オミナエシ(スイカズラ科)

秋の七草の一つ。芒や萩と同じで、遠景が似合う。 それにしても、人影が見当たらない。   【ツリフネソウ】   【ウド】   【タムラソウ】 ヒヨドリバナかフジバカマか、いつも迷う。 勉強不足が原因だが、変異が多いことも影響している。 【ひるがの高原/24日】――――――――――――――――――――――――――――――・…

続きを読むread more

バライチゴ(バラ科)

図鑑によると、木苺の仲間は世界に数百種ある。地上部が2年ほどで枯死するため大木にならない、ともある。 初夏に実が熟す方が多いが、バライチゴはこの時期だ。 吹く風が涼しい…。  【ナガボノアカワレモコウ】  【チョウセンキンミズヒキ】 思いっきりトリミング。モズだ。 【ひるがの高原/24日】――――――――――――――――…

続きを読むread more

シラヒゲソウ(ニシキギ科)

今年は郡上踊りが中止だから、156号の渋滞はない。ちょっと気楽に出かける気になる。 高原ならではの草花に出会える。  【サワギキョウ】  【コバギボウシ】  【マツムシソウ】 オミナエシも…。 すすきも…。もう、そういう季節だ。 【ひるがの高原/24日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more

三日月

左下に小さく見える月は、21日午後7時過ぎの月齢2.0(*)のものだ。 【*月齢カレンダー:http://www.ajnet.ne.jp/diary/】 私のイメージでは、月齢3.0から5.0くらいまでが三日月だ。6.0はやや太り過ぎだし、写真の2.0はあまりにも鋭い。 平凡社の歳時記では、『三日月』を次のように解説してい…

続きを読むread more

円空仏

諸説あるが、円空は生涯に約12万体の仏像を彫ったといわれる。発見されているのは5千体程度、岐阜県内では千体以上を数える。ただ、いくら多くてもこんなに雑には扱えない。勿論これはレプリカだ。 日陰で風があれば、これまではそこそこ凌げた。 今年の夏は、そんなに生易しくはない。  【ヒヨドリバナ】  【フシグロセンノウ】 【郡上市…

続きを読むread more

ヤマジノホトトギス(ユリ科)

ヤマホトトギスとの違いはよく分からない。そもそも、ホトトギスの他に二つもあるとは思わなかった。 まだ蕾の状態のもある。 【粥川の森/19日】――――――――――――――――――――――――――――――・

続きを読むread more

夏の鶯 【若者達の汗】

目の前のアクアの後部がやや沈んでいる。1.5ℓの小型車だから、作業服のガタイのいい若者5人だと、まあそうなる。 しばらくして、車の窓が開いていることに気づいた。エアコンを切ってエンジンへの負荷を軽くしているのだろうか。若いし、時々腕を出せば暑さは凌げると考えているのかもしれない。 しかし、そのうちにハッとした。もしかしたらコ…

続きを読むread more

シンテッポウユリ

国道156号沿いでは、白いユリの群生を所々で見かける。とても人間が行ける場所ではないので、どうやって増えたのだろうと思っていた。 野生のユリは、基本的に種子繁殖しているようだ(*)。このことを知って、長年の謎が解けた。ユリといえば球根という先入観が間違っていたのだ。リンク先の「シンテッポウユリ」のタグも参考になる。 *https…

続きを読むread more

苦難のヤブミョウガ

日当たりが辛いのは、人間だけではないようだ。 毛深さでヒヨドリジョウゴだと分かる。 とりあえず、あるのを手当たり次第に…。  【ヤブラン】  【サルスベリ】  【サネカズラ/ここまで来た】  【ヤマガラ】  【とんぼ】 八つ切りもやや余りたる西瓜かな  織二 【ふれあいの森/16日】  ――――――…

続きを読むread more

センダイムシクイ

初めてなので、同定には自信がない。 暑い中付き合ってくれる奴ら…。本当にありがたい。  【コゲラ】  【エナガ】  【カラスアゲハ】  【アオスジアゲハ】 【ふれあいの森/15日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …

続きを読むread more