ヤマオダマキとクガイソウ

ヤマオダマキ(キンポウゲ科)は、紡いだ麻糸を巻いて玉のようにした苧環(おだまき)がその名の由来らしい。形状をネットで確認しても、どうもピンと来ない。そんなことを言えば、大抵の花はそうだからだ。もっとちゃんとした別の説があるに違いない。
画像

クガイソウ(オオバコ科)は九蓋草と書き、輪生する葉が層をなしているところから来ている。
画像

Wikiには「九階草」との表記もある。形状からはその「階」の方が「蓋(=ふた)」より理にかなうのだが、それだとなんだか冷たい印象で相応しくないから不思議だ。
画像

花の名は、受けた印象を直感で表現しているだけなのかも知れない。つまり、あまり深く考えない方が良いということだ。


【ひるがの高原/2日】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――