夏の鶯 【"何ができるか"に逃げない。】

■私:ノーベル賞の本庶佑さんの言葉は、一々胸に迫りますね。
師:確かに…。
■私:特に「何ができるかに逃げない」というのは、深過ぎます。
師:哲学者の言葉だよな。

画像

■私:「出来ることは何でもやる」なんて威張ってる政治家もいますが・…。
師:よく考えてみれば、出来ないことはやらないってことだ。
■私:こっちは、いかにも情けない決意ですね。
師:賞金の5千万円余りは若手の支援になんて言わせるところも政治の貧困だ。
■私:基礎研究軽視への抗議の意味もあるでしょうね。

画像

師:本庶先生は73歳だけど、これから先は候補者が枯渇してるという報道もあったような記憶がある。
■私:ノーベル賞が全てではないですが、ちょっと寂しい話ですね。
師:真の意味での平和賞を誰かが個人受賞して欲しい。
■私:佐藤栄作元首相の「非核三原則」には疑義がありますからね。
師:唯一の被爆国として世界の核軍縮に貢献すれば十分可能性がある。

画像

■私:それにしても、台風が数、勢力とも異常ですね。
師:トレンドとしては将来もっとひどくなる…。
■私:停電の長期化も問題です。
師:無電柱化は一石二鳥の政策だと思うけどな。
■私:財源の問題の他にも、誰か困る人が居るんでしょうね。
師:軍需産業みたいにか?
■私:ちょっと考え過ぎでしょうか…。

画像



【ふれあいの森/1日】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――