところから丁寧に考えないと、負担したくないが公益は目いっぱい受けたいという言い分が如何に理不尽なことなのかと言うことに気付きにくくなります。今回の「特定秘密保護法案」も、政府は私達がつくっているもので、そこにある「情報」は元々私達が見聞きする権利を有するものであると言う原点から出発して、一つ一つ階段を上る様に時間をかけて議論する"我慢強さ"を持たないと正しい理解にはつながりません。  米アップル社までタックスヘイブンを画策し... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/19 17:52
特定秘密という『情報』
 人の話す内容は時により中身が微妙に変わりますが、その話を記録した媒体の中身は永遠に変わりません。養老孟司氏はこれを『情報』と呼び(03年新潮新書・「バカの壁」)、流転する万物と対峙させています。不変なのは情報であって、人間は流転すると言うことを意識すべきだと強調されています。  私は、小泉元首相の発言で最近話題になったフィンランドの放射性廃棄物処理施設に関する拙文を以前に書いたことがあります。表現された言葉(=情報)が不変でも、人類は生まれ変わり流転するためその情報が正しく伝承されないことが... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/10 00:43
本当に安いのは誰の給料か。
 11年就労条件総合調査(厚労省)によれば、常用労働者が30人以上の民営企業約4千社の10年の労働費用(給料・福利厚生費・退職費用等)は、月額414,428円(内給料は約8割)となっています。1998年調査と比較すると約15%、5年前と比較しても約6%減少していますが、国際水準と比較するとどうなのでしょうか。労働政策研究・研修機構が「労働費用でみた国際競争力(05年を100としたOECDの調査)」を紹介していますが、そこから6ヶ国を抜粋してグラフを作ってみました。 細かな分析は省きますが、明らか... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/02 17:22
胸を打つ世界 14 【30年前のNHK特集】
 18日放送のプレミアムアーカイブス(BS3)は、「21世紀は警告する」という1985年の「NHK特集」の一部でした。  内容の前に、まず私が強く印象付けられたことを挙げたいと思います。一つは、それから約30年が経過しているのに、昨日つくった番組だと言われればそう思える程のものであるということです。それは、その時代の先頭に立っていた人達が語る言葉だったから当然なのかも知れませんが、強く胸に響きます。もう一つは、それではこれから30年後の未来の人々(今の子供達)に対して、同じ様に心に届く「提言」... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/25 19:13
振れ幅が大きすぎる「防災対策」
 東京都大島町の土石流災害は、この種の災害としては考えられない被害(死者・行方不明47人)をもたらし、気象庁の特別警報や自治体の避難指示のありかたなどに多くの課題を残しました。そして、今度は台風27号の接近を受けて、同町は高齢者や障害者らに島外避難の選択も含めて対応を考えているようです(NHK)。  自然災害だけでなく、戦争やテロと言った個人のレベルでは手におえない「外敵」から私達を守るために、国家や自治体が存在します。しかし、どの種の災害のどのレベルまで行政が世話を焼くかは、本当は難しい問題... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/22 21:23
議会に指定金融機関の交代までは頼んでいない。
 都道府県議会には、全国で2,663人もの議員がいて(09年末/総務省)、知事の行政執行を監視しています。また、その知事は私達の直接選挙で選ばれ更にリコールという制度まで用意されていて、地方行政は住民の意思がより伝わり易い仕組みになっています。ここが地方議会と国会との決定的な違いであって、私達は議会に知事の監視までは期待しますが、知事の邪魔をすることまでは任せていません。そうしようとする時には、私達に納得のいく明確な説明をしてもらわないと困る訳です。  議事録を見る限り、今回の指定金融機関の交... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/13 17:10
消費増税騒ぎとアメリカの覚悟
 安倍総理は、先日の9時のNHKでも「企業優遇と言われますが給料の増加と言う形で結果的に労働者にも恩恵は行きます」と発言され、消費税率引き上げに際して「法人税率の引下げ」や「復興法人増税の前倒し廃止」を行うことは、熟慮の結果の妥当な措置だと力説されました。私は、この"大樹が倒れればその陰で休息することも出来ない"という論理には、最近やや懐疑的になっています。  現在アメリカで起きている混乱は、所謂「オバマケア」と呼ばれる医療保険制度改革が主な原因です。自由診療の国アメリカでは、高額な医療費に備... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/04 00:36
JR北海道の「事故」は何故なくならないのか。
 JR北海道の24年3月期決算公告 によれば、23年度の鉄道事業での赤字は300億円を上回ります。経営安定化基金からの収入250億円などによって約50億円の営業赤字にまで体裁を整えていますが、この基金収入は広義でザックリ言えば税ですから、この会社は未だ「国鉄」の域を出ていないのです。  昭和62年、約25兆円の長期債務を(旧)国鉄清算事業団に置き換える形で国鉄は民営化された訳ですが、この債務は微減しただけで、平成10年の特措法によって一般会計へ承継されました。この間の経緯や現在の状況については... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/24 00:17
東電への予備費支出
東京電力福島第一原子力発電所の汚染水が漏れた問題を巡り、政府が総額500億円に上る総合的な対策を打ち出すことが2日、分かった。原発周辺への地下水流入を防ぐ「凍土壁」の建設支援などとして350億円を盛り込むほか、関係閣僚会議の設置など、政府の体制も強化する。3日に開かれる原子力災害対策本部(本部長・安倍首相)の会合で、こうした具体策に向けた基本方針を示す。関係閣僚会議の下には審議官級をトップとする省庁横断の新組織を置き、参事官級の職員が福島第一原発に常駐する。これに関連して、首相は2日の政府・与党... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/07 21:38
今日は怒るぞ!10 【猿芝居をやってるような陽気か!】
 総理が識者(?)と言われる人の意見を聞いて増税を決断するという世紀の無駄遣いの話である。社会保障のためにということで嫌々皆で納得した決着済みの話を、今更ゴチャゴチャ蒸し返すようなことをすべきではない。「断固反対です」というオバサンの話は選挙で聞いているし、負担を嫌がるだけでは済まなくなっていることは概ね多数派の理解なのだ。景気が失速しないための政策を考えるのが今の政府の責任であって、そのために政治がある。  何故こんな馬鹿げたセレモニーをしたがるのかを考えてみた。  一つは、『責任転嫁』で... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/27 11:04
来年の靖国参拝をどうするか。
 総理大臣というのは、私達が選んだ国会議員の中から国会の議決を経て指名されます。与党自民党は衆議院で294名(61%)、参議院で114名(公明と合わせ55%)を占め、安倍総理は近年では最も安定した政権基盤に立っています。読売新聞社が22〜23日に実施した緊急全国世論調査で、安倍首相が靖国神社に参拝すべきかどうかを聞くと、「参拝すべきだ」は46%で、「参拝すべきでない」の36%を上回った。1993年に河野洋平官房長官(当時)が出した、いわゆる従軍慰安婦問題に関する「河野談話」については、「見直すべ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/17 10:45
KUKURU
 バラバラの物をロープなどで束ねて結ぶことを「括る」と言います。古新聞を回収業者に出す時にもやるのですが、うっかり大事な書類まで一緒に縛って捨ててしまうことだけには気を付ける必要があります。  「括る」といっても色々な場面がありますが、殆んどの場合、そのことの非科学性に気付きません。人生を12の類型で語る「星座占い」には疑問を感じながらも、それに似たような荒っぽい括りでの「評価」には無頓着なのです。誤った括り方の具体例を考えてみます。 ◎出身校でKUKURU  ・大学名にブランド力がないこ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/12 16:03
エンジニアとしての内閣法制局
政府は8日午前の閣議で、小松一郎駐仏大使を内閣法制局長官に充て、長官を退任する山本庸幸氏を最高裁判事に起用する人事を決めた。小松氏への発令は8日付。山本氏への発令は20日付。小松氏は外務省出身で、内閣法制局の勤務経験がなく、いずれも内閣法制局長官として前例がない。小松氏は集団的自衛権行使を可能にする憲法解釈見直しに前向きとされ、安倍首相は小松氏の起用で、見直しをめぐる議論を活発化させる狙いがある。閣議後、小松氏は首相官邸で、集団的自衛権の見直しについて、記者団に「内閣全体で考えることだ」と語った... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/09 15:30
疑心が見せる暗闇の鬼
 広島原爆の日、松井市長は平和宣言の中で次のように訴えました。世界の為政者の皆さん、いつまで、疑心暗鬼に陥っているのですか。威嚇によって国の安全を守り続けることができると思っているのですか。広島を訪れ、被爆者の思いに接し、過去にとらわれず人類の未来を見据えて、信頼と対話に基づく安全保障体制への転換を決断すべきではないですか。 核兵器が非人道的兵器の極みであることに議論の余地はなく、「絶対悪」であることも間違いありません。そして為政者が為すべきことは、核兵器を廃絶できないことの言い訳に熱心になるこ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/07 00:18
規制緩和とLCCと高速ツアーバス
 国内の格安航空会社(LCC)の話題が、過日のクローズアップ現代(NHK)で取上げられていました。大手の半額から3分の1という低料金が若い女性の沖縄日帰り旅行を可能にしている一方で、手続きの荒っぽさや定時運航率の低さなど苦情も増えているというものです。ゲストは「自己責任という国際標準への慣れが必要。細かなサービスを求める人は大手へ」と提言され、私もそう感じました。  番組の中身をもう少し紹介しますと、有料の機内サービスや1日12時間運行(大手は6〜8時間)などの努力をしても、国内LCC3社の全... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/03 12:04
これが民主の生きる道
 統治能力云々といった民主党批判は聞き飽きています。この際、前を向いて歩くための3か条を考えてみたいと思います。全ての政治家に緊張感を持って仕事をしてもらうためには、政権を担い得る「もう一つの政党」がどうしても必要であり、それは、今のところ民主党以外には考えられないからです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/28 12:31
真面目に消費増税見送りを考えている?
 消費税率を2014年に8%、15年に10%に引き上げることが決められたのは、昨年8月の参院本会議でした。法律名に「社会保障の安定財源の確保等を図るため」とあり、第1条では「世代間及び世代内の公平性が確保された社会保障制度を構築することにより支え合う社会を回復する」とあります。さらに、「社会保障制度の改革とともに不断に行政改革を推進し」、「税制の抜本的な改革の一環として、社会保障の安定財源の確保及び財政の健全化を同時に達成する」となっていて、「所得、消費及び資産にわたる税体系全体の再分配機能を回... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/24 11:00
考・参院選 【マララの日】
【ニューヨーク=加藤賢治】銃撃に遭いながら女性の教育普及を訴え続けているパキスタンのマララ・ユスフザイさん(16)は12日、国連本部で英語で演説し、「世界の全政府に求めます。世界中の子供みんなに無料の義務教育を与えてください」と訴えた。マララさんは、パキスタン北部で昨年10月、女子教育を禁じるイスラム武装勢力に襲撃され、頭部に銃弾を受け重傷を負った。マララさんは「テロリストは銃弾で私たちを沈黙させようとした」とした上で、「(事件で)私から弱さと絶望が消え、力と勇気が生まれた」と、暴力に決して屈し... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/15 11:19
考・参院選 【エネルギー】
 新薬の開発は、つまるところ採算に合うかどうかだと聞いたことがあります。難病治療薬の開発が進みにくいのは、患者が少ないため治験に時間が掛かることもそうですが、同じ理由で、開発できても利益が少ないところに大きな原因があるという話です。  ところで、あの原発事故を受け原子力は本当に低廉なのかが議論になっています。そしてどの試算を拝見しても、原子力に危険性を補って余りあるほどの優位性は認められないというのが共通の結論です。  また、ここで注目されているのが石炭より環境に負荷をかけず原子力とそれ程大... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/12 17:55
吉田元所長の死去と菅元総理のツイート
 第三者の意図的な解説を通さず直接当時の内部事情を知ることができるようになったこと、しかもその時総理だった人の言葉で知ることが出来るようになったことは、驚くべきことです。隔世の感とはまさにこのことで、信じられない時代になったものです。  本来胸の中にしまい込んだままにしておくべきことなのでしょうが、吉田元所長の死去に伴い次第にあの事故の記憶が薄まることを避けるためにも、「菅元総理のツイートのまとめ」は、私達にとって意味があるのかもしれません。  タイムマシンでも、過去には戻れない約束”です... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/11 16:59
考・参院選 【外交・U】
安倍首相は3日に行われた党首討論会で、歴史認識に関し、「政治問題、外交問題になることを前提に、それを計算しながら歴史を読み解いていくのは間違っている」と述べた。歴史認識については歴史家の研究に委ねるべきだとの立場を改めて強調したものだ。「過去の植民地支配と侵略」を謝罪した1995年の村山首相談話については「私は植民地支配、あるいは侵略をしていなかったということは言っていない。しかし、それを定義する立場にはない。そういう謙虚さが必要だ」と述べた。これに関連し、菅官房長官は3日の記者会見で「公式には... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/05 18:28
安藤美姫選手を称える。
 法律上の婚姻関係にない夫婦間に生まれた子のことを非嫡出子(婚外子)といいます。『データ図録』によれば、世界の状況は次のようになっています。 日本は極端に低いことがわかります。  出産を婚姻と結びつけてしか考えられないことは、その良し悪しは別として、「少子化」の一因となっているとも言われます。夫婦別姓もそうですが、長い単一民族としての歴史を持つ日本には、ならではの思想があり、簡単には諸外国の考え方には馴染めないところがあります。しかし、国際化を考えるということは、そこをも含めて考えることだと思... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/03 11:24
考・参院選 【憲法】
 憲法改正は、自民党の党是であると共に安倍総理の悲願です。争点になろうがなるまいが、公約の最後に『自民党は、広く国民の理解を得つつ、「憲法改正原案」の国会提出を目指し、憲法改正に積極的に取り組んでいきます。』とありますから、参院選で勝利すれば「国民は憲法改正に同意した」と主張されるお積もりだと思います。  そもそも憲法改正を選挙の争点にすることは間違いなのですが、自民党が掲げる「草案」について知っておくことは、自民党を理解する上でも大事なことですので、少し考えてみたいと思います。  結論から... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/02 21:25
考・参院選 【約束】
 野田元総理は、昨年末の党首討論で当時の自民党安倍総裁と「議員定数の削減」を約束しました。総理となった安倍氏にとっては、何をさて置いても最優先で目途をつけるべき課題だった筈です。  1票の格差を是正することは、技術です。しかし、「我々国会議員も数を減らしてもっと働きますから」と言って消費増税を決めた訳ですから、定数削減は、増税前に果たすべき極めて重い国民に対する信義なのです。  共産党など法案に反対した政党には別の言い分があるかもしれませんが、自公両党及び民主党がこの『約束』を軽く扱うことは... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/29 19:08
安倍総理問責決議の考え方
 憲法63条には、『内閣総理大臣その他の国務大臣は、(中略)何時でも議案について発言するため議院に出席することができる。又、答弁又は説明のため出席を求められたときは、出席しなければならない。』とあります。ですから、議運や委員会の理事会などで出席要求が決まれば、それを拒否できません。  時期が時期だけに、メディアは今回の騒動を政局重視で伝えがちですが、この「憲法違反」という現象に対してもう少しキチンと考えてみる必要があると思います。因みに、この63条について自民党の「憲法改正草案」では、院の求め... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/27 09:54
考・参院選 【民主党の背負った十字架】
 民主党は、意識して国民から政権を担わされた4年前の出来事が、どんなに“私達にとって”大きなことだったのかを、もう一度深く考えてみるべきです。  多くの離党者を生み出し自己破産していった民主党政権の3年間は、3.11大震災・原発事故と重なり合って、間違いなく歴史に刻み込まれました。一時の夢物語では済まされない1,000日だった訳です。そうであれば、もう一度誇りある集団として再生し、政権運営可能な二大政党の一翼を担う責任があります。自民党の考える方向以外に日本の進む道は無いと諦めていた国民に、望... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/22 14:58
考・参院選 【外交】
両国には悲しい溝がある 違いを認め合えば 多様な人々が 平和に共存できるはず 突き詰めれば我々は皆ー この小さな惑星で暮らし 同じ空気を吸って生き 子の幸せを願い いつか死にゆくのです 1963年6月アメリカン大学卒業式で行ったケネディ大統領の演説の一部で、『オリバー・ストーンが語るもうひとつのアメリカ史第6回J.F.ケネディ〜全面核戦争の瀬戸際〜』(BS1)で紹介されています。全文はこちらにありますが、軍や国務省の見解を入れず米ソの冷戦終結を呼びかけた、20世紀の大統領演説で特... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/18 12:59
考・参院選 【成長】
 一口で言って、『腰だめ』の数値に説得力はないということです。14日に閣議決定された経済財政運営の基本方針(骨太の方針)に対する感想です。目指すマクロ経済の姿として「2%・3%・150万円を期待する」と言われても、信じるしかないリアリティのない数値に意味はありません。池田内閣の「所得倍増計画」は、膨大な、それこそ政府の全精力をかけて綿密に計画されたものであったからこそ説得力があり、貧しい生活から抜け出そうと言う国民の胸を打ったのです。今と比べて、国民が直接情報に接することが圧倒的に困難であったに... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/16 14:31
保護すべきは誰の何か。
東京の出会い系サイト運営会社「ウイングネット」の元役員山中孝浩容疑者(34)ら9人は去年、芸能関係者を装って「アイドルの連絡先を教える」などといううその内容のメールを会社員の男性に送ってサイトに誘導し、利用料金としておよそ130万円をだまし取った疑いで警視庁に逮捕されました。その後の調べで被害者の男性には人気アイドルなどに成り済ました人物から1日に100件以上のメッセージが送りつけられていたことが分かりました。メッセージにはアイドル本人を装って「悩みを聞いてほしい」などと書き込まれていたというこ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/15 10:04
考・参院選 【社会保障】
 社会保障制度は強固で永続的であるべきという思い込みが問題を複雑にしていると思います。大事なことは「強固・永遠」ではなく「しなやか・見直し」であるという視点で、『年金制度』を考えてみます。  産業別就業人口も見通せない「百年先」の未来まで「安心」な制度などあり得ないということは、50年余りの歴史の中ですら様々な問題が露呈している公的年金制度の現状から見ても、間違いのないことです。しかしそうは言っても、富める者しか「穏やかな老後」を過ごせない社会には「安定した現役社会」もなく、全ての国民が気持ち... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/11 22:28
考・参院選 【地方分権】
 私が「地方分権」に賛成する理由は、「地方のことは地方で」とか「全国一律の基準は不合理」とか「霞ヶ関の横暴」といった類のものではありません。むしろ、地方のワンマン首長が日本中に迷惑をかけるような愚策を繰返すよりは、中央集権のほうが余程マシです。そうではなく、“国の出先機関を廃止”することで二重行政を解消し、国全体としての行政経費を大幅に削減するためには、「地方分権」が欠かせないということが最大且つ殆んど唯一の理由です。  厳しくても、地方には、1+1を1.4位に留めるだけの知恵と能力があり、実... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/08 00:21
裕福な都民のNHK受信料を地方が負担!?
 内閣府が29日に発表した平成22年度県民経済計算によると、1人当たり県民所得の全国平均は287万7千円で、前年度比1.3%増となりました。最も多かったのは当然東京都で430万6千円、最も少なかったのは沖縄県の202万5千円でした。東京と沖縄の所得格差は約2.1倍でしたが、都道府県間の所得のばらつきを示す「変動係数」は前年度より0.62P低い13.5%で、格差は5年連続で縮小しました。  一方、28日にNHKが公表した「平成24年度末受信料の推計世帯支払率(全国・都道府県別)」によれば、受信料... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/31 00:10
間接民主主義と住民投票
 東京都小平市で26日に行われた都道建設の是非を市民に問う住民投票は、投票率が条例で定めた成立要件の50%に達せず(35.17%)、投票は不成立となり開票されないこととなりました。メディアでは、この「開票しないことの是非」が主要な論点になっていた様な印象を受けました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/29 20:39
考・参院選 【農業】
 安倍政権の成長戦略第2弾では、農業が取上げられています。「農地の集積」、「農産物輸出1兆円」、「10年間で農業・農村の所得倍増」などです。  しかし、07年第1次安倍内閣でも農産物輸出1兆円という目標は掲げられましたが、結果は失敗に終っています。今回は、様々な加工食品をクールジャパン戦略と絡ませて売込むということだそうですが、鮮度や重量といった輸送に係る根源的な問題以外にも、エネルギー価格の上昇や原料の多くを円安で高くなっている輸入品に頼らざるを得ないことなどを考えれば、結果は厳しいと思いま... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/26 20:38
私が○○を買わない理由
 この先値段が上がりそうだからという理由でモノを買った記憶は、私にはありません。“今でしょっ!”と言われても、要らないモノを買うほどの余裕は、普通の庶民にはありません。私達の世代は高度経済成長もバブルも経験した世代ですが、同時に、“無い袖は振れない”というシンプルな「科学」も学習しました。つまり、身の丈に合った買物しかできず、住宅や車のローンを組むとしても、返済可能な範囲でしか考えられないのが普通の日本人のDNAに埋め込まれた経済感覚なのです。そして、円安と株高から個人消費の向上へ結びつけるとい... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/25 11:32
麦の秋
 現在、日本で1年間に消費される小麦は約630万t(09年度)ですが、国産小麦は約15%に過ぎず、大半を輸入に頼っています。その輸入先も、米国(58%)、カナダ(21%)、豪州(20%)の3カ国だけで済まされています。  ところで、世界では小麦が主に生産され(年6億t)、大麦はその4分の1程度に過ぎないのに、日本(語)では、何故大麦が「大」の地位を得たのかを調べてみました。理由は意外と簡単で、伝統的な日本の食品である焼酎、麦茶、味噌・醤油などの原料であった「大麦」の方が馴染み深く、大きな存在価... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/21 18:03
維新の会橋下代表が入り込んだ泥沼
 日曜の午前に田原さんの後番組を観ることは殆んど無くなっていたのですが、橋下代表がどんな言訳をされるのかが気になり観てしまいました。  番組での氏の発言は、要約すれば、@女性の人権は尊重されるべきだA軍人の性の対象として女性を扱うことは認められないB過去の戦地では例外なくこの悲劇が行われてきたC日本だけが非難されることは不公平だD沖縄米兵への風俗利用の提案が違法な買春の奨励と解釈されたことは反省している、というものでした。  要するにD以外は極めて常識的な見解で、福島瑞穂さんが顔をしかめて怒... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/19 20:12
橋下代表の慰安婦問題への発言の問題
日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は13日、戦時中の旧日本軍慰安婦について「銃弾が雨嵐のごとく飛び交う中で命をかけて走っていくときに、精神的にも高ぶっている猛者集団をどこかで休息させてあげようと思ったら、慰安婦制度は必要なのは誰だってわかる」と述べ、慰安婦は必要だったとの認識を示した。大阪市役所で記者団に語った。橋下氏は「当時の歴史を調べたら、日本国軍だけでなく、いろんな軍で(慰安婦を)活用していた」と指摘。そのうえで「なぜ日本の慰安婦だけが世界的に取り上げられるのか。日本は国をあげて強制的に... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/14 13:13
エクサ級スパコンとメルセデス
文部科学省は8日、理化学研究所のスーパーコンピューター「京(けい)」の約100倍の性能を持つ次世代スパコンの開発に乗り出すことを決めた。同日開かれた専門家でつくる作業部会で認められた。2020年ごろまでの完成を目指す。スパコン京は1秒間に1京(1兆の1万倍)回の計算能力がある。新たなスパコンはその100倍の計算能力がある「エクサ(100京)級」と呼ばれる。作業部会は、防災や医療などさまざまな分野で、こうしたスパコンが必要になりつつある現状を指摘。「科学技術の発展や産業競争力の強化に貢献できる」と... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/10 21:37
川口順子参議院環境委員長の解任
 自民党の川口順子氏が、今日(9日)環境委員長の職を解任されました。メディアの論調を含め、世間の評価はどちらかというと野党の方が分が悪い感じです。  野党批判の根拠は、ザックリいえば「国益」重視のための委員会欠席だから許されるというものですが、国益も随分矮小化されたものだと思います。こうした何でもかんでも“国益”だといっておけば許される風潮は、外交の重要性や本当の国益とは何かを見えにくくします。川口氏の釈明文も一読しました。政府閣僚級以上の中国との窓口が閉ざされている今、議員外交の果たす役割も... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/09 14:58
考・参院選 【税とは何か】
 株売却益や配当に係る税率は本来20%ですが、今年末までは10%という大幅な減税措置がとられています。この欧米諸国をも凌ぐ特例優遇措置は、元々07年で終了予定でしたがここまで延長されてきました。今後も、株式市場活性化を理由に引続き延長される可能性もありますし、仮に予定通り年末で廃止されたとしても、来年1月からは日本版ISAといわれる小額投資非課税制度の導入が決まっています。毎年百万円までは投資利益が非課税となる、言ってみれば「投信版マル優」で5年間の期限付きの制度です。  こうした証券税制の優... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/07 13:01
久々に全部観た4月の『朝ナマ』
 少々呂律が回らない40歳の堀江氏が最年長で、大半が『ジレンマ』メンバーという構成もそうでしたが、何より田原さんの普段とは違うイライラ感が新鮮で、つい最後まで見てしまいました。  テーマは『ネット世代が日本を変える』というものでしたが、元NHKの堀潤氏が語る退職理由の女々しさが象徴するように、私には、この世代が持っているある種の「清潔感」がどうにも頼りなく感じられてなりません。もう少し、若さゆえ許される棘のある言葉を発するべきだと思います。世代を代表するオピニオンリーダーである以上、アジるべき... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/04 09:49
考・参院選 【パークアベニューとアベノミクス】
 自由で公平な競争が約束された国アメリカで勝者達が集まる街ニューヨーク、中でも大富豪が住むパークアベニューは、成功の証の街です。そして、その一角740番地は、主にヘッジファンドを経営する富豪中の富豪達が住む場所です。一方、ここを北上してハーレム川に突き当たった先には、食糧配給所ですら物が不足する生活困窮地区が存在します。治安も悪く教育の機会も満足に与えられない彼らが、ここを抜け出して「向こう側」へ行くには、努力だけでは越えられない“仕組”が存在するのです。格差が固定されている度合いを示す係数は、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/01 14:35
沖縄にとっての「主権回復の日」
 4月28日の地元紙に、政府の「主権回復の日」式典に関する沖縄2紙の論説委員長の寄稿が掲載されました。更に、そのひとつ沖縄タイムスの社説をネットで拝見すると、私達が、如何に沖縄を深いところで理解していないかが分かります。 名護市役所の庁舎屋上に、24日から、緑色の旗がはためいている。政府主催の式典への抗議の意味を込めた取り組みだ。28日には那覇市も、新庁舎や各支所に紺色の旗やのぼりを掲げる。失望や悲しみを表す紺色をイメージカラーに選んだ。宜野湾市と宮古島市ではこの日、政府主催の式典にあわせ、大... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/29 14:23
靖国参拝と核の傘
 ジュネーブで開かれたNPT(核拡散防止条約)の会議で、『核兵器は非人道的であり、いかなる状況でも使用すべきではない』という共同声明に、唯一の被爆国日本は署名せず、NGOなどから批判の声が上がりました。世界の何処を探しても、核兵器の使用を正当化する理由は存在しません。被爆国日本は、先頭に立ってそのことを世界に知らしめる義務があります。  もうひとつ、閣僚の靖国参拝を巡って、総理は「脅しには屈しない」と胸を張りました。しかし、軍事に留まらずあらゆる米国の無理難題に唯々諾々と従ってきた歴史をみるま... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/27 16:05
何もしないことが一番の成長戦略だ。
 政府の役目は、人口“8千万人”の国『新・にっぽん』の姿を描き切ることだと思います。民間企業が大儲けできるようなウマイ話は、霞ヶ関ではつくれません。  先に(2月末)閣議決定されたハイブリッド(貿易+産業投資)経済立国という「成長戦略」は、民間では殆んど気にもされなかったと思います。誰がどう描こうが、少子高齢社会で膨大な債務を抱え、且つ成熟しきった資本主義国家で、再びアクセルを踏み込むことは、無理筋なのです。政府は同じ閣議決定で、25年度のGDP成長率を2.5%(名目2.7%)と見込んでいます... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/24 16:44
『0増5減』か『定数削減』かその両方か。
 この問題について自民党は、そもそも民主党が「0増5減」を先行しようとしていたと、昨年末の党首討論を引き合いに出して主張しています。そこで、今にして思えば歴史的な党首討論を振返り、事実関係を確認したいと思います。 【野田】元々民主党は格差是正先行だったが、定数削減や選挙制度とセットにすべきとしたのは野党だ。2月の党首討論で谷垣総裁と格差是正は憲法の問題があり最優先という認識は一致した。過去の話ではなく、定数削減は、消費税引上げ前に互いに国民に約束したこと。この国会で結論を出そう。法案を提出した... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/18 11:50
経済成長が醸成するダイナミズム
 日銀のHPに、12日の読売国際経済懇話会講演録が掲載されています。 金融緩和で2%の物価安定目標を実現することは、日本銀行の役割です。日本銀行は責任を持って実現します。これと並行して、政府が「実需」を作り出し、賃金・雇用を増加させることができれば、実体経済が改善する中で、物価上昇率が高まっていくという好循環が生まれます。その意味では、「機動的な財政政策」や「成長戦略」の実行によって成長見通しを引き上げていくことは、物価安定目標を達成することに繋がると考えています。着実な実行を大いに期待してい... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/14 11:17
憲法改正の順序
 総理の「まず96条を変えたい」という意見には、賛成できません。この点については、民主党の細野氏をはじめとした反対意見が正しいと思います。簡単に言えば、変えたい内容が問題であって、変え方が問題ではないからです。  内容はともかく改正方法を先ず変えようと言う意見には、大義がありません。そればかりか、狙いは9条の改正だが、それは変え易くなってから明らかにするというのは、誠実ではありません。さらに、もっと大事なことは、これまで憲法が邪魔して生活に支障が出たという実例をまず明示すべきだということです。... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/09 22:37
国債は何故暴落しないのか。
 市場に『円』という商品が大量に出回れば、値崩れを起こし、安くなります。そのことは、輸出企業にとって好材料であり、業績上昇を見込んで『株』は買われ高くなります。ここまでは、私の固定読者である相方も何とか理解可能なのですが、膨大な累積債務を抱えたうえで更に大量の国債が発行され、それでもその価値が上がる(=金利が下がる)理由がよく分からないと呟いております。史上最高値(=低金利)を更新するまでに至ると、確かに不思議な現象です。  理由は幾つかありますが、そのひとつとして、“オッズは低いが確実に当た... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/06 01:00
平野元大臣の離党と民主党の行方
自民党が2日、民主党に離党届を提出した平野達男前復興相と連携する方向で調整に入ったのは、岩手県がおひざ元である生活の党の小沢代表に対抗する候補を一本化し、参院選を有利に戦うのが狙いだ。参院岩手選挙区で生活の候補を破れば、小沢氏の影響力低下につなげられるとみている。自民党関係者によると、1月末から、岩手県連会長の鈴木俊一外務副大臣らが平野氏に水面下で接触し、「無所属で出馬すれば推薦できる」と打診し続けたという。ただ、平野氏の了承が得られなかったため、3月に入って党としての働きかけを断念し、県連は3... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/03 20:55
安倍総理の憲法観
 3月29日参院予算委員会での『私は憲法学の権威でもないので芦部信喜という人は知りません』という安倍総理の答弁が2Chでも話題になっています。  総理は一応法学部卒となっていますから、この芦部信喜という「名前」を知らないということの意味をやはり考えてみるべきだと思います。ダメを押すつもりはありませんが、イチローを知らずにベースボールを語るのと同じで、あまりにも“憲法改正論”が空疎に響きます。  この問題は、麻生元総理が漢字に弱かったこととは次元と質が異なります。「憲法改正」が総理及び自民党の... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/31 14:38
さまざまの事思ひ出す桜かな
 芭蕉の句です。  この句には詞書(ことばがき=作品の動機・主題などを記した前書き)が添えられていて、今は亡き主君との、まだ若かりし頃の花見の宴を思い出して詠んだ句とされています。脱藩という大罪を犯してまで旅に出ようと決意した彼にとって、その心情を表すには、この極めて平凡な言葉しか見つからなかったのです。胸の詰る思いが伝わってきます。  実は、こうした様々な事情は、調べてみて分かったことです。俳句らしきものを始めたばかりの身の程知らずでこういうことを言うのは誠に僭越ですが、作者が芭蕉でなかっ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/29 17:55
今日は怒るぞ!9 【南海トラフの被害予測】
 こういうのを虚仮威し(こけおどし)という。立派な見せ掛けだが中身がなく、愚か者を感心させる程度の浅はかな手段のことだ。  昨年8月の30数万人が死亡するというのに続く第2弾だが、220兆円と言う数字をマトモな神経で発表することにまず驚かされる。勿論、@現在の知見では発生確率の想定は困難A一般的な「百年に1度」という次元ではなく千年に一度またはそれ以下の頻度B最大クラスの被害想定だからこれまでより大きな金額になっている等々、多くの言い逃れが前提になっているが、そういうものは、恥ずかしくて表に出... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/19 23:33
経済成長による財政再建と言うまやかし
 財政再建のためには景気回復による税収増が欠かせないというのが、ミミタコの政府の言い分です。しかし、その時わざと話題にされないのが、『金利』です。直近の10年もの国債の利率は、0.6%台という超低位に張付いていますが、上図でも明らかなように「異常値」といっても良いと思います。その原因は色々ありますが、国債に対する信頼度というより、現在、金融機関は国債以外に資金を活用する場が無いというのが大きな理由です。  しかし、本格的に企業活動が活発になれば、民間の資金需要も高まり、国債購入から企業貸出しへ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/11 21:23
国立生コン工場!
太田国交大臣は、被災地の建設業者らの会合で、生コン不足で復興に遅れが出ないよう、国が現地に生産工場を建設する方針を明らかにした。会合には、宮城県の村井知事、被災地の建設業の代表らが出席。復興事業が本格的に始まった場合、被災地では生コンが不足する恐れがあるとの説明を受けて、大臣は宮古地区と釜石地区に、生コン工場を国の費用で建設する方針を明らかにした。会合後の会見で大臣は、「国の責任で、被災地の皆さんが復興を実感できる取り組みを強化していきたい」と述べ、宮城県の村井知事は「被災者にも朗報ではないかと... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/04 20:19
日銀人事より危うい財務省の弱気
 国土交通省によると、日本の建設業は、10年現在51万社、従事者498万人となっています。この数字は、00年の60万社、685万人(97年)をピークに減少を続け、労働人口に占める従事者割合も8.0%(10年)にまで下がっています。  そして、今年度も残り1ヶ月というところで、4兆円の公共事業を含む13兆円の超大型補正予算が成立しました。全額執行するのは100%不可能で、大半は25年度に繰り越されます。こうした予算の組み方が、野党の一部までが賛成するという異常な状態で決められていくことを、私達は... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/27 11:33
民主党への切なる期待
 仮に、このまま民主党が泡沫野党に成り下がると、結局、「自公党」の対極としての健全な保守は存在しなくなります。その結果日本の政治がどうなるかは火を見るより明らかで、国会は、一応議論はしますが、業界のロビー活動によって予算配分が決まるという暗黒の時代が再びやって来ます。  それを許さず、緊張感をもった政権運営をさせるためには、『政権交代』可能な複数政党、できれば二大政党が存在することが、絶対条件です。タフで現実感覚を持つ野党は、健全な与党以上に大事な存在であり、『民主党』は、そこを自覚して立ち直... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/22 08:52
PM2.5を静かに考える。
 時々紹介しているNewsweek日本版に、『中国の大気汚染を日本人は「利用」すべきだ』というコラムが載っています。  尖閣問題やサイバーテロなど、中国を嫌う理由には事欠きませんが、未来永劫このままの関係を続ける訳には行きません。また、そのことに何の利益もありません。そして、こうした問題により真剣に向き合わなければならないのは、当然、暴走老人ではなく若い世代の人達です。  日本は、どの国にも増して外交が重要です。「貿易立国」という伝統的な視点からだけではなく、人口減少の日本が活力を維持し続け... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/21 15:41
知っておきたい消費者物価指数の基礎知識
 物価が、経済活動の結果としてではなく、政治的イシューの意味合いまで持たされるようになると、ここはやはり『消費者物価指数(CPI)』のトリビアについて、少し考えておくことが必要になってきます。  戦後の昭和21年から調査されているCPIの対象は、現在588品目となっています。この品目の中には、スペック(品質や規格)の異なる複数の商品が含まれていますが、代表スペックが「基本銘柄」として指定され、毎月、各調査店舗の中で最も売れた製品の価格が継続して調査されます。  品目は5年毎に見直しが行われ、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/19 11:29
予算委員会が面白い。
 総理は、7日の予算委員会で、「デフレは貨幣的現象だから人口問題と関係付けるのは間違いだ。」と答弁されました。論拠として挙げられたのが、人口減少の国は沢山あるが、デフレは日本だけだというものです。また、バンカーで使うのはサンドであってパターではないという例を持出し、ビビっていては事態は変わらないという理由で、大規模補正予算をサラリと正当化されています。  実に面白い景気のいい話が、今日も国会では繰り広げられています。  総理も麻生さんも妙にハイな感じだし、補正は突っ込みどころ満載だし、野党は... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/08 21:37
国家予算を目方で考える。
 大震災復興予算は、これまでの枠が6兆円増額され、2011年度からの5年間で25兆円程度と決定されました。早期復興には当然賛成ですが、この25兆円と言う金額がどの程度のボリュームなのか、そもそも19兆円はそんなに少なすぎる金額なのかといったところを、5万円と10万円のパソコンのどちらのB/Cが高いかで悩んでいる庶民の目線で考えてみたいと思います。  岩手・宮城・福島の21年度決算をみますと、歳出の3県合計は、県約2兆5千億円、市町村約2兆3千億円、合計約4兆8千億円です。うち普通建設事業費(ザ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/31 15:27
昭和9年の国債
こくさい〔国債National loans〕(名)【経】国家の歳入・歳出を適合せしめんがため、国家の信用を以って設定する金銭上の債務、募債の場所によりて内国債と外国債とに分かち、償還の期限によりて永遠国債と有期国債とに分かち、起債事項の確否によりて確定国債と流動国債とに分かつ。 先に紹介した昭和9年版『公辞林』(三省堂)の一部です。  昭和9年即ち1930年代といえば高橋是清です。日銀総裁も経験していた彼は、1931年犬養毅に請われ4度目の蔵相に就任し、世界恐慌で深刻なデフレに陥っていた日本経... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/30 21:02
アルジェリア人質事件と結果責任
 共同通信の世論調査が28日の地元紙に掲載されました。ほぼバブル状態ですから、内閣支持率が高いと言うことは予想されたことですが、アルジェリア人質事件への対応を「評価する」とした割合が63.3%であることには驚きました。  政治は結果責任と言われます。動機だとか過程の努力が問題なのではなく、ある行為によって発生する結果こそが全てであるということです。  今回のアルジェリア人質事件は、日本人10人の犠牲者を出す史上最悪の悲惨な結果に至りました。情報も無く対応もできず、ただ政府専用機を用意したとい... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/29 01:27
定昇の維持は結構大事なことだ。
 全トヨタ労連が、ベアはともかく「定昇は断固維持」との姿勢を表明しています。  定昇(定期昇給)とは、今更説明するまでもありませんが、1年経てば自動的に給料が上がる仕組です。一方、ベア(ベースアップ)とは、個人の時系列とは関係なく、労働者全員の平均給料を上げることです。  最近の様にベア凍結とかアップしたとしても雀の涙の時代では、ベアと定昇の区分がつかなくなっているのかもしれませんが、高度成長の時代には、ベア率は2桁も普通でした。  図(法大大原社会問題研究所)のように、ベアとはまさにこう... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/24 19:03
今日は怒るぞ! 8 【桜宮高校はこれでいいのか】
 当初は「体罰容認論」まで披露していた橋下市長が、一転、入試を中止すべきとまで教委を追い込んだ動機は何だったのか。「体罰でスポーツは決して上達しない」という桑田真澄氏の発言が影響したような気もするが、要は、「どうしたら一番世間に受けるのか」と言う基準でネタを考えているとしか見えない。  氏の発言の問題点は枚挙に暇が無いが、数点だけ指摘したい。  先ず第1に、「予算の執行停止」をちらつかせて教委を恫喝したことだ。もちろん予算議案の提案権は市長にしかないが、議決された予算を議会手続きを経ずして恣... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/22 12:59
民主党の労組重視の是非
 労組の支持を受けながら公務員の数や給与を削減することはできないという理由で、みんなの党や維新の会は、民主党の労組重視の姿勢を批判しているのだと思います。民主党執行部が今年に入り、「労働組合参り」を活発化させている。先の衆院選での大敗を受け、夏の参院選に向けて、一定の集票を見込める労組への依存を強める姿勢が鮮明になっていると言えそうだ。ただ、同党の労組頼みの体質は、他の野党との連携の障害になるとみられ、保守系の党所属議員を中心に懸念する声が出ている。(中略)民主党の参院議員には労組からの支援を受... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/18 01:21
時の流速とアイドルの意味
 昭和9年の「広辞林」(初版=大正14年)(定価4円80銭)が手元にあり、見るともなく眺めていたら、「アイドル」という言葉がありました。アイドル〔Idol〕(名)@偶像。A誤謬。妄想。B秘蔵物。とあります。気になったので、昭和59年版(定価3,800円)を見てみますと、アイドル《idolとなっています。何時から「アイドル」と言えばAKBのような若手人気タレントを意味する様になったのかは分かりませんが、私は何故か、松田聖子や中森明菜より、歌の所為か、小泉今日子を思い浮かべてしまいます。  さて、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/10 22:17
「“天職”って何だ?」と「ニッポンのジレンマ」
 両方共、1日・Eテレの録画ですが、先に『仕事学のすすめ「“天職”って何だ?」』を見ました。「おくりびと」や「クマモン」で知られる小山薫堂氏(放送作家・脚本家)と姜尚中氏との対談で、波長の合った静かな遣り取りが心に浸み込みました。  自らを「ブレまくる男」と称する小山氏は、「なるようになる。仕事を変わる恐れもない。」と過去を振返ります。ブレるのではなく、ピボット(バスケット用語)してると考えれば気が楽で、流れに身を任せつつポジショニングすることが重要だと説きます。  姜氏は、「悩む力」で「一... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/04 00:30
日本の背骨
 人口問題が全ての基本だと思います。  厚労省が大晦日に発表した人口動態統計の12年推計値では、出生数が103万3千人と過去最低を更新しました。死亡数は、10年連続で100万人を超えて124万5千人となり、21万人の自然減となっています。国立社会保障・人口問題研究所の将来推計では、60年には人口が8674万人になるとされています。  合計特殊出生率が1.57となった1989年は、『1.57ショック』と言われました。それまでの最低記録は「丙午」にあたる1966年の『1.58』でしたから、本当の... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/02 14:42
本当のエースは出番を選ばない。
 参議院選挙は来年の夏です。民主党が国会のまさに一翼であるためには、先の総選挙の二の舞は、何としても避ける必要があります。このまま、55年体制の片棒を担いできた「社会党」と同じ運命を辿ることは許されません。  海江田氏が新代表になって民主党は再出発する訳ですが、報道を見る限り、輿石氏の後ろ盾を得ていることや過去の財テク指南書の出版など、マイナスイメージが目立ちます。さらに、比例復活したとはいえ、38歳の自民党新人議員に負けたことも、党の代表としては、消極要素です。海江田氏個人の政治家としての実... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/25 23:44
絶対に不可能な高度経済成長
 成熟した先進国家で名目3%以上の経済成長を達成することは、至難の技だと思います。 図は実質ですから、デフレ下の日本では殆んど名目ゼロ成長だった訳です。問題なのは、その原因を深く分析しないばかりか、此処に来て再び、公共事業で経済を拡大しようとする主張が頭をもたげて来たことです。そうして一時の活性を得ることで更に問題になるのが、「経済は拡大する」と言う前提でつくられている様々な国家の誤謬が何時までもなおざりにされるということです。 日本でも、かつて中国と同程度の成長をした時代が、確かにありました(... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/24 10:37
「民主党」が民主党になるために
 各政党の党員数は、自民党1,102千人、民主党269千人、公明党400千人、共産党404千人、社民党33千人となっています。(H20男女共同参画局)  今では殆んど俎上に載せることが無くなりましたが、政党の性格を表現する言い方として『大衆政党』という言葉があります。大衆政党(Mass-based party)は組織政党とも言われ、ボトムアップ的な要素を残す点に着目すれば、今の日本では、公明党と共産党がその代表だと考えられます。自民党は、多くの党員や組織化された地方議員といった大衆政党としての... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/18 17:36
総選挙・完 【国権の最高機関という意味】
憲法41条 国会は、国権の最高機関であって、国の唯一の立法機関である。 主権者である国民の権利や義務を定めるために法律が制定され、武力を持たない市民を守るための『暴力装置』も、法に基づいて存在します。民主的な『法治国家』は、時間が掛かり面倒ではありますが、その統治の最大の恩恵を受けているのは、私達の様な何の力も持たない一般庶民なのです。そして、その法律を制定できる権限は、私達の代表で構成される国会のみに許されていると言うことを忘れてはいけません。  しかし、法律の多くは内閣から国会へ提出され、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/12 20:50
総選挙 15 【経済成長のための政治の役割】
 「そのうち何とかなるだろう」(詞・青島幸男/唄・植木等)と考えていれば良かった時代がありました。政府の役割として、そこまで無責任では困りますが、危ない賭けにでられるよりは、余程マシです。余計なことはせず、民間の邪魔をしないことに専念して欲しいと思うことさえあります。  上図で明らかな様に、景況は基本的に循環します。しかし、85年のプラザ合意以降、円高と不況予防のための金融緩和によって『バブル景気』が発生し、それが崩壊した90年以降は、莫大な不良債権を抱えたまま、長いトンネルに入ることになりま... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/10 00:53
総選挙 14 【橋下徹氏の主張する実行力】
 日本維新の会は、「政策より実行力」をコンセプトとし、橋下氏は「大阪での実績を見てくれ」と強調されます。しかし、地方の成果はあまり報道されず、具体的な成果がよく見えてきません。そこで、いちばん分かり易い財政の健全性を見てみることにしました。  総務省では、『団体別健全化判断比率』を公表しています。閲覧可能なのは、21から23年度ですが、府知事時代(20年2月〜23年11月)の「実行力」を判断するには十分です。  地方団体の財政状況の良し悪しを判断する指標は幾つもありますが、上記には、都道府県... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/08 14:16
総選挙 13 【トマトの関税】
 相方の運転手として近くのスーパーへ行くと、米国産のトマトを売っていました。3個で398円と、同じ売場に並ぶ国産トマト(1個98円)より割高でした。ふと気になって、このトマトに掛かる関税を調べてみると、3%でした。TPPに参加して関税が撤廃されたとしても、386円(398円÷1.03)より安くはならず、まだ国産より高くなります。海外の農産物と値段を比べる場合は、関税よりも運送費の方が影響しそうです。その他の野菜の関税率も調べてみると、高低様々です。詳しくは、財務省貿易統計で見られますが、少なくと... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/05 22:20
選挙に行こう!
(財)明るい選挙推進協会で紹介されています。20代、30代の投票率の低さが深刻です。4日のNHK21時のニュースによると、「必ず投票に行く」と言う割合は、この時点で、前回選挙と比較すると10ポイント減少しています(70.5%→60.7%)。心配です。  特に若者達を念頭に、何度も何度も、何度も繰返していますが、政府は、私達国民がつくっているものなのです。そして、選挙は、政府づくりのための第一歩です。ここで参加を拒否して、後から文句ばかり言うのは、正しくありません。それ以上に、政治に意見が言える... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/04 22:45
総選挙 12 【未来を提示できない未来の党】
日本未来の党の嘉田代表は1日、東京都内で、同党に合流する「国民の生活が第一」の小沢代表と、報道陣公開の下で対談した。嘉田氏は新党結成について、達増拓也岩手県知事から9月末に小沢氏との会談を要請されたのがきっかけだったとし、「まったく想像していなかった」と語った。嘉田氏が「なぜ、私に声をかけてくれたのか」と尋ね、小沢氏が「たいしたものだとずっと思っていた」と答える場面もあった。小沢氏は未来の党に後から加わる形を取っているが、実際は自ら新党結成を主導していたことを示すものだ。嘉田氏は対談後の記者会見... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/03 00:07
アインシュタインに学ぶ。
 始めに言っておきますが、結局、相対性理論を科学として理解することは出来ませんでした。どうしても引力とか重力とか慣性とか、世俗の概念から抜け出れませんでした。『100分de名著』の話です。  科学としての概念は別として、原発事故のように科学が作り出した不幸は、結局科学が解決するだろうと言うことは確信できました。事故の防止や汚染された大地の復活を解決できない課題と考えている科学者は、一人もいないのではないかと思える様になりました。  その理由は、彼らの思考には“ここで終わり”というゴールが無い... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/02 13:06
安倍氏の「買いオペ」発言の真偽
 安倍総裁は、「従来とは次元の違う政策として、建設国債は日銀に全部買ってもらうという買いオペや、物価が2%上がるまで日銀に無制限にお札を刷ってもらう」と発言されたのは、間違いありません(17日・熊本講演)。確かに、「日銀引き受け」ではなく「買いオペ」ですから、記者クラブ主催の討論会で「経済知識のない記者が誤報した」と非難されたのも、まぁ、分からんでもありません。しかし、従来と次元の違う政策と言う前提で発言された以上、御本人が、「買いオペ」と「日銀引き受け」の違いを深く認識しないまま、それこそ景気... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/01 16:08
総選挙 11 【でたらめ過ぎる維新の会】
日本維新の会の石原代表は30日の日本記者クラブの討論会で、同党の首相候補として、平沼赳夫国会議員団代表を推す考えを明らかにした。石原氏は「橋下君(代表代行)が一番ふさわしいと思うが、当分、首長(大阪市長)の席を離れるわけにいかない。平沼君を推挽(すいばん)したい」と述べた。橋下氏は石原氏との合流以前、平沼氏が代表を務めていた旧たちあがれ日本の所属議員との連携に否定的な考え方を示し、石原氏が首相にふさわしいとの考えを示してきた経緯がある。石原氏は高齢を理由に、首相候補になることを否定している。一方... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/01 00:03
総選挙 10 【民主党の理念】
誰のための政党か 民主党は、「生活者」「働く者」「納税者」「消費者」をよりどころにし、将来世代の声なき声に耳を傾けています。 めざす国 民主党は、共生の社会をつくり、平和と繁栄の世界の実現にむけ、貢献する国をめざしています。 めざす社会 透明・公平・公正なルールにもとづき、正義が貫かれる社会。 働く人が豊かさと幸せを実感できる社会。 格差を是正し、誰にも「居場所」と「出番」のある社会。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/30 00:54
リーダーを信頼する努力
 『社会実情データ図録』に紹介されています。脚注にもありますが日本は2008年のデータです。小泉総理の後を継いだ、安倍、福田、麻生総理の時代ですが、この傾向は、残念ながら民主党政権でも同じ様なものだと推察できます。中央政府を悪の温床と決めつけ、そのトップである総理は、信頼できないものの代名詞とする「空気」は何故醸成されるのでしょうか。  私は以前から、トリビアリズムから抜け出せないメディアの報道姿勢を問題だと指摘してきました。それは今も変わりませんが、考えてみれば、私企業たる民放が視聴率を追う... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/29 00:47
総選挙 9 【自民党の経済政策】
 「出来る事しか約束しません」として発表された自民党の選挙公約ですが、「憲法改正」と言う高いハードルを前提にした項目もあり、その言葉自体に疑問符が付きます。しかし、スローガンでしかない約束は、それ程重要ではありません。  問題は、物価目標2%を政府・日銀の協定で定め、日銀法を改正して政府・日銀の連携強化の仕組みを整えることを盛り込んだことです。日銀の独立性が何故重要なのかや貨幣への信頼性は崖を落ちる形で失墜することなどを、日銀のホームページや識者のコラムなどを借りて紹介してきました。自民党のこ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/27 10:46
小選挙区制度での二大政党制を支持する理由
 05年(衆)、07年(参)、09年(衆)と、民主・自民の二大政党で約7割の票を得て、8割以上の議席を占めている間はそうでもなかったのですが、10年参院選で、民主・自民の比例区得票率が合計56%(民32%・自24%)に過ぎず(議席は自51・民44)、国民の半数近くが、早くも二大政党に不信を抱く様な現象が現れました。そして今回の様な少数政党の乱立状態を見て、やはり日本には二大政党は馴染まないのではないかという意見が、再び強さを増してきました。  小選挙区制に対する従来からの批判で最も大きなものが... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/26 11:10
原子力と相対性理論
 まさか、あの『100分de名著』にアインシュタインが登場するとは思いませんでした。着いて行くのが大変ですが、3回目は、原子力エネルギーとの関連でした。  『光速不変の原理』や『光速は超えられないということ』も、私の文系頭脳にはかなり理解が難しいことなのですが、今回紹介しようと思い立ったのは、原子力との関連もあるからです。  ヒッグス粒子の記事でも少し触れましたが、『質量』とは加速しにくさ(動きにくさ)のことで、さらに『物体の質量はその物体の持つエネルギーの尺度である』ということが今回の主な... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/24 19:07
総選挙 8 【家業としての代議士】
 国会議員を目指した動機、更に、その政党を選んだ理由を強く自覚し、その思いを何処までも貫く執念深さは、議員にとって大事な才能です。  まず、先に政党と一般の国民との関わりについて考えてみたいと思います。政党助成法(平成7年1月1日施行)によって、国民1人当たり250円に当たる金額の政党交付金=税が各政党に配分・交付されています(共産党は辞退)。この制度は、国が政党に助成を行うことにより、政党の政治活動の健全な発達の促進及びその公明と公正の確保を図り、もって民主政治の健全な発展に寄与することを目... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/23 21:25
総選挙 7 【日銀法改正】
 安倍総裁の金融政策への疑問は、既に、中学生向けの日銀のHPを引用して指摘しましたが、もう少し(?)分かり易くする為に、『インフレ待望論の「危険な罠」』という、10月2日、ロイター日本語ニュースサイトに掲載されたJPモルガン・チェース銀行の佐々木融氏のコラムを紹介したいと思います。時間があれば原文に当たられるのがベストですが、ここでは、箇条書きで要約して紹介したいと思います。 ○若者が職に就けず正規雇用が増えないのもデフレのせいであるとされているが、現在のデフレ対策は、金融緩和で資金を大量供給... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/22 00:24
総選挙 6 【橋下徹氏のジレンマ】
 折角のクリアな主張が、合流することによってグレーになると批判された、「維新」と「太陽」の合流ですが、橋下氏は、本当にこれに納得されたのでしょうか。橋下氏の「石原総理の下で暴れたい」との発言は、本心でしょうか。  維新八策には、まず「地方財政計画制度・地方交付税制度の廃止」や「消費税の地方税化と地方間財政調整制度」などの地方に関する施策があります。国政については、「歳入庁の創設 、衆議院の議員数を240人に削減、歳費その他の経費の3割削減、企業・団体献金の禁止、政治資金規正法の抜本改革」や「T... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/21 17:34
最後の事業仕分け
霞が関では18日、行政刷新会議(議長・野田首相)が行政の無駄に切り込む「事業仕分け」の最終日を迎えた。仕分けの結果は、復興予算や生活保護費の見直しを求める内容だ。岡田副総理は夕方の閉会式で「予算編成に今回の結果が反映されることが何よりも重要だ」と関係省庁に注文をつけた。衆院選後は、新政権が来年度予算案の編成にあたる。岡田氏の“最後の指示”に、出席した官僚らは目を見合わせた。会場を後にする官僚からは「どうせ、どうなるか分からないのだから、別にいいですよね」というささやき声が漏れた。事業仕分けは20... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/20 10:28
総選挙 5 【外交より危うい安倍氏の経済感覚】
Q:お札の発行権限は誰が持っているのですか? A:日本銀行は、日本銀行法第46条に基づき、お札(銀行券)を独占的に発行することになっています。明治10年(1877年)の西南戦争勃発に伴って戦費調達のため、政府は莫大な政府紙幣・国立銀行券を発行し、その結果、わが国は激しいインフレーションに見舞われました。これを克服する一手段として、紙幣の濫発を防止して通貨価値の安定を図るためには、紙幣の発行権限を政府から独立させるとともに、一元的な発行制度の確立を整備することが重要であるという認識が高まりました... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/19 21:59
JAがTPPに反対する理由
我々は、わが国の食と暮らし、いのちを守るため、各界各層と連携し、交渉参加阻止に向け、引き続き徹底して行動していく決意である。来る総選挙においては、生産者が将来にわたって安心して営農に取り組むとともに、消費者に安全・安心な食料を安定的に供給できるよう、JAグループは、TPP交渉参加反対を明確にした各候補者、政党を支援する。 平成24年11月16日全国農業協同組合中央会会長 萬歳 章 JAのホームページに掲載されているものです。ここでは、JAの組合員数が75年度から08年度にかけて、577万人から... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/18 15:21
総選挙 4 【野合】
 共通するものもないばらばらの集団が、まとまりなく集まることを『野合』と言います(大辞泉)。一方、共通の政治的主義・主張をもつ者によって組織され、一定の政治的利益や政策の実現のために活動し、政権獲得をめざす集団を『政党』と言います(同)。従って、「野合によって政党を作る」という日本語は存在し得ません。  石原氏の言うように、「日本を何とかしてくれと言うのがふんわりした民意だ」という理屈で、スカッとした一時のカタルシスを求める国民の支持を得ようとする行動は、「暴走老人」には大したリスクを伴わない... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/17 15:32
総選挙 3 【野田首相記者会見】
 それは単に、野党転落を免れるための言い訳を強弁している様には見えませんでした。  予算案が成立しても、行政サービスを執行するための財源を調達させないと言う国会の抵抗は、実に奇想天外で、言論の府としての資格を疑われます。借金は認めたが、銀行との契約は別の話だと言う様なものです。当然、財政規律の保持は大事ですが、そこは、予算案の議論の過程で徹底的に為されるべきです。予算案が可決されれば、そこで決められた事業は執行されるものとして世間は動き始めるのです。  総理は、解散に当たっての記者会見で、冒... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/17 00:06
総選挙 2 【橋下氏の矛盾】
 報道によれば、橋下大阪市長は、立候補しないようです。そうなると、「日本維新の会」代表としての彼の活動は、これまで自らが徹底的に批判してきた“現場に来ない学者や評論家”とさほど変わらないことになるように思えます。  氏はこれまで、メディアで言いたいことを「言うだけ」の人を、無責任で気楽な職業と繰り返しツイッターで批判してきました。勿論、その批判はあながち間違いとは思えませんが、職業としてその稼業を選んでいるわけですから、そこを指摘してもどうなるものでもありません。  あくまでもツイートですか... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/16 00:13
総選挙 1 【総理の資質】
 野田総理は、今の民主党が、本当の意味で国民の審判を受けていないことを、私達以上に重大な罪だと考えていたのではないでしょうか。党首討論で、『16日に解散します』と発言した総理のどこか吹っ切れた表情に、そんな感想を持ちました。これで初めて国民に真情を訴えることが出来るという、強い覚悟が伝わりました。  メディアによれば、今度の総選挙で、民主党は野党に転落することが確実視されていますが、マニフェスト選挙とはそういうものですから、仕方のないことです。しかし、税と社会保障と言う国民生活の土台造りは、本... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/15 09:33
TPPと一緒に考える日本の農業
 ネット上の『社会実情データ図録』で紹介されているものです。FAO(国連食糧農業機関)の統計データベースを元に作成されています。(クリックで見易くなります)  TPPは、日本では、しばしば農業問題として語られます。しかし、上図でも明らかな様に、日本は今でも先進国最大の輸入超過国ですから、市場開放によって新たに貿易上のダメージを受けることを心配するのは、現実的ではありません。もちろん、輸入米によって米農家や農村集落が崩壊するのではないかといった懸念は、重要な部分です。しかしそれ以上に、日本農業が... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/14 16:16
国会議員は、ひたすら働くべきだ。
 何か特別印象的な言葉のように、「近いうちに」という表現が伝えられています。いうまでもなく解散時期のことですが、国会が国会ならメディアもメディアだという感想です。  解散は、天皇の国事行為ですが(憲法7条)、内閣の助言と承認が必要なため、事実上、首相にその権限があるとされています。しかし、憲法には、69条に不信任案可決時の解散規定はあるものの、首相に明示的に解散権を与える規定はありません。小泉郵政選挙の時に、彼が「国民の意見を聞きたい」と言って、しかも、法案が参議院で否決されたのに衆議院の解散... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/09 00:54
大学不認可問題の枝葉と幹
 認可される前に建築工事が進んでいて、審議会は身内委員による形式的な議論の場にすぎないという形骸化の問題や、田中大臣の暴走といった視点で『大学新設不認可問題』が論じられています。  しかし、私は、そういうところは枝葉の問題だと思います。  大事な点は、企業と同じように、国際的な競争力を失っている日本の大学に足りないものは何かを明らかにしたうえで、大学を新設する場合にも、その新設大学が果たす役割は何かと言った視点をまず議論すべきだと思います。  日本の大学教育の問題点については、識者によって... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/05 22:54
キラッと輝いたニュース 9 【ミヤネ屋が伝えた北京の若者】
 ワイドショーの中でも、「ミヤネ屋」は、生意気でないところが気に入っている。あくまでも芸能ネタが主流だし、政治ネタは、宮根の空気で伝えるから、軽くて嫌味がない。その「ミヤネ屋」が10月4日に放送した北京外大の4人の若者(男女各2人)へのインタビューは、尖閣を巡る最近の報道の中では異質かつ上質だった。  「本当の今の日本を知らず、野蛮で軍国主義の日本と言う教育しか受けていない若者も中国にはまだ多い」とか、「私達が日中の架け橋になる義務がある」という発言を、渋谷の若者よりキチンとした日本語で喋る彼... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/05 00:00
今日は怒るぞ! 6 【地方は外交を混ぜ返すな!】
 名古屋市長は、2月市役所を訪問した中国共産党南京市委員会の劉志偉常務委員に対して、「通常の戦闘行為はあったが、南京事件はなかったのではないか」と発言し、中国の強い反発を受けた。次に、都知事は、4月ヘリテージ財団の大ホールで講演し、「尖閣諸島を東京都が購入する」と発表した。負けじと、大阪市長は9月、「韓国は従軍慰安婦の証拠を見せろ」と来た。  地方でボソボソと呟く程度で済ませておけば罪は無いが、大声で喚いて隣国との関係をややこしくすることは国益を損なう。最後までキチンと面倒を見れる能力と権力が... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/26 22:49
胸を打つ世界(7) 【外交官】
日本はなぜ太平洋戦争へと突き進んでいったのか。軍部の独断専行はしばしば語られてきましたが、外交に焦点をしぼってみるといかにその誤算が大きかったかに気づかされます。日米の対立を決定的なものとした日独伊三国同盟はその典型でした。当時の政府は、三国同盟の結束によってアメリカを威圧し、事態を有利な方向へ導こうとしていました。これに反発するアメリカは、後に始まる日米交渉を通じて、日本の三国同盟離脱を強く求めます。しかしドイツの勝利を信じて疑わない日本はこれに応じず、結局、日米交渉は挫折。真珠湾へと向かって... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/20 18:29
中国は何故国有化が許せないのか。
 中国では、私人が土地を所有することは出来ない。 中国で工場用地を確保するには、通常は国家ないしは集団から用地の払い下げを有償で受けることになります。その取引対象となる土地は永久的な「所有権」ではなく「期限付きの土地使用権」です。単なる土地のみの売買は許されておらず、その土地を利用して具体的に行う事業と密接不可分になっています。国家が土地利用者に使用権を払い下げる際、その最長期間を用途別に定めていて、工業用地は50年と規定されているわけです。ほかの用途の場合は、(1)住宅用地 70年(2)工業... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/19 00:10
中国の暴動と群集心理
 SMAPが数万人を集めても暴動に発展しないのは、集まった群衆には、音楽鑑賞という同一目的と行動規範に従う習慣があるからである。満員電車が、結果的に整然と運行できるのは、偶発的に集まった群衆故に、目的地に到着するという以外に共有する意思が無いからである。  今中国で暴れている暴力集団は、報道を見る限り、目的に統一性も無く行動規範の欠片も見えないという最悪の群集(乱衆:パニック)だ。こうした国では、デマが付き物だ。中国共産党機関紙、人民日報(電子版)は17日、日本の尖閣諸島国有化を巡って日中間の... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/18 14:35
マラソン大会を津波が襲う!?
毎年3月に静岡県熱海市の相模湾沿いの有料道路で開かれている「熱海湯らっくすマラソン」(熱海市など主催)が来年、「津波襲来時の避難路が十分に確保できない」として、中止されることが決まった。レースには首都圏などから3000人以上が参加するが、代替コースが見当たらないため、このまま廃止になる可能性もあるという。同マラソンは熱海市街地と神奈川県境付近を結ぶ有料道路「熱海ビーチライン」(6キロ)を往復するコースとして、1985年に始まった。相模トラフ沿いを震源とする「関東地震」が起きた場合、最大10・5メ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/13 21:19
ヒッグス粒子は粒ではなかった!
 世紀の発見・「ヒッグス粒子」について、NHKを始めメディアは、「素粒子に質量を与える粒子」であるとCGや模型で説明し、私達も、何となく分かったような気分になっていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/10 20:58
今日は怒るぞ! 5 【電力が足りた?】
 NHKは、7日21時のニュースで、「関電一社では危険水域だったが、融通により大飯の再稼動なしで電力は足りた」と伝えた。大阪府知事も会見で同じ認識を示していた。  まず大々前提として、「計画停電」が非常事態だという認識がなさ過ぎる。「節電」も、本来政府が税金を使って啓蒙するような話ではない。「大規模停電(ブラックアウト)」に至っては、原発事故に相当する大惨事だ。今年の夏が、「節電」で乗り切れたと考える視点だけでなく、それ以上の事態は何としても防ぐという、世の中で真面目に日本を考えている関係者が... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/07 23:34
南海トラフ巨大地震被害想定への苦言
内閣府は29日、東海沖から四国沖の「南海トラフ」沿いで巨大地震が発生した場合、関東以西の30都府県で最大32万3千人が死亡するとの被害想定を発表した。津波の死者が約7割を占める。2003年の前回推計2万4700人や東日本大震災の死者・不明者約1万9千人を大きく上回るが、早期の避難や対策の徹底で8割減らせると分析した。 (8月30日・地元紙) 「専門家」が英知を集めた結果なのだから、信じなければならないのだろう。しかし、《基本的考え方》として、「発生時期を予測することが出来ず」かつ「発生確率はき... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/31 23:10
キラッと輝いたニュース 7 【豪州のタバコの箱デザイン統一】
 NHKニュースWebによると、オーストラリアでは、12月から、たばこの箱を同じデザインに統一する規制が開始されるようだ。 オーストラリア政府が導入を予定している、たばこの箱のデザインを統一する規制を、大手たばこメーカーが撤回するよう求めていた裁判で、裁判所はメーカーの訴えを退け、オーストラリアでは、ことし12月から世界で初めてたばこの箱のデザインが統一されることになりました。 オーストラリア政府は、国内で販売されるたばこの箱に独自のデザインをすることを禁止し、デザインを統一する規制を、こと... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/16 09:53
韓国大統領が願う平穏なその後
 韓国が、彼方此方で醜態を晒している。  国のリーダーの地位にある人物が、どの程度の立振舞いを見せるかで、その国の知的水準が窺える。その職を退いてからも、同様だ。そこで、歴代の韓国大統領のうち、泰然とした「その後」を送ることが出来なかった人物について、調べてみた。 【李承晩(イスンマン)】1948年7月〜1960年3月(12年)  ○民主化要求暴動で失脚。ハワイに亡命。そのまま現地で死亡。  《私達には、所謂「李・ライン」から、「リショウバン」が馴染む。》 【朴正煕(パクチョンヒ)】1... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/15 21:00
今日は怒るぞ! 3 【国会議員は勉強しろ!】
 42.3兆円の税収では、社会保障関係費26.4兆円と地方交付税16.6兆円を賄うだけでも0.7兆円足りない(24年度予算)。借金返済に敢えて目をつぶっても、絶望的に金が足りないのはネコでも分かる。それは、約束したとかしなかったとか、そんなレベルを超えている。「増税の前に云々」とか、「景気向上で税収増」とか、『雨が降る日は天気が悪い』と似たような呪文を唱えても何も解決しない。20年間何も出来ず、選挙が近づくと急に問題解決できるかの如く、声高に主張できる神経が理解できない。  以前、政治家検定を... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/09 00:11
永六輔氏の「再稼動反対デモ」見物
 夏休み中は、NHKの午前は子どもに占領されるので、《誰かとどこかで(CBC)》を聴く機会が増える。8月1日の放送は、恒例の「再稼動反対デモ」の話だった。  永さんは、「参加」でなく「見物」に行ったらしい。ピクニック気分の家族連れが居たり、警備のおまわりさんもニコニコ笑っていたりで、不思議な気分だったようだ。  その場に、同じように車椅子に乗った瀬戸内寂聴さんが居ることに気付くと、向こうも気付いたらしい。そして、一生懸命何か言っているのだが、喧騒で聞こえない。で、寂聴さんの世話をしている人が... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/02 20:13
オスプレイ問題の基礎知識
 米軍の輸送用ヘリMV-22オスプレイが岩国基地に搬入された(7/23)。この後、本来の目的である在沖縄米海兵隊での運用のため、普天間基地に運ばれる予定だ。事故が多発したこと(MV型はそうでもないのだが)以外にも、開発費用(1兆円以上?)回収のための米国のゴリ押しではないのかといったところも、多くの人が反対する理由らしい。  しかし、賛否の前提となる幾つかの基礎知識を知らずにファッションとして反対するのは、あまりに大人気ない。  日米安保条約、地位協定、事前協議、米海兵隊、抑止力といったこの... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/24 19:05
原発問題は、世界を見ないと意味が無い。
 人口3万4千人・世帯数1万5千世帯(24/6月現在)の長崎県対馬市。面積は奄美大島に近い。 対馬から福岡まで海路は138kmですが、対馬から韓国の釜山まではその半分以下、距離は49.5kmです。晴れた日には、対馬の西側から朝鮮半島 の山々や建物を望むことができます。この地理的に近いことから、古くから対馬は大陸との交流で重要な役割を持っていました。 市のHPではこう紹介されている。そして、その朝鮮半島には20基の原発を抱える韓国があり、日本海沿岸には、78年に稼動開始した韓国最古の「古里原発」... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/23 20:49
人を敬うことの尊さ
 第67期本因坊戦で勝利した井山裕太天元(23才)は、終局後、「もう少し、その名に相応しい力をつけなければいけないなと感じた」とインタビューに答えた。  私もザル碁を嗜む。覚えた当時の若手花形棋士は、大竹、林、武宮、石田、小林各氏らだった。その頃は日本が国際棋戦をリードしていたが、今や韓国、中国に大きく水をあけられている。その理由については、囲碁に対する考え方の違いだと指摘されている。日本では、石の形に拘り最初から考慮しない手が有るが、韓国らでは、最強・最善の手はどれかによって石を置く場所が決... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/20 15:54
胸を打つ世界(6) 【明日へ-支えあおう-】
 正直なことを言うと、時も経ち、何より不意に家族を失う悲しみの深さは万人に等しいのではないかと思ったりして、明日の日本全体のことや世界のことをそろそろ考えるべきではないかと思い始めていた。  そんな時に、NHK仙台が震災直後から東北6県に向けて放送を続けている「声から見える被災地の今」を視た(7/15)。石巻で生まれ育ったディレクターが、手書きのボードを持った被災者の声を実名で紹介するものだった。  感動した。  この種の番組はこれまで星の数ほど視てきたのに、しかも最初に言ったように、お叱... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/16 16:36
「国民の声」は、基本的に当てに出来ない。
 日曜討論(8日・NHK)で、久しぶりに小沢一郎氏の発言を聞いた。  時節だから、決意に満ちた力強い話が聞けるのではないかと思ったが、そうでもなかった。相変わらず、「脱官僚」という怨念や、デフレもEU危機も「内需拡大」で克服することが可能だという景況感、更に原発は廃棄物が問題だといった次元に留まっていて、3.11以降新たなステージに入った日本を背負う気概も信念も、当然覚悟も感じさせなかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/11 00:27
キラッと輝いたニュース 5 【停電はなぜ起こる】
 節電の夏を迎えて、停電のイロハを知っておくべきだと思った。一番分かりやすかったのが、こちらだ。平易で短文なので、良質な電気を安定的に届けることの難しさが、私のような素人にも何となく理解できた。    私が子供の頃は、台風などの荒天で停電することは珍しくなく、しかも短時間で復旧していたから、それ程怖いことではなく、チョッとしたイベントの様に興奮すら覚えたものだった。しかし今は、一般家庭でも様々な電子機器が生活を支え、電気が突然中断することによる被害は看過できない状態だ。最悪の場合は命にかかわ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/10 01:17
大阪「都」の名称に拘る橋下氏のセンスの良さ
 橋下氏の政治家としての出発点でもあった《大阪都構想》が、主要政党の合意で実現しそうだ。しかし、特別区は認められても、「大阪府」の名称は変更できないらしい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/04 00:29
無駄の削減という泥沼
 増税の前にやることがあるという何とも陳腐なコピーを小沢Gが叫ぶと、みんなの党の江田さんは著作権は我々にあると半ば本気で訴える。  この「増税の前にやるべき無駄の削減」という論理は、本当に成立するのか。そもそも、時代や思想を超える普遍的な無駄なるものが存在するのか。分かりやすい例として、徳山ダムを取上げてみたい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/01 23:46
胸を打つ世界(5) 【パスカル】
 以前紹介したことのある『100分で名著』(Eテレ)の6月の題材は、パスカルの「パンセ」だった。そして、この種の番組でここまで感動するとは思わなかった。  鹿島茂明大教授の見事に胸のすく解説、伊集院光の聡明でテンポの良い反応、そしてNHKとは思えない島津アナの明るい自然な表情も心地よく、パスカルの世界が活き活きと伝わってきた。  本来は要約してここで紹介したいのだが、内容の豊富さと私の能力不足で諦めざるを得ない。そこで、NHK出版から発売されているテキスト(税込み550円)の一読を強くお勧め... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/29 21:04
小沢一郎の限界
 私は、それほど小沢氏に反感は抱いていない。政策は明快だし、実行力も(報道によれば)高レベルだ。しかし総理になっても、彼の思いは1%も実現出来ないだろう。霞ヶ関は、多少の出血くらいは我慢するが、マニュアルなき統一で脈々と受継がれてきた背骨が傷付く事は、決して受容れない。財務省はその典型で、私は、大蔵省という名を捨てたことさえ驚きだった。  だから小沢一郎なのだという意見もあるが、それは夢物語というものだ。  一部の地方の首長を見て、強いリーダーなら役人の支配が可能のように錯覚し、小沢待望論が... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/27 18:40
永六輔とパーキンソン病
 久しぶりに「誰かとどこかで」の放送を耳にした(CBC・25日)。難病指定されているパーキンソン病患者の会で、永さんが話をしたという内容だ。  1万2千回を超えているこの番組ファンならよくご存知のことだが、数年前から体調思わしくなかった彼は、一時期、まさにお聞き苦しい放送レベルにまで達していた。その体調不良の原因が、難病に指定されている「パーキンソン病」であることが分かり、様々な薬物治療が続けられてきた。そしてある時期「会話困難」の症状は劇的に改善し、病室からの放送もあったが、今は早口の普通の... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/26 11:44
再び福沢諭吉に学ぶ。
 税について学ぼうとすれば、膨大なデータ、論文、学説、歴史など知りたいことに応える資料はほぼ無限に有る。 政府は法令を設けて悪人を制し善人を保護す。これ即ち政府の商売なり。この商売をなすには莫大な費なれども、政府に米もなく金もなきゆえ、百姓町人より年貢運上を出して政府の勝手方を賄わんと、双方一致の上、相談を取極めたり。これ即ち政府と人民の約束なり。 ご存知「学問のすすめ」の一節である。 私は、義務教育という制度について知らないうちから小学校に通っていたので、公立校の運営資金について知らず、学... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/23 15:14
それなら子ども手当の放棄は約束違反ではないのか?
 マニフェスト違反をそこまで糾弾する小沢氏が、それなら何故子ども手当をあっさり諦めたのかというのが私の大きな疑問だ。年5.5兆円の子育て支援は、社会が子どもの成長に責任を持つという新たな哲学の導入であり、少子化対策こそが経済成長の前提であるとしてマニフェストの最優先事項に掲げたものだった。もっと言えば、ガソリン税の暫定税率の廃止を財源不足を理由に真っ先に見送ったのは、当時幹事長だった彼である。何れにしろ、千年に一度の大災害に遭遇し、それでもマニフェスト違反だけで消費税に反対するのは、かつて「日本... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/22 00:19
生活保護とメガ企業への公的資金注入
 バブル崩壊後の金融安定化のため、当時20兆円を超える公的資金がメガバンクに注入された。最近では、日本航空や東京電力にも同様の措置が実施されたが、これらの企業が果たす社会的役割は重大で、その破綻は国益を損ない国民の福祉をも毀損するというのが、本来あり得ない税の投入を正当化する理由だ。  一方、11年度中に国の支援も無く倒産した企業は、1万2707件にも上る。減少傾向にあるとはいえ毎年1万件を超える企業が消滅する世界こそが実は公正な資本主義社会である。  法人と違って個人ではこうした差別的な扱... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/21 10:57
それでも、政権交代には大義がある。
 誰がやっても政治は変わらないという決まり文句がある。今でも街頭インタビューの定番のようにメディアで紹介される。  結果として、政権交代のメリットは全ての国民が享受できるものなのです。だからこそ、私は断言します。政権交代には大義がある、と。  これは、野田総理が09年に出版された「民主の敵」(新潮新書)のあとがきの最後の部分だ。ここで総理が指摘した大義は“白ありの如き天下り団体退治”だったが、結果はその意気込みとは大きく異なっている。しかし、それでも政権交代には意味があると私は考えている。 ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/18 21:27
電気料金を考える。
 東電のHPに、家庭(規制部門)と企業(自由化部門)の収支の差についての説明がある。  利益の9割を家庭から得ている(だから東電は悪者である)とメディアが一斉に批判したが、例えば電気を消費地まで届ける費用が企業より家庭の方が割高になるという説明は、文系の私でも普通に理解できる。法的根拠(政令)や料金構成の説明も、素直に読めば、何故批判されるのかが不思議だ。さらに、企業が利潤を上げるためエネルギー調達コストを下げ、結果として従業員の雇用や賃金を保障するという分かり易い視点に立てば、家庭と企業を殊... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/01 21:46
マニュアルなき統一 =資生堂意匠部=
 資生堂には意匠部があり、謂わばインハウスデザインによって脈々と「暗黙知」が伝わっていく。  少し腰高が特徴的な資生堂書体は1920年代から始まり、新人デザイナーは、最初はこの文字を書くことだけが仕事で、徹底的に「共通感覚」として身につけさせられる。先輩は、ただ「資生堂的」であるかどうかだけを指摘し、そこにはマニュアルがない。  こうした血肉として叩き込まれる“マニュアルなき統一”は、効率化やグローバル化の時代にはどちらかというと日本的経営の弱点として否定されてきた。  しかし、中途半端な... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/17 18:26
失われた言葉への信頼
 「棺一基四顧茫々と霞みけり」   (棺が一つ、辺りは見渡す限りぼんやりと霞んでいる) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/23 01:16
吉本隆明氏の死去
 この訃報に接し、書棚の片隅から数冊の彼の著作を捜し出した。  学生時代の本は殆んど処分して岐阜に戻ったのだが、彼のは生き残った何冊かの一部だ。  私達は、よしもとばななは知らなくても不思議ではないが、吉本RYUMEIを知らないというのは考えられない世代だ。  氏について様々に評される文言を読むにつけ、ちょっと違うなと思ってしまう。  目の前の全著作集の1は「定本詩集」で、2・3も初期詩篇が続く。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/16 18:56
順天堂大天野教授に学ぶこと
 大震災以降、何でもかんでも最大の危機を指摘しておかないと後でエライ目にあうという空気が蔓延し、斑目原子力安全委員会委員長は、ストレステストだけでは原発の再稼動は出来ないと今頃言い出した(2/20)。年金も同様で、百年安心というより早晩破綻するといっておいた方が批判されないらしいし、ご案内のとおり、地震予測も思いきりスケールアップした。  こうした、最悪の事態を「想定」しておけば許され、「杞憂」と批判することがタブー視される空気は、人を萎縮させ生産的な議論を奪い、何より健康的ではない。僅かな粗... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/21 10:14
キラッと輝いたニュース 1 【シリア問題の伝え方】
 9日21時のNHKニュースで米ロの担当デスクが夫々の立場からシリア問題を伝えた手法が、これまでのこの種の話題の伝え方としては新鮮だった。大越キャスターの合いの手も悪くなく、米国とイスラエルの関係も指摘していて、NHKらしく公平な報道に思えた。  海外勤務が豊富なデスクというだけで言葉に説得力があるし、本当に取材活動を行っているのかが疑問に思える「評論家」の利いた風な解説よりは余程良い。BSだけに任せず、今後もこうした深い伝え方に期待したい。   ※これからは、負の話題は出来るだけ避けて、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/10 00:01
今こそ「武士道」
 新渡戸稲造の「武士道」を《100分de名著》(Eテレ)で紹介している。  山本博文東大教授が解説する番組で、まず、広く欧米に目を向けていた新渡戸が、ベルギーの法学者から「宗教教育のない日本ではどこで道徳心を養うのか」と問われて絶句し、やがて“武士道や封建制度が日本人の道徳心を育んだ”と考えるに至り本書を著わしたという執筆の契機を紹介したうえで、内容を紹介していく。25分×4回の100分で紹介する訳だからダイジェストになるが、それが却って理解しやすい。  先日(2・2)の1回目の放送内容は、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/07 22:01
胸を打つ世界(2) 【大津波を生き抜いた子どもたち】
 “釜石の奇跡”として語り継がれるであろうあの避難状況をあらためて17日のNHKクローズアップ現代で拝見した。  市と共同で防災教育を実施してきた群馬大片田敏孝教授をゲストに、大津波を一人の犠牲者も出さずに乗越えた子ども達があの時を語ったが、気のせいか逞しさを増した子ども達の一言一言がグッとくる。校長の「自然の前に人間は無力だというけれど、子ども達はそうではなかった。」という発言は、心の奥深くからの言葉に感じられた。  機会が有るたびに書いているけれど、こと地震に関しては何処にどう税を使うか... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/17 21:21
胸を打つ世界(1) 【建築家・伊東豊雄】
 大晦日に「希望の町のデザイン」(NHK)を視た。釜石市復興に挑む建築家・伊東豊雄氏を紹介する番組だ。  阪神の画一的な国の復興住宅が景観を壊しているのではないかと感じていた彼は、同じような疑問を持った市の担当者の要請に応える。超繁忙な彼を無償で揺り動かした原因は、“建築家は社会から必要とされているのか?”という忸怩たる思いだった。  この社会的存在としての自覚は私達には難しいが、自分が誰かの役に立っているという思いを追い求めるのは可能だ。肝に銘じたい。  全く偶然だが、岐大跡地で進む図書... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/02 12:49
2012年夢の大予想
◎放射性物質の半減期を最大10万分の1に短縮する技術が開発される。 ◎失業率が改善され、才能に気付かず夢を追い続ける若者以外は完全雇用が実現される。九州と上海を結ぶ高速地下鉄の開通で労働市場が劇的に拡大したことが原因らしい。 ◎酵母菌の熱エネルギーを電気に転換する技術と無線送電技術が開発され、家庭用の電力は漬物瓶程度の大きさの装置で可能となる。 ◎世界通貨“両”が実現する。 ◎政治家検定が始まり、1級合格が立候補の要件となる。設問は、「貨幣の有効性は誰によって支えられているか」といった基... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/01 00:13
こんな「想定」震源域はあり得ない!
 内閣府有識者会議が27日にまとめた中間報告には驚いた。北海道・東北を除くほぼ全ての地域がM9.0の震源域に想定されるというものだ。  失礼ながらこれでは、先の有馬記念の予想で、最下位に沈んだ8歳馬キングトップガンを除く全頭を本命に「想定」する様なものだ。予想になっていない。日本の英知が結集したうえでの科学的想定だから敬意を表するべきだろうが、とても賛同できない。  「日本は地震国だ」、「地震の後には津波が来る」、「先ず逃げろ」。この昔からの常識と今回の報告とどう違うのか。こういう報告をする... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/27 21:09
JRAのCMが胸を打つ!
 「常識は敵だ。(皐月賞・ミホノブルボン)」で私の魂を揺さぶった言葉は、「天才はいる。悔しいが。(ダービー・トーカイテイオー)」、「本当の敵は、諦めだ。(天皇賞秋・スペシャルウイーク)」、「僕らは、ひとりでは強くなれない。(JC・エルコンドルパサー)」などを経て、有馬記念を迎えた。  そして、オグリキャップの復活を「神はいる。そう思った。」で締めくくる。  競馬ファンでなくても、圧倒させられる。今年が特別の年だからなのだろうか。それにしても、言葉の力をこういうところで感じさせられるとは、何か... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/10 18:31
半年が過ぎて
 2011年が半分済んだ。  この拙文を振り返ると、その前半と3・11以降では様子が変わっているのが解る。  本当は、こんなに世の中の事象に関わるつもりではなかった。たまには故人生幸朗師匠の様にぼやく事はあっても、マッタリと綴っていくつもりだった。  ここまで世間の是非を指摘すると、本来はコメントなどで苦情やらを受付けるべきだったかも知れないが、やはりここは、お天道様の叱咤や激励だけを相手に個を続けようと再び決意した。             続く木漏れ日の道   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/01 17:30
トリビアリズムから抜け出せない日本メディア
 物事の本質を見極めようとせず抹消の些細な事柄を重要視する考え方をトリビアリズムと言う。タモリでお馴染みだ。  重大性より希少性を大事にするのがメディアの伝統芸だから当然なのだが、不幸にも、一次情報に触れられない私達は、こうしたメディアに頼らざるを得ない。そして、この国の“空気”が彼らによって作られ、未だに成熟した議論の出来ない議会を生み出す。  郵政を民営化することが国民にとってどういう利益をもたらすのかを刺客騒動報道でチャラにし、年金問題の本質を役人の無能さと同義語の消えた年金問題に矮小... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/27 12:00
原発事故は誰に責任があるのか
 3月28日付の地元紙・岐阜新聞に、梅原猛氏の「原発を廃止せよ」という一文が掲載された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/30 00:02
地方の政治家は何故元気がいいか。
 愛知県知事や名古屋市長の減税策。破天荒ともいえる発言や行動は大向こうを唸らせている。こうした、ある意味リアリティに乏しい行為が何故可能なのか。それはまさに、地方だからである。愛知や名古屋へ岐阜や三重からの民族大移動が起ころうとも、日本は沈没しないし、仮に失敗しても、尾張で留まる。国政はそういう訳にはいかない。中国やロシアと戦争も辞さないような元気な発言も容易くできないし、子育ては親の責任だと言い放つのも難しい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/18 23:43

トップへ | みんなの「政治」ブログ

長良の落陽。 政治のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる