テーマ:政治

週刊・『チューズデー』 *仲裁裁判と日本

南シナ海を巡ってフィリピンが中国を提訴した裁判で、ハーグの常設仲裁裁判所は、中国の主張する「歴史的権利」には法的根拠がないとする裁定を下しました(12日)。詳しい解説は専門家に任せ、付随する注意点を二、三あげておきます。 まず、仲裁裁判所の根拠となる「国連海洋法条約」に米国は参加していない、ということです。深海開発に関わる米国企業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喫茶・へらぶな釣り Ⅱ ⑤

■私:国会が終わって"舛添劇場"が始まると、甘利さんがしれっと出てきましたね。 □師:都合よく病気が治るもんだ。 ■私:美濃加茂市長の弁護をしてる郷原さんが、「絵にかいたようなあっせん利得」って書いてましたけどね。 □師:億の単位にならないと金じゃないような世界だから…。 ■私:まあ1千兆円もの借金を気にしない世界だと、そうもな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柘榴(ざくろ)の花

柿でも梨でも、多分リンゴでも、果実の色とは違い、 花はあっさりと白、としたもんです。 そんな中でざくろの花は、何となく実の色を予感させます。 勘ですが、珍しい部類の様な気がします。 辻褄の合うも合わぬも花ざくろ  織二      【長良公園/5.30】   ―――――――――――――――――――――――――――…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

退院した大和くん

紙製の野球ボールを大事に抱えた大和くんが、 「誰かに貰った」、と大きな声で答えたのが印象的でした。 私達も、 親だけでなく、"誰か"に見守られながら大人になったのですから、 それで十分だ、と強く思いました。 単独で営巣する野鳥は多く、 このゴイサギも家族だけの生活のようです。 人間は、社会も子供を守る仕組みにしない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

繰り返される沖縄の悲劇

21日『琉球新報』の社説を抜粋して紹介します。 なぜ繰り返し繰り返し、沖縄は悲しみを強いられるのか。 …… 沖縄に米軍基地がなければ女性が命を落とさずに済んだのは間違いない。在日米軍専用基地が所在するのは14都道県で、残りの33府県に専用基地は存在しない。 …… 統計を取ればこの種の事件の半数は沖縄1県に集中するはずだ。これが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喫茶・へらぶな釣りⅡ ②

■私:アメリカも何だかおかしくなってきましたね。 □師:トランプだろ? ■私:日本は米軍駐留経費を全部払えとか核武装しても良いとか…。 □師:中身より元気ってのは日本でも流行ったから、人のことは言えない。 ■私:だけど、いやしくも米国大統領候補ですよ。 □師:どう考えても、このまま大統領になるってことはないだろう。 ■私:日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『週刊チューズデー』 *ハイパーSOHO

ソーホー(SOHO=Small Office/Home Office)という言葉を最近はあまり聞かなくなりました。ICT環境の充実は昔とは比較になりませんから、机の置き場所を問わないSOHOの可能性について考え直してみても良いのではないか、と私は思います。 また、27日の地元紙には、岐大病院ドクターヘリのフライトナース長藤有美さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名を惜しむ。

やごう【野合】①正式に結婚の手続きをふまずに、夫婦関係のようになること。②[政党などが]正式の手続きをふまず、なれあいで関係を結ぶこと。(『三国・第七版』三省堂) 民主と維新の合流を決まり文句のように「野合」と批判するのは、正しくありません。これから決まる『党名』・『綱領』がいい加減かどうかが勝負です。 綱領は当然ですが、私は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アップル社の覚悟

Newsweek日本版に「テロ捜査の地裁命令にアップルが抵抗する理由」という冷泉彰彦氏のコラムがあります。要約すれば、iPhoneへの不正侵入の裏口を作ることは、悪用により伝染性生物兵器と同程度の危険が発生するため政府や裁判所の要請でもおいそれとは従えない、というものです。更に今日(24日)のヤフーニュースには、アップルが他にも10件の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『定数削減』は何故重要か。

野田元首相が異例ともいえる予算委員会での質問者に立ちました。12年秋の解散表明したあの党首討論での約束を確認するのが目的でした。 1934年(昭和9年)の『広辞林』(三省堂)では、【政治】の意味を次のように説明しています。 国家の主権者が其の領土臣民を統治すること、即ち主権の活動。国家の機関が其の職権によりて事物を施設すること、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう一つのアインシュタイン

脊椎動物であるヒトは肺呼吸する恒温動物で胎生によって増えます。この特徴を持つ動物は『哺乳類』に分類され、牛も馬も、ライオンも鯨も、同じ哺乳類の仲間です。 哺乳類が鳥類や魚類を餌にすることは普通にありますし、猫がネズミを食べたりライオンがキリンを食べたりして哺乳類が同じ哺乳類を殺すことも珍しくありません。生命維持のためですから、やむ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放送の自由

「偏った放送には電波法に基づく停波もあり得る」という高市総務大臣の発言が波紋を呼んでいます。「放送法」に書いてあることを言っただけという見方もありますが、その法自体を問題にする人はあまり見かけません。 2015年の『報道の自由度ランキング』では、日本は180カ国中61位となっています。当然、先進国と言われる国では最下位です(詳しく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読売という「新聞社」

10日の各社の社説は次のようになっています。 朝日『長期金利低下 マイナスに潜む不安/放送の自律 威圧も萎縮も無縁に』、毎日『マイナス金利 逆に不安を広げている/総務相発言 何のための威嚇なのか』、日経『世界市場の不安を映すマイナス長期金利/シリア和平の機運を潰すな』、そして読売が『空き家対策 中古市場の活性化も効果的だ/石炭火力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正しい説明の仕方

江川紹子さんのツイッターにこんな記事が紹介されていました。雑誌の訂正記事なのですが、なるほど、と思いました。こういうのを文字どおり『説明』と呼びます。 それに比べ、政治家の言い訳はあまりにも明解さに欠けます。票が減らない方法を第一に考えますから、「美学」とか「矜持」とか格好を付けたがります。こうしたふざけた態度が楽々と許される要因…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

財閥解体と鉄鋼再編

1920年代の慢性的な不況を背景に、1930年頃の経済の基幹部門は三井・三菱・住友の三大財閥が支配していました。ここに安田を加えた"四大財閥"のコンツェルン的多角経営が日本を支えていたのです。そして、戦後GHQの日本占領政策の一環として行われたのがいわゆる「財閥解体」です。そこには、政府の事実上のコントロール下にあった財閥が日本の軍国主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「同一労働同一賃金」は何故難しいのか。

この問題を考えるヒントとしては、2010年9月14日の大阪高裁判決があります。60歳で会社を定年退職した原告はその後同社の嘱託として再雇用されたのですが、同じ業務内容なのに退職前の42万円余だった給与が23万円余になったのは不当だとして、その差額を支払うよう訴えたものです。 裁判所は原告の数項目の訴えの根拠の全てを退けましたが、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

排出事業者責任 【廃棄物横流し事件】

産業廃棄物は、その廃棄物を出した事業者に適正な処理の責任があり(詳しくはこちら)、今回の場合は、ココイチ・イオン・7&i・ローソン・マルコメなどの事業者に第一義的な責任があることになります。つまり、通常は専門の産廃処理業者に業務を委託する訳ですが、委託すれば責任を免れられるというものでもなく、その処理状況の確認や処理が適正に行われるため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ココイチ』・『ダイコー』・『みのりフーズ』以外の罪人

廃棄物処理法で定める「産業廃棄物」は20種類に及びます。そして、こうしたゴミは適正に処理・管理しないと環境に重大な影響を及ぼします。つまり法は、賞味期限切れの食品が食べられるリスクではなく、河川、土壌、大気といった環境が汚染されることを防止することが目的なのです。我が国の「公害」という負の歴史が背景にはあります。 紹介した資料に詳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相と憲法

「立法事実」という言葉は、昨年の安全保障関連法案の審議でも度々登場しました。ザックリ言えば、その法律を必要とする「社会的、経済的、政治的もしくは科学的事実」のことです。言い換えれば、頭の中で妄想するだけでは法律をつくる根拠とならない、ということです。このことは、学者だけでなく法に関わる人達の謂わば「常識」とされていることです。 憲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年のマイテーマ

"新たな時代の「追いつき追い越せ」へ"、という元日の日経社説が目に留まりました。日本経済の今ひとつ力強さに欠けるところを指摘し、今後どうすべきかを論じているものです。 また、正月に読んだ佐藤優著・『知性とは何か(祥伝社新書)』では、「反知性主義*」の危うさが指摘されています。気合で物事を解決しようとする動きが急速に日本政治に顕在化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年という年

大きな歴史の転換点として記憶される年になりそうです。 先の日経社説では、ポピュリズムの危うさについて書かれています。 その通りだと思います。 ……間もなく暮れます。 冬満月うなだれ帰る少年団  織二  【撮影地=かさだ広場/26日】   ―――――――――――――――――――――――――――――――…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

COP21と日本の存在感

地球温暖化防止のためにCOP21で採択された『パリ協定』については、大方のメディアで高く評価されています。実効性にはまだ疑問があることは事実ですが、地球という小さな惑星が未来永劫続く保証はないという前提で対策を話し合うということは、他の動物にはない『人間の知恵』に他なりません。 急激な工業化の中で数多くの環境問題を解決してきた日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の大雨

岐阜市の12月の平均降水量は年間で最も少なく、 最多の7月の2割程度しかありません(参照:Time-j.net)。 ですから、こうした風景は非常に珍しいことです。 お隣の三重県では夏日となり、当地でも22℃を超えました。 平均が11.6℃ですから、心配になる値です。 今日までの日程でパリで開催されているCOP2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄の民主主義

沖縄の長くかつ苦難の歴史を、「日本全国、悲惨な中で皆さんが大変ご苦労されて今日の豊かで平和で自由な国を築き上げてきた(菅官房長官/9月)」、と全ての日本人が味わった苦労と同質であるように認識することは、明らかに誤りです。政府の中枢にこういう考え方があるというのは、沖縄の正しい解決には到底結び付きません。官房長官が、広島や長崎、更に空襲を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「テロとの戦い」とは何か。

15日からトルコ南部アンタルヤで開かれていた主要20か国・地域(G20)首脳会議は16日午後、テロと戦う決意を示す緊急声明と、成長戦略の着実な実施を再確認する首脳宣言を採択し、閉幕した。 テロ対策の声明では、パリ同時テロと、トルコの首都アンカラで10月に起きた爆弾テロを「可能な限り最も強い表現で非難する」とし、国際社会が連帯してテロと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑えない話

【AFP=時事】ザンビアのエドガー・ルング大統領は18日、自国通貨の急落を「癒やす」ことを願って神に祈りをささげた。大統領は前もってこの日を「不況脱却のため全国民が祈る日」と定めており、全土でバーが休業し、サッカー国内リーグの試合も全て中止された。ザンビアの通貨クワチャは今年に入り、対ドルで45%も下落した。輸出の大半を占める銅の価格が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"南京虐殺記録"の記憶遺産登録への対応の仕方

国連教育科学文化機関(ユネスコ)は31日、パレスチナ自治政府の正式加盟の是非を問う投票を行い、賛成多数で可決した。これを受けて、米国はユネスコへの分担金拠出を停止する方針を明らかにした。 (中略) 米国の分担金はユネスコ予算の22%に当たり、拠出停止はユネスコの活動に大きな影響を与えるとみられる。 米国では1990年代に制定された…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再び国際連合(United Nations)

世界130カ国の首脳を集めた国連サミットが終わりました。この場で、期限を迎えた「ミレニアム開発目標」に代わって、全会一致で『持続可能な開発目標(SDGs)』が採択されました。従来と異なり、各国政府やNGOの持ち寄った意見を3年かけてまとめたものですから、これが実現出来ないということは、国連が機能しないということを意味します。 目標…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この時期になると、鮎は、通称"ガリ"と呼ばれる手法で狙われるようになってきます。沢山の鈎を付けた長いハリスを、大きなオモリを付けて水中を転がし、無理矢理鮎を引っ掛けてしまおう、というものです。 餌もオトリもなく、ひたすら引っ掛かる偶然を待つ訳ですから、魚影の濃さとともに、「運」が釣果を左右するように思えます。ところが、意外にそうと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

60年安保条約改定と今回との違い

 この憲法は、国の最高法規であって、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。  日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。 戦後間もなくの議会で、時の金森国務大臣は、「普通の条約には憲法が優先するが、特殊な条約にはそうとも言い切れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more