テーマ:参院選

夏の鶯 【人は右・車は左】

一番最初に習う交通ルールだ。最近、これが一番大事だと感じている。 左側の歩行者に背後から近づくとき、果たしてこっちに気付いているのだろうかと心配になる。特にハイブリッド車だと音も少ないし、歩行者がイヤホンにスマホとでもなると尚更だ。 右側通行で向かってくる自転車は、もっと厄介だ。当然そのままぶつかる訳にはいかず、さりとて安易…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊・『チューズデー』 *裁判所

邸宅侵入罪に問われ、一審東京地裁で無罪判決を受けた中国籍の男性被告について、控訴した東京地検の求めを受け、東京高裁が5日、職権で再勾留を決めたことが分かった。無罪判決を受けた被告の勾留が認められるのは異例という。地検によると、男性は振り込め詐欺に絡んで空き家に侵入したとして起訴されたが、地裁は6月29日、無罪を言い渡した。男性は入管施設…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喫茶・へらぶな釣りⅡ ⑦

■私:選挙が終わりましたね。 □師:終わった。 ■私:何が原因だと思いますか? □師:何がって、何が…。 ■私:投票率の低さですよ。54.7%は前回を上回ったけど4番目の低さですよ。 □師:みんな都知事選やってると思ってたんじゃないの。 ■私:BSだと少しは落ち着いた議論はあっても、地上波はお話にならない。 □師:NHKは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊・『チューズデー』 *ルール

前回の参院選時に書いた「パークアベニューとアベノミクス」という拙文がありますが、事態は益々深刻さを増しています。 水野和夫氏は、西欧の歴史で最も重要な概念は「蒐集(しゅうしゅう)」である、と書いています(「資本主義の終焉と歴史の危機」)。そのための最適なシステムとして発明されたのが「資本主義」であり、今や世界で生み出される新たな価…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊・『チューズデー』 *税収

首相は、「我々の政権で21兆円税収を増やした。消費税率引き上げ分を除いても13兆円だ。」、と何度も発言されています。国地方税合わせて78.7兆円から99.5兆円へ増加した、とのことです。しかし、この首相(自民党)の主張には、問題点が大きく三つあります。 先ず第一に、99.5兆円は2016年度の見込みであることです。実績と言いながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊・『チューズデー』 *1,000,000,000,000,000円

1千兆円。ご存知、国地方を合わせた政府債務です。 政府には資産もあるから大丈夫、という気休めを言う人もいます。 更に、国内での調達だから、と訳の分からないことを言う人までいます。 安倍首相は、この期に及んで「今こそアベノミクスのエンジンを最大にふかす」、と言われました(6/1)。本当にこれが、我が国の進むべき道なのでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊・『チューズデー』 *参院選と憲法改正

○日本国憲法は規定が少なく規律力が弱い ○一時的な多数で対立点の憲法化許されず ○自民党憲法草案の天賦人権性否定は問題京大の曽我部真裕教授が、ご自身のコラム(日経/9日)で「まとめ」とされた三項目です。私なりにもう少し丁寧に要約してみました。【登録すれば全部無料で読めます】 ■日本国憲法は規定が少なく密度も緩やかで、規律力が弱い。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊・『チューズデー』 *数字の話 (下)

下の図は、G7に中韓を加えた名目GDPの推移です。色の判別が見辛いでしょうが、2015年が上から、米国、中国、日本の順なのは言うまでもありません。中国と日本は、2009年に逆転しています。 日本は、概ね5兆ドルの水準で推移してきました。この『5兆ドル』という数値は、以前はメディアでよく使われ、知らぬ間に覚えさせられた数字です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊・『チューズデー』 *数字の話 (上)

安倍政権が「デフレマインドの解消」や「インフレ期待」といった世の中の気分に頼る政策を重視しながら、都合の悪いことは「国民の実感ではなく数字こそが事実だ」、と批判をかわされるのは誠実ではありません。 大事なことは科学的な思考です。これから、その「数字」を少し整理して見ていきたいと思います。先ずは基礎的数値を「アベノミクスに限界論」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊・『チューズデー』 号外 *消費増税延期の罪深さ

14年11月の安倍首相記者会見はこんな感じでした。 有識者から意見を聞いて議論を重ねてきたが、アベノミクスを確かにするため、消費税10%への引き上げを18カ月延期すべきとした。18カ月後、再び延期することはないと断言する。平成29年4月の引き上げは、景気判断条項を付さず確実に実施する。3年間、3本の矢を進め、必ずその経済状況をつくり出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊・『チューズデー』 *オバマの広島スピーチ

その前に、09年4月のチェコ・プラハを振り返る必要があります。『ノーベル平和賞』の対象となった、あの歴史的な演説です。核軍縮部分のみ簡略化して抜粋します。 ○核兵器の存在は冷戦の最も危険な遺産である。 ○核拡散は止められないという運命論は極めて有害な敵だ。 ○核兵器を使用したただ一つの核保有国米国には行動する責任がある。 ○米国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊・『チューズデー』 *オバマ大統領の広島訪問

オバマ大統領が現役米大統領として始めて広島を訪問することとなりました。歴史的な出来事であり、日本人として歓迎しない理由は一つもありません。しかし、改めて言うまでもないことですが、実現すべきは世界から核兵器を無くするということです。 残された任期はあと数カ月ですが、大統領には今回の広島訪問を『核なき世界』への具体的な行動の第一歩とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

繰り返される沖縄の悲劇

21日『琉球新報』の社説を抜粋して紹介します。 なぜ繰り返し繰り返し、沖縄は悲しみを強いられるのか。 …… 沖縄に米軍基地がなければ女性が命を落とさずに済んだのは間違いない。在日米軍専用基地が所在するのは14都道県で、残りの33府県に専用基地は存在しない。 …… 統計を取ればこの種の事件の半数は沖縄1県に集中するはずだ。これが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊・『チューズデー』 *都知事の旅費

舛添知事が、高額出張旅費、湯河原公用車利用、政治資金私的流用と火だるまの様相です。この中で最初に問題となり、知事が「トップリーダーに相応で問題ない」と胸を張られた高額出張旅費に絞って、少し考えてみたいと思います。 たとえ知事でも、旅費は条例の定めにより支給されます。都知事の場合、『旅費の算定方法は、この条例に定めるものを除き、職員…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『週刊チューズデー』 *緊急事態と憲法改正

何故憲法を改正する必要があるのか。まずはそこを共通の理解としない限り、この議論は始まりません。最近強調され始めたのが、「大災害のような緊急事態に関する条文がないから」、というものです。 この「緊急事態条項」について、自民党草案では次のようになっています(抜粋)。 98条 内閣総理大臣は、我が国に対する外部からの武力攻撃、内乱等に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『週刊チューズデー』 *三菱燃費偽装の教訓

ここまで事態が深刻になった大もとは、間違いなく「エコカー減税」です。この制度は国交省に詳しくありますが、簡単に言えば燃費がいいほど取得税と重量税が少なくなる仕組みです。4~5段階で軽減され最高レベルだと無税ですから、ガソリン代と税金の両方で負担が減る訳です。……。 カタログでの燃費表示の歴史は、60キロ定地走行→10モード→10・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『週刊チューズデー』 *情報公開

5日の毎日新聞にURの甘利氏側との面談記録に関する記事があります。私は、そこにある日下部聡氏の解説が示唆に富んでいると思います。特に、"官庁は「情報を国民と共有する」という感覚を持つべきである"、ということは忘れてならない基本だと思います。甘利氏問題に関しては、東京地検特捜部は8日夜、URをはじめ関係先の強制調査に着手しました。朝日や日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『週刊チューズデー』 *ガソリン税

今ガソリンには、1㍑当たり本則28.7円・特例25.1円・合計税率53.8円のいわゆるガソリン税が掛けられています。特例税率分は本来暫定的に1974年から上乗せされたものですが、2010年の法改正で期限を定めない特例税率として当分の間維持されることとなりました。 さらにガソリンにかかる消費税は、この53.8円/㍑の税を含めた金額に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『週刊チューズデー』 *ハイパーSOHO

ソーホー(SOHO=Small Office/Home Office)という言葉を最近はあまり聞かなくなりました。ICT環境の充実は昔とは比較になりませんから、机の置き場所を問わないSOHOの可能性について考え直してみても良いのではないか、と私は思います。 また、27日の地元紙には、岐大病院ドクターヘリのフライトナース長藤有美さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『週刊チューズデー』 *『民進党』の"進"

宿敵朝日新聞系列の番組MCにしれっとなろうとする様な人がつくったのが「維新の党」です。騒ぐだけ騒いだ彼らには、民主党以上に自民一強を作り出した原因があります。ですから、民主の「民」と維新の「新」をくっつけるような安直な名前だけはやめて欲しい、と私は強く思っていました。 ……。ぼんやり見てると「進」を「新」と間違えたりして、『民進党…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名を惜しむ。

やごう【野合】①正式に結婚の手続きをふまずに、夫婦関係のようになること。②[政党などが]正式の手続きをふまず、なれあいで関係を結ぶこと。(『三国・第七版』三省堂) 民主と維新の合流を決まり文句のように「野合」と批判するのは、正しくありません。これから決まる『党名』・『綱領』がいい加減かどうかが勝負です。 綱領は当然ですが、私は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『かさだ広場』で迷う。

『かさだ広場』の呆れる広さのことを前に書いたことがありましたが、先日改めてそのことを痛感しました。 たまには別の道をと思い、東端の道から北進しグルリ一周することとしました。途中で次第に西に折れ再び南に向かう道に繋がっているだろうし、その南へ戻る道はいつもの道だから問題ない、と安易に考えていました(方角は大体の見当で正確ではありませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『定数削減』は何故重要か。

野田元首相が異例ともいえる予算委員会での質問者に立ちました。12年秋の解散表明したあの党首討論での約束を確認するのが目的でした。 1934年(昭和9年)の『広辞林』(三省堂)では、【政治】の意味を次のように説明しています。 国家の主権者が其の領土臣民を統治すること、即ち主権の活動。国家の機関が其の職権によりて事物を施設すること、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春愁

この5年の間、一度結婚式で神戸へ出かけた以外に、 特別遠くへ出かけたことはありません。 一応車の運転は出来ますし電車にも乗れますから、 行こうと思えばそこそこのところまで行けるのですが、 大体半径50㎞の範囲で収まっています。 私が特別に出不精なのかも知れませんが、 何処かに行きたいと強く思うこともありません。 ……。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正しい説明の仕方

江川紹子さんのツイッターにこんな記事が紹介されていました。雑誌の訂正記事なのですが、なるほど、と思いました。こういうのを文字どおり『説明』と呼びます。 それに比べ、政治家の言い訳はあまりにも明解さに欠けます。票が減らない方法を第一に考えますから、「美学」とか「矜持」とか格好を付けたがります。こうしたふざけた態度が楽々と許される要因…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

財閥解体と鉄鋼再編

1920年代の慢性的な不況を背景に、1930年頃の経済の基幹部門は三井・三菱・住友の三大財閥が支配していました。ここに安田を加えた"四大財閥"のコンツェルン的多角経営が日本を支えていたのです。そして、戦後GHQの日本占領政策の一環として行われたのがいわゆる「財閥解体」です。そこには、政府の事実上のコントロール下にあった財閥が日本の軍国主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「同一労働同一賃金」は何故難しいのか。

この問題を考えるヒントとしては、2010年9月14日の大阪高裁判決があります。60歳で会社を定年退職した原告はその後同社の嘱託として再雇用されたのですが、同じ業務内容なのに退職前の42万円余だった給与が23万円余になったのは不当だとして、その差額を支払うよう訴えたものです。 裁判所は原告の数項目の訴えの根拠の全てを退けましたが、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あともう少しの我慢

早梅や進学塾の窓低し  織二   【撮影地=長良川&伊自良川/21&26日】*鳥羽川の誤り―――――――――――――――――――――――――――――――――――了
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ココイチ』・『ダイコー』・『みのりフーズ』以外の罪人

廃棄物処理法で定める「産業廃棄物」は20種類に及びます。そして、こうしたゴミは適正に処理・管理しないと環境に重大な影響を及ぼします。つまり法は、賞味期限切れの食品が食べられるリスクではなく、河川、土壌、大気といった環境が汚染されることを防止することが目的なのです。我が国の「公害」という負の歴史が背景にはあります。 紹介した資料に詳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相と憲法

「立法事実」という言葉は、昨年の安全保障関連法案の審議でも度々登場しました。ザックリ言えば、その法律を必要とする「社会的、経済的、政治的もしくは科学的事実」のことです。言い換えれば、頭の中で妄想するだけでは法律をつくる根拠とならない、ということです。このことは、学者だけでなく法に関わる人達の謂わば「常識」とされていることです。 憲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more