テーマ:夏の鶯

夏の鶯 【若者達の汗】

目の前のアクアの後部がやや沈んでいる。1.5ℓの小型車だから、作業服のガタイのいい若者5人だと、まあそうなる。 しばらくして、車の窓が開いていることに気づいた。エアコンを切ってエンジンへの負荷を軽くしているのだろうか。若いし、時々腕を出せば暑さは凌げると考えているのかもしれない。 しかし、そのうちにハッとした。もしかしたらコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯 【スペイン風邪】

『関口宏のもう一度!近現代史』(BS-TBS)の先月18日のテーマは❝スペイン風邪❞、放送での世界の状況は概ね次の通りだった。 ■発端(第一次世界大戦中) ・米国陸軍兵士数千名が感染・死者48名 ・殆ど軽症で注目されず一般市民に拡大 ・米軍から欧州戦線へ。往来船舶でアジアへ。 ・参戦国は軍事機密としたが中立国スペインが公表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯 【予測の問題】

ファーガソン(*)が『欲望の資本主義2020スピンオフ』(BS1)で語った中に、次のような部分がある。ここでの「予測の問題」とは、かつて米国の国務長官を務めたキッシンジャーが提示したテーマだ。 ■「予測の問題」は、意思決定者の直面するジレンマだ。 ■確率不明の大惨事のリスクに気付いたとして、それを排除する困難な行動に出られるかど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯 【出水】

朝の雨が嘘のように薄日が差してきた。ちょっと気が引けたが出かけてみた。 山の雨が集まればこうなるのは当然だ。何度も見た風景だ。 メジロが騒ぐ。 ヤマガラもあいさつに来た。 大雨で国道41号の一部が崩壊し、今朝(9日)の地元紙では一面の見出しになっている。幹線道路の通行止めという深刻な事態が全国的なニュースにならないのも、❝コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯 【大雨特別警報】

滅多にあることではないが、今朝は雨の音で目が覚めた。テレビをつけると「大雨特別警報」が飛騨地方に出ている。ネットで各地の水位カメラを確認する。上昇中か下降中かの確認も重要だ。長良川よりも飛騨川方面が心配だ…。 9時現在、雨の峠は越えた感じだが洪水や土砂崩れにはまだ注意がいる。なんとか人的被害だけは、でないでほしい。 それにし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯 【新たな日常】

辞書では、日常を『見慣れたものごとから成り立つ、平凡な日々』と説明している。つまり慣れることが重要なのだ。そして、生物学的な反応であるその ❝慣れ❞ は、理論ではなく実体験によって習得される。 政府は「コロナの時代の新たな日常」を提唱している。しかし、夏のマスク姿を普通に見られる日が来るとはとても思えない。違和感なく受け入れられる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯 【県境】

🐱私:身近な知人で誰かコロナに感染した人はいますか? 🐶師:幸運なことに、今はいない。 🐱私:200万人の岐阜県で150人ですから、2万人に1.5人…。 🐶師:1万人に1人いない訳だ。 🐱私:地域性も特異で、飛騨地域は感染者ゼロです。 🐶師:理由は分からないが、岩手県も未だに無傷だ。 🐱ところで、県境を実際に現場で感じた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯 【不要不急】

不要不急だと言われると、文化やスポーツの類は反論できない。それでもドイツのメルケル首相は、コロナで危機に瀕する文化事業者を守るため手厚い補償策を打ち出した。『美術手帖』のHPに、文化に関する世界の支援策がある(*)。日本では「持続化給付金」の対象にフリーランスも含まれるようだが、芸術・文化も置き去りにはしないという心からの強い意志はそこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯 【二羽のマガモ】

農水省がアフリカ豚コレラ(ASF)対策を打ち出している(*)。ザックリ言えば、「海外からの侵入に対する警戒を怠ることなく本病の発生予防に努める」ということだ。そのため、海外から持ち込まれるお土産の肉製品も検疫を強化するらしい…。  *http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/asf.html 一方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯 【中川家】

🐱私:『中川家&コント』ってのを最近よく見てます。 🐶師:へ~。 🐱私:❝BSあるある❞じゃないですが、殆ど再放送ですけど…。 🐶師:地上波でも、最近は再放送のほうが面白い。 🐱私:ほぼアドリブのゲストとのコントは、何ともマニアックです。 🐶師:BSの自由さなんだろうな、肩の力が抜けてるというか…。 🐱人気を気にしな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯 【文化と権力】

🐱私:"あいちトリエンナーレ"への国の補助金が取消されたようですね。 🐶師:知事も争うようだし、なかなか騒動は収まらない。 🐱私:ただ、民主主義国家における文化のあり方というのは結構難しい問題ですよね。税を頼るしかない表現行為は芸術なのかっていう疑問があります。 🐶師:例えばアカデミー賞には税金が入らない。純粋に感動を与えることだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯 【無電柱化】

🐱私:千葉の停電の長期化は、電柱の存在も一因ですよね。 🐶師:電柱を無くせない理由を誰も説明してくれない。 🐱私:見た目のスッキリ感は当然として、交通安全や防災対策としても無い方が良いに決まってるのに…。 🐶師:何故それが進まないのか、ということだ。 🐱『もっと知りたい!無電柱化コラム』(*)というところで経産省の調査結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯 【地球温暖化】

国連(UN)の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は8日発表した土地利用と気候変動に関する報告で、炭素排出を削減し、持続不可能な農業や森林伐採を止めない限り、食料安全保障確保と地球温暖化抑制という2つの取り組みの衝突は、今後数十年でますます厳しいものになると指摘した。【8/9・ヤフーニュース・AFPBB】 🐱私:クソ暑いですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯 【人は右・車は左】

一番最初に習う交通ルールだ。最近、これが一番大事だと感じている。 左側の歩行者に背後から近づくとき、果たしてこっちに気付いているのだろうかと心配になる。特にハイブリッド車だと音も少ないし、歩行者がイヤホンにスマホとでもなると尚更だ。 右側通行で向かってくる自転車は、もっと厄介だ。当然そのままぶつかる訳にはいかず、さりとて安易…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯 【令和】

■私:昭和9年の『広辞林』と5年前の『三国』で「令」を調べてみると、こうなっています。 【1934年】①いいつけ。おおせ。②のり。命令。③県の長官。④よきこと。すぐれたること。「-名」。 (*現行表記に変更)  【2014年】[文]①命令。「-を発する・戒厳(カイゲン)-」②法令。「外国為替(カワセ)管理-」 □師:なるほど。①②…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯 【インスタの偽り】

5日・『ドキュランドへようこそ』(Eテレ)の、「#フォロー・ミー インスタの偽り」を見た。 「インスタ映え」で知られるインスタグラムの利用者は、世界で10億人を超えると言われている。番組テーマは、中でも若者達に影響を及ぼすインフルエンサーと言われる存在の内実を明らかにするものだった。 めっちゃザックリ中身を紹介すれば、イ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯 【フィクションの共有】

■私:昭和元年生まれの人は今年何歳ですか? □師:1926年生まれの93歳だな ■私:大正8年生まれは? □師:1919年生まれ、100歳だ。 ■私:平成元年は西暦…。 □師:1989年…。まあ、言いたいことは分かる。公的部門も、いい加減に西暦にすべきだろうな。 ■私:しかし日本は、桜が咲いたかどうかさえお上に頼るん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯 【本末】

■私:この前「珍百景」(テレ朝系)で、全く子供が居なくなった島の学校へ逆に本土から船で通う、ってのをやってました。 □師:どういうこと? ■私:学校が無くなると子供が生まれた時に困るという島民の要望に応えて…。 □師:いやいやいやいや、山間へき地だってそれは同じだろう。 ■私:島だと、とりわけ寂しくて…。 □師:考えら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯 【絶対真理】

■私:将棋だけじゃなく、囲碁にも最年少女流棋士とか…。 □師:時代だなー。 ■私:AIを師とできる世代は、なんか雰囲気が違うような感じですね。 □師:よく分かんないけど、これまで否定されてた手がプロの間でも流行ったりしてるから、明らかに質の違う次元に入ったんだろうな。 ■私:アルファ碁の世界制覇という現実が如何にデカかったか、で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯 【数字も言語だ。】

■私:社会経済統計はなるべく政府のサイトを見るようにしてるんですが…。 □師:省庁のホームページには簡単にアクセスできるからな。 ■私:それがいい加減だったということは、相当ショックです。 □師:給付額などの実害がどうこうという問題ではない。 ■私:むしろ、GDPだって怪しいのかも、という方が重大です。 □師:資本主義社会は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯 【危機感】

■私:小谷真生子の「トヨタ100年の死闘」(BSテレ東)を年末に見ました。 □師:へー。 ■私:中身が濃すぎて説明し切れませんが、豊田社長が真剣に将来に危機感を持ってたことが印象的でした。 □師:日本で一番安心してても良さそうな会社だけどな。 ■私:それともう一つは、水素を諦めてないことです。 □師:ハイブリッドの次はEVかと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯 【政府統計への揺らぎ】

21日の「夏の鶯」で、日銀が内閣府にGDP計算の元数値を照会したことを書いた。少し分かりにくかったので、もう少し補足しておきたい。 元々は『政府統計、信頼に揺らぎ GDPなど日銀が不信感』という11月の日経電子版の記事だ。統計の重要性を政府職員の少なさなど共に指摘しているが、ザックリ次のとおりだ。 ○GDPなど基幹統計の信頼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯 【財政法第4条】

■私:来年度予算は、過去最大の101兆円超ですよ。 □師:財政法4条(*)が全く無視されている。こんな予算なら猿でも組めるし、地方でこれが許されるなら夕張市だって苦労してない。 ■私:建設国債は例外的に認められてますが、借金して歳出予算を組むなんてのは基本的に許されないことですよね。 □師:新規国債発行33兆円のうち26兆円が赤字…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯 【豚コレラ】

■私:県の研究所で豚コレラが発症するとは、驚きです。 □師:感染の拡大を完全に防ぐのは不可能に思える。 ■私:素人的に考えると、インフルエンザが防げないようなもんでしょうかね。 □師:鳥や虫が介在してるだろうし、ウイルスは目に見えないからな。 ■私:これも素人考えですが、暖冬も影響してるんでしょうか。猪もさっさと冬眠しないし、虫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯 【一に睡眠、二に・・・】

■私:18日のサンデーモーニング(TBS系)でニホンリスの貯食をやってました。 □師:チョショク? ■私:はい。奴らは胡桃を土に埋めたり木の枝に挟んだりして貯蔵してるんです。 □師:へー。冬眠しない動物は色々知恵がいる訳だ。 ■私:ただ、どこに保存したか忘れることもあるようなんですけど…。 □師:まあ、ありそうだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯 【ジュリ~~ッ!】

■私:ジュリーのドタキャンがワイドショーを賑わせています。 □師:基本70過ぎたらわがままで良いし、ましてあのジュリーだ。 ■私:樹木希林も体を震わせて叫んでたあのジュリーですからね。 □師:テレビが四の五の言う相手ではない。 ■私:ファンが納得してるかどうか以外に何の問題もないですよね。 □師:まあそれがワイドショーだから仕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯 【"何ができるか"に逃げない。】

■私:ノーベル賞の本庶佑さんの言葉は、一々胸に迫りますね。 □師:確かに…。 ■私:特に「何ができるかに逃げない」というのは、深過ぎます。 □師:哲学者の言葉だよな。 ■私:「出来ることは何でもやる」なんて威張ってる政治家もいますが・…。 □師:よく考えてみれば、出来ないことはやらないってことだ。 ■私:こっちは、い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯 【手を抜かないということ】

■私:今度の台風は大丈夫でしたか。 □師:あの風の凄まじさには驚いた。 ■私:水なんかは、何とかしようと思えば何とかなりますが…。 □師:風は防ぎようがない。 ■私:関空や北電のブラックアウトは、何とかできる方ですよね。 □師:あれは明らかに人災だ。猛省が必要だし、今度こそ忘れないうちに具体的な対策に着手しないとまた同じことを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯 【サマータイム】

■私:相変わらず「核保有国と非保有国の橋渡し」って安倍さんは言ってますが…。 □師:何とか世間を誤魔化そうとしてるんだろうな。 ■私:こんな子供だましの言い方で納得する人がいるんでしょうか。 □師:被爆者を前にしてもこの姿勢では、軽過ぎて胸に届かない。 ■私:核兵器の残虐性を経験したことがある世界でただ一つの国、という認識がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯 【枝野代表の2時間43分】

■私:安倍内閣は何故信任できないのかを立憲民主の枝野代表が説明しました。 □師:いつもの儀式の一つとしてやり過ごすべきではない。 ■私:文字おこしされた方がいて、大変でしたが全部読みました(*)。 □師:問題は、国会議員にちゃんと届いたのかということだ。  *https://note.mu/jun21101016/n/n2782…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more