テーマ:生き物たち

サワフタギ(ハイノキ科)

タンナサワフタギとサワフタギの2種がハイノキ科の双璧らしい (山渓ハンディ図鑑5)。図鑑では、実の色以外はほぼ同じだ。 また、同科にはクロミノニシゴリという酷似種もある。花と葉だけで3種を区別することは、今の私には難しい。 もし覚えていれば、実の時期にはっきりさせたい。 エゴノキ。今年はまた、すさまじい花の量になりそうだ。 昆虫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウワミズザクラの実

花が特別なので、実も面白い。 メジロも迷う。 見渡す限り、夏の景色だ。   【ヤマフジ&テイカカズラ】   【ヤマツツジ】   【ひこうき雲&ハリエンジュ】   【とんぼ2種】   【多分雌のオオルリ (幼鳥と雌は素人泣かせだ) 】 【F森・3~4日】   ――――――――――――――――――――――――――――――…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

群れる。

大体こうなる。   【ウマノアシガタ】   【たんぽぽ他】   【タニギキョウ】 ヤマフジの色も、だんだん濃くなってきた。 ハンミョウが飛んできた。前から見ると結構怖い。 【F森・25~26日】  ――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤブツバキ

理由は分からないが、あるいは気のせいかもしれないが、今年のヤブツバキの花数は尋常ではなかった。 ヤマガラも余裕の表情だった。 落ち椿の量も凄まじい。 てんとう虫を見かけた。名前は調べていない。 オオイヌノフグリがダラダラと咲き続け、背が伸びてきた。 【F森・3/29】  ――――――――――――――――――――――――――…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暖かくなると昆虫も出てくる。仕方がない。 周りの彩りもザワザワしてきた。   【椿】   【ショウジョウバカマ】   【ルリビタキ】   【カケス】   【アオジ】 【F森/22日】  ――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膨れる。

桜の葉が真っ赤だ。 その先に、まん丸になったジョウビタキ。 帰り際に会った別の奴。こっちは普通のスタイルだ。 ヒドリガモがカルガモに溶け込む。 年末寒波が来るというのに、もう梅の花が膨らんでいる。 季節外れのアザミも心配だ。(ノハラアザミか?) 尻尾の形態やこの後山中に消えた様子からも、多分狐だ。キツネはイヌ科らしいから、野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アマゴ

今だと、ちょっとググるだけでアマゴの一から十までが分かる。 子供の頃は、簡単には釣れない憧れの魚だった。 本流ではなく、こんな谷川で彼と戦ったことを思い出す。 道路脇のポールは、除雪作業の目安とするものだ。 たまに通る車は、経済を支える貨物トラックだけだ。 風景は完全に冬になっている。 枯れて残る花は、ヤマアジサイだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

視線を感じて振り向く。どうやら左の奴はどこか痛めているようだ。そう言われても、自分で何とかしてもらうしかない。 ヒドリガモが大分増えてきた。コガモも混じる。 モズ…。 野生動物に生き辛さの濃淡が存在するのだろうか。あまり考えたことがなかったが、そんな感覚が彼らにあるのかどうかも分からない。なんとなく気になってきた。 【鳥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンカクカエデ

トウカエデの別名をサンカクカエデと言う、と名札にはある。 葉の形状からだろうか。 季節外れの花が咲いている。   【モチツツジ】   【ブタナ】   【ヤエヤマブキ】   【ベニバナボロギク】 あの魚がまだ元気だ。 ピカピカである。 【百年公園/11日】――――――――――――――――――――――――――――――・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョウビタキ

会うのは今シーズン二度目だが、やはり嬉しい。 カワセミが食事中だ。 ヤブコウジが所々で赤くなってきた。 ツリガネニンジン。どこで咲いても心細げだ。 【ファミリーパーク/25日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フトボナギナタコウジュ

普通のナギナタコウジュと少し違うので、多分…。 これも自信がないが、ヤブデマリの仲間ではないかと思う。 ニシキギ…。 ツルウメモドキ…。 木の上に蜂の巣を発見した。大丈夫か? 【せせらぎ街道/19日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマガラ

最近気づいたのだが、ヤマガラの頭は大きい。 シジュウカラより賢いのはそのためだろう。 今年は特にコセンダングサが激しい。 ミゾソバも、咲きだしたらきりがない。 ダイミョウセセリの裏表…。 トチノキの黄葉が美しい。 帰るまで思い出せずに草の花  織二 【ふれあいの森/12日】  ―――――――――――――…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲンノショウコ

別名を神輿草(みこしぐさ)という。19年11月の記事に添えたのが下の画像だが、くるっとカールした部分が神輿の屋根の蕨手(わらびて)に似ていることが由来らしい。 ここのもこの先そうなるかと思うと、楽しみだ。 ミゾソバは今が盛りだ。 ……今年はカリンが生り年だ。 【ふれあいの森/11日】―――――――――――――――――――――…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スズランの実

あの花とは思えないような実の形だ。初めてで驚いた。 奥美濃路では今、至る所でソバの花が咲く。 水路のヒツジグサが紅葉している。 とんぼが未来をつなぐ…。 マツムシソウ。間もなく花の時期を終える。 スキー場が主役になる日も近い。今はペチュニアが美しい。 【ひるがの高原/7日】――――――――――――――――――――――――…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リス

まず、お目当ての胡桃をゲットする。 口にくわえて地上へ降りる。 意外と顔が小さい。 私に気づいたようで、場所を変えて食べる。 ❝ゆっくり食べさせろよ❞、と言ってるようだ。 …………………………………………。 ツルニンジンだろうと思ってたのが、やはりそうだった。 *備忘録:画像縦690(当分これで)    【ふれあいの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小川

どちらかというと排水路である。どんなに過酷な条件でも、水さえあればいつの間にか生き物が住み着く。カワムツやザリガニの類が、魔法のように湧き上がってくる。 他に見かけた花と鳥…。   【マメアサガオ】   【ハコベ】   【ハキダメギク】   【モズ】 ……………………。 地元紙で紹介されていたコミカンソウ。 名前を知ると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コジュケイ

5羽全員が横断するのに、数分かかった。 最近会う鳥は、本当に限られている。 ホシホウジャクとルリタテハ…。 この鯉は間もなく撤去されるようだ。蛙の保護が目的らしい…。 すっかり秋の空だ。 【ふれあいの森/22・24日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョウトンボ

ピンボケだが、飛んでるところが撮れたので…。 オナガアゲハ(?)…。 牛。何故高い所に上るのかが不思議だ。 エノコログサ(イネ科)…。 ためらわず譲り車線へ初紅葉  織二 【清流里山公園/16日】   ――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つる性植物の実

エビヅルかヤマブドウ? アケビかミツバアケビ? アオツヅラフジの実がたわわだ。 サネカズラがゆっくりと赤みを帯びていく。 赤とんぼも色づく。 台風が過ぎて、少しずつ秋を感じるようになった。 逆光の鵙見間違うわけがない  織二 【ふれあいの森/9日】   ―――――――――――――――――――――――――…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオニシキソウ(トウダイグサ科)

北米原産の帰化植物。ニシキソウ、ハイニシキソウ、コニシキソウなどの仲間がある。 アレチヌスビトハギと一緒に…。 マルバルコウと一緒に…。 ホシアサガオと一緒に…。 野の生き物たちは、台風の時に何処へ避難してるのだろうか。 【鳥羽川/8日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リス

恐らく、金華山にも居るタイワンリスと思われる。だとすると、どうも害獣に指定されてるようだ(*)。 *https://agri.mynavi.jp/2018_01_28_17278/#toc-1 しかし、本当にそうなのだろうか。まだ青い胡桃の木の中を一人で駆け巡る姿をみていると、とてもそうとは思えない。 たった一個の胡桃を嬉しそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワルナスビ

熟しても紫色にはならず、黄色くなる。そこが何とも残念だ。 トンボも少しずつ様子が変わってきた。 ……………………。 猛暑日が続くが、季節は確実に進んでいる。 【百年公園/27日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アブラゼミ

こんな低いところでウロウロしてて大丈夫か? 地面近くの抜け殻はよくあるから居ても不思議じゃないんだが…。 センニンソウが咲き始めた。 ヤマノイモは、この先どうするつもりなのか。 【ふれあいの森/7日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イカルとキビタキ

覚えのある鳴き声の先を探す。…久しぶりの出会いだ。 枝の中でキビタキの幼鳥がジッとしている。大丈夫か? 八月に入ってやっと東海地方の梅雨が明けた。   【クサギ】   【ヒルガオ】   【(オオ)シオカラトンボ/♂♀】   【ダイミョウセセリ】 【ふれあいの森・7/30】――――――――――――――――――――――――…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミゾソバ

群生の中に、ちらほら咲き始めている。 キツネノマゴの隣に見慣れない昆虫が…。 花が終わったドクダミ…。 仲良しのセミの抜け殻…。 ただ鳴くだけの儚い地上の一生を終える。 【畜産センター公園/28日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キレハノブドウ(ブドウ科)

緑の中の緑でも、意外と目立つ。 切られたネムノキから若い芽が出ている。 どこから栄養を摂ってこれからどうなるのか。気になる。 シオカラトンボ…。 【ふれあいの森/24日】――――――――――――――――――――――――――――――・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホソヒラタアブ

アキノタムラソウに…。 曇り空で、白い花がチョットだけましに撮れた。   【ヤブミョウガ】   【ジャノヒゲ】   【ヨウシュヤマゴボウ】 ついでにシオカラトンボ…。 【ふれあいの森/15日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤブミョウガ(ツユクサ科)

至る所で見かけるようになった。 どちらかというと日陰のほうが好みのようだ。 本家のツユクサも似たような反応だ。 ゴマダラカミキリを発見…。 紫陽花にちょっかいを出すヤマノイモ…。 【ふれあいの森/12日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三光寺

下から見るとこんな風だ。山寺の雰囲気が漂う。 花の紹介など詳しくはHPにある(*)。 ぐるっと一回りしてみる…。   【ヒカゲノカズラ】   【鯉】   【とんぼ】   【タマアジサイ】   【チシマノリウツギ】   【八重咲ヤクシマコガクウツギ】   【クロバナロウバイ】   【上へ向かう階段】 《*ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スキバホウジャク

蜂に似たスズメガ(雀蛾)というのがホウジャク(蜂雀)の名の由来だ。ググってみると、翅が透けたホウジャク(蜂雀)だからスキバホウジャク(透翅蜂雀)というらしい。 前からも…。 熱中してたので、少しシャッタースピードを上げてみた。 ノアザミは色んな昆虫に人気がある。 見上げるとコサメビタキ…。 巣もあった。 【ひるがの高原/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more