富の不平等 【路地裏の独り言】

ニューズウィーク日本版に、3月14日に死去したスティーブン・ホーキング博士の残した言葉が載っている(*)。技術革新によって人間の雇用が奪われ、その結果として所得をも失うこととなった場合には、新たな社会の仕組みが必要ではないか、というものである。
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/03/post-9747.php

マイクロソフトのビル・ゲイツ氏は、米CNNとのインタビューで、これまでの納税額が総額100億ドル(約1兆700億円)を超えるとしたうえで、「私の税は少な過ぎる」と言っている(*)。そして、昨年末の税制改革について、『皆が望む一般的な傾向に逆行するものだ』と批判している。
http://www.afpbb.com/articles/-/3163230

『21世紀の資本』がベストセラーとなったピケティも、富の偏在を指摘していた。
*私の拙文:http://iizie.at.webry.info/201502/article_18.html

多くの世の中の仕組みは齟齬に満ち溢れ、未だに発展途上だ。社会を維持して行くためには誰がどの程度の負担をすべきなのか、という基本原則すら定まっていない。

そして、言うまでもないことだが、ヒトの進化を進め自分達の望む世界を実現していく主役は、"消え去る老兵"ではない。まずは何から始めるべきかは、あまりにも明らかなのだ。


画像
     笑うオオイヌノフグリ 【郡上市明宝地区/11日】

―――――――――――――――――――――――――――――――――――了