長良の落陽。

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏の鶯 【雨で百人以上も亡くなっていいのか!?】

<<   作成日時 : 2018/07/10 00:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

■私:21世紀の日本としては、あり得ない被害者の数ですよね。
師:雨は地震と違って、予測と避難ができるからな。
■私:結局イザとなると、その避難の決断がなかなかできません。
師:苦痛を伴うし、人はどうしても先々良い方に考えがちになる。

画像

■私:ずっと言ってますが、地震予知の費用は全部治山・治水へ回せませんか?
師:堤防の決壊は、さすがに行政の責任が問われる。
■私:その復旧に掛ける費用を考えたら、絶対こっちが優先ですよね。
師:政治に出来るのは、そういう哲学の変更だ。

画像

■私:私はネットのライブカメラも随分役立ちました。
師:水位の傾向が分かると、先の判断の助けになる。
■私:あれくらいピンポイントだと、説得力があります。
師:先ずは事実を知ることからしか物事は始まらない。

画像

■私:毎度のことですが、「メディアは東京にある」とつくづく感じます。
師:箱根を越えたら「地方」だからな…。
■私:東京に居ると、切迫度がどうしても薄くなるんでしょうね。
師:高齢者はテレビを頼る。特にNHKは、ここまでの被害拡大には自分達の責任も少しあるのではないかと感じて欲しい。結果報道より何倍も予防報道が大事だ。


        【異常な水量のふれあいの森/8日】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

夏の鶯 【雨で百人以上も亡くなっていいのか!?】 長良の落陽。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる