アメリカの底力

場内の"USAコール"が象徴するように、そして、星条旗が乱舞するスタジアムが証明するように、アメリカは4年前の敗戦を忘れることに必死だったのに違いありません。

前回のWカップは、あの震災の年でした。その時、私はこんな記事を書いています。

アメリカの背中は、遥か彼方に遠のいていった感がありますが、見えなくなったわけではありません。そして、追いつくにはまず体づくりからだ、と強く感じました。スポーツに限らず、結局最後は体力勝負なのです。気力や気合でどうにかなるというのは、幻想に過ぎないのです。

4年後はフランスです。あっという間にやって来ます。




画像
       姫女苑

――――――――――――――――――――――――――――――――――――