長良の落陽。

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏の鶯・4 【嵐の後】

<<   作成日時 : 2017/10/24 16:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

■私:結局今度の選挙は何だったんでしょうね。
師:立憲民主党ができたことだけは一筋の光明かな。
■私:垣間見えた微かな明かりですね。
師:それより問題なのは、選挙とは何かってことだ。
■私:マニフェスト選挙ってのは、もう死語でしょうかね。
師:憲法違反に近い解散権の私物化がここまで許されると、選挙で選んだ政権が果たして約束を守ったのかどうかなんて検証する時間がない。
■私:任期が明らかだと、もう直ぐ選挙ってことで成果の点検なんかができるんですけどね。政権選択の意味合いを持つ衆議院ではそこが決定的に重要です。
師:自民党の前回の総選挙の公約(*)を見ても殆ど実行されていない。
■私:特に財政再建がひどいですね。ここが揺らぐと北朝鮮どころの危機じゃない…。
師:財源は借金だって言えば何だってできることになる。民主党政権に対しては執拗にそう責め立ててた筈だ。
■私:それでもそんな自民党が勝つ理由は何なのか、ですが…。
師:いまさら説明するまでもない。思い当たること全てだ。

■私:さてこれからですが。
師:枝野さんのところがちゃんとすれば何とかなる気がする。
■私:国会は単に多数決をとる場じゃないですからね。
師:行政府のゆがみを言論で正す場だ。
■私:モリもカケも、まだ闇の中ですから。
師:メディアの報道姿勢も伝統芸から抜け出て欲しい。
■私:ワイドショーのコメンテーターは本当に古典芸能を彷彿させます。
師:一芸だと思うとある意味尊敬に値するけどな。

■私:ところで、そろそろ釣りに行きませんか?
師:一番の問題はそっちだな。
 (*http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2014/commitment/20141126-OYT8T50052.html)


画像
       しらさぎ 【鳥羽川/23日】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

夏の鶯・4 【嵐の後】 長良の落陽。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる