ミヤマホオジロ

今年はもう諦めていたのだが、まだ居てくれた。 なかなか逃げない。 これは別個体。 これも別個体。他にもまだ数羽居たが、藪の中へ消えた。 暖かくなると、花の様子は一日で変わる。   【ショウジョウバカマ】   【スイセン】   【ツツジの一種】 【F森/1日】  ――――――――――――――――――――――――――――…

続きを読むread more

メジロの首

心配になるほど首を回している。 相変わらずの景色…。   【シロハラ】   【カケス】   【アオジ】   【アセビ(ツツジ科)】   【ヤブツバキ】 春風や帰りもひとり渡し舟  織二 【F森・2/26】  ――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

残雪のせせらぎ街道

西ウレ峠から高山方面を見ている。 こちらが今来た郡上方向だ。峠は思ったより雪が深い。 川の水がキリリと澄み切っている。 目の前は、度々紅葉を紹介しているところだ。 明日から弥生3月…。 当地の「緊急事態」が1週間短縮されて明けるらしい。 そう言われても、という感じしかしない。 【撮影日/25日】  ―――…

続きを読むread more

シロハラに習う。

得意げに葉っぱをひっくり返して餌を探す。 シジュウカラも付き合う。 近くに居たヒヨまで、それに習う。 いつものルリビタキ…。 ジロボウエンゴサクの咲く範囲が、なかなか広がらない。 【F森/24日】  ――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

アカウソの黙食

ウソにしてはお腹が茶色っぽい。亜種アカウソも居ると知った。 今まで気にしてなかったが、そこまで細かな区別が必要なのかと思ってしまう。何もかも、ザックリ「鴨」と言ってた頃が懐かしい。 イワナシがここでも咲き始めた。 早春の長きトンネル突き抜ける  織二 【F森/23日】  ―――――――――――――――…

続きを読むread more

暖かくなると昆虫も出てくる。仕方がない。 周りの彩りもザワザワしてきた。   【椿】   【ショウジョウバカマ】   【ルリビタキ】   【カケス】   【アオジ】 【F森/22日】  ――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

チョウゲンボウ

ビル街で見かけることもあるので、電柱でも違和感がない。 こんな川にもカワウやカルガモが…。 キタテハ。成虫越冬するにしては、羽がきれいだ。  *備忘録:一昨日(2/22)ウグイス初音・at F森 【H公園(=百年公園)界隈/21日】  ――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

春の兆し

ここ数日、異常に暖かい。そんな環境の変化は、当然植物も感じている。ハエトリソウの様に記憶力を持つ植物までいるらしいから、気温の上下程度のことは、最も基礎的な能力なのだろう。   【スミレの一種(?)】   【ショウジョウバカマ】   【イワナシ】   【ホトケノザ・オオイヌノフグリ】   【ツクシ・タンポポ】 何処で…

続きを読むread more

ヤブツバキ

ヤブツバキが次々と開花してくる。 待ってたようにヒヨドリが来る。まあ覚悟の上だ。 椿の花は、そっくり落ちる。サザンカとの明確な違いだ。 こちらがそのサザンカ。もうすぐ終わる。 シジュウカラがフユイチゴの残りを平らげる。 一進一退で季節が移り変わる。   【マンサク】   【アオキの実】   【ヤツデの花】*ち…

続きを読むread more

シキミ(マツブサ科又はシキミ科)

全体が有毒で、特に果実は猛毒らしい(山渓ハンディ図鑑3)。 木々が雪の冷たさに耐える。   【ドウダンツツジ】   【アオキ】 前回紹介しきれなかったアオジ、ウソ、ルリビタキ…。 どうかと思ったが、管理道には雪が無かった。 【F森/19日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more