ヨメナ(多分)

山渓ハンディ図鑑11『日本の野菊』が手に入った。 そこには、 ❝ (ヨメナの) 実態は複雑だ。分類も多分に暫定的で、すっきりしているわけではない ❞ 、とある。 ……そういうことである。   【ヤクシソウ】   【フシグロセンノウ】*以前ガンピとしたかも。   【アキチョウジ (多分) 】   【ボタンヅル】*やはりセンニン…

続きを読むread more

秋の川

見るからに冷たそうだ。 ぽつぽつと色づく葉もある。 ……ナナカマドが目立つ。 アキノキリンソウも咲き始めた。 秋蝉や番号だけの無名橋  織二 【せせらぎ街道/23日】   ――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

伊自良川へ行ってみた。

激しく群生するマルバルコウ。なるべく少ないところを探す。 ホシアサガオも同様だが、マルバルコウほどではない。 一番控えめなのが、マメアサガオだ。 更にポツンとしてるのがマルバアサガオ……。 モズの声が高まる。 合流する鳥羽川にはカワセミ……。 【撮影日/20日】――――――――――――――――――――――――――――――…

続きを読むread more

ヤブマメ

ノササゲは、色以外はほとんどヤブマメと同じだ。 噛んでも辛くなさそうなのでボントクタデだろう。ヤナギタデ(マタデ)のような使い道はなさそうだ。 今が一番色んな蝶に出会う。 池の鯉は水温に敏感だ。これからどんどん動きが鈍くなるはずだ。 【ふれあいの森/19日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

サフランモドキ(ヒガンバナ科)

中南米原産の園芸品種である。地域によっては仲間のタマスダレのように野生化してる例もあるようだ。 アメリカセンダングサもアレチヌスビトハギも外来種だ。そのつもりで眺めると、そう見える。 在来種か外来種かは調べなければ分からない。どっちにしろ彼ら自身にその意識もない。かつ、何の罪もない。   【ツルリンドウ】   【ツユクサ】  …

続きを読むread more

絡まる。

オニドコロがミズヒキに絡みつく。 ヤブミョウガにも…。 イノコズチにも…。 笹には複数が絡み、ややこしくなっている。 ノブドウは、それらとはちょっと違う感じだ。 ヤブランとミズヒキ。………。 【ふれあいの森/17日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

チョウトンボ

ピンボケだが、飛んでるところが撮れたので…。 オナガアゲハ(?)…。 牛。何故高い所に上るのかが不思議だ。 エノコログサ(イネ科)…。 ためらわず譲り車線へ初紅葉  織二 【清流里山公園/16日】   ――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

花も実もある…。

花と実の両方を同時に見られることは、珍しいことではない。   【ヤブツルアズキ】   【サルスベリ】   【ボケ】   【マルバルコウ】   【マメアサガオ】 花が散ってから実が生る方がもちろん普通だ。   【センニンソウ】   【ガマズミ】   【ヤマボウシ】   【柿】 ツルマメ。まだ見てないが、マメ科特有の実…

続きを読むread more

マスカットグリーン

ヤブランはいつも美しいが、私はこの時期が好きだ。 自然界は、時々奇跡の色を生み出す。 オニドコロの表情も多彩だ。 他の花と紛らわしいオトコエシ。こうなるともう誤魔化せない。 ヌスビトハギが最終盤だ。 秋に赤い実をつける木は多い。ガマズミの仲間が代表だが、ウメモドキなどモチノキの仲間もそうだ。残念ながら、私にはこれが何かが分から…

続きを読むread more