ヒクイナ

【水鶏(くいな)】 春来て秋南方に去る候鳥であるが、水辺の芦の茂みにかくれてなかなか姿を見せない。数種類あるが、昔から「水鶏たたく」と詠われているのは"緋水鶏"という種類である。 〔歳時記・夏(平凡社)〕


今日(25日)は、今年初の真夏日。
画像

この暑さに似合うような似合わないような…。
画像

  
此宿は水鶏も知らぬ扉かな    芭蕉  
  *主人の貧にして風雅な暮らしを賞した挨拶吟=「芭蕉全句集」
    
               【長良川/25日】

――――――――――――――――――――――――――――――――――――