テーマ:日常

オオルリ

声は十分に届くが、姿は遠すぎて辛い。 こちらも同じだ (今季初の25日の様子) 。 コジュケイは、本当にありがたい。 御嶽山も、葉が邪魔になってきた。 よく見ると、まだ噴煙が確認できる。 登山者ら58名が死亡した日本最悪の大規模噴火災害 (2014/9/27) 以降、いまだに継続している。【グラフは気象庁HPから引用】 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白い花

春の草の花が黄色なら、木の花は殆どが白だ。   【コバノガマズミ】   【カマツカ】   【サワフタギ】   【ニガイチゴ (まだ花が残るのもある)】   【テイカカズラ (その内に白い花が咲く)】   【ヤマボウシ (もうじき真っ白になる)】 山の緑の濃淡が美しい。 考えてみれば、桜の花も基本的に白である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄色い花

数えたことはないが、春の草花は黄色が一番多いと思う。   【オオジシバリ】   【ニガナ】*紫色はマツバウンラン   【タガラシ】   【ケキツネノボタン】 やはり黄色が最多だろう。だから、なんとも悩ましい。 【TC公園/23日】  ――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

覚悟のカワアイサ

動きを見ると、どうやら吹っ切れたようだ。 カルガモもビビって、堤防に避難している。 狩りを終えて、流れに乗る。 それにしても、一人ぼっちだ。 ■間違いなく前に紹介した彼だ。 *https://iizie.at.webry.info/202012/article_15.html *https://iizie.at.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花が終わると…。

実の季節を迎える。有性生殖を行う動植物は、みんな一緒だ。   【モミジイチゴ】   【ショウジョウバカマ】   【ムラサキケマン】   【ジロボウエンゴサク】   【ウグイスカグラ】 【F森/19日】  ――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏日

新緑というよりも、まさに万緑だ。   【ヤマフジ】   【トチノキ】   【柿若葉】   【ガマズミの一種 (多分コバノガマズミ) 】   【ついでにスミレの一種】   【も一つおまけにシロチョウの一種】 「新緑」も「万緑」も夏の季語だ。 一昨日の岐阜市は、26℃と夏日を記録した。 昨日は更に上がって28℃、今日も又そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つつじ

日本にはツツジ科の樹木が100種類以上もある (山渓ハンディ図鑑)。 勿論、改良された園芸種は含まない。 うかつに名前を口にできない。 多分、モチツツジ…。 植栽されているが、サラサドウダンだと思う。 除草が丁寧な今年は、イタドリが目立つ。ホッとする。 【F森/19日】  ――――――――――――――――――――――――…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白いサギゴケ

いつもの山渓ハンディ図鑑には、❝白色のをサギゴケ、淡紫色のをムラサキサギゴケと称することもある❞とある。 私は白を滅多に見ないので、やはりサギゴケといえば淡紫色で、白い方をシロサギゴケと言ってもらった方がスッキリする。 ニガナも混在する。 一重の基本種のヤマブキは、普通に小さな実を付ける。 凄まじい花数のアケビ。雌雄同株だが他の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの板取川

私は元々人混みが苦手だから、コロナの災禍で大幅に生活が変わったことはない。ただ、基本的に消極姿勢となり、新たな冒険は確実に避けるようになった気がする。 外出は散歩を兼ねた近場が中心となり、たまの遠出も限られた場所の繰り返しになっている。それでも『ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず (方丈記)』とも言うから、目の前にあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明宝 (めいほう) の春

善兵衛桜。今年はやはり季節の進み方が速い。 それでも、周囲はまだまだ春爛漫だ。   【椿】   【桜】   【ハナモモ】   【モクレン・ハナモモ】   【ニリンソウ】   【ツクシ・芝桜】   【ホトケノザ】 【郡上市明宝地区/8日】  ――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アマドコロ(キジカクシ科)

ナルコユリかも…。 春もいよいよ深まってきた。   【ウマノアシガタ】   【イタドリ】   【ワラビ】   【ナワシログミ】 案内板が新しくなって、あの雪の山は『能郷白山』だと知る。 【F森/7日】  ――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャガ(アヤメ科)

見るからに涼しげで、この花には夏を感じる。 遅咲きの桜がフッサフサだ。 ミツバアケビ。濃い紫色が独特だ。 オニタビラコ。ここには、いつも一本だけ生える。 【F森・3/31】  ――――――――――――――――――――――――――――――・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミツバツツジの一種

ミツバツツジの仲間は10種類以上ある。 スミレと同じで、「ミツバツツジ」というミツバツツジもある。 そのミツバツツジは雄しべが5本、コバノミツバツツジなど他のは10本のようだ。で、これは多分後者だ。 モミジイチゴとニガイチゴは、遠目でも違いが分かる。 花弁がみんな下向きで見辛いのがモミジイチゴ、 普通に上を向いて咲くのがニガイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野豌豆(ノエンドウ)

カラスノエンドウ。所有の「の」ではなく野原の「野」だ。 至る所で見かける(F森・3/29)。 こちらがスズメノエンドウ。花も実もカラスより小さい。 このスズメノテッポウ(イネ科)は、「雀の」鉄砲だ。ただ、鉄砲というよりも槍のように見える。【*イグサ科スズメノヤリもあるので要注意だ】 至る所といえば、タンポポもそうだ。   【w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陸の鴨

基本冬しか見ないが、オオバンは留鳥又は漂鳥に区分されるらしい。冬鳥のカモ達より緊張感が乏しいのは、その所為だろう。 その冬鳥のヨシガモも一緒に若草を食べている。大丈夫か? 左端に、さっき一声上げたキジの頭が見える。 少し遠慮がちだ。カモ達から離れて行く。 ほとんど残っていないヒドリガモ。いよいよ見納めの時期だ。 ツグミも間もな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤシャブシ

ヤシャブシだと思う。いつもの森のとは、ちょっと違う。 こちらが、F森で8日に撮影したオオバヤシャブシだ。 やはり枝先を見ると花の位置が異なる。 これは恐らくトサミズキ。コウヤミズキ、キリシマミズキ、ヒュウガミズキなどもあって難しいが、多分そうだ。 図鑑だと自生地は限られている。しかし、こんな所に誰かが植えるとは思えない。 自然…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コブシ

コブシとモクレンの違いはなんとなく分かるが、栽培種も混じってきて、そこから先は結構難しい。 植栽されたこの木には、『桃花姫コブシ』の名札が付いている。 自然の中で栽培種を見かけることは珍しくない。これは恐らく人の手によるものと思うが、奇跡ということも世の中にはある。   【バイモ(貝母)】   【ヒヤシンス(原種?)】 【…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜咲く。

予想はしていたが、三日来ない間に咲いていた。 強風で、ヤマザクラが塊で落ちてくる。 こんなに風に弱いとは思わなかった。 極端に花弁が小さい。これは多分、マメザクラの一種だと思う。 違いは分かるが、そもそも右が何なのかがはっきりしない。 栽培種を含め桜の種類は思ったより多く、判別は難しい。 【F森/22日】  ――――――…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルリビタキ

もう帰ったと思っていた。別れの挨拶かもしれない。 シロハラもめっきり減った。 留鳥のカルガモ。たまにこの池までやって来る。 草だけでなく木も様子が変わってきた。   【アオキ】   【サンシュユ】   【コウヤボウキ】*一応木本類 【F森/11日】  ――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄色いリュック

いつもの小さな集団の最後尾…。異様にリュックがでかい。 黄色と言えばタンポポだ。 キチョウも出てきた。 栽培種のラッパスイセン。 こっちにも小さな蝶が…。 春の花の輝きが増してきた。   【ジロボウエンゴサク】   【ムラサキケマン】   【ムスカリ】 【F森/11日】  ―――――――――――――――――――…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムラサキケマン(ケシ科)

ジロボウエンゴサクの次はこっちだ。 ジロボウの方は至る所で咲き始めた。 ショウジョウバカマもそうだ。登山道のほぼ全ての行程で見かける。 【F森/10日】  ――――――――――――――――――――――――――――――・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウグイスカグラ

もう少し葉が出てくるともっと美しくなる。 雌雄異株のアオキ。花が咲けばはっきりするが、多分雄株だ。 枯れてるように見える竹。❝竹の秋❞ の程度をやや超えている。 ナワシログミかオオナワシログミ…。まだ自信がない。 もう、あまり考えないようにしている。 【F森/3~4日】  ―――――――――――――――――――――――…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エナガとシジュウカラ

小さな留鳥の多くは、混じって群れる。仲が良い。 群れたくないのも勿論居る。 ヤブツバキが最盛期を迎えている。 ムスカリ…。私は何故か格別春を感じる。 【F森/3日】  ――――――――――――――――――――――――――――――・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョウビタキ

季節の鳥は、いずれ帰っていく。そう思うと、どこか切ない。   【ジョウビタキ】   【ルリビタキ】   【シロハラ】 留鳥も葉陰で見辛くなる。そのうえ嫌いな生き物を意識し始める暑さになると、私の野鳥探索は次第に終盤を迎える。   【コジュケイ】   【シジュウカラ】 小綬鶏の横断を待つ坂の下  織二 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

残雪のせせらぎ街道

西ウレ峠から高山方面を見ている。 こちらが今来た郡上方向だ。峠は思ったより雪が深い。 川の水がキリリと澄み切っている。 目の前は、度々紅葉を紹介しているところだ。 明日から弥生3月…。 当地の「緊急事態」が1週間短縮されて明けるらしい。 そう言われても、という感じしかしない。 【撮影日/25日】  ―――…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミヤマホオジロ

今季最初の出会いより、少しは近づいてきた。それでもまだ遠くて暗くて、私の腕ではこれが精いっぱいだ。 一叢のジロボウエンゴサクが咲いた。森の至る所にあるのに、特に日当たり良好でもないここで先に咲く。何とも不思議だ。 今朝の窓の外は、真っ白だ。道路も数センチは積もっている。まだ2月だから不思議ではないが、勘弁してほしい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウソ

大抵は枝の上での食事で忙しいが、 地上でくつろぐことも時々ある。 カヤクグリは逆に地面が多い。枝に上るのは、基本嫌なのだ。 展望ではなく東屋(四阿)へ行ってみた。 手書きの案内図だけでは少し分かりにくいが、 正面のとがった山が、多分「小津権現山」なのだろう。 こちらは御嶽山。遥か遠くなのに大きく見えるから不思議だ。 10日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みんなで集まる。

珍しいことではないが、笹薮でコジュケイを発見した。 よく見ると、中央の上端にアオジもいる。 出て来た。 他にも色んな奴が集まっていた。   【アトリ】   【ヒヨドリ】   【ルリビタキ♀】 野鳥にとっても、基本独りは寂しいことなのかもしれない。 ランドセル背にぶらんこを漕ぐ子かな 織二 【ふれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十年一昔

時のたつのが早く、世の移り変わりが著しいということ。わずか十年という期間でも、振り返れば、遠い昔のように思われるという意味。【学研・四字熟語辞典】 暇つぶしとはいえ、 よく飽きもせず10年も続けられたものだ。 振り返れば、恥ずかしい中身だらけである。 ❝鈍感力❞ だけは、確実に身についたようだ。 ともあれ、一応…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メジロ

見慣れていても、可愛らしい奴は可愛らしい。 差別するわけではないが、つい雑に扱う奴もあるにはある。   【ヒヨドリ】   【ハシブトガラス】 【ふれあいの森/4日】――――――――――――――――――――――――――――――・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more