群生

大方の生き物は、ほぼほぼ群れる。   【チヂミザサ(赤いのはミズヒキ)】   【ヤブミョウガ】 クズのはびこり方は、微妙にニュアンスが違う。 ……………………。 ツマグロヒョウモンが目の前に…。 【ふれあいの森/2日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

オオルリの幼鳥

分かる人には分かるのだろうが、幼鳥はよく分からない。 秋は実りの季節だ。   【クヌギ(orアベマキ)】   【サネカズラ/大分大きくなった】   【コガマ】   【ヤブラン】 【ふれあいの森/2日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

サイヨウシャジン

植栽されているが、野草である。ツリガネニンジンやオトメシャジンなどの学名上の基本種、と図鑑にはある。 外来種が帰化したマルバルコウは、もはや秋の定番となっている。至る所で群生を見かける。 ハナミズキの実が色づき始めた。 【畜産センター公園/1日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

エナガ

まだ幼いのか、動きが緩やかだ。 思った通り、コゲラも混じる…。 葉が5枚のコシアブラ。コは5(ゴ)、と覚えている。 実がそっくりのタカノツメの葉は3枚だ。 【ふれあいの森・8/31】――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

リス

恐らく、金華山にも居るタイワンリスと思われる。だとすると、どうも害獣に指定されてるようだ(*)。 *https://agri.mynavi.jp/2018_01_28_17278/#toc-1 しかし、本当にそうなのだろうか。まだ青い胡桃の木の中を一人で駆け巡る姿をみていると、とてもそうとは思えない。 たった一個の胡桃を嬉しそ…

続きを読むread more

九月

地元紙によれば、 岐阜市の今年8月の平均気温は、 過去最高を更新の見込みらしい。 しかし、さすがに9月ともなれば、 もう ❝夏❞ とは言っておられない。 秋夕焼物置小屋の波トタン  織二 【サルスベリ・ふれあいの森8/31】   ――――――――――――――――――――――――…

続きを読むread more

ワルナスビ

熟しても紫色にはならず、黄色くなる。そこが何とも残念だ。 トンボも少しずつ様子が変わってきた。 ……………………。 猛暑日が続くが、季節は確実に進んでいる。 【百年公園/27日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

蝶は、春よりも今の方が元気だ。バラエティーにも富んでいる。   【アカタテハ】   【コミスジ】   【キチョウ(?)】   【ツマグロヒョウモン】 ついでにほかの昆虫も…。   【アオハナムグリ】 ……………………………。 アレチヌスビトハギが咲き始めた。 サルスベリには、ほぼ旬はない。延々と咲き続ける。 【ふ…

続きを読むread more

色づくヤマボウシ

この後、次第に赤くなる。 気の早い鵯に混じって、メジロまで食べにくる。 で、熟した頃には大分数が減っている。 栗も熟しかけている。 こんな所にサボテンが…。新発見だ。 【ふれあいの森/26日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

オニドコロ(ヤマノイモ科)

雄花も雌花も、名前に似つかわしくない可愛さだ。 キツネノマゴが群生している。 コミスジ…。 イトトンボの一種…。 エナガ…。 お盆が過ぎても、まだまだ試練が続く…。 明日まで休業の札法師蝉  織二 【ふれあいの森/23日】  ――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more