アオキの実

木の老若や日当たりなどによって、色の付き具合は様々だ。 アオジは、青より黄色のイメージが強い。 キミノセンリョウは、キッパリと黄色い。 【ふれあいの森・1/27】――――――――――――――――――――――――――――――・

続きを読むread more

アカゲラ&コゲラ

隣の木で同じ動きをするヤマガラ…。 アセビ(馬酔木)。奈良公園にはこの木が多く、その理由は、有毒のため公園の鹿も食べないかららしい(山渓ハンディ図鑑5)。 【ふれあいの森・1/30】――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

巣作り

ボソボソの木の皮を巣材に使おうとしているエナガ…。 シジュウカラは、巣に出来そうな穴を見つけたようだ。 鳥の巣作りは様々だが、どうも人間ほど熱心には見えない。   【ヤマガラ/巣作りとは無関係】   【コジュケイ/同】 マイクロの擦れ違う坂春近し  織二 【百年公園/28日・ふれあいの森/27日】   ―…

続きを読むread more

南天

郡上八幡では毎年12月に南天まつり(*)が行われ、そこで扱われる商品の中に縁起物の南天玉がある。南天は「難(南)を転(天)ずる」だけでなく、実の色が1カ月ほどで赤から黒に変わるため、「赤字が黒字に転じる」として特に商店主などに人気らしい。 *https://www.kankou-gifu.jp/event/5805/ 折れた南…

続きを読むread more

多分エドヒガンではないかと思うが、いちいち驚いていたらきりがない。それにしても、❝桜❞ のイメージダウンが甚だしい。 ギンヨウアカシア(マメ科/別名ミモザ)…。多少早い程度だが、素直にそう思えない。 こういう風景には、本当に安心する。 【百年公園/28日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

常連さん

  【ヤマガラ】   【エナガ】   【ジョウビタキ】   【コゲラ】   【ルリビタキ】 【ふれあいの森/25~27日】――――――――――――――――――――――――――――――・

続きを読むread more

枯れる。

  【サルトリイバラ】   【コウヤボウキ/二種】      【テイカカズラ】   【柿の実】   【アオツヅラフジ】 ウスタビガの繭…。ちょっと違うか。 常緑のナンテンやアオキにはそういうイメージがないが、どっちがどうという話ではない。 真っ直ぐにあの橋越えて百合鴎  織二 【ふれあいの森/25日】  ――…

続きを読むread more

シロハラ

季節の鳥は、最初の出会いが嬉しい。 いつもは薮の中のアオジが出て来た。 カケス…。 サネカズラが元気だ。 帰り花というには新鮮過ぎるモチツツジ…。 【ふれあいの森/25日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

水仙にアブ

もう水仙の花程度では驚かない。というか、混乱しそうだが水仙は冬の花だ。しかし、アブまでとなるとちょっと心配だ。一定期間の積雪が病害虫の駆除に役立つことを時々耳にする。この暖かさが農林業にまで影響しなければ良いのだが…。 手の届きそうな所へジョウビタキがやって来た。 新発見のキミノセンリョウ(黄実の千両)…。 【ふれあいの森/2…

続きを読むread more

真冬のせせらぎ街道

私は山の子なので、雪を見て喜ぶ様なことはない。春に花が咲き夏に鮎が泳ぐ、それと同じ気分なのだ。だが今年は少し事情が違う。我慢できずに雪を見に来た感じなのだ。今、雪のある斜面を探すなんてあり得ないことだ。ナナカマドがまだ頑張っている。 【撮影日/22日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more