マルバハッカ(シソ科)

ハッカの仲間、多分マルバハッカだ。 ヨウシュヤマゴボウがすくすく育つ。 ヤブガラシ。止まってるのはヒメウラナミジャノメ…。 野生化したランタナにはツマグロヒョウモン…。 アカメガシワにゴマダラカミキリ…。 少年も混じる現場の姫女苑  織二 【鳥羽川/9日】  ―――――――――――――――――――――…

続きを読むread more

コジュケイの家族

家族でピクニックという雰囲気だ。全部で6、7羽は居た。 キビタキ。若い。 タイサンボク…。 【ふれあいの森/8日】――――――――――――――――――――――――――――――・

続きを読むread more

ヤブコウジ

ヤブコウジを愛でるなら勿論あの赤い実だ。 ジャノヒゲもコバルトブルーの実に勝る時期はない。 かたばみが実をつけている。 熟すと中から種がはじけて飛び出る。ネット上には動画もある。 キツネノボタン…。 最近、植物のいろんな表情に目が留まるようになった。多分、良いことだと思う。 【ふれあいの森/5日】  ――――――――――…

続きを読むread more

夏の鶯 【出水】

朝の雨が嘘のように薄日が差してきた。ちょっと気が引けたが出かけてみた。 山の雨が集まればこうなるのは当然だ。何度も見た風景だ。 メジロが騒ぐ。 ヤマガラもあいさつに来た。 大雨で国道41号の一部が崩壊し、今朝(9日)の地元紙では一面の見出しになっている。幹線道路の通行止めという深刻な事態が全国的なニュースにならないのも、❝コ…

続きを読むread more

夏の鶯 【大雨特別警報】

滅多にあることではないが、今朝は雨の音で目が覚めた。テレビをつけると「大雨特別警報」が飛騨地方に出ている。ネットで各地の水位カメラを確認する。上昇中か下降中かの確認も重要だ。長良川よりも飛騨川方面が心配だ…。 9時現在、雨の峠は越えた感じだが洪水や土砂崩れにはまだ注意がいる。なんとか人的被害だけは、でないでほしい。 それにし…

続きを読むread more

葉の中のメジロ

本人は気づいてないかもしれないが、目が目立つ。 ハウチワカエデ…。 幼鳥でも、ホオジロは意外と濃い。 雨が降ると出現する滝…。 サルスベリが突然赤くなった。 【ふれあいの森/5日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

ムラサキツメクサ

茎が直立していて、遠目だとアザミと間違えそうだ。 帰化植物コゴメバオトギリ…。 オオバギボウシ…。 橋…。 【九頭竜ダム/2日】――――――――――――――――――――――――――――――・

続きを読むread more

ダムの花

ダム事務所が世話をしているとは思えない。その辺の公園より美しい。 周りの風景がモノトーンだからそう感じるのだろうか。 それだけではないような気がする…。 ユキノシタ。ちょっと行き過ぎだが、普通はこうなる。 大きめのどんぶりに盛る胡瓜もみ  織二 【九頭竜ダム/2日】  ―――――――――――――――――――…

続きを読むread more

驟雨

予報もあって一応杖代わりの傘も持ってきたが、それではどうにもならない程の降り方だ。 タイサンボクがきれいに洗われた。 【ふれあいの森/1日】――――――――――――――――――――――――――――――・

続きを読むread more

コジュケイ

前と後ろに子供を連れて注意深く進む。 心細いのか、先に行く連れ合いに声を掛ける。 堰堤の上で様子をうかがっている、多分こっちが亭主だろう。 コサメビタキらしき幼鳥。 メジロ。動き回り方が子供っぽい。 【ふれあいの森・6/29】――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more