テーマ:へらぶな釣り

ワカサギ釣り

ヘラブナと違って、食べるために釣っている。 寒さとも戦っているところは、へらぶな釣りと同じだ。 やらない人から見れば、 釣りというのは如何にも不思議な遊びなのである。 アキノキリンソウ(キク科)がまだ咲いていた。 マメガキ。その名の通り直径2センチ足らずの小ささだ。 トイレなどの施設は大きく改…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春が来た!

一番分かりやすいのが、この風景だ。 トラクターが動き始めたり、 鴨がそわそわし始めたり、 ホトケノザが咲き始めたりするが、 "40.2cm!"、などと叫ぶ声が一番分かりやすい。         【鳥羽川/3日】―――――――――――――――――――――――――――――――――――了 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

師走の風

無人の釣り座は、へらぶな釣りでは珍しくない。 昼飯かもしれないが、半分諦めている場合が多い。 風が弱く、穏やかな日だ。 こういうのも不思議ではない気分になってくる。    【伊自良川&鳥羽川/16日】―――――――――――――――――――――――――――――――――――了 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鮒の群れが藻の中から湧き出てきた。 続けて近くの水の中からカワウも飛び立つ。 どうやら捕獲に失敗したようだ。 見えているのはマブナばかりのようだが、 まだ十分に活性があるから簡単には捕まらない。 …腕がムズムズしてきた。    【鳥羽川/10日】――――――――――――――――――――――――――――――――――…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオバン

鳥羽川下流域は、少し久しぶりだ。 川幅が広く、鴨は数、種類ともにやや多い。 オオバンの横をヌートリアが平然と通り過ぎた。 動物同士が本気で争っているところを、 幸か不幸か、私はまだ見たことがない。 かいつぶり目を合わすたび潜りけり  織二     【鳥羽川/5日】     ―――――――――――――――…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯・序

   うぐひすや竹の子薮に老を鳴  芭蕉 ■私:師匠が釣り場に戻るのを待ってると切りがないんで…。 □師:そろそろパラソルも要らないだろうし、もうすぐだ。 ■私:適当によもやま話でもしませんかってことにしました。 □師:なるほど。 ■私:手始めに北朝鮮ですが…。 □師:あっちが挑発でこっちは圧力ってのはどうなんだってこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喫茶・へらぶな釣り Ⅱ (41)

■私:安倍さんの次は誰でしょうね。 □師:誰にしても、今よりはマシだろう。 ■私:安倍さんの犯した罪は政治の劣化だけじゃないと思うんですが。 □師:…。 ■私:財政規律の維持を放棄したことは、より罪が深いと思います。 □師:政治はなんとか修復できるが財政の立て直しは容易ではない。 ■私:意外と話題になってませんが、16年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喫茶・へらぶな釣り Ⅱ (40)

■私:本来、国会議員は官僚より尊敬されるべきものなんですが…。 □師:前川前事務次官の国会での対応を見ると…。 ■私:どうしても大臣の方がみっともなくて小さく見えます。 □師:やはり事務方のトップだから、そこらへんの官僚崩れの評論家とはモノが違う。 ■私:"加計ありき"に議論の余地はないんですが、問題は違法性の有無ですよね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小那比川の鮎

岐阜県内には河川が準用河川を除き全部で437本もあります。何処へ行っても川と出会わないわけにはいかない土地なのです。 小那比川は関市上之保地区から津保川合流点に至る全長8kmの小河川です。一跨ぎで対岸へ行けそうなところで魚の群れを発見しました。紛れもなく鮎で、ほとんどタモで掬えそうな状態です。 この時期の長良川では、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喫茶・へらぶな釣り Ⅱ (39)

■私:米軍のイージス艦と民間の船が衝突して何人か死者が出ましたよね。 □師:確か若い人ばかり7人だったと思う。 ■私:てっきり死んだのは民間人の方だと思いました。 □師:普通はそうだよな。軍艦とぶつかって兵隊の方が死ぬなんて…。 ■私:色々解説されれば分かるんですが、意外な所に弱点てのはあるもんですね。 □師:それよりも問題な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喫茶・へらぶな釣り Ⅱ (38)

■私:お笑い芸人が政治を語るのは駄目だと思うんですよね。 □師:責任を持って正確に語ることができれば問題ないけどな。 ■私:普通はウケ狙いで適当にしゃべるくらいしか出来ませんよね。 □師:専門的に深く勉強してる暇はない。 ■私:本業に影響が出ますから、お笑いやってる間は控えるべきだと思います。 □師:ネットならともかく、公の電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喫茶・へらぶな釣りⅡ (37)

■私:加計問題で安倍さんはトップダウンで岩盤規制を打ち破ったと言ってますが、圧力は一切かけなかったとも言ってますね。 □師:日本語では、トップの強い指示・圧力で物事を進めることをトップダウンという。 ■私:ほかにも笑い話のような国語力の無さがネット上にあふれていますが、これは些細な問題じゃないですよね。 □師:識見というか人格とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えごの花

柿についてはよく言われることだが、 他の木でも例外なく"生り年"があると思う。 今年のえごの木は、異様に花芽が多い。 生り年だと思う。 釣堀の北桟橋の狭さかな  織二      【ふれあいの森/27日】     ―――――――――――――――――――――――――――――――――――了 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キジの尾

何でもそうだが、 今まで思ってたのと違うように感じてくることがある。 コサメビタキの眼はやや大き過ぎるし、 ツバメの口もカエルに似て何となくおかしい。 そう思い始めると、そうとしか見えない。 釣堀の留守番の子の薄化粧  織二           【ファミリーパーク/24日】     ――――――――――…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喫茶・へらぶな釣りⅡ (36)

■私:韓国に続いてトランプ大統領もおかしくなってますね。 □師:しかし、アメリカの司法とメディアは日本と比べると圧倒的に迫力がある。 ■私:腰が引けてませんね。 □師:というかそれが普通で、日本が余りにも情けない。 ■私:日本には何が一番欠けているんでしょうか。 □師:記者クラブ制度が象徴するように、政権とメディアがズブズブ過…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喫茶・へらぶな釣りⅡ (35)

■私:最近面白い番組を見つけました。 □師:ほう…。 ■私:BS12のみうらじゅんと山田五郎が人生相談に応じるやつですが…。 □師:それだけで見当がつくなー。 ■私:前にどっかでやってたのの再放送のようです。 □師:それでいいよな。「相棒」だって寺脇の再放送が一番だ。 ■私:当然ながら地上波じゃ無理な下ネタも沢山出てきて…。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喫茶・へらぶな釣りⅡ (34)

■私:まさか今頃になって戦争の心配をするとは思いませんでした。 □師:「ミサイル落下時の行動」なんてのを政府が広報する時代になった。(*) ■私:アメリカだってベトナム戦争を忘れた訳じゃないんでしょうに…。 □師:日本だって似たようなもんだ。 ■私:たしかオバマ氏が広島へ来たり安倍首相が真珠湾へ行ったりしてましたよね。 □師:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喫茶・へらぶな釣りⅡ (33)

■私:思うんですが、北朝鮮も独立国家ですよね。 □師:シリアもそうだな。 ■私:そういう目で見てますかね。 □師:どういうこと? ■私:いや、どの国でも国家の尊厳は持ち合わせてる筈なんで…。 □師:そりゃそうだ。 ■私:私らが好き勝手言うのと違って、「知識人」と言われるような人が平気で他国を馬鹿にするのには違和感を感じますね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喫茶・へらぶな釣りⅡ (32)

■私:小1道徳の教科書で「パン屋」を「和菓子屋」に変えさせた笑い話ですが…。 □師:"日本人ならパンより饅頭だろう"ってやつだな。 ■私:六つや七つのガキに和菓子もなにもないですよね。 □師:この前本格的な蕎麦屋で子供連れの客を見かけたが…。 ■私:本当に蕎麦や日本茶が好きな子供がいるとは思えません。 □師:いたらちょっと気持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喫茶・へらぶな釣りⅡ (31)

■私:報道ステーションで木村草太氏が文書管理を問題にしてましたね。 □師:森友問題でだろ? ■私:そうです。文書の廃棄が財務省の文書管理規則に違反してないとすれば、規則そのものが法違反じゃないかってことです。 □師:文書管理規則はどの省庁も似たり寄ったりだから、ひな形があるんだろうな。 ■私:省令ですから法の趣旨を逸脱できません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喫茶・へらぶな釣りⅡ (30)

■私:森友問題が騒々しいですね。 □師:誰がどう考えても、「安倍時代」でなければ起こり得ないことだ。 ■私:登場人物が分かりやす過ぎですよね。 □師:ただ贈収賄罪までとなると、立証は難しいだろうな。 ■私:籠池理事長側に大金があるとは思えませんし…。 □師:実はその方が恐ろしい。この国はそこまで空気が支配してるのかって感じだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喫茶・へらぶな釣りⅡ (29)

■私:経産省の全面施錠を民間会社の例を挙げて賛成してる人がいますね。 □師:まだやってなかったのか、なんて言ってる人までいる。 ■私:森友学園への国有地払い下げもそうですが、公共の財産は誰のものかという認識が全くなってないって感じがしませんか? □師:霞が関も永田町も俺たちのもんなんだから、本来は国民誰でも自由に利・使用できる道路…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喫茶・へらぶな釣りⅡ (28)

■私:トランプ大統領が「スウェーデンでテロ」って言ったらしいですね。 □師:正確には「そう受け止められかねない言い方」だけど、スウェーデン政府も説明を求めている。 ■私:問題は、テレビで見たことを根拠にしてるところですね。 □師:その時のFOXテレビの内容をBBCで詳しく説明してるが、そんなことは放送されていない。 ■私:結局い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喫茶・へらぶな釣りⅡ (27)

■私:KADOKAWAの「岐阜信長歴史読本」が問題になってますね。 □師:30カ所もの誤字脱字となると、とても出版社とは言えない。 ■私:大手ですし、新手の宣伝戦略かと思いましたよ。 □師:社のホームページには海外を含めて多くの子会社があるようだから、その辺にやらせていた可能性もあるな。日本なら中学生でも間違えようのない誤りだから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喫茶・へらぶな釣りⅡ (26)

■私:いよいよ2月ですね。 □師:その響きだけで厳しさを感じてくる。 ■私:水中だけでなく世界中がヒリヒリしてきましたね。 □師:アメリカ発の揺れはまだまだ続く。 ■私:一番の懸念は何ですか。 □師:NHKでもやってた「在イスラエル米国大使館」のエルサレムへの引っ越しだ。 ■私:オスロ合意の崩壊につながりかねない、ってやつで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喫茶・へらぶな釣りⅡ (25)

■私:トランプ演説をどう思いましたか? □師:米国の殺戮(carnage)は今ここで終わる、ってのには唖然とした。 ■私:彼が言ってる「We」の範囲も不明ですし、基本的に選挙期間中やツイッターと変わんないですよね。 □師:多分まだスタッフの準備ができてないんだろう。 ■私:スタッフ? □師:ホワイトハウスの陣容も政府幹部もまだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喫茶・へらぶな釣りⅡ (24)

■私:今年のテーマは何ですか? □師:考え抜くこと、としている。 ■私:…。全く思いもつかない答でした。 □師:例えば「高い内閣支持率」と言われているが、本当にそうなのか…。 ■私:5割前後で推移してますが。 □師:ということは、半分くらいはそうでもない訳だ。 ■私:そうなりますね、当然。 □師:麻生さんくらいから低いのが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喫茶・へらぶな釣りⅡ (23)

■私:今年も終わりですね~。 □師:どうなってるんだ、という速さだ。 ■私:やっぱり早送りで済ます時間が多いんでしょうね。 □師:2時間ドラマも90分で終わる感じか。 ■私:1秒1秒が新鮮だった時代が懐かしいです。 □師:新しいことに挑戦すると時間の進み方も遅れそうでいいかもしれない。 ■私:話は変わりますが、SMAPの解散…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喫茶・へらぶな釣りⅡ (22)

■私:IR法案なんて格好つけてますけど…。 □師:新しい賭博行為の解禁だ。 ■私:JRAを含めた公営ギャンブルの拡大以外の何物でもないですし、パチンコも含めたら日本はもう腹一杯という感じなんですが…。 □師:パチンコは風営法が適用される風俗営業らしいぞ。 ■私:Theギャンブルなのに、笑い話ですね。 □師:リゾート開発を隠れ蓑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喫茶・へらぶな釣りⅡ (21)

■私:「地味にスゴイ!」(日テレ系)が終わりましたね。 □師:なんか最近ああいうドラマを面白く感じる。 ■私:マニアックというか深いところまで専門的に描かれている感じで…。 □師:「舟を編む」(*)にも通じるものがあった。 ■私:地味でも本物には凄みに似たものがあって、気持ちが揺れます。 □師:派手な幻想よりよほど胸を打つ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more