テーマ:オリンピック

『想像の共同体』

『100分deナショナリズム』(元日Eテレ)で、アンダーソンの『想像の共同体』が紹介された。そこでの「国民は想像の中にのみ実在している」という言葉は、私が東京オリンピックに感じている違和感に通じるものだった。 一億の国民の殆ど全ての人を、私は知らない。日本中をオリンピックモードにしようとすることが至難の業なのは、そういうことなのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「復興」オリンピック

8年前の記憶が薄められてしまうことは、 それぞれの生活がある私達には、ある程度仕方がない。 しかし、国家がそうなることは決して許されない。 来年の東京五輪は「復興五輪」、と政府は言う(*)。 胸を張ってそう言えるのか。 空虚な言葉でごまかす統治は、もういい加減にすべきだ。  (*https://www.kante…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯・14 【続・平昌オリンピック】

■私:オリンピックも終わりましたが、誰が印象的でしたか? □師:小平選手かな。一陣の爽やかな風のようだった。 ■私:平野選手(スノボ)の、"ゆとりですがなにか"的な対応も気に入りました。 □師:羽生選手のアイドルがかった芸風は、俺はどうも苦手だ。 ■私:採点方式の競技はどうしてもそうなりますよね。 □師:見た目の印象だけで、何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の鶯・13 【平昌オリンピック】

■私:オリンピックは黙って見てるのが一番だ、とつくづく思いますね。 □師:俺達が凄いと思うことと彼らがそう思うこととは、世界が違うよな。 ■私:同じレベル同士にしか分からないところは絶対あります。 □師:ワイドショーで下手に「うんちくを傾ける」と恥をかくだけだ。 ■私:何しろ数十億人の中から選ばれた三千人の争いですから…。 □…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喫茶・へらぶな釣りⅡ ⑰

■私:東京オリンピックに興味はありますか? □師:ま~ったくない! ■私:今どのくらいの人が開催を心待ちにしているんでしょうね。 □師:こんなに金が掛かるんかよ、って思ってる人も多いだろう。 ■私:ワイドショーは、なるべく長く揉めて欲しいんでしょうね…。 □師:TPPとかパリ協定の話題よりは分かりやすいからな。 ■私:とにか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊・『チューズデー』 *東京五輪の約束

大会経費関連 Q:大会開催にかかる費用は、どれくらいかかり、誰が負担しているのですか? A:招致時の2013年1月の立候補ファイルでは、組織委員会の予算(大会の運営に直接関わる予算)を約3,500億円と見積もっています。この「組織委員会予算」は、全て民間資金(スポンサー収入、チケット収入、IOCからの分担金等)でまかなわれます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日常が戻る。

無理して見ないのもあれだと思ったのだけれども、 どうしても熱中できないし、 アスリートがちゃんと喋るのも、言うほど好感が持てないし、 なんだかんだで、リオをライブで見たのは数える程だった。 いずれにしろ、 普通の日が戻ってきたのは、私にとって好ましいことだ。 マスターの熱き昆布茶や秋の昼  織二    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊・『チューズデー』 *カンボジアの猫ひろし

◎国籍法(抜粋) 第2条 子は、次の場合には、日本国民とする。 1 出生の時に父又は母が日本国民であるとき。 第4条 日本国民でない者(以下「外国人」という。)は、帰化によつて、日本の国籍を取得することができる。 第5条 法務大臣は、次の条件を備える外国人でなければ、その帰化を許可することができない。 一 引き続き5年以上日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喫茶・へらぶな釣りⅡ ⑪

■私:陸上女子400mのヘッドスライディングを観ましたか。 □師:ニュースかなんかで見た。 ■私:野球だと一塁は駆け抜けた方が速いって言いますよね。 □師:そうでもなさそうだな。 ■私:足がもつれたのかも知れませんから、何とも言えませんが…。 □師:俺には執念のヘッドスライディングに見えた。 ■私:どちらかというと日本選手が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喫茶・へらぶな釣りⅡ ⑩

メダリスト会見では世界大会8連覇の内村に対し、海外メディアから「あなたは審判に好かれているんじゃないですか?」という質問が飛んだ。内村は淡々と「まったくそんなことは思ってない。みなさん公平にジャッジをしてもらっている」と答えた後、この質問に怒っていたのが誰であろうベルニャエフだった。「審判も個人のフィーリングは持っているだろうが、スコア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無人の畜産センター公園

立秋の日曜日、昼。 人影が全くないのは、初めての光景だ。 オリンピックや高校野球より、暑さのせいだと思う。 少しずつだが、間違いなく気候は変化している。 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――了 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喫茶・へらぶな釣りⅡ ⑨

■私:弱小国はリオへ来るだけで大変だ、って言ってたら…。 □師:まさかのナイジェリアだったな。 ■私:それでも勝っちゃうんですから、基礎体力というか筋肉の出来具合というか、同じ人類とは思えませんね。 □師:前の東京では、アベベが裸足で勝ったりしてた。人間の運動能力を競うのがオリンピックだと考えると、こういうのが結構いいよな。 ■…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喫茶・へらぶな釣りⅡ ⑧

■私:8月からオリンピックですが、ロシアのドーピング問題で大変ですね。 □師:同じ土俵で戦うべきは当然なんだけど、薬だけか、ってこともある。 ■私:どういうことですか。 □師:選手村が気に入らないってことで、オーストラリアが別のホテルに選手を泊まらせることを考えてるような記事があった。 ■私:トイレとか雨漏りとか、確かにひどそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巨人はクライマックスシリーズ(CS)を辞退しろ!

巨人は5日、都内の球団事務所で緊急記者会見を行い、福田聡志投手(32)が野球賭博を行っていた疑いがあることが明らかになったとして、同日付で野球協約第181条に基づいてコミッショナーに告発したと発表した。【ヤフーニュース・5日】 "不毛なCS"については何度も書いてきましたが(最新はこちら)、そんなどうでもいいシリーズでも、こんな不祥事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運動場に使う1550億円という金

2008年に管理開始された徳山ダムの建設費は、約3千3百億円でした(詳しくはこちら)。事業計画が発表されてから37年、本体着工からでも8年の歳月を要するという、日本最大の多目的ダム建設事業でした。 新国立競技場の建設費には、用地費は含まれないと思います。それなのに、一つの村を廃村にしてまでの歴史的大事業の半分近い費用がかかるという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女郎花(オミナエシ)と禊萩(ミソハギ)

誰が名付けたのだろう、と感心してしまいます。 新国立競技場のネーミングライツの売却などという発想が、 如何にも浅はかに思えてきます。 名こそ命だ、と私は確信しています。 野次馬の去りし四つ辻鶏頭花  織二 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――了 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京オリンピックエンブレムと類句

東京オリンピックのエンブレムに盗用疑惑が出ています。その真偽に興味はありませんが、世界に向けてのデザインですから盗用とは考えにくく、単純さにはこうした危険が潜む、ということだと思います。問われるのは、事務方のチェックでしょう。 そんなことよりも、問題は、類句です。17文字の組み合わせですから、「似てる!」と言われれば否定できな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メッチャ暑い!

全くの勘ですが、これほど暑さが続く夏は、今までなかったと思います。年の所為でそう感じるだけ、などと呑気なことを言っていられるレベルを超えています。 常に活動可能な状態を維持できるのが恒温動物の優位性です。しかし、それは同時に様々なリスクをも抱え込んでいるのです。「熱中症」は、気を付ければ何とかなりますが、問題は『食糧』です。寒くな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国立競技場に2500億円なんて、への河童だ。

"既に借金は1000兆円だ。全部借金で建てても、1億円借金のある人が余分に2万5千円借りるだけの話だ。大したこっちゃねえ。" 橋下大阪市長は「金がない家がフェラーリを買うようなアホさ」と批判されましたが、麻生財務相は、むしろ冒頭のような感覚なのではないでしょうか。 骨太方針(6月末閣議決定)では、『中長期的に、実質GDP成長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一茂が表明した「野球・ソフト」五輪種目化への見解

20日の『モーニングバード』で長嶋一茂氏は、"東京五輪で野球を競技種目にすることには反対だ"と発言されました。親父が出演する応援のプロモーションビデオが流された直後でしたから、スタジオには一瞬気不味い空気が流れたようにも見えました。 いくら反対理由が真っ当でも、この時期、それなりの人が地上波でこうした意見を言うことは勇気がいります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『3.11』が近づいてきた。

緊急地震速報や我が家の揺れの有無には記憶がないのに、不思議なことに、国会中継での菅首相の天井を見上げた表情の方をよく覚えています。 大津波が港の車を押し流し、田畑を突き進み、道路を走る車のすぐそばまで押し寄せる光景は、それが本当に今日本で起きていることとは信じられないものでした。今にして思えば、生のテレビの力を強く感じた時間でした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胸を打つ世界 17 【浅田真央意地の自己ベスト】

 恐らくスケート靴を履いたこともないであろうオジサンオバサン連中の非難の声を、何としても押し黙らせたいと心の中で強く思っていたに違いありません。  或いは、全ての力を出し切れなかったという後悔だけはしたくない、観客のことはどうでも良い今までの自分のスケート人生最後と思って滑ろうと思っていたのかも知れません。  若しかしたら、何かを思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソチ五輪は男子アイスホッケーだ!

 アメリカでは、NHL(アイスホッケー)は、NFL(アメフト)、NBA(バスケ)、MLB(野球)に迫るほどの人気競技だと薄々知ってはいたのですが、ソチ五輪でのロシアとの一戦は、"さもありなん"と思わせるに十分な試合内容でした。  まだ予選リーグだしアメリカは楽に突破できる戦力なのに、ロシアとの試合は序盤から激しい乱闘騒ぎとなります。2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小国バハマ奇跡のカルテット

 男子1600mリレーで、王者アメリカを破ったバハマは、福島県とほぼ同じ面積で、700余りの小島から成る。人口は35万人余。73年に英国から独立し、イギリス議会制度の下で安定した民主主義が継続している。主要政党は自由国民党と進歩自由党の二政党であり、政権はこの二大政党間で交互に交替してきている。  失業率が14.2%(09年)と高く、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次は誰ですか?

 柔道女子57キロ級で優勝した松本薫。  私は、準々決勝で北京での金メダリスト・クインタバッレ(イタリア)に勝利した後、階段下のコーチに「次は誰ですか?」と尋ねる場面を見て、間違いなく優勝するだろうと思った。  芸能人と見間違うばかりの選手が散見されるようになって、そうした選手が、勝っても負けてもニュースになる理不尽さを意に介せず、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は怒るぞ 2 【選手会のWBC不参加決定・付録付き】

 オリンピックと酷暑の所為で、テレビをアチコチと触っていたら、懐かしき「たかじん○○」(4CHローカル)に出くわした。番組は終了間近で、「選手会のWBC不参加決定」が話題となっていた。相変わらずの空気で、選手会を全員一致で支持していたが、当然大した理由は無い。「結局最後は参加するだろう」とか、「そのための交渉術だ」とか、「アメリカの好き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キラッと輝いたニュース 6 【グラスゴーのサポーター】

 男子サッカーがFIFAランキング1位のスペインに勝ったことは、「大金星」、「奇跡」、「番狂わせ」などと驚きをもって報道されている。  私は、サッカーは詳しくなく、チームの絶対的能力(そういうものが在ればだが)を判断する眼力は無い。レッドカードで1人少ない状態のダメージがどれ程のものかもよく分からない。しかし、90分の間、選手の動きは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胸を打つ世界(3) 【NHK体操・ロンドン五輪代表決定戦】

 内村航平選手の凄みを感じさせる演技が光った。  既に代表を内定している余裕があったにしても、有無を言わせぬ演技は他を圧倒した。「鉄棒」では、天井に届きはしないかと心配させるほどだった。  ここまで明解に太鼓判を押させる出来事に出合うのは最近では珍しく、試合後の「オリンピックは楽しみにして下さい」という自信に満ちた言葉もそのまま腑に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キラッと輝いたニュース 3 【馬術法華津寛選手・記者会見】

 71歳でロンドン五輪出場となると、そもそも日本の競技人口はどうなのよといった冷やかしも聞こえそうだったが、今日(12日)の記者会見のニュースを拝見して、やはりアスリートの“業”は氏にも宿り、強い上昇志向こそが彼を支えていたのだと感心させられた。  「少しずつでも上手くなっていることを感じられることがモチベーションになっている」という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more