明宝・寒水 (かのみず) 地区の桜

せせらぎ街道、『道の駅・明宝』の手前を左折した。ここは、秋祭りの掛踊 (かけおどり) で知られる寒水地区だ。
1寒水 (7).JPG
まだまだ見頃の桜が多い。
2寒水 (11).JPG
3寒水.JPG
ならではの草花も見つかる。
  【ヤブレガサ】
4ヤブレガサ.JPG
  【多分ミヤマキケマン】*果実ができるとはっきりする。
5キケマン (2).JPG
6キケマン.JPG
  【スミレの一種 (これは何処でも一緒) 】
7スミレ.JPG
  【コゲラ (これも一緒か) 】
8コゲラ (3).JPG

せせらぎ街道に戻り、『道の駅・明宝』から目の前の山を見る。点々と白いのは、まだ散らない桜だ。
9道の駅 (5).JPG
石碑に郡上踊り「春駒」の歌詞の一節が刻まれている。磨墨 (するすみ) とは、鎌倉幕府の御家人梶原景季の愛馬の名だ。この近くの気良地区がその産地だったと言っている。
10道の駅 (2).JPG
地球上の全ての集落がそうであるように、こんな山間の小さな村にも、誰かに伝えたい物語がある。



【郡上市明宝地区/8日】  
――――――――――――――――――――――――――――――・