コウヤボウキの新芽

何だかんだ、いつも気になる。 季節の花とちょっと違う印象だ。   【ミチタネツケバナ】   【桜】   【すみれ】   【セントウソウ】   【ヒメウズ】 ウバユリは、ほぼ風景と化している。 【ふれあいの森/25日】  ――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

コジュケイ

出てくる奴は出てくる。 ザックリ言うと、鳥どもにとって今は最も忙しい時期だ。 あっという間にミツバツツジが増えた。 すみれも…。 ワラビを発見…。 この雪は、つい最近降ったものだ。長くは持たないだろう。 新コロナが迫ってきて、緊張の春が進む。未経験の感覚だ。つい取り留めのないブログの更新が続く…。 【ふれあいの森/25…

続きを読むread more

リョウブ(リョウブ科)

どこの森でも普通に目にする。夏の涼しげな花も魅力だが、明るい新芽も美しい。特徴的な形なので誰にでも見分けがつく。 カエデの旬は紅(黄)葉なのだが、ウリカエデは花も捨てがたい。 ヤシャブシに、半月前(*)にはなかった葉や若い実ができている。間違いなく植物にも育ち盛りという時期がある。 *同じ木の今月7日の様子がこうだ(記事は13日)…

続きを読むread more

陽春

  【ハナニラ】   【ウグイスカグラ】   【コブシ】   【セントウソウ】   【椿&桜】 【ふれあいの森/23日】――――――――――――――――――――――――――――――・

続きを読むread more

春の息吹

ヤマガラは遊んでばかりだと思っていたが、そうでもなかった。 コゲラの動きも、いつもとは違う。 ムラサキケマンなど多くの花も咲きだして、蝶や蜂などの昆虫類も忙しくなってきた。 かと思えば、ルリビタキみたいにもうじき帰る奴らもいる。 それぞれがまさしく自然で、その様は羨ましくも気持ちいい。 【ふれあいの森/21・23日】  ―…

続きを読むread more

ダムの花

いつもより暖かいとはいえ、この辺りの風はまだ冷たい。咲く花も、近くの森ではあまり見かけないものが目立つ。   【フサザクラ(フサザクラ科)】   【トサミズキ(マンサク科)】   【キブシ(キブシ科)】   【ダンコウバイ(クスノキ科)】 今のダムは、これで平水だ。 【岩屋ダム/22日】―――――――――――――――――…

続きを読むread more

ミツバツツジとモミジイチゴ

ウスタビガの繭。向こうにボンヤリ紫色が…。 ミツバツツジの一種だ。国内に16種類あり、山渓ハンディ図鑑には ❝ツツジ科の中で最も分類が難しい❞ とある。 下向きに咲くモミジイチゴ。やや高い場所にあったので助かった。 サンシュユが満開だ。 やむなしと洋風ランチ風光る  織二 【ふれあいの森/19日】   ――――――…

続きを読むread more

岐阜市のソメイヨシノの標本木が昨日21日に開花した。橋本さんの予想(*)より1日遅れだ。ここも岐阜市だから…。 *https://iizie.at.webry.info/202003/article_15.html 新型コロナの影響で、ふれあいの森は史上最高の賑わいだ。子供達の歓声があちこちから聞こえる。   【ヤマザクラ】  …

続きを読むread more

スッカスカ…。

川面が、少しずつ寂しくなる。 去年の12月の様子がこちら…。 少し下流へ行ってみたが、やはりスッカスカだ。 他の鳥がいるから別にどうってことはない…、のだ。   【アオジ】   【イソシギ】   【カイツブリ】 セイヨウカラシナ(多分)が風に揺れる…。 【鳥羽川/17~18日】――――――――――――――――――――…

続きを読むread more

シジュウカラ

この前の『ダーウィンが来た!』でシジュウカラをやっていた。 彼らが会話しているということは聞き及んでいたが、郵便受けを巣に利用するまでに賢いとは思わなかった。 この番組には興味があるのだけれど、実は私はあまり見ていない。 今回の様に苦手の蛇が突然出現することが多いからだ。津波映像のように事前に予告テロップがあるともう少し見るかも……

続きを読むread more