ヒヨコの足跡 - 12

詮もなく拾い続けるくぬぎの実  織二  【17/10/06】

■私:「詮無いこと」という言い方は、普通によくあります。
師:無益で何の甲斐もないということだな。
■私:「詮なく」、と「も」を入れるのは厳密には…。
師:何かに使う当てもなく、ただ目の前の団栗を拾うなんてのは大人のすることじゃない。
■私:……。
師:一つや二つじゃなくて、もしかしたら日が暮れるまで拾っている。「拾い続ける」というのが何とも切ない。
■私:……。
師:一体何があったんだ、と思えてくる。
■私:……。
師:救いというか、せめて誰かと一緒に拾って欲しい。
■私:俳句ですから…。



画像
      山柿 【ふれあいの森/4日】

――――――――――――――――――――――――――――――――――――