スズメとホオジロ

新型コロナの影響で、 政府主催の東日本大震災追悼式も中止だ。 悩んだ末のことと思われるが、 私は少しモヤモヤする。 死者・行方不明者2万人弱、他に関連死数千人…。 それはそんな程度だったのか、と思ってしまう。 【伊自良川界隈/10日】  ――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

春光

日の光の有難さを時々感じる。   【ウグイスカグラ(スイカズラ科)】   【池塘】 その大体は、春の光だ。   【ムスカリ】   【キイチゴの一種】   【ジョウビタキ】 春の川赤青白のパドルかな  織二 【ふれあいの森/7日】  ――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

カンアオイ

花と言えば花だが、なんとも地味だ。それよりも岐阜蝶の方を思い浮かべてしまう。 テングチョウも、活躍するなら今だ。 おなじみの春の野草…。   【ホトケノザ】   【オオイヌノフグリ】 【ふれあいの森/7日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

ニワトコ(スイカズラ科)

春から冬まで様々な姿を見せるが、今頃のこんなのも好ましい。木枝には薬効があるらしい。 色々な草花が主張し始めてきた。名前を知りたいとさえ思わなければ、嬉しい季節の到来でもある。   【(ヤマ)ネコノメソウ】   【ジロボウエンゴサク】   【すみれ】 【ふれあいの森/6日】―――――――――――――――――――――――――…

続きを読むread more

バン

西日本では留鳥の例もあるようだが、基本的に夏鳥だ。俳句でも夏の季語となっている。 言うまでもなく多くの鴨は冬の鳥だ。この辺ではお馴染みのコガモの様子も少し変わってきた。 帰る前に必ず挨拶に来るのが、ジョウビタキだ。 【鳥羽川/4日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

ヒヨコの足跡 ー 26 【椿】

砂防ダムの図面に映る薮椿  織二 🐱私:黒澤明の「椿三十郎」では、大量の赤と白の椿が登場します。 🐶師:重要なプロットのひとつになっている。 🐱私:モノクロでしたから、赤い椿の色には苦労したそうですよ。最終的に黒にしたとWikiにはあります、真偽は不明ですが…。 🐶師:最後の決闘シーンの血もそうなんだろうな。 🐱カラー…

続きを読むread more

長滝白山神社

入ってすぐの所に『護摩壇』の跡がある。 解説には「左ねじの木を供える」とある。ネジが左方向か右方向かは、調べてみると意外と興味深い。 参道脇の神社全体の案内板には、『明治27年8月12日作成』とある。グーグルマップより数段美しい。 盛んに鳴いていたカワラヒワ…。 【郡上市白鳥町/1日】――――――――――――――――…

続きを読むread more

春の光

世の中の空気は重いし、せめて画像だけでも明るく…。   【オオイヌノフグリ】   【ヒメオドリコソウ】   【ジロボウエンゴサク】   【サンシュユ】   【サネカズラ】   【成虫越冬した蝶二種】   【コゲラ&ヤマガラ】 【ふれあいの森/2日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

奥美濃の春

思っていた以上に山が白い。撮影技術の未熟さもあって、奥の大日岳は白飛びまでしている。 ふきのとうの群生だ。つくしと同じで、この辺りの一般家庭では誰も見向きもしない。 白鳥町の長滝白山神社まで来た。 セリバオウレン(キンポウゲ科)…。初めて見た。 帰り際、十羽以上のカルガモの群れに出会う。 やや離れてマガモが一羽。こんな上流にま…

続きを読むread more

ジョウビタキとルリビタキ

少し待ってると、必ずむこうから近づいてくる。   【ジョウビタキ】   【ルリビタキ】 いつも枝に居る四十雀などが地面に降りている。実の有無だけでなく何か他の理由がありそうだ。   【シジュウカラ】   【ヤマガラ】 シロハラは、元々こういうやつだ。飛ぶのはそんなに好きではなさそうだ。 【ふれあいの森・2/29】―…

続きを読むread more