公園の花

  【アメリカフヨウ】   【マユミ】   【コムラサキ】   【シュッコンバーベナ】   【その他】 ドタバタしてる間に、今日で7月が終わる。 【畜産センター公園/28日】  ――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

ミゾソバ

群生の中に、ちらほら咲き始めている。 キツネノマゴの隣に見慣れない昆虫が…。 花が終わったドクダミ…。 仲良しのセミの抜け殻…。 ただ鳴くだけの儚い地上の一生を終える。 【畜産センター公園/28日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

キレハノブドウ(ブドウ科)

緑の中の緑でも、意外と目立つ。 切られたネムノキから若い芽が出ている。 どこから栄養を摂ってこれからどうなるのか。気になる。 シオカラトンボ…。 【ふれあいの森/24日】――――――――――――――――――――――――――――――・

続きを読むread more

ニガクサ(シソ科)

ツルニガクサかもしれないが、私には判別不能だ。 アキノタムラソウは、色の濃淡など個体差が激しい。 園芸種(木槿)の彩りは、やはり派手だ。 【ふれあいの森/24日】――――――――――――――――――――――――――――――・

続きを読むread more

秋の気配

長い梅雨だが、秋の気配がない訳ではない。   【ヌスビトハギ】   【ヒヨドリバナ】   【オトコエシ】 北の窓開けて見下ろす日々草  織二 【ふれあいの森/24日】  ――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

コジュケイ

最近よくコジュケイに出会う。鳩並みに落ち着いた動きだ。 ヤブミョウガが盛りだ。 何度やっても、ミズヒキはうまく撮れない。 【ふれあいの森/22日】――――――――――――――――――――――――――――――・

続きを読むread more

支え

つる性の植物には支えがいる。笹は意外と安定感がある。 萩や水引の場合は、この先がやや頼りない。 紫苦菜だと、もう既に危機を迎えている。 樹木の場合は、安定感抜群でビクともしない。 金属を選ぶのは、少々反則だ。 支えが限られていると、こういうこともよくある。 すべて、運不運の世界だ。 *備忘録:画像1026×684(…

続きを読むread more

若者達

ちょっと若いサンコウチョウ…。多分今年の子だ。 ヤマガラが地面の餌を喰らう。元気いっぱいだ。 メジロも大暴れしている。 たっぷりの雨でコマツナギも生き返った。 祝日の工場の時報夏の雲  織二 【ふれあいの森/20日】  ――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

夏の鶯 【予測の問題】

ファーガソン(*)が『欲望の資本主義2020スピンオフ』(BS1)で語った中に、次のような部分がある。ここでの「予測の問題」とは、かつて米国の国務長官を務めたキッシンジャーが提示したテーマだ。 ■「予測の問題」は、意思決定者の直面するジレンマだ。 ■確率不明の大惨事のリスクに気付いたとして、それを排除する困難な行動に出られるかど…

続きを読むread more

マタタビ

ここまで来ると、ハンゲショウと見間違うことはない。 そしてオニグルミ…。 ごちゃごちゃに混在している。 場所が違うと印象が異なるのが野草だ。   【ヒヨドリバナ】   【キツリフネ】 友釣りファンは、我慢することを知らない。 濁りが消えて苔がつくまで待っていられない。 特に今年の夏は、一日が貴重なのだ。 【和良…

続きを読むread more

タマアジサイ

まさに玉のようなアジサイだ。花は期待しない方がいい。 岩屋ダム。全体図がこちら。 あの豪雨の後だから、今はほぼ満水だ。 今年3月の様子がこちら。 川は流れる。基本、雨は溜めておく方が難しいことなのだ。 はるか遠く、第二ダムが超満水だ。 キブシの一種の実…、と思う。 【和良川沿い&岩屋ダム/19日】―――――――――――…

続きを読むread more

リョウブ(リョウブ科)

リョウブ科はリョウブだけだ。山中が、そのリョウブに溢れる。 栗が実をつけている。これからが長い。 多分ガンクビソウ…。 ワラビにかかる蜘蛛の巣が面白かったので…。 ノカンゾウ。植えられたものだが、やはり目立つ。 【百年公園/16日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

ウグイス

びっくりするほど大きな声で鳴く。暗い枝の中に何とか確認できた。 コサメビタキの幼鳥。いつ見ても目が大きすぎると思う。 ネムノキの中にエナガの群れ…。 間違いなく、ネムノキはマメ科だ。 公園の入り口のひまわり…。 【百年公園/16日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

ヤブマオ(イラクサ科)

草藪を作る代表選手の一つだ。ヤブマオとメヤブマオの区別は、一目では難しい。花が咲くと少しわかりやすくなる。 ミツバアケビ。アケビや常緑性のムベがあって、ややこしい。 ヤマノイモの葉は対生だ。オニドコロとの違いは少し分かってきた。 兄弟の土産かぶらぬ帰省かな  織二 【ふれあいの森/15日】  ――――――――…

続きを読むread more

ホソヒラタアブ

アキノタムラソウに…。 曇り空で、白い花がチョットだけましに撮れた。   【ヤブミョウガ】   【ジャノヒゲ】   【ヨウシュヤマゴボウ】 ついでにシオカラトンボ…。 【ふれあいの森/15日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

メジロ

今出会うのは、ほぼメジロだ。好きな鳥だが、なにしろうるさい。 ホオジロやキセキレイが新鮮に感じられるようになった。 サンコウチョウが今のところ順調だ。無事子育てを終えてほしい。 【ふれあいの森/15日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

赤いキノコ

全く自信がないが、多分ベニヒガサ…。キノコの中には毒を持つものもあるから、注意が必要だ。 ムラサキニガナがそろそろ終わる。 イヌホオズキ。そのうち❝だらけ❞になる。 【ふれあいの森/12日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

アキノタムラソウ(シソ科)

タムラソウの仲間には、春、夏そしてこの秋がある。とは言っても、どれもキク科のタムラソウとは見た目がまるで違う。 何故この名がついたのだろうか?本家の方に、「タムラソウの意味は不明」とある(山渓ハンディ図鑑)。 ツクバネウツギ。これからずっと花の時期が続く。 長雨でキノコが大量発生している。これは多分ベニナギナタタケ…。 …

続きを読むread more

ヤブミョウガ(ツユクサ科)

至る所で見かけるようになった。 どちらかというと日陰のほうが好みのようだ。 本家のツユクサも似たような反応だ。 ゴマダラカミキリを発見…。 紫陽花にちょっかいを出すヤマノイモ…。 【ふれあいの森/12日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

帰ってきたサンコウチョウ

この巣には、もう来ないと思っていた。 こちらは先月16日の記事で紹介した15日の様子。それ以来見かけなかったので、ここは放棄したと思っていた。 本当に久しぶりの晴天で、風景が新鮮だ。 【ふれあいの森/12日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

マルバハッカ(シソ科)

ハッカの仲間、多分マルバハッカだ。 ヨウシュヤマゴボウがすくすく育つ。 ヤブガラシ。止まってるのはヒメウラナミジャノメ…。 野生化したランタナにはツマグロヒョウモン…。 アカメガシワにゴマダラカミキリ…。 少年も混じる現場の姫女苑  織二 【鳥羽川/9日】  ―――――――――――――――――――――…

続きを読むread more

コジュケイの家族

家族でピクニックという雰囲気だ。全部で6、7羽は居た。 キビタキ。若い。 タイサンボク…。 【ふれあいの森/8日】――――――――――――――――――――――――――――――・

続きを読むread more

ヤブコウジ

ヤブコウジを愛でるなら勿論あの赤い実だ。 ジャノヒゲもコバルトブルーの実に勝る時期はない。 かたばみが実をつけている。 熟すと中から種がはじけて飛び出る。ネット上には動画もある。 キツネノボタン…。 最近、植物のいろんな表情に目が留まるようになった。多分、良いことだと思う。 【ふれあいの森/5日】  ――――――――――…

続きを読むread more

夏の鶯 【出水】

朝の雨が嘘のように薄日が差してきた。ちょっと気が引けたが出かけてみた。 山の雨が集まればこうなるのは当然だ。何度も見た風景だ。 メジロが騒ぐ。 ヤマガラもあいさつに来た。 大雨で国道41号の一部が崩壊し、今朝(9日)の地元紙では一面の見出しになっている。幹線道路の通行止めという深刻な事態が全国的なニュースにならないのも、❝コ…

続きを読むread more

夏の鶯 【大雨特別警報】

滅多にあることではないが、今朝は雨の音で目が覚めた。テレビをつけると「大雨特別警報」が飛騨地方に出ている。ネットで各地の水位カメラを確認する。上昇中か下降中かの確認も重要だ。長良川よりも飛騨川方面が心配だ…。 9時現在、雨の峠は越えた感じだが洪水や土砂崩れにはまだ注意がいる。なんとか人的被害だけは、でないでほしい。 それにし…

続きを読むread more

葉の中のメジロ

本人は気づいてないかもしれないが、目が目立つ。 ハウチワカエデ…。 幼鳥でも、ホオジロは意外と濃い。 雨が降ると出現する滝…。 サルスベリが突然赤くなった。 【ふれあいの森/5日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

ムラサキツメクサ

茎が直立していて、遠目だとアザミと間違えそうだ。 帰化植物コゴメバオトギリ…。 オオバギボウシ…。 橋…。 【九頭竜ダム/2日】――――――――――――――――――――――――――――――・

続きを読むread more

ダムの花

ダム事務所が世話をしているとは思えない。その辺の公園より美しい。 周りの風景がモノトーンだからそう感じるのだろうか。 それだけではないような気がする…。 ユキノシタ。ちょっと行き過ぎだが、普通はこうなる。 大きめのどんぶりに盛る胡瓜もみ  織二 【九頭竜ダム/2日】  ―――――――――――――――――――…

続きを読むread more

驟雨

予報もあって一応杖代わりの傘も持ってきたが、それではどうにもならない程の降り方だ。 タイサンボクがきれいに洗われた。 【ふれあいの森/1日】――――――――――――――――――――――――――――――・

続きを読むread more

コジュケイ

前と後ろに子供を連れて注意深く進む。 心細いのか、先に行く連れ合いに声を掛ける。 堰堤の上で様子をうかがっている、多分こっちが亭主だろう。 コサメビタキらしき幼鳥。 メジロ。動き回り方が子供っぽい。 【ふれあいの森・6/29】――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

笹薮のサンコウチョウ

ここまで低く来るのは珍しい。 エナガ…。 オオバギボウシ…。 丁度いい日の当たりたる夏の蝶  織二 【ふれあいの森・6/29】  ――――――――――――――――――――――――――――――・

続きを読むread more

三光寺

下から見るとこんな風だ。山寺の雰囲気が漂う。 花の紹介など詳しくはHPにある(*)。 ぐるっと一回りしてみる…。   【ヒカゲノカズラ】   【鯉】   【とんぼ】   【タマアジサイ】   【チシマノリウツギ】   【八重咲ヤクシマコガクウツギ】   【クロバナロウバイ】   【上へ向かう階段】 《*ht…

続きを読むread more