週刊・『チューズデー』 ※廃刊のお知らせ

「国民はいまや主権者となった、しかし主権者であることに安住して、その権利の行使を怠っていると、ある朝目ざめてみると、もはや主権者でなくなっているといった事態が起るぞ」という警告に(憲法12条と97条は)なっている。
【『「である」ことと「する」こと』丸山真男/岩波新書】

よほど我慢強くないと、政治を考えることができない状況となってきています。ストレスも溜まり、体に良いことは一つもありません。国会は、胸を打つ議論から最も遠い状況になっているのです。

丸山真男には叱られますが、見切りをつけて自分の"タコツボ"に戻り、マッタリといくこととします。

今日はいい天気になりそうです。


画像
      コスモス  【せせらぎ街道/1日】


*週刊『チューズデー』は、今号を持って廃刊します。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――了