テーマ:総選挙

路地裏の独り言 【皇后陛下の感想】

(前略)中満泉さんが国連軍縮担当の上級代表になられたことは、印象深いことでした。「軍縮」という言葉が、最初随分遠い所のものに感じられたのですが、就任以来中満さんが語られていることから、軍縮とは予防のことでもあり、軍縮を狭い意味に閉じ込めず、経済、社会、環境など、もっと統合的視野のうちに捉え、例えば地域の持続的経済発展を助けることで、そこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯・3 【『陸王』】

■私:「陸王」見ましたか? □師:池井戸潤だから見ない訳には…。 ■私:何というか、テレビドラマってのはこういうものですよね。 □師:正義や正直というのを嫌いな奴はいない。 ■私:♪ジュピターもグッときます。 □師:平原綾香にしなかったところが新鮮だ。 ■私:ところが、次回録画確認にびっくりマークがあったんで調べたら…。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

路地裏の独り言 【国の防衛と憲法】

日本は毎年ざっと5兆円(400億ドル)という巨費を使い国を守っている。英・仏よりはやや少ないが独よりは多い。桁違いの米中を除けば、ロシアを含め概ね4~5百億ドル程度が有力国の防衛予算の相場だ。(*産油国サウジは800億ドル) つまり、日本は国の守りが特別脆弱な訳ではない。北の脅威を指摘し日本の軍備増強を求める声も強くなっているが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯・2 【希望?】

■私:小池代表がハイになってますね。 □師:65歳には思えない。東京がそうさせるんだろうな。 ■私:立ち居ふるまいが鼻についてきました。 □師:「さらさら」だの「排除」だの癇に障る言葉を使うのが気になる。政治家の言葉にはそれなりの品格と節度が求められる。 ■私:若狭某や細野某も調子に乗り過ぎですよね。 □師:若狭氏にはヤメ検の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「忍」

16日付の日経春秋は、海江田氏が経産相時代、掌に「忍」の一字をしたためたて国会審議に臨んだエピソードを取り上げています。その我慢の心境は、それでも民主党に幾らかの議席上積みを果たさせた票の中にこそ透けて見えるというものです。つまり、1強支配に抗する勢力の必要性を考えれば過去の失敗に目をつむってでも「忍」の一字で票を投じざるを得なかった有…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この選挙で何がどう変わったのか。

52%という投票率をどう考えるのかだと思います。 テレビでも芸能人のブログでもそうなのですが、悪評でも反応があるうちはまだマシです。振り向かれず評価の対象にもされなくなると、ことは深刻です。 議員定数の削減は消費増税の大前提でした。そのうち忘れるだろうといった軽いリップサービスとは違う重いものでした。その『約束』すら守らない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主党は日本の未来を描ききれ!

確実に日本の人口は減少していきます。今は、どこで歯止めを掛けるかを考えるしかありません。前にも書きましたが、『政策』はそこから始まります。 ○人口8,700万人は何処で何を糧として"生活"していくのか? ○そのレベルとそれを維持するために必要なインフラは何か? ○国会を含む統治機構のグレードをどうすべきか? ○「地方自治」は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロニー現象

コロニー(colony)とは、群れのことです。ミツバチなどで知られていますが、渋滞でもないのに車が自然と一団となって進むこともそう表現します。 先の様子が分からない初めての道の場合は特にそうなのですが、自分一人で走っている状況は心細いものです。そんな知らない土地の夜などは、遠くに赤いテールランプを見つけるとホッとします。取敢えず近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「財政規律」とは何か。

1987年に民営化された時、国鉄は37.1兆円の借金を抱えていました。その大半(25.5兆円)は当時の「国鉄清算事業団」が引き継ぎ、JR各社が受け持ったのは5.9兆円でした(残る5.7兆円は新幹線保有機構)。 当然清算事業団に返済能力はなく、28.3兆円にまで膨らんでいた借金は、98年にいわゆる「債務等処理法」により大半(24.1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

注目すべきは「投票率」だ。

安倍首相は「アベノミクス解散」と言われました。さらに、「このままでいいのかを問いたい」とも言われました。 そもそも「アベノミクス」と言っても、今のところ実体のない日銀の金融政策に過ぎません。首相のブレーンである浜田内閣官房参与でさえ、以前BSの番組で『三本の矢』の評価を首相の名を文字って「A・B・E」とされました。つまり、第一の矢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「民主党」が民主党になるために

 各政党の党員数は、自民党1,102千人、民主党269千人、公明党400千人、共産党404千人、社民党33千人となっています。(H20男女共同参画局)  今では殆んど俎上に載せることが無くなりましたが、政党の性格を表現する言い方として『大衆政党』という言葉があります。大衆政党(Mass-based party)は組織政党とも言われ、ボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総選挙・完 【国権の最高機関という意味】

憲法41条 国会は、国権の最高機関であって、国の唯一の立法機関である。 主権者である国民の権利や義務を定めるために法律が制定され、武力を持たない市民を守るための『暴力装置』も、法に基づいて存在します。民主的な『法治国家』は、時間が掛かり面倒ではありますが、その統治の最大の恩恵を受けているのは、私達の様な何の力も持たない一般庶民なのです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総選挙 15 【経済成長のための政治の役割】

 「そのうち何とかなるだろう」(詞・青島幸男/唄・植木等)と考えていれば良かった時代がありました。政府の役割として、そこまで無責任では困りますが、危ない賭けにでられるよりは、余程マシです。余計なことはせず、民間の邪魔をしないことに専念して欲しいと思うことさえあります。  上図で明らかな様に、景況は基本的に循環します。しかし、85年のプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総選挙 14 【橋下徹氏の主張する実行力】

 日本維新の会は、「政策より実行力」をコンセプトとし、橋下氏は「大阪での実績を見てくれ」と強調されます。しかし、地方の成果はあまり報道されず、具体的な成果がよく見えてきません。そこで、いちばん分かり易い財政の健全性を見てみることにしました。  総務省では、『団体別健全化判断比率』を公表しています。閲覧可能なのは、21から23年度ですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総選挙 13 【トマトの関税】

 相方の運転手として近くのスーパーへ行くと、米国産のトマトを売っていました。3個で398円と、同じ売場に並ぶ国産トマト(1個98円)より割高でした。ふと気になって、このトマトに掛かる関税を調べてみると、3%でした。TPPに参加して関税が撤廃されたとしても、386円(398円÷1.03)より安くはならず、まだ国産より高くなります。海外の農…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

選挙に行こう!

(財)明るい選挙推進協会で紹介されています。20代、30代の投票率の低さが深刻です。4日のNHK21時のニュースによると、「必ず投票に行く」と言う割合は、この時点で、前回選挙と比較すると10ポイント減少しています(70.5%→60.7%)。心配です。  特に若者達を念頭に、何度も何度も、何度も繰返していますが、政府は、私達国民がつくっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総選挙 12 【未来を提示できない未来の党】

日本未来の党の嘉田代表は1日、東京都内で、同党に合流する「国民の生活が第一」の小沢代表と、報道陣公開の下で対談した。嘉田氏は新党結成について、達増拓也岩手県知事から9月末に小沢氏との会談を要請されたのがきっかけだったとし、「まったく想像していなかった」と語った。嘉田氏が「なぜ、私に声をかけてくれたのか」と尋ね、小沢氏が「たいしたものだと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総選挙 11 【でたらめ過ぎる維新の会】

日本維新の会の石原代表は30日の日本記者クラブの討論会で、同党の首相候補として、平沼赳夫国会議員団代表を推す考えを明らかにした。石原氏は「橋下君(代表代行)が一番ふさわしいと思うが、当分、首長(大阪市長)の席を離れるわけにいかない。平沼君を推挽(すいばん)したい」と述べた。橋下氏は石原氏との合流以前、平沼氏が代表を務めていた旧たちあがれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総選挙 10 【民主党の理念】

誰のための政党か 民主党は、「生活者」「働く者」「納税者」「消費者」をよりどころにし、将来世代の声なき声に耳を傾けています。 めざす国 民主党は、共生の社会をつくり、平和と繁栄の世界の実現にむけ、貢献する国をめざしています。 めざす社会 透明・公平・公正なルールにもとづき、正義が貫かれる社会。 働く人が豊かさと幸せを実感でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総選挙 9 【自民党の経済政策】

 「出来る事しか約束しません」として発表された自民党の選挙公約ですが、「憲法改正」と言う高いハードルを前提にした項目もあり、その言葉自体に疑問符が付きます。しかし、スローガンでしかない約束は、それ程重要ではありません。  問題は、物価目標2%を政府・日銀の協定で定め、日銀法を改正して政府・日銀の連携強化の仕組みを整えることを盛り込んだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総選挙 8 【家業としての代議士】

 国会議員を目指した動機、更に、その政党を選んだ理由を強く自覚し、その思いを何処までも貫く執念深さは、議員にとって大事な才能です。  まず、先に政党と一般の国民との関わりについて考えてみたいと思います。政党助成法(平成7年1月1日施行)によって、国民1人当たり250円に当たる金額の政党交付金=税が各政党に配分・交付されています(共産党…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総選挙 7 【日銀法改正】

 安倍総裁の金融政策への疑問は、既に、中学生向けの日銀のHPを引用して指摘しましたが、もう少し(?)分かり易くする為に、『インフレ待望論の「危険な罠」』という、10月2日、ロイター日本語ニュースサイトに掲載されたJPモルガン・チェース銀行の佐々木融氏のコラムを紹介したいと思います。時間があれば原文に当たられるのがベストですが、ここでは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総選挙 6 【橋下徹氏のジレンマ】

 折角のクリアな主張が、合流することによってグレーになると批判された、「維新」と「太陽」の合流ですが、橋下氏は、本当にこれに納得されたのでしょうか。橋下氏の「石原総理の下で暴れたい」との発言は、本心でしょうか。  維新八策には、まず「地方財政計画制度・地方交付税制度の廃止」や「消費税の地方税化と地方間財政調整制度」などの地方に関する施…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総選挙 5 【外交より危うい安倍氏の経済感覚】

Q:お札の発行権限は誰が持っているのですか? A:日本銀行は、日本銀行法第46条に基づき、お札(銀行券)を独占的に発行することになっています。明治10年(1877年)の西南戦争勃発に伴って戦費調達のため、政府は莫大な政府紙幣・国立銀行券を発行し、その結果、わが国は激しいインフレーションに見舞われました。これを克服する一手段として、紙幣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総選挙 4 【野合】

 共通するものもないばらばらの集団が、まとまりなく集まることを『野合』と言います(大辞泉)。一方、共通の政治的主義・主張をもつ者によって組織され、一定の政治的利益や政策の実現のために活動し、政権獲得をめざす集団を『政党』と言います(同)。従って、「野合によって政党を作る」という日本語は存在し得ません。  石原氏の言うように、「日本を何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総選挙 3 【野田首相記者会見】

 それは単に、野党転落を免れるための言い訳を強弁している様には見えませんでした。  予算案が成立しても、行政サービスを執行するための財源を調達させないと言う国会の抵抗は、実に奇想天外で、言論の府としての資格を疑われます。借金は認めたが、銀行との契約は別の話だと言う様なものです。当然、財政規律の保持は大事ですが、そこは、予算案の議論の過…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総選挙 2 【橋下氏の矛盾】

 報道によれば、橋下大阪市長は、立候補しないようです。そうなると、「日本維新の会」代表としての彼の活動は、これまで自らが徹底的に批判してきた“現場に来ない学者や評論家”とさほど変わらないことになるように思えます。  氏はこれまで、メディアで言いたいことを「言うだけ」の人を、無責任で気楽な職業と繰り返しツイッターで批判してきました。勿論…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総選挙 1 【総理の資質】

 野田総理は、今の民主党が、本当の意味で国民の審判を受けていないことを、私達以上に重大な罪だと考えていたのではないでしょうか。党首討論で、『16日に解散します』と発言した総理のどこか吹っ切れた表情に、そんな感想を持ちました。これで初めて国民に真情を訴えることが出来るという、強い覚悟が伝わりました。  メディアによれば、今度の総選挙で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more