『花咲舞が黙ってない』

 『MOZU』で少しザワザワした心は、『花咲舞が黙ってない』(中京)で修復することができます。「半沢直樹」の池井戸潤氏ですから痛快さに紛れはありませんし、何と言っても杏さんの躍動感と歯切れの良さが半端ではなく、後味のスッキリ感は文句なしと言えます。
 ドラマに向って「あんなことは現実には有り得ない」などと訳の分からないことを言う人が時々いますが、事実との距離感はさほど重要ではありません。それよりも視聴者の胸へ心地よく届くかどうかが優劣を決めるのです。ですから、サスペンスドラマでの刑事が犯人という荒唐無稽な設定でも、現実にあり得るかどうかよりも納得できる届け方かどうかが大事なことなのです。
 「水戸黄門」ならお約束として許される展開を現代のドラマでシラケさせずに届けるには、原作者にもキャストにも相応の地力が必要だということは言うまでもありません。『花咲舞』は、そこのところの間合いが絶妙な感じがしていて、肩こりには効きそうなドラマです。

画像
                    初夏
――――――――――――――――――――――――――――――――――――