笑えない話

【AFP=時事】ザンビアのエドガー・ルング大統領は18日、自国通貨の急落を「癒やす」ことを願って神に祈りをささげた。大統領は前もってこの日を「不況脱却のため全国民が祈る日」と定めており、全土でバーが休業し、サッカー国内リーグの試合も全て中止された。ザンビアの通貨クワチャは今年に入り、対ドルで45%も下落した。輸出の大半を占める銅の価格が下がったのが主な要因だが、下落率は米経済通信社ブルームバーグが動きを追う155通貨の中でも最悪となっている。こうした事態を打開しようと、大統領は前月、国を挙げて神に祈りをささげるよう命令していた。大統領は集まった約5千人の国民を前に「神はわれわれの嘆きを聞き、われわれの罪をゆるしてくださる。そして必ず、この国を深刻な社会・経済危機から救ってくださる」と語り、さらに「優れたアイデア」を持つ者は名乗り出て政府を支援するよう呼び掛けた。この日に予定されていたサッカーの試合はすべて延期され、バーは午後6時までの閉店を命じられた。経済危機の原因に直接対処せずに「祈りの日」で国民をごまかそうとしていると、ルング大統領を批判する声もある。これに対し、アフリカ聖書福音協会の司教は18日の集会で「聖書には、金と銀は神に属すると記されている。わたしたちが祈れば、神はわが国の経済を立て直してくださる」と反論した。【ヤフーニュース/19日】

「一億総活躍」、「地方創生」、「女性が輝く」…。
考えてみれば、こうした掛け声も、しょせん「祈り」に過ぎません。
恐ろしいのは、
「アベノミクス」もそうではないか、ということです。

画像
            晩秋のバラ

 
【撮影地=畜産公園センター・20日】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――了