テーマ:

コウヤボウキの新芽

何だかんだ、いつも気になる。 季節の花とちょっと違う印象だ。   【ミチタネツケバナ】   【桜】   【すみれ】   【セントウソウ】   【ヒメウズ】 ウバユリは、ほぼ風景と化している。 【ふれあいの森/25日】  ――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コジュケイ

出てくる奴は出てくる。 ザックリ言うと、鳥どもにとって今は最も忙しい時期だ。 あっという間にミツバツツジが増えた。 すみれも…。 ワラビを発見…。 この雪は、つい最近降ったものだ。長くは持たないだろう。 新コロナが迫ってきて、緊張の春が進む。未経験の感覚だ。つい取り留めのないブログの更新が続く…。 【ふれあいの森/25…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リョウブ(リョウブ科)

どこの森でも普通に目にする。夏の涼しげな花も魅力だが、明るい新芽も美しい。特徴的な形なので誰にでも見分けがつく。 カエデの旬は紅(黄)葉なのだが、ウリカエデは花も捨てがたい。 ヤシャブシに、半月前(*)にはなかった葉や若い実ができている。間違いなく植物にも育ち盛りという時期がある。 *同じ木の今月7日の様子がこうだ(記事は13日)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陽春

  【ハナニラ】   【ウグイスカグラ】   【コブシ】   【セントウソウ】   【椿&桜】 【ふれあいの森/23日】――――――――――――――――――――――――――――――・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の息吹

ヤマガラは遊んでばかりだと思っていたが、そうでもなかった。 コゲラの動きも、いつもとは違う。 ムラサキケマンなど多くの花も咲きだして、蝶や蜂などの昆虫類も忙しくなってきた。 かと思えば、ルリビタキみたいにもうじき帰る奴らもいる。 それぞれがまさしく自然で、その様は羨ましくも気持ちいい。 【ふれあいの森/21・23日】  ―…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダムの花

いつもより暖かいとはいえ、この辺りの風はまだ冷たい。咲く花も、近くの森ではあまり見かけないものが目立つ。   【フサザクラ(フサザクラ科)】   【トサミズキ(マンサク科)】   【キブシ(キブシ科)】   【ダンコウバイ(クスノキ科)】 今のダムは、これで平水だ。 【岩屋ダム/22日】―――――――――――――――――…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミツバツツジとモミジイチゴ

ウスタビガの繭。向こうにボンヤリ紫色が…。 ミツバツツジの一種だ。国内に16種類あり、山渓ハンディ図鑑には ❝ツツジ科の中で最も分類が難しい❞ とある。 下向きに咲くモミジイチゴ。やや高い場所にあったので助かった。 サンシュユが満開だ。 やむなしと洋風ランチ風光る  織二 【ふれあいの森/19日】   ――――――…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜市のソメイヨシノの標本木が昨日21日に開花した。橋本さんの予想(*)より1日遅れだ。ここも岐阜市だから…。 *https://iizie.at.webry.info/202003/article_15.html 新型コロナの影響で、ふれあいの森は史上最高の賑わいだ。子供達の歓声があちこちから聞こえる。   【ヤマザクラ】  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スッカスカ…。

川面が、少しずつ寂しくなる。 去年の12月の様子がこちら…。 少し下流へ行ってみたが、やはりスッカスカだ。 他の鳥がいるから別にどうってことはない…、のだ。   【アオジ】   【イソシギ】   【カイツブリ】 セイヨウカラシナ(多分)が風に揺れる…。 【鳥羽川/17~18日】――――――――――――――――――――…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原点回帰

バラ園が大規模改修中である。増設もされてるようで、完成後が楽しみだ。考えてみれば、元々ここはバラが命の公園なのだ。 もう一つの柱が『花の地球館』…。栽培種はいつも眺めるだけなのだが、ここへ入るとついシャッターを押したくなる。 ネモフィラ園。捨てがたいが、季節限定のあくまでも脇役である。 【花フェスタ記念公園/12日】―――――…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スハマソウ・(オオ)ミスミソウ

一般には ❝雪割草❞ で知られている。山渓の図鑑では『山に咲く花』にあるように、野生種は山野の樹林内に生える。 バラは今が養生の時期だから、園内は閑散としている。ただ今年は、新型コロナも影響しているのか少し様子が違う。 ここにもすみれが…。 漏れてくる昼のラジオや豆の花  織二 【花フェスタ記念公園/12日】   ―…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池の鯉

池の底で冬眠状態だった鯉が動き出した。ヘラ師にはおなじみの、❝巣離れ❞である。 驚いたことに、ここの鯉はどうも誰かが勝手に放流したものらしい。ただ、そこまで厳しく言わなくても、とも思う。 池のすぐ近くにジョウビタキが…。空を飛べるということは、本人たちが考えている以上に素晴らしい能力だ。 今年の椿は、花の数が非常に少ないような気が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤシャブシ(カバノキ科)

オオバヤシャブシかも知れない…。花粉症の原因にもなるようだが、今年はそれどころではない。 雌雄異株のアオキ。春に花が咲き、雌株は暮れから結実する。実を付けている期間が長く、まだ赤い実が所々にある。 葉の裏にセミの抜け殻がくっついている。 ショウジョウバカマが至る所で咲きだした。 カワラヒワと鳩が仲良く食事中だ。 それにしても、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菜の花

遠目で判然としないが、セイヨウカラシナかセイヨウアブラナ…。 これは放っておかれた白菜かなんかの花、つまり菜の花だ。 ワルナスビ。ジャガイモやトマトと同じナス科に属する。 『れんげ草』として岐阜県の花となっている。学名はマメ科ゲンゲだが、私には「れんげ」という言い方が一番しっくりくる。 シダ植物のスギナが春先に茎を出してくる。つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スズメとホオジロ

新型コロナの影響で、 政府主催の東日本大震災追悼式も中止だ。 悩んだ末のことと思われるが、 私は少しモヤモヤする。 死者・行方不明者2万人弱、他に関連死数千人…。 それはそんな程度だったのか、と思ってしまう。 【伊自良川界隈/10日】  ――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンアオイ

花と言えば花だが、なんとも地味だ。それよりも岐阜蝶の方を思い浮かべてしまう。 テングチョウも、活躍するなら今だ。 おなじみの春の野草…。   【ホトケノザ】   【オオイヌノフグリ】 【ふれあいの森/7日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニワトコ(スイカズラ科)

春から冬まで様々な姿を見せるが、今頃のこんなのも好ましい。木枝には薬効があるらしい。 色々な草花が主張し始めてきた。名前を知りたいとさえ思わなければ、嬉しい季節の到来でもある。   【(ヤマ)ネコノメソウ】   【ジロボウエンゴサク】   【すみれ】 【ふれあいの森/6日】―――――――――――――――――――――――――…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の光

世の中の空気は重いし、せめて画像だけでも明るく…。   【オオイヌノフグリ】   【ヒメオドリコソウ】   【ジロボウエンゴサク】   【サンシュユ】   【サネカズラ】   【成虫越冬した蝶二種】   【コゲラ&ヤマガラ】 【ふれあいの森/2日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「すみれ」

…名前を調べる気がしない。山渓ハンディ図鑑シリーズでは、『すみれ』だけで別に一冊ある。そういうことだ。 ネジキの若い枝が赤く目立つ。スズランに似た花は下向きに咲くが、何故か実は上向きだ。 周りの景色も随分進んできた。   【枯センダン/遠くに桜】   【アジサイの芽】   【シキミの花】   【ヤマザクラの若葉】   【薮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コウヤボウキ

若葉の頃からこの状態になるまで、そのどの時のどの表情もどこか弱々しい。多分、名前の響きもあるのだろう。 ハコベの小さな花が春の到来を告げている。 春の草レジャーシートのドラえもん  織二 【ふれあいの森/26日】  ――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショウジョウバカマ

こういう状態がほとんどだが、どこかに咲いている株がないかと少し探してみた。 見つけた! まだ一つ二つでも、季節は確実に進んでいる。 ジロボウエンゴサクも咲いてきた。 これまでの実も残っていて、風景がカラフルになってきた。   【ヤブコウジ】     【ジャノヒゲ】   【マンリョウ】 ルリタテハも混じってきた。もう少しの辛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初音

昨日は振替休日。新型肺炎の影響だろうか、屋内娯楽を避けた子供達も多く来ていて、森中に元気な声が弾んでいた。 それでもそれと分かる鳴き声がウグイスだ。まだ本調子ではないが、さすがに胸がおどる。《運良く出来の悪い画像も…》 周りの風景が急に春めいてきた。   【ヤブツバキ】   【シロバナタンポポ】   【サンシュユ】 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大群

  【オオバン】   【スズメ】   【タネツケバナ/ツグミが紛れ込む】   【ミチタネツケバナ】 【鳥羽川下流域/20日】――――――――――――――――――――――――――――――・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツグミ

そんなことはないのだろうが、ツグミはいつも上を向いているような印象が私にはある。 何処にいてもそうだし、何を見ているのかが一番不思議だ。 ビンズイなど他の鳥には、そういう疑問を持ったことがない。 カナメモチはバラ科で、実も普通のバラに似ている。鳥があまり食べないのは多分不味いからだろうが、そういえば、花フェス公園のバラの実を食べて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカ、アオ、コゲラ

大袈裟に言えば一歩も動かずに会えた。 画質はちょっと残念だが…。 ウメは、もう見慣れた。 【ふれあいの森/17日】――――――――――――――――――――――――――――――・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マンサク

名の由来は、「まず咲く」とも「満作」とも…。やや無理がある ❝マズサク❞ のこじ付けの方が、私には好ましい。 ヤブツバキ。白色は稀らしい(山渓ハンディ図鑑4)。 タンポポが、ギリギリ綿毛を保っている。 ここには少し雨が降ると川が出現する。 クロッカス声に出し合い確かめる  織二 【ふれあいの森/17日】  ――――…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハコベ(ナデシコ科)

春の七草のひとつだ。『山渓ハンディ図鑑1』には、「一般にはコハコベも一緒にハコベと呼んでいる」とある。こういうのはうれしい。 オオイヌノフグリ(或いはイヌノフグリ)…。 シデコブシ…。 スイセンの花数が少ない。もしかしたら、すっかり刈りこまれた影響かもしれない。 種類はともかく、鳥の数は随分増えてきた。   【シロハラ】  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョウビタキとアオジ

ジョウビタキの右側からアオジがやってきた。 しばらく見つめ合う。 アオジは車止めの向こうを通って行く。 ジョウビタキは仲良くなりたそうだったが…。 雨上がりでアオキの実も鮮やかだ。 【ふれあいの森/13日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スキー場銀座

先日の地元紙に載った広告の一部だ。 拡大加工して星印を付けた所が、これまで度々訪問している『湿原植物園』だ。やっとスキー場の位置関係が分かってきた。 観測史上最も遅い初雪だった今シーズンも、寒かったのはその時だけで、今はすっかり春だ。   【ウバユリ】   【アオキ】  【マンリョウとヒャクリョウ】  【水滴】 スキー場関係者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マンリョウとヒャクリョウ 【付録つき】

葉で見分けるのが一番だ。縁が少し波打ってるのがマンリョウ。 小さなステッチはあるがシュッとしてるのがカラタチバナ(別名ヒャクリョウ)。この森にはあまりない。 《備忘録みたいなもの》 新型コロナウイルス対策にイライラする理由の根底には、政府への信頼感の薄さがある。 例えばPCR検査が進められない理由からして信じ難い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more