歩く雲雀

ヒバリは、ウグイスと同じくらい春のイメージだ。 たまにはツバメも木に止まる。ホオジロと同じだ。 大体いつも、アオサギは魚を獲る気に乏しい。 ホシホウジャクの口は蜜を吸う時だけ伸びる。 伸びると言えば、野蒜(のびる)…。一人前に花が咲く。 堤防脇の千茅(ちがや)。今の子は誰も食べないが、昔でも、こうなるとさすがにもう食べなかった…

続きを読むread more