テーマ:メディア

国会と内閣

28日の衆院特別委員会で辻元議員(民主)に「早く質問しろ!」と野次ったのが、議員ではなく内閣、しかもそのトップである総理大臣だったため、夜の大きなニュースになりました。 日本国憲法における議院内閣制の位置付けは、実は結構難しい問題です。安倍さんも石破さんと争って総理大臣になったものですから、自分が行政府に属していることや国会が国権…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住民投票で示された大阪市民の三つの意思

賛成・反対に匹敵する結果だったのが、意思表示しなかった人の数です。66.8%という投票率は、3人に1人が棄権したということです。報道では「関心の高さが示された」と言っていましたが、私は、"投票離れ"はとうとうここまできたのかという思いの方を強く感じました。 橋下氏が中央メディアまでも巻き込み数年かけて漕ぎ着けた一大決戦であるにも拘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Alliance of Hope(希望の同盟)

日米安保をこう呼ぼう、と安倍首相は米国議会で演説されたのですが、少なくとも日本語としては明らかに意味不明です。何となく解ったような感じで受け取られ、批判するメディアは殆どみられなかったのですが、私は、日本語としてはあり得ない、気持の悪い表現だと思っていました。これがテーマなのですから、他の部分にも拭えない座りの悪さを感じます。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放送法の読み方

自民党がテレビ朝日(NHKは附録)から「事情聴取」していることが問題になっています。その根拠に放送法4条を持ち出しているようですが、その前には3条があります。 (放送番組編集の自由) 第3条  放送番組は、法律に定める権限に基づく場合でなければ、何人からも干渉され、又は規律されることがない。 (国内放送等の放送番組の編集等) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『民意』の切なさ

4日沖縄タイムス1面トップの見出しは、《菅氏「民意分からぬ」》となっています。これは官房長官が3日の記者会見で、辺野古基地建設について県民の賛否どちらが多いと思うかを問われたのに対し「それは分かりません」と答えたことを指しています。 名護市長選、知事選、衆院選の全てで建設反対の候補者が勝利したのに、それは「総合的な政策の中で選ばれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベアは過去最高水準なのか?

トヨタの平均給料月額を知りませんが、おそらく4千円のベアは率にして1%程度に過ぎないでしょう。何故これが全ての報道機関で「過去最高」と伝えられるのかが不思議でしたが(参考:私の過去記事)、しかしよく注意してみると、「現行の要求方式になってから」という前置きがあることに気付きます。 メディアがこぞって同じ表現で報道するのは、多分政府…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は怒るぞ! 17 【無法地帯の国会】

今更の話だが、国会議員を除く全ての日本国民が「政治資金規正法」に怒っている。賭けても良い。 日本の個人献金の風土がどうだとか、金持ちしか政治家になれなくなるとか、民主主義のコストの在り方云々とか、そんな生意気な「議論」はどうでも良くて、要は、言論の府を掲げながらこんな定めを「法」として認められる無神経さが我慢できないのだ。法治国家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「戦後70年談話」の危うさ

安倍首相は、"「日教組は補助金を貰っている」と言ったのは事実誤認で訂正する"とされました(23日衆院予算委)。しかし今までそう思っていたのだとすると、そのレベルの人が国のリーダーを勤めること自体が重大な問題です。加えて教育への造詣を問われるという意味でも罪深い発言だと言えます。 随分前に『安倍氏の「買いオペ」発言の真偽』という拙文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

停電事故の考え方

今日の地元紙1面に、「県内で大雪のため17日に発生した停電がまだ復旧せず約2600戸が不自由な生活をしている」、とありました。一般道でも通行止めの箇所が10か所以上あり、まだまだ豪雪災害は継続中だという報道です。 雪での停電も、その時間がこんなに長く続くのも昔はあまり経験しなかったことのような気がします。それ程最近の雪が度を越して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

度量

安倍首相が、小学生が開設した「どうして解散するんですか?」というサイトが実は大学生のなりすましだったという騒動について「批判されにくい子供になりすます最も卑劣な行為」、と自身のFacebookで批判しているようです(25日/ITmedia ニュース)。 何と言いましょうか、この首相の発言も御自身でアップされているのか不明ですから真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

といったら

といったら[と(言ったら)](連語)①それについて、だれもが認めることを言うときのことば。と言えば。「健さんー大スターだ」②以下略 (2色刷りですがこの朱書は筆者) 大枚五千円(税別)もはたいて購入した、大きな活字の『三省堂国語辞典』第七版の抜粋です。 『カクさん』と言っても、水戸黄門の「格さん」だけでなく「田中角栄」を思い浮か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これでいいのか台風報道

台風が来ると、テレビ画面は伝統芸能の様相を見せ始めます。傘が裏返しになる、歩けない、木が揺れる、道路に水が浮く、海岸に高波が打ち寄せる等々の場面から予報円の大きさまで、昔とほぼ同じです。 大きく変わった印象を受けるのが気象庁の「警報」の安売りと自治体の「避難勧告」の乱発で、日本中が不安の"渦中"に巻き込まれるのです。 台風は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は怒るぞ!14 【外交は誰の責任か】

○安倍首相は14日のNHK番組で、(中略)「日本兵が人さらいのように慰安婦にしたという記事が世界中で事実と思われ、(日本を)非難する碑が出来ているのも事実だ。取り消すということは、世界に向かってしっかりと取り消すことが求められる」と述べ、朝日新聞が国際社会に説明していくべきだとの認識を示した。(読売オンライン) ○加藤勝信官房副長官は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カメラの力

向けて押せば、 誰でも美しい写真が撮れるのが今のデジカメです。 それでも、プロとアマでは訴える力に歴然とした差があります。 それは、例えば花の写真には、 花を見ている自分まで映り込んでしまうからではないでしょうか。 命懸けで花を写すプロの真剣度に 私達の遊びの写真が勝てる筈がありません。 写真に限らず、対価を求める…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

考・マスメディア

 日本新聞協会では、1957年から新聞・通信・放送全体の信用と権威を高めることを目的として新聞協会賞を設けています。  メインの編集部門の今年までの受賞回数は、毎日=26回、朝日=24回、日経=16回、共同=14回、読売=13回、産経/NHK=12回、西日本=11回などとなっています。  対象となった記事や番組名を眺めているだけで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『過ちては改むるに憚(はばか)ることなかれ』

 一騒動あった朝日のコラム『池上彰の新聞ななめ読み』の主題です。過ちがあったなら、訂正するのは当然。でも、遅きに失したのではないか。過ちがあれば、率直に認めること。でも、潔くないのではないか。過ちを訂正するなら、謝罪もするべきではないか。というもので、騒ぎになるのが不思議なくらい真っ当な感想です。池上氏の風貌を思い浮かべて読むからでしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『吉田調書』-ドキュメンタリーこそ主観だ。

 朝日のスクープに留まらず、読売が社説を掲げたり地元紙(=共同通信)でも連載が始まるなどすると、だから故人は公開を望まなかったのではないかと思ってしまいます。  大混乱の最中、命の危機と底知れぬ恐怖を感じたであろう多くの作業員が、第一原発から約10キロ離れた第二原発にバスで「移動」したことが特に問題になっているようです。朝日は「撤退」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

考・学力テスト

 27日付『天声人語』では、学力テストと同時に行ったアンケート調査結果が話題とされています。  『クラスの仲間との「話し合い」を通じ、自分の考えを深めたり広げたりできていますか』という質問に、そう思うと答えた子の方がそうでない子よりも成績がよかったそうです。また、『1日にどれくらいの時間、スマホやケータイで通話、メール、ネットをします…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は怒るぞ!13 【無意味な予測】

 26日、国交省などの検討会(座長=阿部勝征東大名誉教授)は、日本海で地震が起きると最大2.6~23.4mの津波が数分で海岸沿いの市町村に押し寄せると発表した。海底断層が陸地に近いから津波が届くのが早いそうだ。  これまで何度も指摘してきたが、こうした"お遊び"には私達の税金が使われている(平成26年度はこちら)。10年で考えれば千億…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それでも安倍首相が批判されないのは何故か。

 防衛省によれば、知事から陸自第13旅団に対して派遣要請があったのが20日朝6時半、第46普通科連隊約30名が駐屯地を出発したのが同7時40分です。その頃、静養先ゴルフ場の安倍首相は、「被害者も報告されていないし必要な指示はした」という理由でスタートホールに立ったのです。  自衛隊に派遣要請される程の災害なのに今後の帰趨を想像できない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

避難-子供だけは死なせないために。

 必要な情報が必要な時に正しく伝わらなければ、"ICT社会"とはとても言えません。自然災害から身を守る時にこそ先進技術の力が発揮されるべきです。政令市広島の様なところで、異常気象とは言え「雨」でこれだけの被害が出るのは技術立国日本として問題です。本格的な台風シーズンを前に、せめて子供の命だけは助けることを直ちに考える必要があります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島土砂災害-誰のための報道か。

 21日朝、『スッキリ!!』阿部祐二氏の安佐南区八木地区からのレポートが胸に迫りました。  大規模災害に対するメディアの報道姿勢はほぼマニュアル化していて、何故災害が予測できなかったのか、適切な避難勧告がなされたのか、早めの避難が大事だ、といったところが中心となります。  番組の阿部氏は、『この地区は前回(1999年)被害を受け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

考・まんだらけ騒動

 結局実行しなかったようですが、今日中(12日中)に万引した商品を返さないと顔写真を公開するぞなどと、個人や集団が法律によらずに他人に制裁を加えて良い筈がありません。こんな分かりきった話を地上波のニュースで「ネット社会では賛否の議論があり話題になっている」と報道すること自体、異様です。  万引きが犯罪であることは自明です。コソ泥や銀行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

考・朝日の誤報 『常識は哲学ではない』

あらゆる哲学は「常識」より先へ進むものである、なぜなら常識は哲学ではないからである。コペルニクスまでは、地球がまわるということは常識に反することであった。(ヘーゲル『哲学史講義』) ここでは「それ(常識)は、ある時代の考え方であって、そのうちにはこの時代のすべての偏見が含まれている。」とまで言い切っています。  従軍慰安婦に関する朝日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軽々しい避難勧告はどうかと思う。

 気象庁は特別警報を出すことに躊躇すべきでないし自治体も空振りを恐れず早めに避難勧告すべきだ、というのが台風などに対応する場合の今の日本のメディアを含めたほぼ共通の空気だと思います。しかし、私はこの意見に反対です。南木曽町の土石流で犠牲者が出た後でもそう思います。  理由は幾つかあります。  まず第一に、避難所はそこそこストレスのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「福島」はどう伝えるのがベストなのか。

 漫画『美味しんぼ』がこれほど情報発信力が強いとは、良くも悪くも日本的であると感じられます。  例えば、①今年の4月以降でも出荷制限された産物があること【ウド=須賀川市/相馬市/広野町/葛尾村/川内村・タケノコ=天栄村・ゼンマイ=広野町/大玉村・タラノメ=猪苗代町・ワラビ=広野町/葛尾村】②相馬農高飯舘校の空間放射線量は2.962μS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法《何故"知"は蓄積されないのか》

 4月29日から3回に分けて、論説研究会(共同通信+加盟社)が21日に開催した「集団的自衛権と憲法解釈」を考える講演会の内容が地元紙に掲載されました。安保法制懇のメンバーでもある駒大名誉教授西修氏の唱える「砂川判決」を根拠にした集団的自衛権行使への憲法改正不要論の乱暴さに比べると、元内閣法制局長官阪田雅裕氏の主張は、定説とは言え極めて正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

将棋電王戦は誰が誰に勝ったのか。

 13日の「『情熱大陸』は、将棋電王戦でした。  私は駒の動かし方ぐらいしか知らない初心者ですから、プロ棋士のレベルがどの程度なのかはよく分かりません。しかし、プロには絶対勝てないのが相撲と将棋だとも聞いていますから、想像するに囲碁棋士の凄さと同程度と考えればいいのかも知れません。仮にそうだとすると、何故ここまでプロが弱いのかが気にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

STAP細胞がややこしい理由

 私の様な素人に一番分からないのは、STAP細胞をつくることの難易度です。理研が発表した時は、次のように説明されています(編集有)。体細胞(生後の体の細胞)は、細胞の個性付けが既に決定し、血液細胞は血液細胞、神経細胞は神経細胞などの一定の細胞種類の枠を保ち、それを越えて変化することは原則的にはありません。即ち、いったん分化すると自分の分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は怒るぞ! 12【NHK以上に重い国会の罪】

 NHKの予算が国会の承認を必要としている理由は、受信料を負担している私達の大方の納得の得られるものかどうかを明らかにしてもらう必要があるためだ。私達の誇りある公共放送として問題ないかどうかの議論だから、トップの資質も当然議論の対象に含まれる。  籾井氏は公共放送のリーダーとして相応しくない。その理由は、氏の様々な発言が正しいかどうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more