夏の鶯 【東京「オリンピック」】

🐱:池江璃花子選手が「自分に来たメッセージに傷ついた」と発信したことを、NHKまで感情的に取り上げました。 🐶:一方で、IOCの五輪選手団へのワクチン提供について「国民の方々を優先して接種を」という新体操杉本選手の声(*)は大きくならない。  *https://hochi.news/articles/20210508-OHT1T50…

続きを読むread more

サワフタギ(ハイノキ科)

タンナサワフタギとサワフタギの2種がハイノキ科の双璧らしい (山渓ハンディ図鑑5)。図鑑では、実の色以外はほぼ同じだ。 また、同科にはクロミノニシゴリという酷似種もある。花と葉だけで3種を区別することは、今の私には難しい。 もし覚えていれば、実の時期にはっきりさせたい。 エゴノキ。今年はまた、すさまじい花の量になりそうだ。 昆虫…

続きを読むread more

サンコウチョウの季節

いつもの年と同じように、今年もまたこの季節が来た。 少しトリミング…。 自然の世界は、ただ黙々と進む。   【キセキレイ】   【メジロ】   【ムカシヤンマ?】*各地でレッドリストに指定されている。   【ジャケツイバラ】   【オニタビラコ】   【ウマノアシガタ】 【F森/8日】   ――――――――――――…

続きを読むread more

番いのキビタキ

雨で流量が増えた水路で、キビタキのカップルを発見した。 お互いの位置が、少しずつ近づく。 こっちの気配に気づいたようだ。 睨まれた。 頭上では、メジロが忙しそうだ。 少し先で別のキビタキに会う。らしくなってきた。 葉桜の山に溶けゆく飛騨路かな  織二 【F森/6日】   ――――――――――――――…

続きを読むread more

立夏が過ぎて

出て来る蝶の種類が増えてきた。   【コミスジ】*意外と目つきが悪い。   【ダイミョウセセリ】   【ルリタテハ】   【クロアゲハ?】 目をそらすと、ひこうき雲…。 【付録:ノハナショウブ】 アヤメ、カキツバタ、ノハナショウブは、遠目では区別できない。外花被片(垂れてる部分)の付け根の色と模様で見分ける。黄色の網目…

続きを読むread more

ウワミズザクラの実

花が特別なので、実も面白い。 メジロも迷う。 見渡す限り、夏の景色だ。   【ヤマフジ&テイカカズラ】   【ヤマツツジ】   【ひこうき雲&ハリエンジュ】   【とんぼ2種】   【多分雌のオオルリ (幼鳥と雌は素人泣かせだ) 】 【F森・3~4日】   ――――――――――――――――――――――――――――――…

続きを読むread more

ヒメウラナミジャノメ

キンポウゲ科には有毒のものが多い (山渓ハンディ図鑑1)。 勿論それは、人間にとってだ。 ヒメウラナミジャノメは、よくウマノアシガタと一緒にいる。 アマドコロの群生が道路沿いにある。 何度も通っているのに、今頃になって気づいた。 視界にあることと認知することとは、全く別の話だ。 ギンランも、ずっとあったのかもしれない。 ウ…

続きを読むread more

完熟のさくらんぼ

見た目だけなら、山形に負けない。ヒヨドリが狂喜乱舞しているが、野鳥に食べさせるのは勿体ないくらいだ。 1個失敬した相方によれば、あまり甘くないらしい。 やはり、商品として生産し続けられるプロは素晴らしい。 コウゾリナが群生している。 ノビルも…。 金華山だけでなく、至る所でツブラジイを見かける。 右と左にモズ。おそらく番いだ…

続きを読むread more

ハリエンジュ(マメ科)

北米原産で、『日本の侵略的外来種ワースト100』にもなっている。 樹木だし、涼しげだし、とてもそうは見えない。 シジュウカラが…。 モチツツジ。 ヒメウラナミジャノメ。 たんぽぽや一人の昼のオムライス  織二 【F森・4/30】  ――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

ギンラン

時々思いがけない花に出会う。 ギンランは菌根菌(*)や他の樹木と共存関係にあるらしい。  (*菌根を作って植物と共生する菌類のこと。土中には多くの微生物がいる) 誰かの手によるものとは、やや考えにくい。 すっかり夏の気配になってきた。   【鯉とカルガモ】   【コゲラ】   【ウグイス】*一瞬を運良く撮れた。 …

続きを読むread more