今年のマイテーマ

"新たな時代の「追いつき追い越せ」へ"、という元日の日経社説が目に留まりました。日本経済の今ひとつ力強さに欠けるところを指摘し、今後どうすべきかを論じているものです。

また、正月に読んだ佐藤優著・『知性とは何か(祥伝社新書)』では、「反知性主義*」の危うさが指摘されています。気合で物事を解決しようとする動きが急速に日本政治に顕在化してきた、と警鐘を鳴らすものです。
【*反知性主義₌実証性と客観性を軽視もしくは無視して、自分が欲するように世界を理解する態度のこと】

今年の7月には国政選挙ですから、この二つの視点は忘れないでおこうと決めました。



画像
          シメ

  
【撮影地=畜産センター公園/昨年末】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――了