テーマ:野鳥

続・伊自良川へ行ってみた。

  【ヒレタゴボウ】   【イボクサ】   【センナリホオズキ】   【ガガイモ】 ダイサギ……。 【撮影日/20日】――――――――――――――――――――――――――――――・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊自良川へ行ってみた。

激しく群生するマルバルコウ。なるべく少ないところを探す。 ホシアサガオも同様だが、マルバルコウほどではない。 一番控えめなのが、マメアサガオだ。 更にポツンとしてるのがマルバアサガオ……。 モズの声が高まる。 合流する鳥羽川にはカワセミ……。 【撮影日/20日】――――――――――――――――――――――――――――――…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナガサキアゲハ

近畿以南に居る南方系の種類だが、近年では関東から東北南部にまで分布がみられ、温暖化の指標種としても注目されている(Wiki)。 私は初めて見たが、傍に居るエナガも気になるようだ。 【ふれあいの森/11日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンショウクイ

偶然カメラに収まっていた。なんか複雑な心境だ。 こうして見上げると、センニンソウとは思えない。 アキノノゲシ…。 多分スズカアザミ…。 【ふれあいの森/9日】――――――――――――――――――――――――――――――・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオルリの幼鳥

分かる人には分かるのだろうが、幼鳥はよく分からない。 秋は実りの季節だ。   【クヌギ(orアベマキ)】   【サネカズラ/大分大きくなった】   【コガマ】   【ヤブラン】 【ふれあいの森/2日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エナガ

まだ幼いのか、動きが緩やかだ。 思った通り、コゲラも混じる…。 葉が5枚のコシアブラ。コは5(ゴ)、と覚えている。 実がそっくりのタカノツメの葉は3枚だ。 【ふれあいの森・8/31】――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

色づくヤマボウシ

この後、次第に赤くなる。 気の早い鵯に混じって、メジロまで食べにくる。 で、熟した頃には大分数が減っている。 栗も熟しかけている。 こんな所にサボテンが…。新発見だ。 【ふれあいの森/26日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オニドコロ(ヤマノイモ科)

雄花も雌花も、名前に似つかわしくない可愛さだ。 キツネノマゴが群生している。 コミスジ…。 イトトンボの一種…。 エナガ…。 お盆が過ぎても、まだまだ試練が続く…。 明日まで休業の札法師蝉  織二 【ふれあいの森/23日】  ――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バライチゴ(バラ科)

図鑑によると、木苺の仲間は世界に数百種ある。地上部が2年ほどで枯死するため大木にならない、ともある。 初夏に実が熟す方が多いが、バライチゴはこの時期だ。 吹く風が涼しい…。  【ナガボノアカワレモコウ】  【チョウセンキンミズヒキ】 思いっきりトリミング。モズだ。 【ひるがの高原/24日】――――――――――――――――…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンテッポウユリ

国道156号沿いでは、白いユリの群生を所々で見かける。とても人間が行ける場所ではないので、どうやって増えたのだろうと思っていた。 野生のユリは、基本的に種子繁殖しているようだ(*)。このことを知って、長年の謎が解けた。ユリといえば球根という先入観が間違っていたのだ。リンク先の「シンテッポウユリ」のタグも参考になる。 *https…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苦難のヤブミョウガ

日当たりが辛いのは、人間だけではないようだ。 毛深さでヒヨドリジョウゴだと分かる。 とりあえず、あるのを手当たり次第に…。  【ヤブラン】  【サルスベリ】  【サネカズラ/ここまで来た】  【ヤマガラ】  【とんぼ】 八つ切りもやや余りたる西瓜かな  織二 【ふれあいの森/16日】  ――――――…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

センダイムシクイ

初めてなので、同定には自信がない。 暑い中付き合ってくれる奴ら…。本当にありがたい。  【コゲラ】  【エナガ】  【カラスアゲハ】  【アオスジアゲハ】 【ふれあいの森/15日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

様変わり

草は生えたが、根こそぎ処分された樹木はそう簡単には復活しない。川の形態もすっかり様変わりした。 カワセミ…。 アオサギとカワウ…。基本争わない。 ツマグロヒョウモン…。 アレチハナガサの仲間?ヒメクマツヅラ? ヒルザキツキミソウ? 金華橋から下流は、まだ緑が無事だ。 【長良川/13日】―――――――――――――――――…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コゲラ

笑い声だけのアオゲラと違って、いつも顔を見せてくれる。 エナガとも仲良しだ。 危険な暑さが続くが、お盆が過ぎれば、と思っている。 【ふれあいの森/12日】――――――――――――――――――――――――――――――・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コサメビタキ

キビタキかもしれない。とにかく幼鳥はややこしい。 その点、メジロは助かる。 …………。  【キツネノマゴ】  【ツユクサ】  【オトコエシ】 【ふれあいの森/9日】――――――――――――――――――――――――――――――・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コジュケイの雛

まだよちよち歩きの子を連れている。親は、さすがに心配そうだ。 それにしても、鳥の雛は全部同じに見える。 ちょっと前に孵ったお兄ちゃんたちは、勝手に歩き回る。 堰堤に登ったはいいが、降りられなくなっていたりもする。 これはまた別の家族…。 前日には駐車場にも居た。今年は、なんかコジュケイの様子が違う。伐採が進んで見やすくなっただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マタタビの実

せせらぎ街道では、四輪よりバイクが目立つ。 道路沿いの渓流の岸には様々な花が咲く。 向かって左側の白いのはイタドリの花だ。 ポツンと見えたオレンジの花は、ヤブカンゾウ。 種類は確認できないが、川岸の岩にツツジが張り付く。 キセキレイが遊ぶ。 外来種オオハンゴンソウも、ここでは苦にならない。 道の駅・パスカル清見付近にはガン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サネカズラ

蕾と花…。秋が楽しみだ。 こちらは同じ株の18年10月の記事での様子だが、この後真っ赤に熟す。それにしても、生き物の成長過程は驚くばかりだ。 ヤブランもイヌホオズキも、毎日様子を変える。 メジロもヒヨドリも、生きてるものはみんな一緒だ。 【ふれあいの森/1日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イカルとキビタキ

覚えのある鳴き声の先を探す。…久しぶりの出会いだ。 枝の中でキビタキの幼鳥がジッとしている。大丈夫か? 八月に入ってやっと東海地方の梅雨が明けた。   【クサギ】   【ヒルガオ】   【(オオ)シオカラトンボ/♂♀】   【ダイミョウセセリ】 【ふれあいの森・7/30】――――――――――――――――――――――――…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しつこくコジュケイ

最近、高い確率で子連れのコジュケイに出会う。 親は、子を守るためにわざとこちらの気を引いてるようだ。聞いたわけではないが、そう見える。 道路中央と右側の手すりの下にいるのが親だ。 子は、親が来るまで石垣の上でじっと待っている。 こちらもややしつこいが、アキノタムラソウ…。 そしてシオカラトンボ…。 【ふれあいの森・7/2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コジュケイ

最近よくコジュケイに出会う。鳩並みに落ち着いた動きだ。 ヤブミョウガが盛りだ。 何度やっても、ミズヒキはうまく撮れない。 【ふれあいの森/22日】――――――――――――――――――――――――――――――・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若者達

ちょっと若いサンコウチョウ…。多分今年の子だ。 ヤマガラが地面の餌を喰らう。元気いっぱいだ。 メジロも大暴れしている。 たっぷりの雨でコマツナギも生き返った。 祝日の工場の時報夏の雲  織二 【ふれあいの森/20日】  ――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウグイス

びっくりするほど大きな声で鳴く。暗い枝の中に何とか確認できた。 コサメビタキの幼鳥。いつ見ても目が大きすぎると思う。 ネムノキの中にエナガの群れ…。 間違いなく、ネムノキはマメ科だ。 公園の入り口のひまわり…。 【百年公園/16日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メジロ

今出会うのは、ほぼメジロだ。好きな鳥だが、なにしろうるさい。 ホオジロやキセキレイが新鮮に感じられるようになった。 サンコウチョウが今のところ順調だ。無事子育てを終えてほしい。 【ふれあいの森/15日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰ってきたサンコウチョウ

この巣には、もう来ないと思っていた。 こちらは先月16日の記事で紹介した15日の様子。それ以来見かけなかったので、ここは放棄したと思っていた。 本当に久しぶりの晴天で、風景が新鮮だ。 【ふれあいの森/12日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コジュケイの家族

家族でピクニックという雰囲気だ。全部で6、7羽は居た。 キビタキ。若い。 タイサンボク…。 【ふれあいの森/8日】――――――――――――――――――――――――――――――・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯 【出水】

朝の雨が嘘のように薄日が差してきた。ちょっと気が引けたが出かけてみた。 山の雨が集まればこうなるのは当然だ。何度も見た風景だ。 メジロが騒ぐ。 ヤマガラもあいさつに来た。 大雨で国道41号の一部が崩壊し、今朝(9日)の地元紙では一面の見出しになっている。幹線道路の通行止めという深刻な事態が全国的なニュースにならないのも、❝コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葉の中のメジロ

本人は気づいてないかもしれないが、目が目立つ。 ハウチワカエデ…。 幼鳥でも、ホオジロは意外と濃い。 雨が降ると出現する滝…。 サルスベリが突然赤くなった。 【ふれあいの森/5日】――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コジュケイ

前と後ろに子供を連れて注意深く進む。 心細いのか、先に行く連れ合いに声を掛ける。 堰堤の上で様子をうかがっている、多分こっちが亭主だろう。 コサメビタキらしき幼鳥。 メジロ。動き回り方が子供っぽい。 【ふれあいの森・6/29】――――――――――――――――――――――――――――――・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笹薮のサンコウチョウ

ここまで低く来るのは珍しい。 エナガ…。 オオバギボウシ…。 丁度いい日の当たりたる夏の蝶  織二 【ふれあいの森・6/29】  ――――――――――――――――――――――――――――――・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more