コウノトリ騒動

4日の地元紙でその記事をみた時は"へぇ~"と思っただけなのですが、その場所がそれ程遠くないことが判って出かけてみました。
中央やや左手の鉄塔の先端にいました。近くのオジサンによれば、2時間ほど田んぼの中で餌を食べていたそうです。
画像
画像
時間によっては大型カメラの放列で大混雑していますが、ギャラリーを殆ど気にしていない様子です。
画像
普段はカメラを向けられるコサギも、何事かといった表情です。
71年に但馬の地を最後に野生の姿を消したとコウノトリファンクラブのHPでは紹介しています。
美しさより珍しさが評価されるのは、どこの世界でも仕方がないことなのでしょう。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――